シニア世代の金融資産、平均は2414万円【日経リサーチ調査⑦】

長寿化が進むなかで、老後に備えた資金確保や退職後の資産運用への関心が高まっている。日経リサーチが実施した調査によると、60歳以上のシニア世代の世帯金融資産額は平均で2414万円。ただし、1000万円未満が半数近くを占めている。

世代別の平均は30歳代以下で757万円、40~50歳代は1408万円だった。

※「日経リサーチ 生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』」のサイトはこちら↓
https://www.nikkei-r.co.jp/service/crm/alamode/
(QUICK資産運用研究所)

=⑧に続く


***************************
<アンケート調査概要>
・調査タイトル:「生活実態調査データベース『データ・ア・ラ・モード』定期調査 金融資産・銀行編」
・調査実施機関:日経リサーチ
・調査実施期間:2017年6月21~26日
・調査対象:15歳以上の一般個人男女
・調査地域:全国
・調査方法:インターネット調査
・回収サンプル数:8万8000サンプル
***************************

 

関連記事

  1. NISAやiDeCoの認知度、収入や金融資産額で差【日経リサーチ調査⑪】

  2. NISA口座の開設率が高い県は・・・【日経リサーチ調査⑩】

  3. 「経済的問題」「生活設計」の悩み、若い世代ほど高く【日経リサーチ調査⑨】

  4. 最近始めた金融取引、シニア世代では「ラップ口座」も【日経リサーチ調査⑧】

  5. 投信保有率が高い県は? 香川、高知、滋賀・・・【日経リサーチ調査⑥】

  6. 投信に関する知識不足が浮き彫りに【日経リサーチ調査⑤】

  7. 投信購入のきっかけは「窓口」「外交員」【日経リサーチ調査④】

  8. 保有投信、シニア層は「毎月分配型」に傾斜【日経リサーチ調査③】

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP