金融知識、正解ゼロが4割 年齢・年収と相関【個人意識調査(16)】

■正解ゼロが約4割

金融に関する9つの問題を解いてもらい、正解数に基づいて回答者の金融知識レベルをA~Dの4段階にクラス分けしたところ、知識水準が最低の「D」が全体の4割近くを占めた(添付「図5-5」参照)。9問の正解率は平均で26.1%だった。

+———————————-+

Aレベル:9問のうち正解が7~9個

Bレベル:9問のうち正解が4~6個

Cレベル:9問のうち正解が1~3個

Dレベル:9問のうち正解がゼロ

+———————————-+

 

■年齢や年収で差も

金融知識レベルの分布を年代別で比べたところ、年齢が高いほど知識水準の高い「Aレベル」の比率が増えた(添付「図5-6」参照)。性別では男性のほうが「Aレベル」の比率が高かった(添付「図5-7」参照)。また年収が高いほど金融知識水準が高い傾向もみられた(添付「図5-8」参照)。

 

*******************************************************************************

▼金融知識問題(全9問)

 

Q.以下のそれぞれの項目はあなたにどの程度あてはまりますか。(それぞれひとつずつ)

 

Q1.【正解率:26.8%、正解:(1)】

ある人が株式市場で企業Bの株を買ったとします。

以下の記述のうち、どの選択肢が正しいと思いますか。

(1)その人は企業Bの一部を所有している

(2)その人は企業Bにお金を貸している

(3)その人は企業Bの債務に(法律上の)責任がある

(4)上記のどれも正しくない

(5)わからない

(6)回答したくない

 

Q2.【正解率:20.3%、正解:(2)】

投資信託に対する以下の記述で、どの選択肢が正しいと思いますか。

(1)投資信託に投資すると、最初の一年間は投資したお金を引き出すことができない

(2)投資信託は、例えば株と債券の両方に投資するといったように、

複数の種類の資産に投資することができる

(3)投資信託には、過去のパフォーマンスによって決まる最低保証利率がある

(4)上記のどれも正しくない

(5)わからない

(6)回答したくない

 

Q3.【正解率:26.1%、正解:(2)】

ある人が企業Bの債券を買ったとします。

以下の記述のうち、どの選択肢が正しいと思いますか。

(1)その人は企業Bの一部を所有している

(2)その人は企業Bにお金を貸している

(3)その人は企業Bの債務に(法律上の)責任がある

(4)上記のどれも正しくない

(5)わからない

(6)回答したくない

 

Q4.【正解率:28.5%、正解:(2)】

物価が年2%上昇した場合、金利が年0.01%の預金の1年後の価値は

どうなると思いますか。

(1)上がっている

(2)下がっている

(3)どちらともいえない

(4)わからない

(5)回答したくない

 

Q5.【正解率:23.6%、正解:(3)】

金利が年0.10%の米ドル預金と、金利が年0.01%の円預金では、

1年後の円での受け取り額が多いのはどれだと思いますか。

(1)米ドル預金

(2)円預金

(3)どちらともいえない

(4)わからない

(5)回答したくない

 

Q6.【正解率:20.8%、正解:(2)】

「分散投資」では、なるべく値動きの近い金融資産を組み合わせるようにすると良い。

(1)正しい

(2)正しくない

(3)どちらともいえない

(4)わからない

(5)回答したくない

 

Q7.【正解率:38.6%、正解:(2)】

リスクの低い投資ほどリターンが高い傾向にある。

(1)正しい

(2)正しくない

(3)どちらともいえない

(4)わからない

(5)回答したくない

 

Q8.【正解率:13.8%、正解:(1)】

金利が低下すると、債券価格はどうなると思いますか。

(1)上がる

(2)下がる

(3)どちらともいえない

(4)わからない

(5)回答したくない

 

Q9.【正解率:36.7%、正解:(2)】

円高が進むと、保有している海外資産の価値はどうなると思いますか。

(1)上がる

(2)下がる

(3)どちらともいえない

(4)わからない

(5)回答したくない

*******************************************************************************

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 3人に1人が正解ゼロ、あなたは何問できる?【個人の資産形成に関する意識調査(1)】

  2. 資産形成の学習「機会あれば参加」は3割弱【個人意識調査(17)】

  3. 投信の積立、「国内株式型」「バランス型」が人気 選択は「コスト」重視【個人意識調査(10)】

  4. 投信の積立、月額「1万~2万円」「1000~1万円」が中心【個人意識調査(9)】

  5. 投信の積立、みんなはどうしてる? 投信保有者は4割が利用【個人意識調査(8)】

  6. FP・IFAへの相談、経験者の6割は「今後も利用したい」【個人意識調査(6)】

  7. つみたてNISA、利用するなら「銀行で」が1位【個人意識調査(5)】

  8. 資産運用は誰に相談? 投資経験で違い、初級者はロボアド敬遠【個人意識調査(4)】

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP