任天堂(7974) 「Switch」がファミリー、ライト層を取り込む段階に入るとみて業績予想を増額

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2017/11/14)

・20/3期営業利益3300億円へ、DL販売の増勢も勘案
企業価値研究所は「Switch」について、生産体制増強、『マリオ』新作(10月発売)の好発進、宣伝強化、サードパーティの専用ソフト開発方針などを踏まえ、ゲームファン中心の盛り上がりからいよいよ、ファミリー層やライトユーザーを取り込む段階に入ると判断。「Switch」の販売数量想定を引き上げるとともに、利益率の高いDL販売の増勢やユーロ高も勘案し、連結営業利益予想を今期1500億円、来期2500億円、20/3期3300億円へ増額した。20/3期には「DS」「Wii」全盛期の終盤に当たる10/3期に迫る見通し。女性に人気の『どうぶつの森』を11月下旬配信予定のスマホゲームでは、IPファン拡大により、昨年の『ポケモンGO』同様、「Switch」などゲーム専用機ビジネスの追い風になると期待され、今後の動きに要注目。

・「Joy-Con」を振って遊ぶ『マリオ』新作が「Wii」を彷彿
今期の「Switch」販売台数は下期だけなら「Wii」2期目に迫る見通し。持ち運び可能な点がゲームファンに受け入れられているうえ、着脱式コントローラー「Joy-Con」を振ることで「Wii」を髣髴させる直感的な遊び方ができる『マリオ』新作を皮切りに、「Switch」でもファミリー層、ライトユーザーの開拓が進もう。来期は「Wii」3期目ほどの躍進は見込んでいないが、「Joy-Con」の機能を活かした新しいゲーム体験を提案することで、「Wii」超えの可能性も。

・リスクファクター ~大型作投入の空白期間など

・アナリストの投資判断 ~「Wii」発売翌期PERと「Switch」への期待を鑑み株価上昇余地ありと判断
PERは20/3期でも22倍(当研究所予想)だが、「Wii」発売翌期に当たる08/3期の調整予想PER27倍を考慮すれば、「Switch」への期待の高まりをバネに株価は尚も上昇余地があるとみる。

 

(提供:QUICK企業価値研究所)
本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。
レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。
サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。
※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

関連記事

  1. 住友重機械工業(6302) 量産系ビジネスの好調を反映し、再度営業利益の予想を上方修正

  2. 綜合警備保障(2331) 19/3期にかけて2桁営業増益を見込む

  3. ダイキン工業(6367) 空調事業の販売が世界的に拡大。化学事業の回復基調も強まる

  4. 三菱ケミカルホールディングス(4188) MMAの市況上昇などを受け、上方修正

  5. 日本テレビホールディングス(9404) 視聴率好調も企業の広告出稿慎重で営業利益予想を小幅減額

  6. トヨタ自動車(7203) 強めの当研究所予想を再度若干増額。自己株式取得の決議を評価

  7. フジ・メディア・ホールディングス(4676) 都市開発事業のビル売却等で今期営業利益予想を増額も利益水準は低い

  8. 三菱電機(6503) 設備投資関連需要が強く、従来予想を再度増額

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP