レッグス(4286)は18%高 放電精密(6469)は12%安 4日の夜間PTS

5日の株式市場で、レッグス(4286)や瑞光(6279)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で5日の基準値を大きく上回る水準で約定した。レッグスの約定価格は基準値に比べ18.63%高、瑞光は同18.41%高だった。また、主要銘柄では王子HD(3861)が基準値を12.61%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月5日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4286 レッグス +18.63% 15.3 (4/4)レッグスがストップ高気配 ディズニーとの連携で成長期待(NQN) 2 6279 瑞 光 +18.41% 0.8 (4/4)通期決算 経常利益 3.0倍 3 4591 リボミック +16.78% 20.7 (4/4)適時開示:大正製薬株式会社との共同研究成果の特許出願完了とその共同研究成果の取扱いに関する覚書締結 4 3861 王子HD +12.61% 0.1 (4/3)年初来高値更新 東証 5 9519 レノバ +12.30% 3.2 (4/4)業績上方修正 通期経常利益27億円→34億円 6 1802 大林組 +6.95% 0.2 (4/2)年初来高値更新 東証 7 6190 PXB +6.91% 20.7 (4/4)ストップ高 東証 8 4274 細谷火 +6.79% 5.0   9 6494 NFK-HD +5.75% 7.0 (4/4)適時開示:株主提案に関する書面受領のお知らせ 10 8894 原弘産 +5.56% 12.4 (4/4)空売り規制対象 東証 11 3054 ハイパー +5.53% 0.1 (3/28)適時開示:支配株主等に関する事項について 12 1443 技研HD +5.49% 0.1   13 6208 石川製 +5.29% 2.8   14 7061 日ホスピス +5.26% 5.7 (4/4)年初来高値更新 東証 15 2685 アダストリア +4.58% 1.5 (4/5)前期純利益4.5倍(日経) 16 6835 アライドHD +4.49% 8.3 (4/4)適時開示:新株予約権の行使期間満了に伴う特別利益の発生に関するお知らせ 17 4763 クリーク&リバ +4.10% 2.5 (4/4)通期決算 経常利益 13.1%減 18 6203 豊和工 +4.04% 0.4   19 2413 エムスリー +3.59% 0.1 (4/1)第三者増資(単独) 払込日 20 2438 アスカネット +3.43% 0.2 (4/5)現引き停止 開始日 東証 放電精密(6469)やイントランス(3237) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで5日の基準値を下回る水準で約定した。放電精密の約定価格は基準値に比べ12.21%安、イントランスは同4.20%安だった。また、主要銘柄では7&I-HD(3382)が基準値を1.52%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月5日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6469 放電精密 -12.21% 7.2 (4/4)通期決算 経常利益 2.2倍 2 3161 アゼアス -4.85% 0.1   3 3237 イントランス -4.20% 0.5 (4/3)適時開示:フード関連施設(横丁事業)の開発開始及び株式会社アスラボとの業務提携に関するお知らせ 4 3935 エディア -3.95% 0.2 (4/1)年初来高値更新 東証 5 9318 アジア開発 -3.75% 0.1 (4/4)空売り規制対象 東証 6 3772 ウェルス -3.38% 0.1 (4/4)空売り規制対象 東証 7 7043 アルー -3.02% 0.1   8 2315 カイカ -2.86% 24.8 (3/28)適時開示:(訂正)公開買付届出書の訂正届出書の提出に伴う『アイスタディ株式会社(証券コード:2345)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ』の訂正 9 3990 UUUM -2.62% 0.1   10 2317 システナ -2.56% 0.2   11 6198 キャリア -2.55% 0.1   12 8698 マネックスG -2.51% 0.1 (4/2)マネックスGが急伸 ビットコイン価格上昇で(NQN) 13 4080 田中化研 -2.43% 0.2   14 8107 キムラタン -2.41% 9.5 (4/2)年初来高値更新 東証 15 3661 エムアップ -2.38% 0.1 (4/4)年初来高値更新 東証 16 9377 エージーピー -2.35% 0.2 (4/4)年初来高値更新 東証 17 2338 ビットワンG -2.33% 0.5 (4/2)ストップ高 東証 18 7851 カワセCS -2.26% 1.0 (4/2)空売り規制対象 東証 19 7042 アクセスGHD -2.14% 0.1 (4/1)年初来高値更新 東証 20 5288 アジアパイル -2.10% 0.1   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

JDI(6740)3%高 FJネクスト(8935)は14%高 3日の夜間PTS

4日の株式市場で、FJ ネクスト(8935)やカルナバイオ(4572)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で4日の基準値を大きく上回る水準で約定した。FJ ネクストの約定価格は基準値に比べ14.27%高、カルナバイオは同11.12%高だった。また、主要銘柄ではリコー(7752)が基準値を2.15%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月4日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4286 レッグス +15.77% 1.1   2 8935 FJ ネクスト +14.27% 5.9 (4/4)39%増益 前期最終予想を上方修正(日経) 3 4572 カルナバイオ +11.12% 0.6 (3/29)適時開示:CDC7キナーゼ阻害薬に係る韓国における特許登録のお知らせ 4 3760 ケイブ +8.48% 0.1   5 1400 ルーデン +7.84% 0.1 (4/1)適時開示:その他の関係会社の異動に関するお知らせ 6 6494 NFK-HD +7.69% 4.8   7 2438 アスカネット +6.92% 1.0 (4/4)貸株注意喚起 開始日 東証 8 4424 Amazia +5.45% 9.3 (4/3)ストップ高 東証 9 2341 アルバイトタイ +5.08% 0.1   10 1433 ベステラ +4.64% 0.1   11 3680 ホットリンク +4.07% 0.3   12 4596 窪田製薬 +3.89% 63.0 (4/3)空売り規制対象 東証 13 8202 ラオックス +3.88% 0.4   14 6740 JDI +3.45% 1295.7 (4/4)台中勢傘下に 『日の丸液晶』が頓挫(日経) 15 6575 HUMANAHD +3.42% 1.1 (4/3)年初来高値更新 東証 16 3350 RED +3.33% 6.7 (4/3)年初来安値更新 東証 17 3825 REMIX +3.24% 33.8 (4/2)ストップ高 東証 18 3858 ユビキタスAI +3.22% 0.2   19 2667 イメージワン +3.19% 0.5   20 6034 MRT +3.14% 0.1   一方、ランド(8918)やコロプラ(3668) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで4日の基準値を下回る水準で約定した。ランドの約定価格は基準値に比べ8.89%安、コロプラは同7.46%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月4日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8287 MV西日本 -23.24% 0.1   2 7512 イオン北海 -19.68% 0.1   3 3154 メディアスHD -9.68% 0.1   4 8918 ランド -8.89% 1937.0 (4/3)業績下方修正 通期純利益20億円→4.2億円 5 4080 田中化研 -7.84% 0.1   6 3668 コロプラ -7.46% 0.1 (3/29)貸株注意喚起取消 解除日 東証 7 9318 アジア開発 -6.25% 12.9 (4/3)空売り規制対象 東証 8 9475 昭文社 -5.65% 0.1 (4/3)年初来安値更新 東証 9 7594 マルカ -5.46% 1.3 (4/3)1Q決算 経常利益 4.3%減 10 1757 クレアHD -4.71% 0.1 (4/3)年初来安値更新 東証 11 6199 セラク -4.04% 0.1 (3/29)適時開示:連結子会社の増資(特定子会社化)に関するお知らせ 12 2471 エスプール -3.57% 2.9 (4/3)1Q決算 経常利益 24.9%増 13 2412 ベネ・ワン -3.54% 0.3 (4/3)年初来高値更新 東証 14 3469 デュアルタプ -3.34% 0.2   15 8894 原弘産 -3.00% 0.2 (4/3)空売り規制対象 東証 16 2330 フォーサイド -2.86% 0.1   17 3547 串カツ田中 -2.57% 0.2 (4/3)月次売上高 2019/03 全店売上高 140% 18 9827 リリカラ -2.39% 0.4   19 3807 フィスコ -2.22% 3.0 (4/2)年初来高値更新 東証 20 8107 キムラタン -2.14% 1.0 (4/2)年初来高値更新 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

レイ(4317)きょうは11%高 アジア開発(9318)は6%安 2日の夜間PTS

3日の株式市場で、リネットJPN(3556)やレイ(4317)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で3日の基準値を大きく上回る水準で約定した。リネットJPNの約定価格は基準値に比べ15.94%高、レ イは同11.22%高だった。また、主要銘柄では住友商(8053)が基準値を5.58%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月3日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3723 ファルコム +22.93% 2.9   2 3556 リネットJPN +15.94% 7.6 (4/2)適時開示:インドネシア送出し機関『LPK Coop Indonesia』との業務提携に関するお知らせ 3 4317 レ イ +11.22% 80.2 (4/2)レイがストップ高買い気配 上方修正・増配で 新元号で『知名度向上』の思惑も(NQN) 4 6188 富士ソフSB +8.96% 0.2   5 7821 前田工繊 +8.78% 0.7 (4/3)自社株買い(買付) 買付開始日 6 6563 みらいWK +7.66% 1.9 (4/2)ストップ高 東証 7 8918 ランド +7.50% 81.4 (4/2)空売り規制対象 東証 8 3469 デュアルタプ +6.79% 0.1   9 8914 エリアリンク +6.62% 0.1   10 6033 エクストリーム +5.84% 12.3   11 8053 住友商 +5.58% 1.0 (3/28)株価レーティング設定 東海東京調査センター Outperform 12 8186 大塚家 +5.48% 0.8 (4/1)適時開示:財務報告に係る内部統制の開示すべき重要な不備に関するお知らせ 13 2751 テンポスHD +5.14% 0.1   14 7180 九州FG +4.62% 0.1   15 4591 リボミック +4.54% 0.5 (4/1)適時開示:生化学工業株式会社との共同研究の所期の目的を達成し契約を満了〜核酸と糖質の組み合わせによる新たな価値を創出〜 16 7545 西松屋チェ +4.32% 3.3 (4/3)54%減益 前期単独税引き 冬物衣料が不振(日経) 17 6208 石川製 +3.98% 0.2   18 9969 ショクブン +3.96% 7.1 (4/3)現引き停止 開始日 東証 19 3627 ネオス +3.95% 8.2   20 2315 カイカ +3.70% 85.0 (3/28)適時開示:(訂正)公開買付届出書の訂正届出書の提出に伴う『アイスタディ株式会社(証券コード:2345)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ』の訂正 ペガサス(6262)やセントラル総(3238) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで3日の基準値を下回る水準で約定した。ペガサスの約定価格は基準値に比べ14.60%安、セントラル総は同7.81%安、アジア開発(9318)は同6.25%安だった。また、主要銘柄では日立造(7004)が基準値を1.15%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月3日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8198 MV東海 -21.74% 0.1   2 6262 ペガサス -14.60% 0.1 (3/29)昨年来安値更新 東証 3 3238 セントラル総 -7.81% 0.1 (4/2)年初来高値更新 東証 4 1443 技研HD -6.97% 0.1   5 9318 アジア開発 -6.25% 79.5 (4/1)空売り規制対象 東証 6 1726 BRHD -4.94% 0.1   7 4921 ファンケル -4.27% 0.3 (4/3)CB100億円 ユーロ円建て、工場建設に(日経) 8 2338 ビットワンG -3.72% 10.9 (4/2)ストップ高 東証 9 6083 ERI HD -3.66% 0.3 (4/2)年初来高値更新 東証 10 8783 GFA -3.11% 0.6 (3/29)適時開示:販売用不動産売却のお知らせ 11 3230 スター・マイカ -3.00% 0.1 (4/2)年初来高値更新 東証 12 7638 NEW ART -2.86% 40.3   13 2176 イナリサーチ -2.52% 0.3 (4/1)適時開示:Southern Research Instituteとの代理店契約締結に関するお知らせ 14 2656 ベクター -2.19% 0.1   15 7707 PSS -2.17% 0.4   16 6584 三桜工 -2.04% 0.1 (3/29)適時開示:組織変更および人事異動に関するお知らせ 17 9275 ナルミヤ -2.04% 0.7 (4/2)業績下方修正 通期営業利益17.67億円→16.25億円 18 4575 CANBAS -1.91% 1.2 (4/2)年初来高値更新 東証 19 4837 シダックス -1.88% 0.1 (4/1)適時開示:当社グループの人事異動および役員体制に関するお知らせ 20 7022 サノヤスHD -1.76% 1.8 (4/2)年初来高値更新 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

業績見通し悪化、7ヵ月連続 3月のQUICKコンセンサスDI▲36 

企業業績の見通しに改善の兆しが見えない。アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDI(3月末)は、金融を含む全産業ベースでマイナス36と、前月(マイナス32)から4ポイント悪化した。7カ月連続の悪化で、2016年6月(マイナス36)以来の低水準となった。内訳は「強気」が38銘柄(全体の9%)、「変化なし」が185銘柄、「弱気」が186銘柄(全体の45%)だった。非製造業はやや改善したが、製造業は前月から5ポイント悪化のマイナス56と、2011年12月(マイナス59)以来の低水準となった。 QUICKコンセンサスDIは、アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIのマイナスは、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。 業種別でみると算出対象の16業種のうち、DIがマイナスだったのは13業種。「輸送用機器」が16ポイント(マイナス75)、「食料品」は15ポイント(マイナス53)の低下と製造業の悪化を牽引した。一方、プラスは2業種、変わらずは1業種だった。 個別銘柄では、3カ月前の予想純利益と比較して下方修正率の上位にランクインしたのはNISSHA(7915)だった。スマートフォン市場の不振でデバイス事業の落ち込みが予想されている。 一方、ガンホー(3765)は予想純利益が12月末の132億2100万円から216億8200万円へ引き上げられ、上方修正率の1位にランクインした。「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」が復調しているほか、東南アジアを中心に「ラグナロクM」というタイトルのスマートフォン(スマホ)ゲームのヒットがけん引している。 (ナレッジ開発本部)

レイ(4317)は23%高 アルプスアル(6770)は12% 安 1日の夜間PTS

2日の株式市場で、レイ(4317)やサノヤスHD(7022)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で2日の基準値を大きく上回る水準で約定した。レイの約定価格は基準値に比べ23.60%高、サノヤスHDは同22.67%高だった。また、主要銘柄ではSUMCO(3436)が基準値を1.18%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月2日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4317 レ イ +23.60% 83.7 (4/1)業績上方修正 通期純利益3.9億円→6.09億円 2 7022 サノヤスHD +22.67% 186.6 (4/1)ストップ高 東証 3 7063 エードット +16.93% 27.6 (4/2)信用銘柄選定 取引開始日 東証 4 3046 JINS +16.45% 0.1 (4/1)年初来高値更新 東証 5 4575 CANBAS +14.30% 24.1 (4/1)適時開示:AACR年次総会におけるCBP501臨床試験データ発表の抄録公表について 6 3753 フライトHD +13.47% 24.3 (4/1)フライトHDが買い気配 ソフトバンクに決済関連の新製品導入(NQN) 7 3561 力の源HD +11.15% 0.1   8 9318 アジア開発 +8.57% 38.8 (4/1)空売り規制対象 東証 9 2176 イナリサーチ +8.31% 23.7 (4/1)適時開示:Southern Research Instituteとの代理店契約締結に関するお知らせ 10 9978 文教堂HD +7.21% 9.5   11 3840 PATH +5.33% 2.3   12 4582 シンバイオ +4.23% 61.8 (3/29)適時開示:第14期定時株主総会における議決権行使の集計結果に関するお知らせ 13 3758 アエリア +3.67% 0.2 (3/29)適時開示:財務報告に係る内部統制の開示すべき重要な不備に関するお知らせ 14 7271 安 永 +3.58% 20.2 (4/1)ストップ高 東証 15 9419 ワイヤレスG +3.41% 0.1   16 2372 アイロムG +3.39% 1.6 (4/1)適時開示:中国Shanghai Cell Therapy Groupとの細胞治療および細胞バンクにおける戦略的パートナーシップ契約締結のお知らせ 17 7624 NaITO +3.22% 0.1 (4/1)空売り規制対象 東証 18 2315 カイカ +3.08% 31.5 (3/28)適時開示:(訂正)公開買付届出書の訂正届出書の提出に伴う『アイスタディ株式会社(証券コード:2345)に対する公開買付けの開始に関するお知らせ』の訂正 19 2173 博 展 +2.98% 0.3 (4/1)株式分割 1:2 効力発生日 20 4591 リボミック +2.93% 0.3 (4/1)適時開示:生化学工業株式会社との共同研究の所期の目的を達成し契約を満了〜核酸と糖質の組み合わせによる新たな価値を創出〜 MTG(7806)や霞ヶ関キャ(3498) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで2日の基準値を下回る水準で約定した。MTGの約定価格は基準値に比べ15.00%安、霞ヶ関キャは同14.37%安だった。また、主要銘柄ではアルプスアル(6770)が基準値を12.96%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月2日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7806 MTG -15.00% 38.6 (4/1)MTGがストップ安気配 中国EC規制強化で大幅減益に(NQN) 2 3498 霞ヶ関キャ -14.37% 26.0 (4/1)ストップ安 東証 3 6770 アルプスアル -12.96% 0.1   4 3444 菊池製作 -10.57% 0.2   5 1711 省電舎HD -9.28% 1.1 (4/1)業績下方修正 通期売上高22.05億円→12.6億円 6 4824 メディアシーク -8.53% 0.1   7 3645 メディカネット -7.87% 0.9 (4/1)3Q決算 経常利益 37.2%減 8 4588 オンコリス -6.84% 97.9 (4/1)ストップ安 東証 9 8918 ランド -6.67% 164.3 (3/27)空売り規制対象 東証 10 6656 インスペック -5.03% 0.4 (4/1)適時開示:平成31年4月期3月度、月次受注額及び累計(速報) 11 5563 新日電工 -4.35% 0.1 (3/29)適時開示:支配株主等に関する事項について 12 8894 原弘産 -4.00% 0.1 (4/1)空売り規制対象 東証 13 7161 じもとHD -3.45% 0.1   14 6775 TBグループ -3.20% 0.9   15 2338 ビットワンG -3.09% 0.1   16 6562 ジーニー -3.07% 0.2 (3/29)適時開示:執行役員就任に関するお知らせ 17 3851 日本一S -3.06% 6.4 (4/1)空売り規制対象 東証 18 7647 音 通 -3.00% 0.1   19 3647 ジースリーHD -2.97% 0.1 (3/28)自社株買い(枠設定) 発表日 20 7638 NEW ART -2.86% 30.5   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

平成最大の衝撃「マイナス金利政策」 債券QUICK月次調査、世代間で違いも

新元号が「令和(れいわ)」に決まり、30年あまり続いた「平成」が間もなく幕を閉じる。振り返ると、1990年代半ばに3~4%だった日本の長期金利は右肩下がりを続け、今ではマイナス圏で推移する。   平成の時代を債券市場関係者はどう総括するのか。QUICKが4月1日にまとめた3月の債券月次調査によると、平成時代、債券市場に影響を与えた出来事として、2016年1月の「マイナス金利政策の導入」との回答が最も多かった。副作用を伴う「劇薬」への印象は強烈だった。   ■「マイナス金利」は全世代1位  ※平成に債券市場に影響を与えた出来事のなかで印象に残っているものを3つまで選んでもらった。   マイナス金利導入で受けた大きな衝撃は、世代を超えた共通体験となっているようだ。これを選んだ回答者の割合は、すべての世代でトップとなった。   またマイナス金利政策にはやや否定的な声が多い。米欧の中銀がハト派姿勢に転換するなか、日銀にとってマイナス金利の深掘りは残された数少ない追加の緩和の手段ともいえる。だが回答者からは「副作用が大きく選択肢にならない」(投信投資顧問)、「『緩和』と呼んではいけないのではないか」(証券会社)などの意見が相次いだ。   「為替相場の水準と市場のセンチメント次第」(証券会社)との見方もある。金融機関の利ざやの縮小など負の側面もあるが、為替が円高に振れれば、評価が割れる金利引き下げを日銀が選択する可能性はある。   ■世代間で差が出た項目も   回答を世代ごとに見ると、印象の残った出来事にはばらつきがある。例えば、1998年12月の「大蔵省資金運用部ショック」は、50代以上の回答者は、マイナス金利に次いで2番目に多い36%が選択した。一方で20代の回答者は選んでおらず、実際に経験した世代とそうでない世代での感覚の違いが浮かび上がった。   月次調査は3月26~28日に実施し、証券会社および機関投資家の債券担当者132人が回答した。(QUICKナレッジ開発本部 伊藤央峻)

サノヤスHD(7022)22%高 MTG(7806)21%安 3月29日の夜間PTS

1日の株式市場で、サノヤスHD(7022)やパレモ・HD(2778)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で1日の基準値を大きく上回る水準で約定した。サノヤスHDの約定価格は基準値に比べ22.86%高、パレモ・HDは同19.05%高だった。また、主要銘柄では日立造(7004)が基準値を19.12%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月1日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7022 サノヤスHD +22.86% 50.1 (3/29)業績上方修正 通期経常損益-8億円→10.5億円 2 7004 日立造 +19.12% 1.3   3 2778 パレモ・HD +19.05% 0.1 (3/29)通期決算 経常利益 7.3%減 4 6730 アクセル +18.12% 74.5 (3/29)ストップ高 東証 5 6083 ERI HD +16.67% 4.1 (3/29)3Q決算 経常利益 90.3%増 6 3753 フライトHD +16.14% 13.5   7 4974 タカラバイオ +14.72% 7.2 (4/1)初の医薬品申請(日経) 8 6494 NFK-HD +11.11% 0.1   9 7003 三井E&S +8.72% 0.1   10 3174 ハピネス&D +8.06% 7.5 (3/29)ストップ高 東証 11 8894 原弘産 +7.78% 1.1 (3/29)空売り規制対象 東証 12 4568 第一三共 +7.45% 32.7 (3/29)第一三共会長、アストラゼネカとの提携『インパクトある契約』(NQN) 13 1605 国際帝石 +6.87% 0.1   14 4434 サーバーワクス +6.37% 1.0 (3/29)業績上方修正 通期営業利益2.62億円→3.35億円 15 7061 日ホスピス +6.14% 29.4 (3/29)信用銘柄選定 取引開始日 東証 16 8585 オリコ +6.11% 0.2   17 9318 アジア開発 +5.71% 122.1 (3/29)空売り規制対象 東証 18 2792 ハニーズHLD +5.62% 1.3 (3/29)3Q決算 経常利益 3.8倍 19 3607 クラウディアH +5.19% 0.6 (3/29)2Q決算 経常利益 2.3倍 20 4557 医学生物 +5.16% 0.1 (3/29)医学生物が一時23%高 費用負担減で一転黒字に(NQN) MTG(7806)やNuts(7612) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで1日の基準値を下回る水準で約定した。MTGの約定価格は基準値に比べ21.74%安、Nutsは同16.05%安だった。また、主要銘柄ではミツコシイセタン(3099)が基準値を1.70%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月1日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 5856 エルアイイエイチ -48.28% 0.1   2 7806 MTG -21.74% 3.0 (3/29)業績下方修正 通期純利益63億円→6.2億円 3 7612 Nuts -16.05% 1075.5 (3/29)業績修正 新規予想 通期営業利益8,400万円(前期比2.1倍) 4 3498 霞ヶ関キャ -14.68% 1.0 (3/29)業績下方修正 半期最終損益700万円→-1.04億円 5 3751 日本アG -11.85% 2.1 (3/29)業績下方修正 通期最終損益10億円→-20億円 6 3996 サインポスト -11.44% 5.8 (3/29)業績下方修正 通期経常利益3.98億円→2.67億円 7 7805 プリントネット -10.90% 9.0 (3/29)業績下方修正 通期営業利益4.2億円→9,300万円 8 6264 マルマエ -10.46% 0.6 (3/29)業績下方修正 通期経常利益9.8億円→5.1億円 9 3892 岡山製紙 -10.04% 3.9 (3/29)3Q決算 経常利益 42.7倍 10 7777 3Dマトリックス -9.04% 5.9 (3/29)国内私募CB ローンチ日 11 7859 アルメディオ -8.24% 54.1 (3/29)適時開示:株主優待制度の導入に関するお知らせ 12 6067 インパクト -6.23% 6.4 (4/1)商号変更 変更日 13 7325 アイリック -5.76% 0.7 (4/1)株式分割 1:2 効力発生日 14 9861 吉野家HD -4.51% 4.9 (4/1)赤字幅拡大 前期58億円、不採算店整理で(日経) 15 4712 KeyH -3.39% 1.7 (4/1)株式交換(親会社) 交換期日 16 6177 AppBank -3.26% 4.0 (4/1)日々公表開始 開始日 東証 17 6054 リブセンス -3.25% 0.1   18 6255 エヌピーシー -3.20% 0.1   19 6552 GameWith -3.16% 15.0 (3/29)ストップ安 東証 20 5721 S・サイエンス -3.12% 0.6   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

医学生物(4557)23%高 小僧寿し(9973)は4%安 28日の夜間PTS

29日の株式市場で、医学生物(4557)やハピネス&D(3174)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で29日の基準値を大きく上回る水準で約定した。医学生物の約定価格は基準値に比べ23.19%高、ハピネス&Dは同17.05%高だった。また、主要銘柄では日立造(7004)が基準値を6.06%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月29日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7836 アビックス +29.75% 0.5   2 4557 医学生物 +23.19% 1.7 (3/28)業績上方修正 通期最終損益-6,100万円→1.6億円 3 3174 ハピネス&D +17.05% 3.2 (3/28)2Q決算 経常利益 5.6%増 4 7851 カワセCS +13.67% 22.5 (3/28)ストップ高 東証 5 4395 アクリート +13.43% 0.1   6 6175 ネットマーケ +12.34% 12.8 (3/28)東証、2部のネットマーケを1部に指定 4月4日付(NQN) 7 3710 ジョルダン +12.27% 35.7 (3/28)現引き停止 開始日 東証 8 3840 PATH +9.79% 22.7   9 4028 石原産 +9.27% 0.2 (3/20)配当修正 12円(2019/03) 10 4552 JCRファーマ +8.15% 0.4 (3/28)業績上方修正 通期純利益32億円→38億円 11 7061 日ホスピス +7.64% 47.6 (3/29)信用銘柄選定 取引開始日 東証 12 3760 ケイブ +7.33% 0.8 (3/27)信用規制開始 開始日 東証 13 7004 日立造 +6.06% 1.7   14 4764 SAMURAI +5.99% 4.1 (3/28)適時開示:大手自動車向けのライセンス追加受注等による利益計上に関するお知らせ 15 4596 窪田製薬 +5.78% 76.0 (3/27)適時開示:支配株主等に関する事項について 16 4347 ブロメディア +4.55% 0.1 (3/22)貸株注意喚起 開始日 東証 17 7831 ウイルコHD +4.42% 0.5 (3/28)適時開示:当社保有株式の売却及び特別利益の発生に関するお知らせ 18 8186 大塚家 +4.37% 0.1 (3/26)適時開示:(開示事項の経過)会計監査人の異動に関するお知らせ 19 7838 共立印刷 +4.33% 2.3   20 2148 ITM +4.31% 0.2 (3/29)所属部変更(東1) 変更日 東証 GameWith(6552)やジェイリース(7187) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで29日の基準値を下回る水準で約定した。GameWithの約定価格は基準値に比べ14.77%安、ジェイリースは同14.56%安だった。また、主要銘柄では積水ハウス(1928)が基準値を9.84%、小僧寿し(9973)が4.20%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月29日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9445 フォーバルTL -22.04% 0.1   2 6552 GameWith -14.77% 24.1 (3/28)3Q決算 経常利益 33.1%減 3 7187 ジェイリース -14.56% 0.1 (3/29)貸株注意喚起取消 解除日 東証 4 2484 夢の街 -12.08% 3.4 (3/28)業績下方修正 通期最終損益7,900万円→-3億円 5 4996 クミアイ化 -10.67% 0.1   6 1928 積水ハウス -9.84% 0.3 (3/25)目標株価上げ 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1,880円 → 1,950円 7 7280 ミツバ -9.39% 0.1 (3/20)業績下方修正 通期最終損益-30億円→-72億円 8 9973 小僧寿し -4.20% 54.6 (3/28)信用銘柄取消 選定取消日 東証 9 9318 アジア開発 -3.75% 17.6 (3/26)空売り規制対象 東証 10 3064 MonotaRO -3.60% 0.2 (3/28)適時開示:第19期定時株主総会における議決権行使結果に関するお知らせ 11 9419 ワイヤレスG -3.45% 0.3   12 3474 G-FAC -3.23% 0.1 (3/27)ストップ高 東証 13 3536 アクサスHD -3.23% 0.1   14 3528 プロスペクト -2.63% 9.6 (3/26)適時開示:当社連結子会社の異動(株式譲渡)及び匿名組合出資持分の取得に関するお知らせ 15 4576 DWTI -2.56% 4.4 (3/28)東証、DWTIを上場廃止の猶予期間入りに(NQN) 16 4776 サイボウズ -2.52% 0.1 (3/28)昨年来高値更新 東証 17 2370 MDNT -2.31% 2.8   18 3185 夢展望 -2.27% 0.1 (3/28)空売り規制対象 東証 19 3071 ストリーム -2.04% 1.0 (3/20)適時開示:過年度の有価証券報告書の訂正報告書の提出に関するお知らせ 20 2338 ビットワンG -2.00% 0.4   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

アステラス薬(4503)は2%高 塩野義(4507)は5%安 27日の夜間PTS

28日の株式市場で、Casa(7196)やソフトフロントH(2321)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で28日の基準値を大きく上回る水準で約定した。Casaの約定価格は基準値に比べ18.22%高、ソフトフロントHは同14.08%高だった。また、主要銘柄ではアステラス薬(4503)が基準値を2.03%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7196 Casa +18.22% 0.1 (3/20)自社株買い(枠設定) 発表日 2 2321 ソフトフロントH +14.08% 77.4 (3/27)適時開示:債務超過解消(見込み)のお知らせ 3 4824 メディアシーク +10.15% 0.2   4 6096 レアジョブ +7.27% 2.9 (3/27)ストップ高 東証 5 9318 アジア開発 +7.14% 96.8 (3/26)空売り規制対象 東証 6 4380 Mマート +6.61% 3.4 (3/27)ストップ高 東証 7 4764 SAMURAI +6.38% 8.0 (3/27)適時開示:代表取締役の異動及び役員選任に関するお知らせ 8 2656 ベクター +5.99% 0.3 (3/22)ベクターがストップ高買い気配 赤字のオンラインゲーム事業譲渡を好感(NQN) 9 6335 東京機 +4.86% 6.9   10 3474 G-FAC +4.54% 1.6 (3/27)ストップ高 東証 11 2372 アイロムG +4.29% 5.3   12 2370 MDNT +3.68% 1.7   13 3906 ALBERT +3.29% 2.8 (3/28)減資 効力発生日 14 3038 神戸物産 +3.06% 0.3 (3/27)適時開示:月次IRニュース 15 4022 ラサ工 +2.93% 0.1 (3/20)日々公表解除 解除日 東証 16 3858 ユビキタスAI +2.70% 1.1   17 3671 ソフトマックス +2.39% 0.2 (3/27)昨年来高値更新 東証 18 7624 NaITO +2.21% 0.9   19 4385 メルカリ +2.21% 0.5 (3/28)スマホ決済、相互利用 LINEとメルカリ連携(日経) 20 3777 ジオネクスト +2.13% 0.1   カーチスHD(7602)や石垣食(2901) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで28日の基準値を下回る水準で約定した。カーチスHDの約定価格は基準値に比べ6.44%安、石垣食は同6.21%安だった。また、主要銘柄では塩野義(4507)が基準値を5.20%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7602 カーチスHD -6.44% 0.1 (3/26)適時開示:合弁会社設立に関する基本合意書締結のお知らせ 2 2901 石垣食 -6.21% 0.9 (3/27)業績下方修正 通期営業損益4,600万円→-2億円 3 4308 Jストリーム -5.81% 1.5 (3/27)業績修正 新規予想 通期営業利益1.52億円(前期比51.6%減) 4 4507 塩野義 -5.20% 5.2 (3/25)株価レーティング設定 大和証券 3 5 4564 OTS -5.11% 5.2   6 6494 NFK-HD -5.00% 0.2   7 3350 RED -4.67% 0.4 (3/27)株式併合 10:1 株主総会決議日 8 9973 小僧寿し -3.97% 27.7 (3/28)信用銘柄取消 選定取消日 東証 9 6969 松尾電 -3.61% 0.6 (3/27)業績修正 新規予想 通期営業利益1.4億円(前期比13.6%減) 10 6089 ウィルG -3.58% 0.1   11 1871 PS三菱 -3.32% 0.1 (3/22)業績上方修正 通期純利益49.6億円→70億円 12 4765 モーニングスタ -3.25% 0.2 (3/22)適時開示:次世代型の資産運用アドバイスツール『Wealth Advisors』の提供先、200社、70,000台突破のお知らせ 13 3935 エディア -3.12% 4.4 (3/27)ストップ高 東証 14 4766 ピーエイ -3.06% 0.6 (3/27)適時開示:支配株主等に関する事項について 15 3135 マーケットエンタ -3.04% 0.1 (3/22)昨年来高値更新 東証 16 7919 野崎印 -3.03% 0.2   17 3686 DLE -2.82% 31.7 (3/27)適時開示:関連会社株式譲渡にともなう特別損失の発生に関するお知らせ 18 8281 ゼビオHD -2.76% 0.1   19 3528 プロスペクト -2.63% 2.0 (3/26)適時開示:当社連結子会社の異動(株式譲渡)及び匿名組合出資持分の取得に関するお知らせ 20 2164 地域新聞 -2.56% 17.2 (3/28)値幅制限下方拡大 適用日 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

アンジェス(4563)は26%高 シンバイオ(4582)13%高 26日の夜間PTS

27日の株式市場で、アンジェス(4563)やアイリック(7325)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で27日の基準値を大きく上回る水準で約定した。アンジェスの約定価格は基準値に比べ26.86%高、アイリックは同24.62%高だった。また、主要銘柄ではアステラス薬(4503)が基準値を4.29%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月27日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4657 環境管理 +27.87% 0.1   2 4563 アンジェス +26.86% 599.4 (3/26)適時開示:HGF遺伝子治療用製品の国内条件付承認を取得 国内初の遺伝子治療用製品、重症虚血肢を対象 3 7325 アイリック +24.62% 0.5 (3/27)株式分割 1:2 権利落日 4 4582 シンバイオ +13.37% 375.9 (3/26)適時開示:抗悪性腫瘍剤『トレアキシン』の腫瘍特異的T細胞輸注療法の前処置に関する一部変更承認のお知らせ 5 7851 カワセCS +8.53% 0.3   6 6639 コンテック +7.38% 0.4 (3/26)業績上方修正 通期純利益11億円→14.5億円 7 9820 MTジェネック +6.72% 4.7 (3/26)ストップ高 東証 8 3667 enish +6.38% 159.8 (3/26)ストップ高 東証 9 6664 オプトエレクト +6.06% 22.8 (3/26)オプトエレが連日大幅高 利益急増を評価した買い続く(NQN) 10 2176 イナリサーチ +5.99% 0.9   11 9318 アジア開発 +5.71% 59.0 (3/26)空売り規制対象 東証 12 6736 サン電子 +5.47% 2.0 (3/26)『物言う株主』のオアシス、サン電子株を9%超取得(NQN) 13 2173 博 展 +4.60% 3.8 (3/27)株式分割 1:2 権利落日 14 8789 フィンテック +4.58% 57.9 (3/26)貸株注意喚起 開始日 東証 15 7671 AmidAHD +4.57% 1.5 (3/26)ストップ高 東証 16 4508 田辺三菱 +4.55% 3.7 (3/25)昨年来安値更新 東証 17 6632 JVCKW +4.37% 0.3   18 4503 アステラス薬 +4.29% 8.7 (3/26)適時開示:経口JAK阻害剤『スマイラフ錠』既存治療で効果不十分な関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)治療薬として日本で製造販売承認取得 19 4585 UMNファーマ +4.06% 1.7   20 3064 MonotaRO +3.91% 0.2 (3/26)自社株買い(枠設定) 発表日 地域新聞(2164)やライトオン(7445) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで27日の基準値を下回る水準で約定した。地域新聞の約定価格は基準値に比べ14.76%安、ライトオンは同10.83%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月27日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9363 大 運 -24.46% 0.1   2 2164 地域新聞 -14.76% 12.8 (3/26)ストップ安 東証 3 4355 ロングライフ -11.83% 0.1   4 7445 ライトオン -10.83% 0.1 (3/26)昨年来安値更新 東証 5 3221 ヨシックス -10.14% 0.1   6 4293 セプテーニHD -9.50% 0.1   7 7191 イントラスト -9.48% 0.2   8 2179 成学社 -8.56% 0.3   9 6786 RVH -8.54% 0.5   10 8104 クワザワ -7.86% 0.4 (3/20)適時開示:東京証券取引所市場第一部指定に関するお知らせ 11 6198 キャリア -7.81% 4.0 (3/26)業績修正 新規予想 通期営業利益2.7億円 12 3185 夢展望 -7.34% 0.2   13 4679 田 谷 -6.69% 0.1   14 8086 ニプロ -6.59% 0.1   15 1418 インターライフ -6.37% 0.4 (3/26)業績下方修正 通期最終損益4,000万円→-6,900万円 16 3782 DDS -5.03% 0.1 (3/20)減資 株主総会決議日 17 7647 音 通 -5.00% 8.0   18 9980 MRK HLD -4.81% 5.4   19 2410 キャリアDC -4.72% 0.1 (3/20)キャリアデザが大幅高 上半期業績の上方修正を好感(NQN) 20 4575 CANBAS -4.69% 1.7   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

ルネサス(6723)6%高 松井証(8628)は1%安 25日の夜間PTS

26日の株式市場で、マネパG(8732)やタキロンシーアイ(4215)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で26日の基準値を大きく上回る水準で約定した。マネパGの約定価格は基準値に比べ13.73%高、タキロンシーアイは同11.16%高だった。また、主要銘柄では大塚HD(4578)が基準値を4.69%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月26日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3536 アクサスHD +14.96% 1.1   2 8732 マネパG +13.73% 5.6 (3/25)配当修正 8円(2019/03) 3 4215 タキロンシーアイ +11.16% 1.9 (3/25)適時開示:当社連結子会社における固定資産の譲渡及び特別利益の計上に関するお知らせ 4 3323 レカム +8.04% 21.9 (3/25)適時開示:株式会社エフティグループのASEAN3か国5社の子会社の株式取得(連結子会社化)に関する基本合意契約締結のお知らせ 5 6696 トランザス +7.87% 0.4 (3/22)ストップ高 東証 6 3686 DLE +7.62% 147.4 (3/25)ストップ高 東証 7 9318 アジア開発 +7.14% 286.5 (3/25)空売り規制対象 東証 8 6723 ルネサス +6.95% 6.3 (3/26)自社株買い 新株予約権発行で希薄化懸念に対応(日経) 9 6664 オプトエレクト +6.62% 31.0 (3/25)ストップ高 東証 10 2342 トランス +6.62% 9.7 (3/25)適時開示:新規肺がんマーカーに対する抗体ならびにその診断応用に関する欧州特許査定のお知らせ 11 3719 ジェクシード +6.57% 3.3 (3/25)適時開示:ビーエムアイ ホスピタリティ サービシス リミテッドによる当社株券に対する公開買付けの公開買付け等の価格変更に関するお知らせ 12 6955 FDK +6.34% 3.1 (3/18)FDKが一時ストップ高 『空気電池』実用化メドで個人買い(NQN) 13 2362 夢真HD +5.96% 0.1   14 3938 LINE +5.96% 0.1 (3/19)スマホ納税広がる 自治体採用、LINE90・ヤフー180(日経) 15 8704 トレイダーズ +5.76% 7.0 (3/25)適時開示:連結子会社における特別利益の発生に関するお知らせ 16 6494 NFK-HD +5.08% 0.1   17 4764 SAMURAI +5.00% 2.7 (3/25)適時開示:大手自動車メーカー向けライセンス追加受注等による利益計上に関するお知らせ 18 4578 大塚HD +4.69% 5.6 (3/22)大塚HDが安い 大和が目標株価下げ、業績予想を下方修正(NQN) 19 6356 日ギア +4.61% 0.1 (3/20)業績上方修正 通期営業利益1.85億円→3.2億円 20 1757 クレアHD +4.37% 0.1   地域新聞(2164)やネクストジェン(3842) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで26日の基準値を下回る水準で約定した。地域新聞の約定価格は基準値に比べ18.98%安、ネクストジェンは同15.69%安だった。また、主要銘柄では松井証(8628)が基準値を1.77%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月26日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3751 日本アG -23.53% 0.1   2 2164 地域新聞 -18.98% 14.4 (3/25)適時開示:(訂正)主要株主の異動に関するお知らせ 3 3842 ネクストジェン -15.69% 1.0 (3/25)業績下方修正 通期最終損益9,000万円→-2,000万円 4 3489 フェイスNW -12.12% 5.6 (3/25)業績下方修正 通期経常利益15億円→8.5億円 5 6063 EAJ -4.44% 0.1 (3/25)空売り規制対象 東証 6 3433 トーカロ -3.04% 0.1 (3/22)適時開示:インドネシア共和国における関連会社の異動(子会社化)に関するお知らせ 7 3793 ドリコム -3.04% 1.0 (3/18)空売り規制対象 東証 8 2656 ベクター -2.98% 0.4 (3/22)ベクターがストップ高買い気配 赤字のオンラインゲーム事業譲渡を好感(NQN) 9 6081 アライドアーキ -2.37% 0.7 (3/22)ストップ高 東証 10 8698 マネックスG -2.03% 0.2 (3/22)自社株消却(単独) 発表日 11 6182 ロゼッタ -2.00% 9.7 (3/25)ロゼッタがストップ高 営業黒字化『収益段階に入った』との声(NQN) 12 7779 サイバダイン -1.92% 0.4   13 8628 松井証 -1.77% 1.7   14 8585 オリコ -1.72% 0.2   15 6775 TBグループ -1.56% 0.9   16 4824 メディアシーク -1.50% 0.2   17 8713 フィデアHD -1.44% 0.1 (3/15)適時開示:取得価額の修正に関するお知らせ 18 6740 JDI -1.43% 1.7 (3/19)Jディスプレが反発 ファンドの保有目的変更『収益改善早める』(NQN) 19 3350 RED -1.43% 2.4   20 8771 Eギャランティ -1.32% 0.1   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

エーザイ(4523)が17%安、オプトエレクト(6664)は19%高 22日の夜間PTS

25日の株式市場で、オプトエレクト(6664)やイメージワン(2667)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で25日の基準値を大きく上回る水準で約定した。オプトエレクトの約定価格は基準値に比べ19.84%高、イメージワンは同16.30%高だった。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月25日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3686 DLE +38.17% 52.9   2 6664 オプトエレクト +19.84% 5.9 (3/22)1Q決算 経常利益 3.0倍 3 2667 イメージワン +16.30% 33.7 (3/22)業績上方修正 通期純利益2,800万円→5,800万円 4 6182 ロゼッタ +15.97% 19.9 (3/22)業績修正 新規予想 通期営業利益3.5億円(前期比31.2倍) 5 1871 PS三菱 +15.09% 3.1 (3/22)業績上方修正 通期純利益49.6億円→70億円 6 6081 アライドアーキ +11.51% 76.1 (3/22)ストップ高 東証 7 2703 日本ライトン +10.50% 0.2   8 3799 キーウェア +9.91% 1.7 (3/22)業績上方修正 通期純利益2億円→3.2億円 9 2148 ITM +8.12% 5.2 (3/22)東証、ITメディアを1部に市場変更 29日付(NQN) 10 4764 SAMURAI +6.90% 0.9 (3/22)適時開示:連結子会社の融資実行による利益計上に関するお知らせ 11 8894 原弘産 +5.00% 0.1 (3/20)適時開示:債権者の異動に関するお知らせ 12 2321 ソフトフロントH +4.95% 2.7 (3/22)適時開示:特別利益(投資有価証券売却益)の発生に関するお知らせ 13 4274 細谷火 +4.68% 3.8 (3/15)ストップ高 東証 14 6208 石川製 +4.06% 3.4 (3/15)空売り規制対象 東証 15 4978 リプロセル +3.98% 0.1   16 4508 田辺三菱 +3.96% 0.2 (3/20)目標株価下げ みずほ証券 1,750円 → 1,560円 17 7610 テイツー +3.41% 0.2   18 1448 スペースVHD +3.28% 0.1 (3/22)昨年来安値更新 東証 19 2901 石垣食 +3.24% 0.1   20 8105 堀田丸正 +3.22% 2.5   santec(6777)や地域新聞(2164) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで25日の基準値を下回る水準で約定した。santecの約定価格は基準値に比べ9.55%安、地域新聞は同9.49%安だった。また、主要銘柄ではエーザイ(4523)が基準値を17.91%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月25日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4523 エーザイ -17.91% 44.1 (3/22)エーザイがストップ安で売買成立 588万株の売り残す(NQN) 2 3975 AOITYOHD -12.39% 0.1   3 6777 santec -9.55% 0.1 (3/15)空売り規制対象 東証 4 2164 地域新聞 -9.49% 3.2 (3/22)ストップ安 東証 5 4570 免疫生物 -9.31% 13.1 (3/22)業績下方修正 通期営業損益-2,500万円→-1.5億円 6 8714 池田泉州 -7.17% 0.1   7 6038 イード -6.21% 0.1   8 4596 窪田製薬 -5.30% 255.8 (3/22)昨年来高値更新 東証 9 4736 日本ラッド -5.09% 0.3 (3/22)業績下方修正 通期純利益1.61億円→4,200万円 10 4588 オンコリス -4.90% 65.6 (3/22)空売り規制対象 東証 11 6696 トランザス -4.89% 1.2 (3/22)ストップ高 東証 12 6249 GCジョイコH -4.80% 0.1   13 3826 システムインテ -4.58% 0.3   14 2372 アイロムG -4.54% 0.4   15 3760 ケイブ -4.53% 1.9 (3/22)日々公表開始 開始日 東証 16 8304 あおぞら -4.08% 3.6 (3/22)あおぞら銀、今期最終利益を下方修正 配当予想も引き下げ(NQN) 17 2743 ピクセル -3.85% 1.5   18 7746 岡本硝子 -3.85% 1.0   19 9517 イーレックス -3.79% 0.2 (3/18)再生エネ販売へ新会社 東電HDとイーレックス(日経) 20 9318 アジア開発 -3.75% 34.2 (3/22)空売り規制対象 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

シリコンスタシオ(3907)は22%高 石井表記(6336)は5%安 20日の夜間PTS

22日の株式市場で、シリコンスタシオ(3907)や川澄化(7703)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で22日の基準値を大きく上回る水準で約定した。シリコンスタシオの約定価格は基準値に比べ22.84%高、川澄化は同20.00%高だった。また、主要銘柄ではミツコシイセタン(3099)が基準値を1.89%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月22日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6662 ユビテック +27.43% 0.1   2 3907 シリコンスタシオ +22.84% 27.9 (3/20)ストップ高 東証 3 7703 川澄化 +20.00% 4.4 (3/20)適時開示:主要株主である筆頭株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせ 4 4847 インテリW +10.76% 14.1 (3/20)東証、2部のインテリWを1部指定 27日付(NQN) 5 9318 アジア開発 +10.00% 45.0 (3/20)空売り規制対象 東証 6 6494 NFK-HD +9.24% 0.2   7 4028 石原産 +8.66% 0.3 (3/20)配当修正 12円(2019/03) 8 6572 RPA +7.81% 4.7 (3/20)東証、マザーズのRPAとテモナを1部に変更(NQN) 9 3677 システム情報 +7.59% 6.9 (3/20)配当修正 13円(2019/09) 10 3985 テモナ +6.93% 1.7 (3/20)所属部変更(東1) 発表日 東証 11 3698 CRI・MW +6.87% 11.3 (3/22)貸株注意喚起 開始日 東証 12 7196 Casa +6.40% 0.7 (3/20)自社株買い(枠設定) 発表日 13 7868 広済堂 +5.83% 15.5 (3/22)旧村上ファンド系が広済堂にTOB 投資ファンドと組んだMBOに対抗(日経) 14 4583 カイオム +5.52% 25.5 (3/18)適時開示:ヒト化抗TROP-2抗体に関する欧州特許付与決定についてのお知らせ 15 8894 原弘産 +5.00% 0.2 (3/20)適時開示:債権者の異動に関するお知らせ 16 9973 小僧寿し +4.84% 25.7 (3/13)適時開示:会計監査人の異動に関するお知らせ 17 5912 OSJBHD +4.09% 0.1 (3/15)適時開示:固定資産の譲渡に関するお知らせ 18 1828 田辺工 +4.03% 0.5 (3/20)配当修正 27円(2019/03) 19 3772 ウェルス +4.00% 4.6 (3/20)適時開示:山陽興業株式会社の株式の取得(子会社化)に関するお知らせ 20 3267 フィルカンパニ +3.12% 0.1   石井表記(6336)やオンコリス(4588) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで22日の基準値を下回る水準で約定した。石井表記の約定価格は基準値に比べ5.21%安、オンコリスは同4.79%安だった。また、主要銘柄では昭和シェル(5002)が基準値を3.95%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月22日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 2666 オートウェーブ -37.05% 0.8   2 8247 大 和 -9.58% 0.1   3 7630 壱番屋 -8.24% 0.1   4 6336 石井表記 -5.21% 3.6 (3/20)通期決算 経常利益 14.5%増 5 4588 オンコリス -4.79% 42.3 (3/20)空売り規制対象 東証 6 6944 アイレックス -4.44% 0.1   7 6095 メドピア -4.31% 0.1   8 4596 窪田製薬 -4.12% 223.1 (3/20)ストップ高 東証 9 5002 昭和シェル -3.95% 0.1 (3/19)適時開示:会社分割の検討開始に関するお知らせ 10 3474 G-FAC -3.92% 0.1 (3/19)ストップ高 東証 11 5952 アマテイ -3.84% 0.1 (3/18)日々公表解除 解除日 東証 12 1491 中外鉱 -3.81% 0.8   13 7256 河西工 -3.72% 0.1   14 2776 新都HD -3.50% 0.9 (3/20)通期決算 経常利益 -14.1倍 15 4343 ファンタジー -3.35% 0.4 (3/20)業績下方修正 通期純利益33億円→18.5億円 16 2338 ビットワンG -3.32% 0.2   17 3390 INEST -3.25% 0.5   18 6093 エスクローAJ -3.23% 0.1   19 2778 パレモ・HD -3.21% 0.6 (3/19)東証、パレモ・HDを2部に市場変更 26日付(NQN) 20 2351 ASJ -3.20% 0.9 (3/18)空売り規制対象 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

IPリポート【特別版】保有特許の価値が高い企業はここだ

一般的に特許出願の多い会社ほど技術・開発力に優れているが、特許出願の件数が多くても業績の悪い企業は存在する。件数だけでなく特許そのものの価値も加味して企業価値を評価する必要がある。特許に関して企業が内部で抱える詳細なデータを入手できない場合、特許庁が公開している特許情報を元に特許の価値を評価する研究がなされてきた。 特許の価値を調べる手法の中で優れているのは神戸大学とカネカが共同で開発した「KKスコア」だ。KKスコアのランキングでは、特許出願件数ランキングとは違った顔ぶれが上位にランクインした。 KKスコアによる知財ランキング 正林国際特許商標事務所 証券アナリスト=三浦毅司 特許が重要な10業種でのKKスコアトップ企業 第1章 特許価値の評価 1. 「排他力」と「ライセンス収入」 企業の価値を評価するには、特許の件数だけでなく、特許そのものの価値も加味する必要がある。特許の価値は特許の活用による事業活動の収益化にある。収入面は大きく分けて、他者に参入を許さず、独占的な収入をもたらす価値である「排他力」と「ライセンス収入」の2つと考えることができる。排他力を評価する場合はその特許が有効性を持つ期間(基本的に出願から20年で失効)を考慮することも必要だ。独占的な権利が無効審判などで消滅したり、技術革新で価値が大幅に減少したりする可能性があるためだ。 支出面では、出願と維持にかかるコストやライセンス料支払いなどは把握が比較的簡単である。間接経費である企業の知財部門の人件費なども、一定のルールに従って算定が可能である。 ■収入と支出の両面で評価 出所:正林国際特許商標事務所 詳細なデータが準備できる場合の特許価値の評価手法はほぼ確立している。①排他力と支出により収益を算定して現在価値に割り戻す「インカム・アプローチ」、②ライセンス収入を現在価値に割り戻す「ロイヤルティ・アプローチ」、③取引事例を参考に算定する「マーケット・アプローチ」のいずれか、あるいは複数を用いる。 ■出願人の本気度やライバルの関心度合いにも注目 出所:正林国際特許商標事務所 公開情報から特許の価値を推定する元データとしては、特許庁が公表している特許情報が従来から使われてきた。 特許庁は、出願人から提出される書類の内容(書誌情報)や出願から登録にいたる過程で外部から起こされたアクションに関する情報(経過情報)を公開している。書誌情報からは、出願人が特許の権利化のためにどれだけ多くのコストや手間を許容したか(=出願人の「本気度」)が分かる。一方、経過情報からは、出願された特許に対する第三者の関心の高さや嫌悪度を推し量ることが出来る。 2. KKスコアによる評価 神戸大学とカネカが共同で開発した「KKスコア」は、公開情報から特許の重要性を判定する指標として優れている。パナソニックが提供する特許調査支援サービス「PatentSQUARE」などで入手することができる。計算式が特許出願書類(特許第6277789号)に開示されているため、算出にブラックボックスが無く透明性が高い。また、あくまで特許どうしの相対評価に徹している。公開情報の分析には限界があるため、相対的な順位に的を絞り精度を高めることは理にかなっている。 KKスコアは特許情報を3つの因子に分けて評価している。 (A)牽制度~第三者にとって邪魔な特許は、権利化を阻害する様々なアクションが取られる。重大なアクションが取られたほど重要と認識する (B)注目度~出願人や特許庁の審査官は、出願や判断に際して先行する重要な特許を引用する。引用された回数が多いほど重要と認識する (C)出願時期待度~出願人は期待が大きい特許に手間やコストをかける傾向がある。この手間やコストが大きいほど重要と認識する 対象の特許群を、特許登録後の第三者による特許異議申し立ての有無、特許出願書類のページ数などといった15項目について評価し、点数を付与する。因子分析により統計学的に、項目ごとに3因子(牽制度、注目度、出願時期待度)の貢献度を算出し、その因子の合計値をKKスコアとしている。 この作業により特許の重要性が数値化され、相対評価が可能となる。KKスコアは特許ごとに算定されるが、企業価値評価ではこのKKスコアを企業ごとに合算し、比較することができる。   第2章 KKスコアランキングと特許出願件数との比較 JPX日経200、ジャスダック、東証マザーズの1190社のうち、特許が重要となる10業種について、KKスコアによるランキングと特許出願件数によるランキングを比較したのが下の表だ。これによると実に7業種でトップが異なり、トップ3の銘柄も入れ替わっている。特許の重要性と出願件数とではランキングが異なることが分かる。 化学、輸送用機械、金属製品、その他製品、建設業、医薬品の6業種は、KKスコアと出願件数のランキングでトップ3のうち2社が同じであり、特許の重要性と出願件数との相関が高い。一方、機械、電気機器、精密機器、情報・通信の場合はKKスコアと出願件数のランキングに違いが多く、出願件数だけでは技術力を評価できない業種であると言える。 出所:正林国際特許商標事務所 第3章 注目の太陽HD・メドレックス 1.太陽ホールディングス(4626)  プリント基板用絶縁膜で世界シェア首位 化学業種のKKスコアランキングでトップとなった太陽ホールディングスは、プリント基板に使われる絶縁膜「ソルダーレジスト(SR)」の世界的トップメーカー。特許は主にSRに関するものであるが、重要な特許を数多く保有している。競合相手からの抵抗(牽制度)、特許庁や第三者からの引用(注目度)、自社のコスト負担(出願時期待度)のバランスが取れている。今後も技術優位性を維持することが可能とみられる。 ■太陽HDのKKスコアの因子別貢献度   出所:正林国際特許商標事務所 技術優位性をベースに良好なマージンを確保している。世界的な電子情報産業の需要変動の影響を受けることはあるだろうが、相対的に優良な収益性は維持できるだろう。 ■高収益を維持 出所:太陽ホールディングス (2)メドレックス(4586) 微小の注射針で高評価 メドレックスは、経皮吸収型製剤技術が強みの創薬ベンチャー企業。KKスコア算定対象となった特許は12件と少ないものの、いくつかの特許の評価が高く、医薬業種の中でトップとなった。特に評価が高いのが、微小針を確実に皮膚内に挿入する方法とそのための補助器具に関する特許だ。因子別貢献度でみても、競合相手からの抵抗である牽制度の比率が大きい。 ■メドレックスのKKスコアの因子別貢献度 出所:正林国際特許商標事務所 メドレックスは、薬の開発ではなくその薬を皮膚から吸収させる薬剤(経皮製剤)を開発している。薬剤の効果を高めるために、微小針を使って確実に体内に投与する医療デバイスを開発し、特許を出願して登録された。この手法は患者にとって無痛で、かつ常温輸送と保管、患者の自己投与が可能であり、注射と比べても高い免疫効果が期待できるという画期的な医療デバイスである。外国出願も行っており、主要国での権利主張が可能だ。特許出願は2010年で、存続期間を十分に残している。これらの特許群を活かした将来の収益化の可能性は高いと判断できる。 (2019年3月20日) (免責事項)本レポートは、レポート作成者が信頼できると判断した情報に基づき作成されていますが、レポート作成者及びその所属する組織等は、本レポートの記載内容が真実かつ正確であること、重要な事項の記載が欠けていないこと、将来予想が含まれる場合はそれが実現すること及び本レポートに記載された企業が発行する有価証券の価値を保証するものではありません。本レポートは、その使用目的を問わず、投資者の判断と責任において使用されるべきものであり、その使用結果について、レポート作成者及びその所属組織は何ら責任を負いません。また、本レポートはその作成時点における状況を前提としているものであって、その後の状況が変化することがあり、予告なく変更される場合があります。 正林国際特許商標事務所 (三浦毅司 takashi.miura@sho-pat.com 電話03-6895-4500)

新日建物(8893)は16%高 東エレク(8035)は1%安 19日の夜間PTS

20日の株式市場で、リテールPT(8167)や新日建物(8893)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で20日の基準値を大きく上回る水準で約定した。リテールPTの約定価格は基準値に比べ17.05%高、新日建物は同16.18%高だった。また、主要銘柄では大林組(1802)が基準値を26.42%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月20日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 1802 大林組 +26.42% 0.3   2 8167 リテールPT +17.05% 4.5 (3/19)自社株買い(枠設定) 発表日 3 8893 新日建物 +16.18% 22.7 (3/19)適時開示:利益配分に関する基本方針の変更に関するお知らせ 4 2778 パレモ・HD +14.31% 4.1 (3/19)東証、パレモ・HDを2部に市場変更 26日付(NQN) 5 5964 洋刃物 +13.33% 0.6 (3/19)昨年来高値更新 東証 6 5610 大和重 +13.12% 8.1 (3/19)ストップ高 東証 7 8918 ランド +12.86% 18.3 (3/19)空売り規制対象 東証 8 3315 日本コークス +11.94% 53.6 (3/20)自社株買い(買付) 買付開始日 9 3469 デュアルタプ +10.43% 38.3 (3/19)ストップ高 東証 10 2351 ASJ +9.70% 0.1 (3/18)空売り規制対象 東証 11 3242 アーバネット +9.04% 0.1   12 2410 キャリアDC +8.56% 0.2 (3/19)業績上方修正 半期営業利益2.64億円→3.17億円 13 6494 NFK-HD +8.41% 1.1   14 6658 シライ電子 +7.38% 48.5 (3/19)ストップ高 東証 15 2150 ケアネット +6.63% 5.5 (3/13)自社株買い(買付) 発表日 16 4596 窪田製薬 +6.38% 321.9 (3/19)窪田製薬、連日で急伸 NASAと共同開発に期待続く(NQN) 17 4380 Mマート +6.23% 9.0 (3/19)ストップ高 東証 18 4571 ナノキャリア +5.93% 55.5 (3/15)適時開示:パクリタキセル内包ミセル(NK105)に関する論文掲載について 19 2435 シダー +5.07% 0.3 (3/18)適時開示:資本・業務提携の解消及び主要株主である筆頭株主の異動並びにその他の関係会社の異動に関するお知らせ 20 4528 小野薬 +4.77% 0.9   ピーエイ(4766)やウインテスト(6721) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで20日の基準値を下回る水準で約定した。ピーエイの約定価格は基準値に比べ10.48%安、ウインテストは同4.76%安だった。また、主要銘柄では東エレク(8035)が基準値を1.21%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月20日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4766 ピーエイ -10.48% 0.1 (3/15)空売り規制対象 東証 2 6721 ウインテスト -4.76% 0.2 (3/15)2Q決算 経常利益 10.1%増 3 3245 ディア・ライフ -4.72% 0.2 (3/14)適時開示:マンション開発用地取得に関するお知らせ 4 3350 RED -4.00% 10.8   5 9318 アジア開発 -3.75% 13.7 (3/19)空売り規制対象 東証 6 5856 エルアイイエイチ -3.33% 0.3   7 2931 ユーグレナ -2.48% 0.3 (3/15)適時開示:合併比率決定に関するお知らせ 8 3040 ソリトン -2.46% 0.1   9 1491 中外鉱 -2.38% 2.6   10 2489 アドウェイズ -2.38% 0.5   11 4384 ラクスル -2.17% 0.1 (3/19)昨年来高値更新 東証 12 8609 岡 三 -2.15% 0.1   13 3054 ハイパー -2.14% 1.8 (3/19)ストップ高 東証 14 3467 アグレ都市 -2.10% 0.1 (3/19)空売り規制対象 東証 15 6580 ライトアップ -2.06% 0.1 (3/18)空売り規制対象 東証 16 8894 原弘産 -2.00% 0.3 (3/15)空売り規制対象 東証 17 4814 ネクストウェア -1.89% 1.1   18 3851 日本一S -1.77% 4.8 (3/14)日本一ソフトが1年ぶり高値 スマホゲームを19日配信(NQN) 19 8705 岡藤HD -1.71% 0.1 (3/14)配当修正 3円(2019/03) 20 3528 プロスペクト -1.58% 36.6 (3/12)適時開示:主要株主の異動に関するお知らせ ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

窪田製薬(4596)20%高 レオパレス21(8848)は3%安 18日の夜間PTS

19日の株式市場で、カイオム(4583)や窪田製薬(4596)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で19日の基準値を大きく上回る水準で約定した。カイオムの約定価格は基準値に比べ22.87%高、窪田製薬は同20.19%高だった。また、主要銘柄では楽天(4755)が基準値を1.72%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月19日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4583 カイオム +22.87% 70.9 (3/18)適時開示:ヒト化抗TROP-2抗体に関する欧州特許付与決定についてのお知らせ 2 4596 窪田製薬 +20.19% 295.1 (3/18)窪田製薬HDがストップ高気配 眼科診断装置をNASAと共同開発(NQN) 3 5704 JMC +16.61% 3.6   4 4380 Mマート +16.26% 4.5 (3/18)ストップ高 東証 5 6955 FDK +15.98% 46.2 (3/18)FDKが一時ストップ高 『空気電池』実用化メドで個人買い(NQN) 6 3469 デュアルタプ +15.67% 5.1 (3/12)ストップ高 東証 7 5964 洋刃物 +14.20% 2.0 (3/18)ストップ高 東証 8 4298 プロトコーポ +11.74% 2.0 (3/18)東証、プロトを1部に市場変更 25日付(NQN) 9 6064 アクトコール +11.41% 0.3   10 2342 トランス +11.27% 25.3 (3/18)適時開示:HAINAN JINGANG BIOTECH CO. LTD.との霊長類の遺伝子改変動物作製に関する共同研究契約締結のお知らせ 11 3545 デファクト +11.06% 0.1 (3/12)空売り規制対象 東証 12 8739 スパークス G +10.24% 1.7 (3/15)スパークスが続伸 東証1部に変更、機関投資家の買い期待(NQN) 13 9318 アジア開発 +10.00% 38.6 (3/18)空売り規制対象 東証 14 9927 ワットマン +9.95% 1.7 (3/18)ストップ高 東証 15 6969 松尾電 +8.33% 42.5 (3/19)値幅制限上方拡大 適用日 東証 16 7461 キムラ +7.55% 1.7 (3/18)業績上方修正 通期経常利益11.9億円→15.5億円 17 3069 JFLAHD +7.14% 0.1   18 2788 アップル +6.87% 1.1   19 4350 メディカルシス +5.79% 0.3 (3/18)ストップ高 東証 20 8789 フィンテック +4.28% 144.3 (3/18)適時開示:主要株主の異動に関するお知らせ メガチップス(6875)やレオパレス21(8848) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで19日の基準値を下回る水準で約定した。メガチップスの約定価格は基準値に比べ4.12%安、レオパレス21は同3.82%安だった。また、主要銘柄では東電力HD(9501)が基準値を1.13%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月19日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8291 日産東HD -25.00% 0.5   2 9052 山陽電 -8.76% 4.6   3 7630 壱番屋 -8.24% 0.1   4 3661 エムアップ -6.19% 0.1   5 6356 日ギア -4.60% 0.2   6 6875 メガチップス -4.12% 2.1 (3/19)今期最終赤字19億円(日経) 7 4837 シダックス -3.87% 0.1   8 8848 レオパレス21 -3.82% 70.0 (3/19)仕様外の部材『創業者指示』 レオパレス施工不良 調査委が中間報告(各紙) 9 8616 東海東京 -3.39% 3.4 (3/18)配当修正 16円(2019/03) 10 5856 エルアイイエイチ -3.39% 0.3   11 9509 北海電 -3.23% 0.1   12 4284 ソルクシーズ -3.18% 0.4 (3/15)ストップ高 東証 13 4714 リソー教育 -3.04% 0.1   14 3054 ハイパー -2.94% 0.2 (3/18)ストップ高 東証 15 6867 リーダー電 -2.83% 0.1 (3/14)日々公表解除 解除日 東証 16 2300 きょくと -2.75% 0.1   17 6045 レントラックス -2.56% 1.7 (3/18)適時開示:平成31年3月期2月度の月次売上高等のお知らせ 18 4274 細谷火 -2.55% 1.2 (3/15)ストップ高 東証 19 3071 ストリーム -2.21% 6.2 (3/18)空売り規制対象 東証 20 3719 ジェクシード -2.18% 2.1 (3/13)適時開示:ビーエムアイ ホスピタリティ サービシス リミテッドによる当社株券に対する公開買付けの公開買付け期間延長等に関するお知らせ ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

「日米通商交渉で円高」6割 トランプ流警戒 米中は進展なく反応薄 QUICK月次調査

ロシア疑惑や「壁」建設を巡る議会との対立、米中摩擦など国内外で難問が山積みの米トランプ政権。外国為替市場はとりわけ日本や中国との通商問題の悪化を懸念している。QUICKと日経ヴェリタスの共同調査によると、4月以降に開催される見通しの日米物品貿易協定(TAG)交渉が円高要因になるとする回答者が6割超に上った。 国内政治の混乱が続いたり景気減速が表面化したりした場合、トランプ政権は支持率の維持のため外交や通商面で目に見える成果を求めるとみられる。 日米交渉に先駆けて行ってきた米中交渉は、交渉期限が延期されたうえに首脳会談の予定も決まっておらず、合意への道筋は見えない。月次調査で米中首脳会談の見通しと円相場への影響を聞いたところ、最も多い回答は「大きな進展がなく、円相場も反応薄」(43%)だった。 「追加関税の取り下げなど何らかの進展があっても、市場は織り込み済み」(27%)などを合わせ、円相場への影響は軽微との見方が7割に上る。金融助言会社MCPの嶋津洋樹チーフストラテジストは「大きな決裂が避けられれば市場全体がリスクオンになりやすい」と話す。 これに対し日米交渉の行方は円相場の動向に直結しそうだ。米中交渉で具体的な進展がみられなければ、トランプ政権はその後の日米交渉で一段と圧力を強めることが予想される。調査では「自動車などの輸出規制が強化されて円高になる」(25%)と、交渉の過程で「米側が円安是正を求めてきて円高になる」(24%)との予想が目立つ。 トランプ政権はかねて日本の対米貿易黒字や円安を問題視している。米商務省が自動車の輸入制限に関する報告書を2月に提出し、トランプ大統領は5月中に関税発動の是非などを判断する見通しだ。 教科書的には、日本からの輸出の抑制は貿易収支の悪化につながり、円安方向に作用する。だが市場は、自動車輸出の減少で企業収益が悪化→輸出企業などの株価下落でリスクオフ→円高という波及経路をイメージしている。過去の日米通商交渉の局面でも円高・ドル安の傾向がみられたうえ、米が金融引き締めを小休止した今年はもともとドル安・円高に向かいやすい。 「通貨安誘導を防ぐ為替条項が盛り込まれて円高要因」(15%)の予想もあわせると、日米交渉を機に円高圧力が高まるとみる人は64%に達する。みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、2円程度の円高要因になると指摘する。 「米国からの農産物、防衛装備品、エネルギーなどの輸入拡大で着地し、円相場への影響は限定的」や「影響なし」と回答した人は少数派だ。 こうしたトランプ政権の貿易交渉などを踏まえた2019年(1月~)の円の対ドル相場の予想を改めて聞いた。高値の平均は1ドル=102円93銭、安値の平均は114円83銭だった。 月次調査は11~13日に実施し、金融機関や事業会社の外為担当者91人が回答した。(ナレッジ開発本部 伊藤央峻) ※QUICKでは株式や債券、外為部門などの市場関係者を対象に毎月、足元の景気や相場動向についてアンケートを実施。結果を「QUICK月次調査」として各部門ごとに公表しています。ヒストリカルデータも含めて、QUICKの情報端末からダウンロードできます。

Mマート(4380)が26%高、ジェネパ(3195)は12%安 15日の夜間PTS

18日の株式市場で、Mマート(4380)やアイダ(6118)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で18日の基準値を大きく上回る水準で約定した。Mマートの約定価格は基準値に比べ26.06%高、アイダは同18.82%高だった。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <3月18日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4380 Mマート +26.06% 0.2 (3/15)通期決算 経常利益 13.4%増 2 6118 アイダ +18.82% 0.1 (3/14)自社株消却(単独) 発表日 3 6969 松尾電 +18.66% 1.0 (3/15)貸株注意喚起 解除日 東証 4 3995 SKIYAKI +13.93% 15.2 (3/15)通期決算 経常利益 20.4%減 5 3665 エニグモ +12.49% 4.1 (3/15)通期決算 経常利益 25.0%増 6 1728 ミサワ中国 +10.24% 0.2 (3/12)空売り規制対象 東証 7 3497 リーガル不 +10.17% 4.6 (3/15)2Q決算 8 7325 アイリック +7.49% 0.6 (3/15)株式分割 1:2 発表日 9 3760 ケイブ +7.39% 17.1 (3/15)ストップ高 東証 10 7034 プロレド +7.13% 0.7 (3/15)1Q決算 11 4274 細谷火 +6.64% 8.7 (3/15)ストップ高 東証 12 4393 バンクイノベ +6.53% 3.3 (3/15)適時開示:『幻獣契約クリプトラクト』の英語圏配信にかかる独占ライセンス契約締結に関するお知らせ 13 6930 日アンテナ +6.06% 0.4   14 3955 イムラ封筒 +5.98% 0.3 (3/15)通期決算 経常利益 17.1%減 15 4813 ACCESS +5.98% 0.2 (3/15)通期決算 経常利益 60.8%増 16 3992 ニーズウェル +5.86% 0.7 (3/15)業績上方修正 通期純利益3.32億円→3.46億円 17 6203 豊和工 +5.50% 2.9 (3/13)空売り規制対象 東証 18 6208 石川製 +5.41% 12.1 (3/15)空売り規制対象 東証 19 3793 ドリコム +5.36% 0.2 (3/15)空売り規制対象 東証 20 3858 ユビキタスAI +5.26% 0.5   高見サイ(6424)やMTジェネック(9820) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで18日の基準値を下回る水準で約定した。高見サイの約定価格は基準値に比べ18.15%安、MTジェネックは同16.75%安だった。また、主要銘柄ではヤマハ(7951)が基準値を16.30%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <3月18日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6424 高見サイ -18.15% 1.9 (3/15)業績下方修正 通期経常損益3.4億円→-7.3億円 2 9820 MTジェネック -16.75% 7.9 (3/15)ストップ安 東証 3 7951 ヤマハ -16.30% 0.1 (3/14)目標株価上げ ドイツ証券 5,500円 → 6,200円 4 3917 アイリッジ -13.91% 3.3 (3/15)2Q決算 5 1436 フィット -12.48% 0.1 (3/15)業績下方修正 通期最終損益3.15億円→-3.92億円 6 3195 ジェネパ -12.02% 12.4 (3/15)1Q決算 経常利益 41.7%減 7 6192 HyAS&Co. -11.89% 10.8 (3/15)3Q決算 経常利益 27.9%減 8 3441 山 王 -7.91% 3.9 (3/15)2Q決算 経常利益 -3.1倍 9 3467 アグレ都市 -7.39% 9.2 (3/15)業績下方修正 通期純利益5.13億円→2.4億円 10 9318 アジア開発 -6.25% 41.2 (3/15)空売り規制対象 東証 11 9052 山陽電 -5.75% 4.6   12 4712 KeyH -5.72% 389.8 (3/15)適時開示:(経過事項)フーリンラージ株式会社の株式取得(子会社化)に関するお知らせ 13 3071 ストリーム -5.67% 27.9 (3/15)ストップ高 東証 14 2667 イメージワン -5.66% 24.3 (3/15)適時開示:新たな事業の開始、業務提携および合同会社の設立に関するお知らせ 15 8927 明豊エンター -5.62% 2.7 (3/15)2Q決算 経常利益 -2.1倍 16 2315 カイカ -5.31% 149.9 (3/15)1Q決算 経常利益 -2.3倍 17 7707 PSS -4.37% 25.1 (3/15)PSSがストップ安売り気配 過熱感警戒、個人が売り(NQN) 18 4929 アジュバン -4.28% 0.5   19 3399 山岡家 -4.26% 0.2 (3/15)通期決算 経常利益 45.2%増 20 1491 中外鉱 -3.50% 0.1   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP