クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)、優待が使える店は約200ブランド!【株主優待戦略を聞く】

「人気があるのは、寿司・焼肉・しゃぶしゃぶでしょうか。ちょっと贅沢してみようというときに、株主優待制度を利用して食事を楽しまれているようです」。 リーフレット クリエイト・レストランツ・ホールディングスの宮地氏は、株主優待の「株主優待制度のご案内」というリーフレットを手渡してくれた。「弊社は約200のブランドがあります。クリエイト・レストランツ・ホールディングスという商号(会社名)と屋号(ブランド名)の関係が分かりにくいという声があり、このリーフレットを店舗におくようにしました」(同)という。 クリエイト・レストランツ・ホールディングスは、創業当初よりマルチブランド・マルチロケーション戦略により、予め集客の見込める好立地に、各立地の特性や顧客層を見極めた上で、最適な業態(ブランド)を開発・運営し、展開している。現在は約200ブランド所有しており、フードコートなどの低価格帯から、カジュアルレストラン、料亭などの高価格帯までカバーしている。 そして、2013年より新たな成長戦略「グループ連邦経営」を推進しており、既存事業の更なる成長に加え、M&Aによる新たなブランドの獲得にも積極的だ。そこで増えたブランドの多くは、株主優待(お食事券)の利用可能店舗に加わり、M&Aによるブランド拡大が、株主優待を利用する「株主」のメリットにつながっている。 右から宮地氏、岡﨑氏 2005年に東証マザーズ上場の時点では、株主優待の制度を採用しなかった。理由は、会社の規模も小さく、コストとしての意識が強かったためだ。2013年に東証一部に市場変更した際に、株主優待の導入に踏み切った。その理由は、株主優待のとらえ方を変えたこと。コストと考えるのではなく、株主に店舗に足を運んでもらい、お客さまになってもらうためのサービスと考えることにした。 株主優待の効果はすぐに表れた。2014年2月に10,196人だった個人株主は、2017年8月に90,943人まで増加。2017年2月は80,750人だったので、半年で1万人以上増加した。「個人株主は、株価を下支えしてくれる存在」(同)という。クリエイト・レストランツ・ホールディングスは、昨年の決算内容がやや良くなかったため、決算発表の2017年4月19日に株価が大きく下落した。しかし、5月に入ると上昇に転じ、現在の株価は上場来の高値圏で推移している状況だ。 一方、個人株主は大幅に増えたが、それ以外の投資家層はそれほど変動していない。機関投資家や外国人投資家などにどのようにアピールしていくかは今後の課題だ。 株主優待 株主優待品イメージ ≪対象株主≫  毎年8月31日及び2月末日現在の株主名簿に記載または記録された1単元(100株)以上の株主を対象とする。 ≪優待内容≫  以下の区分により、当社グループ店舗にて使用できる食事券を年2回贈呈。  ※利用枚数に制限はない。      [所有株式数\基準日]   [2月末日]  [8月31日]   100株以上 500株未満    3,000円分   3,000円分   500株以上1,500株未満    6,000円分   6,000円分  1,500株以上4,500株未満   15,000円分   15,000円分  4,500株以上         30,000円分   30,000円分   ≪有効期限≫  基準日(2月末日):6月上旬発行予定            同年11月30日までの約6ヵ月間  基準日(8月31日):11月中旬発行予定            翌年5月31日までの約7ヵ月間   ≪利用可能店舗≫  国内のクリエイト・レストランツ・ホールディングスグループの各店舗(一部店舗を除く)にて利用できる。  ※利用可能店舗は、月中の新規オープン・撤退・業態変更等により変わる場合がある。   ≪株主優待券利用上の注意≫  ・1枚につき、500円分(税込金額分)の飲食ができる。  ・利用枚数に制限なし。1回の会計時に何枚でも利用できる。  ・有効期限の切れた株主優待券の利用はできない。  ・利用、予約に関しては、店舗まで問い合わせること。  ・現金との引換、及び釣銭を出すことはできない。  ・各種割引及び割引券類との併用はできない。  ・紛失、盗難等については、当社はその責任を負わない。   また、再発行もできない。 会社プロフィール 立地特性に合わせ複数の外食業態を直営展開  立地の特性等に合わせた複数の外食業態を直営で展開している。洋食、中華、和食、エスニックのレストラン、居酒屋、フードコートなどを複数のブランドを持つ。  代表的なブランドは高級寿司食べ放題の「雛鮨」、しゃぶしゃぶ食べ放題の「しゃぶ菜」、自然食バイキングの「はーべすと」、飲茶バイキングの「香港蒸蘢」など、居酒屋は、海鮮居酒屋の「磯丸水産」、鶏料理専門店の「鳥良」、ラーメン業態は「つけめんTETSU」等がある。またレストラン事業で培ったノウハウを活用したフードコート事業は、専門性を打ち出し、ビビンパ、パスタ、オムライス、パンケーキなどの業態を展開。多様なフードコート店舗を運営している強みを生かし、フードコートの全ての店舗を1社で担当する一括オペレーションフードコートにも注力し差別化を図る。  1997年、地ビール製造会社ヨコスカ・ブルーイング・カンパニーを設立。99年、クリエイト・レストランツ・ホールディングスに商号を変更し、レストラン事業を開始。2000年、三菱商事が資本参加。同年、フードコート事業を開始。10年、持株会社体制に移行し、現商号に変更。12年、三菱商事が同社株式を売却。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事は、QUICK企業価値研究所が取材したものです。最新の株主優待内容は、必ず当該企業のホームページなどでご確認いただくようお願いいたします。 QUICK企業価値研究所では、各企業の株主優待の内容の詳細、優待の金額換算値などの情報を提供しております。ご興味のある方は、以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

高島屋(8233) 営業利益予想を引き上げるが、21年度会社目標500億円への道のりは険しい

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/01/18) ・20/2期390億円を予想、中間層の回復など織り込む  企業価値研究所は中間層の消費マインド回復、免税売上高の増勢、昨秋以降の株高効果などを勘案し、今、来期の国内百貨店増収率見通しを上方修正。つれて、連結営業利益予想も今期370億円(前期比9%増)、来期375億円、20/2期390億円へ引き上げたが、22/2期の会社目標500億円への道のりは険しい。来秋に消費再増税が控えるうえ、「コト」消費への移行やEC化に歯止めがかからないとみるため。日本橋再開発など資産価値最大化に向けた取り組みは評価するが、中長期的な環境変化への対応として不可欠な構造改革(赤字店閉鎖、不採算事業からの撤退等)には消極的な印象。株式市場が期待するROE改善についても、事務所用ビルを500億円弱で取得するなど、資金の使い方に市場との温度差を感じる。 ・来期はマンション販売剥落で営業微増益どまりへ  国内百貨店の増収を原動力に今期1割近い営業増益を見込むのに対し、来期は微増益にとどまろう。単体営業利益続伸、シンガポールの回復、空港型免税店、上海高島屋の赤字縮小、日本橋高島屋S.C.新館(本年9月開業予定)の貢献が見込まれるものの、前期、今期の利益を押し上げるマンション販売の剥落と相殺される見通し。続く20/2期は消費再増税の悪影響を人員減や日本橋S.C.新館の通年寄与で吸収し営業増益となる見込み。 ・リスクファクター ~円高・株安など ・アナリストの投資判断 ~株式市場からの評価を変えるには資本効率改善策や構造改革が不可欠  今期末PBRは0.93倍(当研究所予想)。売上好調だった16/2期平均(0.97倍)と大差なく、ここからの上昇は限定的だろう。市場からの評価を変えるには、資本効率改善や構造改革への積極的な取り組みが不可欠と考える。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/18の配信レポート一覧:高島屋(8233)、ディップ(2379)、ジンズ(3046)、他

【企業調査】 8233 高島屋 企業調査 「営業利益予想を引き上げるが、21年度会社目標500億円への道のりは険しい」 【会社概要】 2379 ディップ 会社概要 「人手不足から求人広告需要高まり3Q累計は21%営業増益」 3046 ジンズ 会社概要 「国内既存店売上高が苦戦、広告宣伝費増もあり1Qは30%営業減益」 3087 ドトール・日レスホールディングス 会社概要 「3Q累計は5%営業増益、販促効果などでドトール好調」 3148 クリエイトSDホールディングス 会社概要 「上期苦戦も通期7%営業増益計画維持、12月既存店は好調」 9717 ジャステック 会社概要 「18/11期は人員増などによる販管費増で5%営業減益を見込む」 9740 セントラル警備保障 会社概要 「働き方改革に伴う労務費増などで3Q累計3割営業減益」 9861 吉野家ホールディングス 会社概要 「はなまると海外が牽引し3Q累計営業利益2.2倍」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/17の配信レポート一覧:ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)、ユナイテッド&コレクティブ(3557)、No.1(3562)、他

【IPO】 3557 ユナイテッド&コレクティブ IPOフォロー 「食材価格上昇や出店コスト増で3Q累計営業34%減益」 3562 No.1 IPOフォロー 「3Q累計41%営業減益と計画未達。サイト制作支援の不振で人件費増を補えず」 3991 ウォンテッドリー IPOフォロー 「利用企業増加で、1Q営業収益は前年同期単独比7割増」 7807 幸和製作所 IPOフォロー 「3Q累計は粗利益率の高い歩行車が好調に推移」 7808 シー・エス・ランバー IPOフォロー 「17/11期は3%営業増益。今期はコスト競争力強化で14%増益を計画」 9264 ポエック IPOフォロー 「積極的な営業展開により新規需要の開拓を推進」 【会社概要】 3222 ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス 会社概要 「3Q累計営業28%減益だが、12月の既存店売上高が回復」 6199 セラク 会社概要 「1Qは24%増収。IT業界での慢性的な技術者不足が追い風」 6432 竹内製作所 会社概要 「欧米中心に販売が伸長。3Q累計業績は高進捗も計画は据え置き」 8016 オンワードホールディングス 会社概要 「3Q累計は営業2割増益、主力ブランドの「23区」が好調」 8184 島忠 会社概要 「1Qはチラシ抑制による広告費の削減などから10%営業増益」 8237 松屋 会社概要 「3Q累計は営業利益が3.2倍、主力の百貨店業が牽引」 9601 松竹 会社概要 「足元は「8年越しの花嫁」がヒット、演劇も襲名披露公演が盛況」 3935 エディア 新興市場会社概要 「通期計画を下方修正、営業黒字計画から一転、4億〜5億円の赤字を予想」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/16の配信レポート一覧:大黒天物産(2791)、TSIホールディングス(3608)、UUUM(3990)、他

【セクター】 rtsl 小売業 セクター 「小売・外食 17年12月の月次データ」 【IPO】 3990 UUUM IPOフォロー 「アドセンス収益、広告収益が好調で上期は計画超過」 【会社概要】 2791 大黒天物産 会社概要 「上期の計画未達を踏まえ、通期営業10%減益計画に下方修正」 3608 TSIホールディングス 会社概要 「3Q累計は営業12%減益、上期の在庫処分等響く」 6058 ベクトル 会社概要 「通期計画に対する3Q累計営業利益の進捗率は高水準に」 6289 技研製作所 会社概要 「1Qは営業微減益も計画の範囲内として通期13%増益計画を維持」 6323 ローツェ 会社概要 「3Q累計は営業22%増益だが、通期3%増益計画を据え置く」 7581 サイゼリヤ 会社概要 「開業コストや円安による原材料高響き1Qは10%営業減益」 7599 IDOM 会社概要 「3Q累計は29%営業増益。通期22%増益計画は据え置き」 9414 日本BS放送 会社概要 「1Qは好調を維持して10%増収。通期10%増収計画を維持」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

2018年、世界経済の拡大続く 株価も上昇基調維持へ 【投資情報マンスリー】

2018年1月の株式相場は好調な滑り出しとなった。年末年始に海外で公表された主要国の経済指標が良好であったことから、世界景気の拡大期待が改めて高まったことなどが主因。世界経済は17年にリーマンショック(08年)以降、初の本格的拡大期を迎えたが、企業価値研究所では18年も拡大基調が持続するものと予想している。 国内株式相場は18年も好調な滑り出し これに、安倍内閣のもとでの金融・財政政策の継続、国内主要企業の業績好調などが加わり、国内株式相場は18年年央に向け、上昇基調を維持しよう。 なお、当研究所では国内主要企業(除く金融)の17年度の連結業績に関し、前年度比13.0%の営業増益を予想(17年11月末時点の集計)。続く18年度については、前年度比9.0%の営業増益を予想している。 資源市況の上昇背景に、17年12月は資源関連業種などが買われる 17年12月の東証33業種の月間騰落率をみると、原油など資源市況の上昇を背景に、(1)石油・石炭製品、(2)鉱業、(3)卸売業(総合商社等)など資源関連および素材型製造業が買われた。なかでも原油は、世界経済の好調に加えて、北米における原油在庫の減少、北米の記録的寒波、緊迫が続く中東情勢などを背景に、WTI先物価格が60ドル/バレル台に乗せてきた。石油輸出国機構(OPEC)は17年11月の総会で、OPEC非加盟の主要産油国と実施する協調減産を18年末まで再延長しており、これら諸要因を背景に緩やかな上昇基調が続くと当研究所ではみている。 執筆:QUICK企業価値研究所 チーフストラテジスト 堀内敏成  (提供:QUICK企業価値研究所)  本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。  

1/15の配信レポート一覧:キユーピー(2809)、コメダホールディングス(3543)、ロコンド(3558)、他

【IPO】 3558 ロコンド IPOフォロー 「ECサービスが順調に推移。通期大幅増益の期初計画を据え置き」 【会社概要】 2809 キユーピー 会社概要 「増収や付加価値品へのシフトで今期6%営業増益を計画」 3543 コメダホールディングス 会社概要 「50周年キャンペーンの効果などを鑑み今期営業5%増益計画変えず」 7730 マニー 会社概要 「期初計画を据え置き、今期営業16%増益へ」 8185 チヨダ 会社概要 「靴、衣料品ともに低迷も、今期営業9%増益計画変えず」 8273 イズミ 会社概要 「今期営業9%増益計画据え置く、既存店売上高は11月からプラス基調」 9716 乃村工藝社 会社概要 「3Q累計は11%営業減益。4Qに案件の集中を見込む期初計画を維持」 3922 PR TIMES 新興市場会社概要 「3Q累計は順調として通期計画維持。動画関連など新サービス拡充」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/12の配信レポート一覧:サンエー(2659)、わらべや日洋ホールディングス(2918)、イオンファンタジー(4343)、他

【セクター】 stmo 投資情報マンスリー 投資戦略 「投資情報マンスリー 18年1月号」 【会社概要】 2659 サンエー 会社概要 「今期営業1%増益計画変えず、既存店売上高は引き続き好調」 2918 わらべや日洋ホールディングス 会社概要 「米価上昇等で、通期営業1割減益に再度下方修正」 4343 イオンファンタジー 会社概要 「今期営業33%増益計画を変えておらず、4Qは2割減益見込む計算」 4668 明光ネットワークジャパン 会社概要 「1Qは26%営業減益、競争激化から明光義塾の生徒数が減少」 6183 ベルシステム24ホールディングス 会社概要 「3Q累計17%営業増益と順調な進捗、通期14%増益計画は据え置き」 7818 トランザクション 会社概要 「1Qはオリジナル雑貨製品が好調で24%営業増益。通期計画を維持」 8905 イオンモール 会社概要 「3Q累計でOPAは苦戦も、通期の営業1割増益計画を据え置き」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/11の配信レポート一覧:スタジオアタオ(3550)、デザインワン・ジャパン(6048)、スギホールディングス(7649)、他

【会社概要】 6048 デザインワン・ジャパン 会社概要 「1Qは掲載料収入増で販管費増をカバーしきれず9%営業減益。通期1%増益計画を維持」 7649 スギホールディングス 会社概要 「3Q累計は7%営業増益、調剤部門が既存店増収を牽引」 9381 エーアイテイー 会社概要 「3Q累計は中国における取り扱いが増加し5%営業増益」 9787 イオンディライト 会社概要 「国内外子会社の牽引で3Q累計としては過去最高の営業利益を達成」 3550 スタジオアタオ 新興市場会社概要 「今期営業8%増益計画据え置くが、3Qまでは順調に推移」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/10の配信レポート一覧:ダイセキ環境ソリューション(1712)、アダストリア(2685)、フュージョン(3977)、他

【IPO】 3977 フュージョン IPOフォロー 「3Q累計3%増収、人件費や採用費の増加で40%営業減益」 【会社概要】 1712 ダイセキ環境ソリューション 会社概要 「土壌汚染調査・処理事業の不振で通期会社計画を下方修正」 2685 アダストリア 会社概要 「秋物低迷で計画達成厳しいが、通期営業1割減益計画変えず」 9793 ダイセキ 会社概要 「3Q累計は産業廃棄物中間処理事業が土壌汚染の調査・処理事業の苦戦をカバー」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/5の配信レポート一覧:パルコ(8251)、他

【セクター】 rdpt 小売・百貨店 セクター 「百貨店 17年12月の販売動向」 trus 米国自動車販売 セクター 「米国自動車販売統計(17年12月)」 【会社概要】 8251 パルコ 会社概要 「3Q累計利益は引当金戻入と販管費の期ズレを主因に予算超過」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP