1/29の配信レポート一覧:積水ハウス(1928)、ローソン(2651)、アダストリア(2685)、他

【IPO】 6543 日宣 IPOフォロー 「受注が不調で12%営業減益へ通期計画を下方修正」 9519 レノバ IPOフォロー 「再生可能エネルギーの発電、開発・運営は計画通りで業績順調」 【企業調査】 1928 積水ハウス 企業調査 「10年ぶりの社長交代を発表。中期的な業績予想は据え置き」 2651 ローソン 企業調査 「今期は15期ぶりの連結営業減益へ、20/2期にかけて停滞見込む」 【会社概要】 2685 アダストリア 会社概要 「通期営業66%減益計画に大幅減額、販売不振による在庫処分響く」 4212 積水樹脂 会社概要 「3Q累計は収益性を重視した事業活動を推進し10%営業増益」 4549 栄研化学 会社概要 「海外の伸長、開発費の期ずれもあり3Q累計の利益は通期計画を超過」 6954 ファナック 会社概要 「3Q業績は伸長、受注も再び上向く。通期業績計画を再増額」 8036 日立ハイテクノロジーズ 会社概要 「電子デバイスシステムの受注は好調に推移。受注高計画を上方修正」 8595 ジャフコ 会社概要 「1社当たりの投資が大型化、3Q累計の投資実行額は245億円」 9945 プレナス 会社概要 「通期25%営業減益計画へ下方修正、既存店売上高が低迷」 6256 ニューフレアテクノロジー 新興市場会社概要 「3Q累計は前年同期比営業43%減益。通期43%減益計画に変更なし」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

電通国際情報サービス(4812) 不採算案件が利益を押し下げ、17/12期は2桁営業減益

QUICK企業価値研究所アナリスト 前田俊明(2018/01/26) ・不採算案件に係る追加引き当てが発生  同社は1月19日に17/12期通期の連結業績予想を下方修正、営業利益を67億円→55億円(前期比15%減)とした。不採算案件が複数発生したことで売上原価がかさみ営業利益は大幅に下回った。企業価値研究所は営業利益の予想を会社と同額に引き下げる。  3Q累計時点で複数の不採算案件が発生、同社は完成までに必要な工数を見積もり、引当金を積んでいた。しかし、翌期(18/12期)まで継続する案件について4Qに工数を再見積もりした結果、引当金を積み増す必要があると判断したようだ。当研究所は3Q累計の不採算案件に係る原価増を織り込み通期の業績予想を引き下げていたが、追加工数が発生するとは想定していなかった。 ・18/12期は不採算案件の収束で利益回復を予想  当研究所は翌18/12期の連結業績について営業利益74億円の予想をひとまず据え置く。同社は通期決算の発表を2月9日に予定する。決算内容を精査した上で業績予想を見直したい。なお予想値は修正する可能性が高いが、不採算案件が解消することで営業利益は大幅回復すると考えている。 ・リスクファクター ~受注採算の悪化 ・アナリストの投資判断 ~決算発表待ち  株価は業績予想の修正直後こそ乱高下したが、足元は発表前の水準で落ち着いた動き。営業利益の下振れはある程度織り込み済みで材料視されず、投資家の関心は中計最終年度でもある18/12期の会社計画に移っているとみるべきだろう。M&A(合併・買収)推進による中計達成のハードルは高く、当研究所は見直しが必要とみており、注視したい。株価は決算発表まで現状程度、決算内容で評価が変わるようなら、動きがあろう。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/26の配信レポート一覧:電通国際情報サービス(4812)、TOKYO BASE(3415)、農業総合研究所(3541)、他

【IPO】 3996 サインポスト IPOフォロー 「3Q累計は概ね計画通りとして、通期90%営業増益計画は据え置き」 6558 クックビズ IPOフォロー 「18/11期は28%増収、人材などへの先行投資で57%営業減益を計画」 【企業調査】 4812 電通国際情報サービス 企業調査 「不採算案件が利益を押し下げ、17/12期は2桁営業減益」 【会社概要】 3415 TOKYO BASE 会社概要 「既存店とECの販売が伸び3Q累計は39%営業増益」 6594 日本電産 会社概要 「仏PSA社と合弁会社を設立予定、自動車向けの製品開発が進捗」 6755 富士通ゼネラル 会社概要 「通期営業23%減益に下方修正、素材・部品など原材料価格が高騰」 6961 エンプラス 会社概要 「3Q累計は半導体機器事業の営業増益でオプト事業の苦戦をカバー」 7970 信越ポリマー 会社概要 「3Q累計も半導体関連容器などの販売が拡大。通期計画を維持」 8703 カブドットコム証券 会社概要 「レンディングや信用買い残高の増加などで金融収支の黒字が増加」 8864 空港施設 会社概要 「3Q累計は不動産賃貸事業の業績改善などで3%営業増益」 3541 農業総合研究所 新興市場会社概要 「人員拡充など先行投資で1Q営業損益は40百万円の赤字」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

しまむら(8227) 3Qの業績伸び悩み踏まえ、当研究所予想を下方修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 堀内敏成(2018/01/25) ・18/2期通期は前期比5%営業減益を予想  18/2期3Qの連結業績は、売上高1428億円(前年同期比3.1%減)、営業利益112億円(同22.1%減)と落ち込んだ。主力業態「ファッションセンターしまむら」(以下、「しまむら」と表示)の3Qの既存店売上高は同6.5%減。これらを踏まえ、企業価値研究所では、18/2期通期の予想を前回に続き下方修正し、売上高5700億円(前期比1%増)、営業利益465億円(同5%減)とする。4Qは、売上高1431億円(前年同期比4%増)、営業利益114億円(同24%増)を見込む。 ・18/2期3Q累計業績は前年同期比11%の営業減益  18/2期3Q累計の連結業績は、売上高4269億円(前年同期比0.4%減)、営業利益351億円(同11.3%減)となった。主力業態の「しまむら」の既存店売上高は、1Qが前年同期比4.7%減少。2Qは同1.7%増と持ち直したものの、3Qは同6.5%減と再び落ち込んだ。とりわけ、11月度は前年同月比11.0%減と低迷。台風の影響に加え、上旬に気温が高めに推移したことで冬物販売が苦戦したことが大きかった。 ・リスクファクター ~「しまむら」業態の販売動向など ・アナリストの投資判断 ~株価は主力業態「しまむら」の販売回復を契機に持ち直しへ  株価は17年5月に高値1万6160円をつけたが、主力業態「しまむら」の販売伸び悩みが継続したことで、株価も下落基調となり、18年1月に昨年来安値となる1万2130円をつけた。直近は1万2300円前後での推移。当研究所では、同社の年間業績に占めるウエートが高い3Qの収益が低迷したことを踏まえて連結業績予想を下方修正したが、構造改革を背景とする中期的な成長性への評価に変化はない。足元の株価指標は過去のトレンドとの比較でも割安であり、株価は「しまむら」の販売回復を契機に持ち直しに転じるとみている。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/25の配信レポート一覧:J.フロント リテイリング(3086)、しまむら(8227)、他

【企業調査】 3086 J.フロント リテイリング 企業調査 「不動産事業強化、既存事業革新などにより環境変化に対応しつつ新たな成長へ」 8227 しまむら 企業調査 「3Qの業績伸び悩み踏まえ、当研究所予想を下方修正」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/24の配信レポート一覧:ゲンダイエージェンシー(2411)、東京製鐵(5423)、他

【会社概要】 5423 東京製鐵 会社概要 「各種コスト増を見込み通期営業利益は従来計画を据え置き」 2411 ゲンダイエージェンシー 新興市場会社概要 「3Q累計は概ね計画通りとして今期営業29%減益計画据え置く」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/23の配信レポート一覧:久光製薬(4530)、オーエスジー(6136)、サカタのタネ(1377)、他

【企業調査】 4530 久光製薬 企業調査 「業績予想を小幅修正、今来期減益との見方は継続」 6136 オーエスジー 企業調査 「主要全地域、広範な産業分野で工具需要が堅調。営業増益続くと予想」 【会社概要】 1377 サカタのタネ 会社概要 「野菜種子販売の好調とユーロの想定を円安に見直し通期営業利益予想を7億円増額」 2492 インフォマート 会社概要 「受発注新システムや請求書システムの遅れを受け通期10%営業減益計画へ下方修正」 3198 SFPホールディングス 会社概要 「開業費減で3Q累計7%営業増益だが、3Qのみでは21%減益」 3593 ホギメディカル 会社概要 「今期1%増収、営業30%減益に下方修正」 6070 キャリアリンク 会社概要 「既存BPO大型案件の縮小響き通期47%営業減益計画に下方修正」 8904 サンヨーハウジング名古屋 会社概要 「1Qは営業赤字を計上も、通期は営業7%増益を計画」 3547 串カツ田中 新興市場会社概要 「FC店舗拡大により今期37%営業増益計画」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

久光製薬(4530) 業績予想を小幅修正、今来期減益との見方は継続

QUICK企業価値研究所アナリスト 真下弘司(2018/01/23) ・一般用医薬品は順調、医療用は苦戦  企業価値研究所予想の18/2期通期の連結営業利益は248億円(前期比6%減)。3Qまでの実績を踏まえて売上高を小幅増額したが、営業利益は前回予想を据え置く。一般用医薬品は順調だが、経皮鎮痛消炎剤「モーラステープ」など医療用医薬品の苦戦や米国子会社ノーベン社の事業戦略変更の影響等から減益を予想する。  続く19/2期と20/2期についての連結営業利益は19/2期が234億円→238億円(同4%減)、20/2期は238億円→242億円(同2%増)と見直した。19/2期は薬価引き下げの影響もあり減益、20/2期は一般用医薬品の伸長等から増益を予想する。 ・3Q累計は6%営業減益  18/2期3Q累計の連結業績は、売上高が前年同期比横ばいの1096億円、営業利益は同6%減の207億円。医療用医薬品の落ち込みを消炎鎮痛貼付剤「サロンパス」を中心とする一般用医薬品がカバーし売上高は横ばい。研究開発費等の増加で営業減益。 ・リスクファクター ~医療制度改革と主力製品への依存度の高さ ・アナリストの投資判断 ~上場来の高値圏、投資は慎重に  株価は18年1月22日に上場来高値となる7480円をつけた。株式相場全般の上昇に加えて、「モーラステープ」の回復や「サロンパス」の好調などから内需関連として評価されているようだ。しかしながら、当研究所では今来期は減益を予想しており慎重な投資スタンスで臨みたい。株価の上昇には次の成長を担う新薬の開発などが必要と考える。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

イオン(8267) GMS、SMの再編・分社化に関する枠組みや時間軸は不明

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/01/22) ・21/2期営業利益目標3400億円は「絵に描いた餅」か  会社側は昨年12月、地域ごとの企業再編や商品ごとの専業会社化、分社化などを軸としたSM、GMSの改革、アジアの収益拡大、IT投資などをテコに21/2期に連結営業利益3400億円を目指すと発表。ただし、再編や分社化に関する具体的な枠組みや時間軸は示されておらず、その効果も未知数。「中計」目標未達を繰り返してきたこれまで同様、20年に向けた今回の変革方針も「絵に描いた餅」で終わるのか、注視したい。また、営業利益が目標を達成しても、投資戦略の見直しや閉店・事業撤退などが進まない限り、純利益、ROEの停滞が続こう。国内外のモール出店計画は依然旺盛だが、大規模な設備投資は財務体質の悪化にもつながるため、引き続き警戒が必要だ。 ・20/2期営業利益2375億円とした当研究所予想変えず  連結営業利益の企業価値研究所予想は今期2100億円(前期比14%増)、来期2275億円、20/2期2375億円。前回予想を据え置いた。今期はGMSの損益改善が牽引し6期ぶりに営業最高益を更新する見通し。ただし、この間の新規連結(ウエルシアHD(3141)とU.S.M.H(3222))を考えると、手放しでは喜べない。アジアが投資回収期入りするディベロッパーやシェア拡大が続くドラッグなども20/2期にかけて全体の利益成長を後押ししよう。 ・リスクファクター ~上記リスクに加え消費減速など ・アナリストの投資判断 ~資本効率を重視する機関投資家を動かすには投資戦略の見直しなど不可欠  過去3年間平均のPBR、EV/EBITDA倍率、配当利回りに基づき、現在の株価は許容範囲と判断。資本効率を重視する機関投資家を動かすには、投資戦略見直しや不採算・非効率な店舗・事業からの撤退などが不可欠だろう。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/22の配信レポート一覧:イオン(8267)、ベステラ(1433)、コシダカホールディングス(2157)、他

【IPO】 6552 GameWith IPOフォロー 「アプリ版開始に伴う積極販促などを鑑み今期営業2割増益計画変えず」 【企業調査】 8267 イオン 企業調査 「GMS、SMの再編・分社化に関する枠組みや時間軸は不明」 【会社概要】 1433 ベステラ 会社概要 「18/1期通期計画を下方修正。営業利益予想は2億円減額して9%減益」 2157 コシダカホールディングス 会社概要 「カラオケ赤字縮小、カーブス好調で1Qは73%営業増益」 2168 パソナグループ 会社概要 「法制面による影響が不透明として通期26%営業増益計画は据え置き」 3912 モバイルファクトリー 会社概要 「18/12期はブロックチェーン技術で新たな収益の柱づくりにも注力」 7725 インターアクション 会社概要 「上期は24%営業増益。主要製品の光源装置類が販売好調」 7915 NISSHA 会社概要 「今期営業利益計画を期初の55億円から64億円に上方修正」 2706 ブロッコリー 新興市場会社概要 「トレカ市場縮小を主因に今期営業24%減益計画へ下方修正」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

1/19の配信レポート一覧:エービーシー・マート(2670)、パルグループホールディングス(2726)、ティーケーピー(3479)、他

【IPO】 3479 ティーケーピー IPOフォロー 「3Q累計は17%営業増益と順調。室数増え、需要も旺盛」 3560 ほぼ日 IPOフォロー 「「ほぼ日手帳」のほか、新商品・サービスも順調に販売を拡大」 【会社概要】 2670 エービーシー・マート 会社概要 「今期営業2%増益計画変えず、12月は既存店6%増収」 2726 パルグループホールディングス 会社概要 「MD改革等が奏功し、3Q累計で営業23%増益」 7463 アドヴァン 会社概要 「2Q以降に販売が回復。通期計画を維持」 7516 コーナン商事 会社概要 「3Q累計は粗利益率改善等で前年単独比9%経常増益」 9602 東宝 会社概要 「3Q累計は営業4%減益、『君の名は。』『シン・ゴジラ』による前年のハードル高い」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP