貿易戦争の結末は? 「痛み分け」50%、「米国勝利」46% 5月の債券月次調査

米中の貿易面での対立が再び激しくなってきた。争いの果てに勝者はいるのか。QUICKが3日にまとめた5月の債券月次調査で「米中貿易戦争の最終的な勝者」を聞いたところ、「なし」が5割、「米国」が4割超だった。覇権をめぐる争いの長期化が見込まれるなか、米中双方が損失を被るとみる意見が多い。米国の「勝利」を見込む回答も多かった一方、中国が優位に立つとの見方は少なかった。 ※5月のQUICK月次調査<債券>の問8(6)より。有効回答は125人。 債券市場のコンセンサスは「対立の長期化」だ。米中の貿易戦争は、長期にわたった1980年代の日米対立などを念頭に、今回も「10年またはそれ以上の年月をかけて交渉していく」(証券会社)との見方が多い。対立が長引けば両国や世界の貿易への影響は大きく、勝者は「いない」(50%)とする回答が最も多かった。 次いで多かったのは「米国」の46%。中国経済は米国向け輸出に強く依存していることから、長期では米国が優位に交渉を進めやすいからだ。一方で、「中国」を挙げた回答は2%と少なかった。対米依存度の面で中国が不利な交渉を強いられるなかで「対米政策に国内で不満が出るのではないか」(証券会社)といった中国の内政を懸念する意見が目立った。 5月の債券月次調査は5月28~30日に実施され、証券会社および機関投資家の債券担当者134人が回答した。(ナレッジ開発本部 伊藤央峻)

ACCESS(4813)は9%安 川重(7012)は2%安 31日の夜間PTS

3日の株式市場で、ガーラ(4777)やメディカネット(3645)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で3日の基準値を大きく上回る水準で約定した。ガーラの約定価格は基準値に比べ22.01%高、メディカネットは同11.30%高だった。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <6月3日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4777 ガーラ +22.01% 34.8 (5/31)第三者増資(単独) 発表日 2 7004 日立造 +20.45% 0.2   3 6535 アイモバイル +11.77% 0.2   4 3645 メディカネット +11.30% 30.8 (5/31)適時開示:Biolux Research Holdings,Inc.との資本業務提携契約締結のお知らせ 5 4584 GTS +10.95% 0.1 (5/31)年初来安値更新 東証 6 3927 フーバーブレ +9.39% 1.2   7 3484 テンポイノベ +8.74% 0.4 (5/31)立会外分売 発表日 8 3816 大和コン +6.07% 0.9 (5/31)業績上方修正 通期営業利益3.26億円→3.85億円 9 6838 多摩川HD +5.55% 5.9 (5/24)適時開示:新経営体制の内定に関するお知らせ 10 3668 コロプラ +4.25% 17.7   11 4442 バルテス +3.49% 50.7 (6/3)信用銘柄選定 取引開始日 東証 12 9603 エイチ・アイエス +3.46% 0.6 (5/29)年初来安値更新 東証 13 7510 たけびし +3.26% 0.1   14 3513 イチカワ +3.06% 0.1 (5/31)自社株買い(枠設定) 発表日 15 3840 PATH +2.92% 0.2 (5/27)減資 発表日 16 9318 アジア開発 +2.86% 12.6 (5/30)空売り規制対象 東証 17 8893 新日建物 +2.71% 0.9 (5/31)年初来高値更新 東証 18 3680 ホットリンク +2.56% 0.3 (5/31)年初来安値更新 東証 19 9992 理研グリン +2.37% 0.2 (5/31)理研グリンがストップ高 自社開発品が好調で利益予想引き上げ(NQN) 20 3750 FRACTALE +2.33% 15.7 (5/31)ストップ高 東証 ACCESS(4813)やアクモス(6888) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで3日の基準値を下回る水準で約定した。ACCESSの約定価格は基準値に比べ9.23%安、アクモスは同7.94%安だった。また、主要銘柄では川重(7012)が基準値を2.47%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <6月3日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 5280 ヨシコン -13.35% 0.1   2 4813 ACCESS -9.23% 6.3 (5/31)1Q決算 経常利益 -3.2倍 3 3851 日本一S -8.75% 15.4   4 6888 アクモス -7.94% 0.1 (5/30)業績上方修正 通期営業利益2.25億円→3.25億円 5 8918 ランド -7.50% 18.5 (5/31)空売り規制対象 東証 6 2927 AFC-HD -5.14% 0.1   7 5950 パワーファス -4.96% 0.3   8 6067 インパクト -4.36% 0.2 (6/3)第三者増資(単独) 払込日 9 1757 クレアHD -4.29% 14.6 (5/27)年初来安値更新 東証 10 4707 キタック -4.10% 11.3 (5/31)2Q決算 経常利益 51.8%増 11 3772 ウェルス -3.45% 2.1 (5/31)第三者増資(単独) 払込日 12 6494 NFK-HD -3.33% 0.3 (5/24)適時開示:代表取締役の異動に関するお知らせ 13 6062 チャームケア -3.21% 0.1   14 2162 nms HD -3.15% 0.9   15 6488 ヨシタケ -3.08% 0.2   16 2150 ケアネット -3.07% 0.1   17 6819 伊豆SR -3.06% 0.3   18 5727 邦チタニウム -3.05% 0.1 (5/30)邦チタが高値 短期資金の買いで反動安に警戒も(NQN) 19 4441 トビラシステム -3.01% 0.2 (5/31)適時開示:2019年4月度 『迷惑情報フィルタサービス』月間利用者数のご報告 20 6840 AKIBA -2.93% 0.1 (5/31)年初来高値更新 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

JDI(6740)は30%高 千代建(6366)は1%安 30日の夜間PTS

31日の株式市場で、JDI(6740)やFRACTALE(3750)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で31日の基準値を大きく上回る水準で約定した。JDIの約定価格は基準値に比べ30.00%高、FRACTALEは同18.45%高だった。また、主要銘柄では三菱自(7211)が基準値を5.07%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月31日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6740 JDI +30.00% 657.9 (5/31)Jディスプレに官民ファンドが追加支援 台中連合、出資へ前進(各紙)   2 3750 FRACTALE +18.45% 18.0 (5/30)ストップ高 東証 3 6942 ソフィアHD +15.51% 11.5 (5/30)ストップ高 東証 4 6628 オンキヨー +14.29% 811.5 (5/30)適時開示:公認会計士等の異動に関するお知らせ 5 5724 アサカ理研 +10.96% 10.1 (5/30)ストップ高 東証 6 6195 ホープ +7.94% 22.6 (5/31)日々公表開始 開始日 東証 7 2437 シンワワイズ +5.56% 0.6 (5/30)適時開示:孫会社株式譲渡に伴う特別利益計上に関するお知らせ   8 7211 三菱自 +5.07% 0.1 (5/30)月次売上高 2019/04 グローバル生産車数 101,907台 9 3244 サムティ +4.47% 5.3 (5/30)サムティ、大和と資本業務提携 アジア展開など強化(NQN)   10 8068 菱洋エレク +4.46% 0.8 (5/31)純利益37%増 2〜4月(日経) 11 3356 テリロジー +4.39% 8.3 (5/30)配当修正 5円(2020/03) 12 4528 小野薬 +3.92% 3.9 (5/31)本庶佑京大特別教授『特許料増額、再提示を』 小野薬に要求、交渉拒否なら訴訟も(日経)   13 3010 価値開発 +3.73% 0.4 (5/30)空売り規制対象 東証 14 4080 田中化研 +3.23% 0.2   15 5704 JMC +3.20% 14.9 (5/30)適時開示:『中期経営計画 2019-2021年』の策定に関するお知らせ   16 8893 新日建物 +3.20% 1.9   17 9973 小僧寿し +2.86% 1.7 (5/30)空売り規制対象 東証 18 6232 ACSL +2.84% 0.2   19 2134 サンキャピタル +2.68% 1.0   20 6723 ルネサス +2.57% 0.4 (5/29)株価レーティング上げ ゴールドマン・サックス証券 中立 → 買い推奨 クレオ(9698)やサイバネット(4312) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで31日の基準値を下回る水準で約定した。クレオの約定価格は基準値に比べ18.29%安、サイバネットは同3.90%安だった。また、主要銘柄では千代建(6366)が基準値を1.56%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月31日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9698 クレオ -18.29% 0.2 (5/24)年初来高値更新 東証 2 3672 オルトプラス -8.51% 0.1   3 7939 研 創 -5.99% 0.1   4 6658 シライ電子 -5.17% 0.2   5 8202 ラオックス -4.93% 0.5   6 4312 サイバネット -3.90% 0.1 (5/23)適時開示:海外子会社間の新設合併に関するお知らせ 7 6630 ヤーマン -3.70% 0.1 (5/28)年初来安値更新 東証 8 7640 トップカルチャ -3.27% 0.2 (5/29)業績上方修正 通期純利益4,800万円→3.28億円 9 3474 G-FAC -3.08% 0.2   10 8892 日本エスコン -2.92% 0.2   11 9424 日本通信 -2.88% 317.7 (5/30)貸株注意喚起 解除日 東証 12 3656 KLab -2.81% 55.7 (5/30)KLabが大幅安 岡三が投資判断下げ、来期の利益回復緩やか(NQN)   13 6624 田淵電 -2.80% 1.0 (5/27)株式交換(子会社) 発表日 14 2927 AFC-HD -2.80% 0.1   15 3667 enish -2.76% 1.0   16 2397 DNAチップ -2.65% 1.0 (5/29)ストップ高 東証 17 9878 セキド -2.46% 6.1 (5/30)空売り規制対象 東証 18 2586 フルッタフルッタ -2.30% 6.1 (5/30)ストップ高 東証 19 7412 アトム -2.30% 0.1   20 3928 マイネット -2.22% 0.1 (5/30)適時開示:スマートフォンゲーム『未来家系図 つぐme』の運営・配信に関して   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

アサカ理研(5724)は4%高 TATERU(1435)は2%安 29日の夜間PTS

30日の株式市場で、ホープ(6195)やアジアGTHD(1783)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で30日の基準値を大きく上回る水準で約定した。ホープの約定価格は基準値に比べ21.98%高、アジアGTHDは同7.94%高だった。また、ランド(8918)が基準値を5.71%、アスカネット(2438)が同3.14%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月30日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6195 ホープ +21.98% 15.7 (5/29)ストップ高 東証 2 1783 アジアGTHD +7.94% 3.5 (5/29)適時開示:香港のSincere Watch (Hong Kong) Limitedの株式取得および子会社の異動等に関するお知らせ 3 2586 フルッタフルッタ +7.48% 8.1 (5/29)ストップ高 東証 4 2144 やまねM +5.76% 46.6 (5/29)ストップ高 東証 5 8918 ランド +5.71% 40.7 (5/30)減資 株主総会決議日 6 3686 DLE +5.62% 34.2 (5/29)適時開示:第三者割当による新株式の発行に係る払込完了に関するお知らせ 7 5724 アサカ理研 +4.85% 12.4 (5/29)アサカ理研が大幅高 レアアース関連でにぎわう(NQN) 8 2191 テ ラ +4.20% 0.3   9 6662 ユビテック +4.20% 1.3   10 3903 gumi +3.54% 2.1 (5/29)適時開示:海外子会社の事業撤退及び特別損失の計上に関するお知らせ 11 4316 ビーマップ +3.46% 0.2 (5/23)適時開示:取締役人事等に関するお知らせ 12 7205 日野自 +3.30% 0.1 (5/29)年初来安値更新 名証 13 2438 アスカネット +3.14% 4.5 (5/30)3年ぶり増配 前期、年11円(日経) 14 3667 enish +3.08% 1.8   15 6473 ジェイテクト +3.07% 0.1 (5/27)目標株価下げ 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 1,450円 → 1,270円 16 8704 トレイダーズ +2.67% 0.5 (5/24)減資 発表日 17 2397 DNAチップ +2.63% 1.4 (5/29)ストップ高 東証 18 4586 メドレックス +2.58% 0.6 (5/29)業績下方修正 通期最終損益-6.43億円→-9.43億円 19 3689 イグニス +2.48% 0.1 (5/29)適時開示:投資有価証券売却益(特別利益)の計上に関するお知らせ 20 3266 ファンドクリG +2.40% 7.7 (5/29)年初来高値更新 東証 河西工(7256)やフォーサイド(2330) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで30日の基準値を下回る水準で約定した。河西工の約定価格は基準値に比べ3.82%安、フォーサイドは同3.31%安だった。また、主要銘柄ではDeNA(2432)が基準値を1.75%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月30日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8282 ケーズHD -6.98% 1.0   2 6727 ワコム -4.48% 0.1   3 4395 アクリート -3.87% 0.1   4 7256 河西工 -3.82% 0.1 (5/24)年初来安値更新 東証 5 8836 RISE -3.48% 7.0   6 2330 フォーサイド -3.31% 0.1 (5/24)年初来安値更新 東証 7 6699 ダイヤHD -2.98% 0.1 (5/29)ストップ高 東証 8 9978 文教堂HD -2.91% 0.2 (5/29)適時開示:臨時株主総会招集のための基準日設定のお知らせ 9 4321 ケネディクス -2.83% 1.0   10 6721 ウインテスト -2.80% 0.1 (5/27)適時開示:LCDドライバー検査装置WTS-577 複数台受注のお知らせ 11 8938 LCHD -2.71% 0.4 (5/29)適時開示:中期経営計画策定に関するお知らせ 12 9973 小僧寿し -2.50% 0.7 (5/29)空売り規制対象 東証 13 3966 ユーザベース -2.30% 0.1   14 2743 ピクセル -2.27% 0.3   15 4728 トーセ -2.26% 0.1 (5/28)ストップ高 東証 16 6981 村田製 -2.16% 0.1 (5/24)村田製が朝安後上げに転じる トランプ氏のファーウェイ発言に期待感も(NQN) 17 6552 GameWith -2.14% 1.4   18 1435 TATERU -2.06% 5.3 (5/27)TATERUが30%高 『問題企業』でマネーゲーム レオパレス連想(NQN) 19 7676 グッドスピ -2.05% 0.8 (5/28)年初来高値更新 東証 20 8699 澤田HD -1.99% 0.2 (5/28)年初来安値更新 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

シチズン(7762)は5%高 レオパレス(8848)は4%安 28日の夜間PTS

29日の株式市場で、プロパスト(3236)やダイヤHD(6699)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で29日の基準値を大きく上回る水準で約定した。プロパストの約定価格は基準値に比べ28.74%高、ダイヤHDは同26.87%高だった。また、主要銘柄ではシチズン(7762)が基準値を5.58%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月29日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3236 プロパスト +28.74% 1.7 (5/28)適時開示:販売用不動産の売却に関するお知らせ 2 6699 ダイヤHD +26.87% 13.5 (5/28)ストップ高 東証 3 6195 ホープ +22.81% 1.2 (5/28)ストップ高 東証 4 4394 エクスモーション +18.31% 0.6 (5/29)株式分割 1:2 権利落日 5 3696 セレス +14.21% 0.3 (5/22)空売り規制対象 東証 6 6862 ミナトHD +13.95% 1.5 (5/28)自社株買い(枠設定) 発表日 7 6675 サクサ +13.22% 0.3 (5/28)通期決算 経常利益 2.9倍 8 6166 中村超硬 +12.26% 0.4   9 6624 田淵電 +11.00% 77.7 (5/27)株式交換(子会社) 発表日 10 2461 ファンコミ +10.53% 0.1   11 3840 PATH +7.25% 23.4 (5/27)減資 発表日 12 8918 ランド +7.14% 38.5 (5/28)空売り規制対象 東証 13 7590 タカショー +6.71% 5.1 (5/28)1Q決算 経常利益 12.4倍 14 7762 シチズン +5.58% 5.1 (5/29)自社株買い 4年ぶり、30億円上限に(日経) 15 3664 モブキャストH +5.35% 0.6   16 6095 メドピア +4.86% 1.6 (5/28)適時開示:株式会社リクルートメディカルキャリアとの業務提携に関するお知らせ 17 4563 アンジェス +4.64% 84.5 (5/27)適時開示:特別利益の計上に関するお知らせ 18 6177 AppBank +4.60% 2.3   19 9424 日本通信 +4.27% 275.1 (5/29)貸株注意喚起 開始日 東証 20 8254 サイカ屋 +4.09% 0.2 (5/28)空売り規制対象 東証 ライトオン(7445)やディエムソリュ(6549) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで29日の基準値を下回る水準で約定した。ライトオンの約定価格は基準値に比べ13.45%安、ディエムソリュは同7.76%安だった。また、主要銘柄ではKDDI(9433)が基準値を4.62%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月29日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6658 シライ電子 -17.63% 0.1   2 7445 ライトオン -13.45% 7.2 (5/29)赤字幅拡大 今期最終53億円 販売不振響く(日経) 3 6549 ディエムソリュ -7.76% 0.1 (5/28)適時開示:立会外分売を終了 4 2493 イーサポート -5.97% 1.0 (5/21)適時開示:組織変更及び人事異動に関するお知らせ 5 9433 KDDI -4.62% 0.1 (5/28)au損保を連結子会社に(各紙) 6 8848 レオパレス21 -4.49% 237.3 (5/29)深山社長ら7取締役退任 半数を社外取に(各紙) 7 2338 ビットワンG -3.23% 1.6   8 4435 カオナビ -3.17% 2.3 (5/28)ストップ安 東証 9 7646 PLANT -3.08% 0.2 (5/27)年初来安値更新 東証 10 7775 大研医器 -3.03% 0.4 (5/28)ストップ高 東証 11 4316 ビーマップ -2.95% 0.3 (5/23)適時開示:取締役人事等に関するお知らせ 12 2144 やまねM -2.80% 4.8 (5/28)ストップ高 東証 13 3350 RED -2.78% 0.2 (5/23)空売り規制対象 東証 14 2375 スリープロ -2.75% 4.8 (5/29)純利益30%増 11〜4月(日経) 15 6721 ウインテスト -2.71% 0.8 (5/27)適時開示:LCDドライバー検査装置WTS-577 複数台受注のお知らせ 16 3271 グロバル社 -2.64% 0.1 (5/28)年初来高値更新 東証 17 5216 倉 元 -2.42% 2.2 (5/28)空売り規制対象 東証 18 6366 千代建 -2.37% 0.1   19 2792 ハニーズHLD -2.29% 1.1   20 4837 シダックス -2.20% 0.1 (5/22)その他落ち 権利落日 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

キーサイト、市場の不安をはねのけられるか【米決算プレビュー】

世界最大規模の電子計測器メーカーで、第5世代移動通信システム(5G)関連銘柄としても注目されているキーサイト・テクノロジーズが29日、2~4月期(2Q)決算を発表する。5G関連の旺盛な投資意欲を背景に増収・増益が見込まれている。ただ、市場の関心は5~7月期(3Q)以降に移りつつある。米政府による中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)との取引規制措置を受け、会社側がどういった見通しを示すのか、注目される。 ▼市場予想 【キーサイト・テクノロジーズの19年2~4月期決算の市場予想】 ・売上高   :10億7350万ドル(7%増) ・EPS   :0.98ドル(18%増) (予想はQUICK FactSet Workstation。5月27日時点。かっこ内は前年同期比の増減率) アナリストは2Qの売上高を前年同期比7%増、1株あたり利益(EPS)を18%増と、ほぼ会社計画に沿った内容になると見込んでいる。5G向け設備投資の活発化などを背景に、計測機器需要が増える見込み。インターネット接続機能を備えた次世代の自動車「コネクティッドカー」向けなども業績に貢献するもよう。 注目は先行きだ。ファーウェイに対する米政府の取引規制措置を受け、業績への影響を懸念する声が出始めている。「中国通信機器メーカーとの直接取引の規模は売上高の3%未満にとどまるが、ファーウェイ顧客へのダメージが間接的に響く」(米ロバート・W・ベアード)。取引規制のリスクを3Q以降の見通しにどう反映するのか、関心が集まっている。 5G向け需要が伸びる一方、現行の第4世代移動通信システム(4G)の需要がどの程度落ち込むかも焦点だ。英アリートリサーチの推計では、5G向けが中心になるのは2021年ごろ。市場規模がまだ大きい4Gの動向も、業績を大きく左右する。 実際、ライバルのアンリツ(6754)は、5G向けの伸びを4G向けの減少が相殺し20年3月期の計測事業の売上高がわずか前期比1%増にとどまると見込み、市場を驚かせた。ドイツ銀行は「キーサイトは5G向けの増加ペースが4G向けの減少ペースを上回っている。アンリツの決算はそれほどネガティブには影響しない」などと指摘するが、注意は必要だろう。 株価は米中貿易摩擦の深刻化を嫌気し、足元で大幅に調整した。人々の生活を一変させる可能性を持つ5G分野で、重要な役割を担うキーサイト・テクノロジーズ。市場の不安をはねのける力強い業績見通しを示し、上昇トレンドに回帰できるのか、注目だ。(松下隆介) ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

東エレク(8035)が8%高、シチズン(7762)は2%安 27日の夜間PTS

28日の株式市場で、ホープ(6195)やETS HD(1789)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で28日の基準値を大きく上回る水準で約定した。ホープの約定価格は基準値に比べ29.56%高、ETS HDは同14.49%高だった。また、主要銘柄では東エレク(8035)が基準値を8.38%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6195 ホープ +29.56% 0.9 (5/27)業績上方修正 通期経常損益-1,800万円→6,500万円 2 1789 ETS HD +14.49% 2.5 (5/27)適時開示:業務提携に関するお知らせ 3 2144 やまねM +8.42% 39.1 (5/27)ストップ高 東証 4 8035 東エレク +8.38% 2.2 (5/28)自社株買い1500億円 株価低迷気味で(日経) 5 2930 北の達人 +8.35% 108.7 (5/27)北の達人がストップ高 『刺すヒアルロン酸化粧品』で思惑(NQN) 6 5852 アーレスティ +8.05% 3.2 (5/27)自社株買い(枠設定) 発表日 7 4381 ビープラッツ +7.41% 5.4 (5/27)ストップ高 東証 8 6632 JVCKW +7.08% 4.1   9 3266 ファンドクリG +6.67% 102.5 (5/27)ストップ高 東証 10 4707 キタック +6.05% 65.8 (5/27)ストップ高 東証 11 9318 アジア開発 +5.71% 28.2 (5/27)空売り規制対象 東証 12 7201 日産自 +5.51% 11.7 (5/28)FCA会長『日産自・三菱自とも連携意欲』(日経) 13 7224 新明和 +5.26% 0.2   14 9684 スクエニHD +5.12% 7.3 (5/20)目標株価上げ 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 3,660円 → 3,900円 15 3370 フジタコーポ +5.01% 7.3 (5/27)適時開示:『瑪蜜黛(モミトイ)』エリアフランチャイズ事業展開に関するお知らせ 16 7638 NEW ART +5.00% 67.9 (5/27)年初来高値更新 東証 17 7519 五洋インテ +4.96% 1.1 (5/27)適時開示:株式会社アイセルネットワークス(IMSグループ)との業務提携に関するお知らせ 18 1435 TATERU +3.95% 15.1 (5/27)TATERUが30%高 『問題企業』でマネーゲーム レオパレス連想(NQN) 19 6495 宮入バル +3.85% 0.3   20 4395 アクリート +3.34% 1.0 (5/21)年初来安値更新 東証 フリークアウト(6094)や石垣食(2901) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで28日の基準値を下回る水準で約定した。フリークアウトの約定価格は基準値に比べ7.33%安、石垣食は同4.84%安だった。また、主要銘柄ではシチズン(7762)が基準値を2.61%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 2674 ハードオフ -11.98% 0.1   2 6094 フリークアウト -7.33% 0.1 (5/27)業績下方修正 通期経常利益9億円→2億円 3 7035 anfac -5.96% 0.1   4 2901 石垣食 -4.84% 17.8 (5/27)第三者増資(単独) 発表日 5 9904 ベリテ -4.48% 0.1   6 4699 ウチダエスコ -3.81% 0.8 (5/27)3Q決算 経常利益 33.7%増 7 8918 ランド -3.75% 235.4 (5/27)空売り規制対象 東証 8 7829 サマンサJP -3.28% 0.1   9 3320 クロスプラス -3.17% 0.1 (5/24)年初来安値更新 東証 10 7676 グッドスピ -3.08% 13.2 (5/27)第三者増資 払込日 11 3071 ストリーム -2.92% 0.3   12 1448 スペースVHD -2.65% 0.1 (5/24)適時開示:取締役の異動及び補欠監査役の選任に関するお知らせ 13 6624 田淵電 -2.64% 0.3 (5/27)株式交換(子会社) 発表日 14 7762 シチズン -2.61% 0.2 (5/24)年初来安値更新 東証 15 6031 サイジニア -2.43% 1.9 (5/27)ストップ高 東証 16 1724 シンクレイヤ -2.42% 0.2 (5/24)シンクレイヤが9日続伸 信用規制強化も『短期の値幅取り狙いの買い続く』(NQN) 17 6628 オンキヨー -2.24% 235.7 (5/27)空売り規制対象 東証 18 1757 クレアHD -2.14% 1.4 (5/27)年初来安値更新 東証 19 4080 田中化研 -2.01% 0.1   20 6890 フェローテック -1.93% 0.1 (5/23)フェローテクが反落 ファーウェイ制裁で半導体生産の減速警戒(NQN) ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

中曽・前日銀副総裁「米CLO市場、注視が必要」 QUICK月次調査25周年特別セミナー

QUICKは24日午後、東京都内で「QUICK月次調査25周年特別セミナー」を開いた。今回のテーマは「世界経済 嵐に備えよ~Fasten Your Seatbelt」。前日銀副総裁の中曽宏・大和総研理事長が基調講演し、米国で格付けの低い企業への融資を束ねて証券化したローン担保証券(CLO)の発行条件が緩くなっている状況について、2008年のリーマン・ショックの発火点となったサブプライムローン問題を想起させると指摘し、「同じになるとは思っていないが、注視が必要だ」と述べた。 「不確実性高まる国際金融市場~水平線上の黒雲」と題して基調講演する中曽氏   中曽氏は各国中央銀行の緩和的な政策が長期化している現状を「リスクを将来に先送りすることになる」とし、混乱なく金融政策が正常化することが難しくなるとの見方を示した。米中間の貿易問題を巡っては「すぐになんらかのディール(取引)が成立するのは見通しにくく、対立の構造は続くだろう」と述べた。 日本経済の今後の課題については「外国人労働者が増加しているが、必ずしも人手不足が深刻な産業で増えているわけではない」と指摘した。国内の金融情勢をめぐっては、金利が上昇した場合の地方金融機関の収益改善度合いを分析し、「金利上昇幅が大きくなければ、収益改善は大きくならない」と述べ、金利上昇に頼らない経営努力の必要性を訴えた。 基調講演に続くパネルディスカッションでは、コモンズ投信の伊井哲朗社長兼最高運用責任者(CIO)、みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミスト、国際通貨研究所の武田紀久子主任研究員が「2019年のリスクオン・リスクオフ」をテーマに討議した。 上野氏は政府が24日に公表した月例経済報告での景気認識について「『回復』の文言を残したことは意外だ」と述べた。消費増税延期の可能性については「五分五分だ」とし、「月例経済報告の内容は弱く、米中の貿易問題などを見据え、どちらとも解釈できる状態でホールドした」との認識を示した。 白熱した議論が交わされたパネルディスカッション   武田氏はインフレにならない限り財政赤字の膨張は問題ないとする学説の「現代貨幣理論(MMT)」に言及しつつ、「ここまで極端な例を持ち出さなくとも、日本の財政に対して市場の一部では容認ムードも出てきているのではないか」と述べた。半面、仮に消費増税が延期になるとしても「延期の期間を長引かせないことが必要だ」との見方を語った。 伊井氏は消費増税延期の可能性について「政治的な要因だ」と述べた。その上で6月下旬に日本で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議で世界経済のリスクが高まっていることに言及するなど「G20に関連付けたものだろう」との認識を示した。日本経済新聞社の梶原誠コメンテーターがモデレーターを務めた。 QUICKは毎月、株式、債券、外国為替の担当者やアナリストたちを対象に市場の動向や投資スタンスなどを調査している。今回の特別セミナーは1994年4月に始まった株式の月次調査が25周年を迎えたのを記念して開かれ、調査の回答者など約200人の市場関係者たちが集まった。2018年の日経平均株価や10年債利回り、円相場について見事な予想を示した回答者を月次調査アワードとして表彰するとともに、長年にわたって調査に協力してくれた回答者に功労賞を贈った。 【日経QUICKニュース(NQN)】   ※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

JFEHD(5411)は1%高 オンキヨー(6628)は3% 安 24日の夜間PTS

27日の株式市場で、キタック(4707)ややまねM(2144)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で27日の基準値を大きく上回る水準で約定した。キタックの約定価格は基準値に比べ24.02%高、やまねMは同11.59%高だった。また、主要銘柄ではJFEHD(5411)が基準値を1.96%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月27日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6495 宮入バル +48.04% 0.3   2 4707 キタック +24.02% 8.9 (5/24)業績上方修正 半期営業利益2.58億円→4.12億円 3 2144 やまねM +11.59% 110.1 (5/24)ストップ高 東証 4 3370 フジタコーポ +10.36% 43.2 (5/24)ストップ高 東証 5 6625 JALCO HD +9.22% 10.2   6 4381 ビープラッツ +9.01% 33.6 (5/24)適時開示:役員異動に関するお知らせ 7 2667 イメージワン +7.57% 7.9 (5/24)適時開示:新たな事業の開始および業務提携に関するお知らせ 8 2930 北の達人 +6.63% 5.0   9 6624 田淵電 +6.07% 1.0 (5/22)年初来安値更新 東証 10 7747 アサヒインテック +6.01% 0.2 (5/24)株式分割 1:2 発表日 11 2751 テンポスHD +5.37% 2.1   12 2440 ぐるなび +4.03% 0.2 (5/23)ぐるなびが大幅高 楽天との提携強化に期待(NQN) 13 9424 日本通信 +3.88% 98.4   14 4591 リボミック +3.58% 3.7 (5/24)適時開示:大塚製薬株式会社への導出品(RBM-001)に関する特許出願とその研究成果の取扱いに関する覚書締結について 15 3851 日本一S +3.27% 1.3 (5/23)年初来安値更新 東証 16 7057 エヌ・シー・エヌ +3.10% 0.1   17 7612 Nuts +2.92% 968.0 (5/24)適時開示:中健健康産業発展有限公司との中国市場における独占販売代理店に係る基本合意書締結に関するお知らせ 18 8704 トレイダーズ +2.63% 0.6 (5/24)減資 発表日 19 4356 応用技術 +2.51% 0.1 (5/20)年初来高値更新 東証 20 4594 ブライトパス +2.42% 0.6 (5/21)空売り規制対象 東証 アジア開発(9318)やビックカメラ(3048) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで27日の基準値を下回る水準で約定した。アジア開発の約定価格は基準値に比べ8.75%安、ビックカメラは同8.01%安だった。また、オンキヨー(6628)が基準値を3.70%、太陽誘電(6976)が同1.10%下回る水準で約定した。   <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月27日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9318 アジア開発 -8.75% 2.8 (5/23)空売り規制対象 東証 2 3048 ビックカメラ -8.01% 0.1 (5/21)家電の価格、刻々と変化 ビックカメラが全店に『電子棚札』 ネット通販勢に対抗(日経) 3 8918 ランド -6.25% 24.0 (5/23)空売り規制対象 東証 4 3598 山 喜 -5.19% 0.3 (5/23)年初来安値更新 東証 5 4833 ぱ ど -4.40% 0.1   6 6731 ピクセラ -4.23% 0.3 (5/21)年初来安値更新 東証 7 6628 オンキヨー -3.70% 1896.8 (5/24)通期決算 経常利益 13.9%増 8 4766 ピーエイ -3.66% 0.4 (5/24)空売り規制対象 東証 9 7314 小田原機 -3.59% 0.3 (5/23)年初来高値更新 東証 10 4080 田中化研 -3.14% 0.1   11 4666 パーク24 -3.05% 0.1 (5/17)適時開示:2019年10月期 速報数値 4月度 12 4777 ガーラ -3.02% 0.4   13 7519 五洋インテ -2.45% 0.8 (5/24)通期決算 経常利益 46.5%減 14 9380 東海運 -2.42% 0.1   15 4575 CANBAS -2.33% 0.2   16 5940 不二サッシ -2.33% 0.2   17 6494 NFK-HD -2.27% 0.3 (5/24)適時開示:代表取締役の異動に関するお知らせ 18 3474 G-FAC -2.16% 0.1   19 3350 RED -2.16% 0.4 (5/23)空売り規制対象 東証 20 3010 価値開発 -2.14% 2.5 (5/24)空売り規制対象 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

フジタコーポ(3370)は28%高 NTN(6472)は3%安 23日の夜間PTS

24日の株式市場で、フジタコーポ(3370)や東京機(6335)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で24日の基準値を大きく上回る水準で約定した。フジタコーポの約定価格は基準値に比べ28.79%高、東京機は同8.19%高だった。また、主要銘柄では三井金(5706)が基準値を0.22%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月24日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3370 フジタコーポ +28.79% 36.3 (5/23)ストップ高 東証 2 7271 安 永 +25.76% 0.1   3 6335 東京機 +8.19% 0.2 (5/23)業績上方修正 通期純利益6億円→7億円 4 4308 Jストリーム +7.35% 0.2 (5/16)適時開示:支配株主等に関する事項について 5 8254 サイカ屋 +5.98% 76.9 (5/23)ストップ高 東証 6 6494 NFK-HD +5.97% 6.0 (5/20)年初来高値更新 東証 7 3528 プロスペクト +5.00% 36.2 (5/17)空売り規制対象 東証 8 8086 ニプロ +4.84% 0.1 (5/22)年初来安値更新 東証 9 3907 シリコンスタシオ +4.71% 0.1 (5/17)シリコンスタが大幅続伸 ソニーとマイクロソフト提携で思惑買い(NQN) 10 2436 共同PR +4.56% 0.4 (5/23)適時開示:株式会社ネタもととの資本業務提携に関するお知らせ 11 8918 ランド +4.29% 32.8 (5/23)空売り規制対象 東証 12 9425 日本テレホン +3.43% 0.3   13 9318 アジア開発 +2.86% 19.0 (5/23)空売り規制対象 東証 14 3694 オプティム +2.84% 0.2   15 4395 アクリート +2.66% 3.4 (5/21)年初来安値更新 東証 16 2315 カイカ +2.14% 66.7   17 9513 Jパワー +1.82% 0.8 (5/22)目標株価下げ 岡三証券 2,840円 → 2,460円 18 9704 アゴーラHG +1.47% 0.5   19 8704 トレイダーズ +1.35% 0.6 (5/20)適時開示:個別決算における特別損失の追加計上に関するお知らせ 20 9980 MRK HLD +1.15% 0.3   エスケイ(7608)やセキド(9878) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで24日の基準値を下回る水準で約定した。エスケイの約定価格は基準値に比べ9.37%安、セキドは同5.53%安だった。また、主要銘柄ではNTN(6472)が基準値を3.45%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月24日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7608 エスケイ -9.37% 0.1 (5/23)年初来安値更新 東証 2 5358 イソライト -7.85% 0.1   3 1491 中外鉱 -7.14% 9.3   4 2162 nms HD -5.66% 0.5   5 9878 セキド -5.53% 8.3 (5/23)信用規制開始 開始日 東証 6 5021 コスモエネHD -4.99% 0.2   7 3995 SKIYAKI -4.97% 28.3 (5/17)第三者増資(単独) 払込日 8 3919 パイプドH -4.17% 0.4 (5/23)年初来高値更新 東証 9 3237 イントランス -3.91% 0.2   10 8127 ヤマトインタ -3.75% 0.2 (5/21)年初来安値更新 東証 11 6838 多摩川HD -3.65% 2.3 (5/23)空売り規制対象 東証 12 6067 インパクト -3.61% 0.1 (5/21)貸株注意喚起 開始日 東証 13 3803 イメージINF -3.55% 5.9 (5/23)ストップ高 東証 14 8473 SBI -3.55% 0.4   15 7707 PSS -3.53% 0.2   16 6472 NTN -3.45% 0.6 (5/21)年初来安値更新 東証 17 2362 夢真HD -3.41% 1.0   18 4575 CANBAS -3.39% 2.9   19 7577 HAPiNS -3.38% 0.1   20 3320 クロスプラス -3.33% 0.1 (5/23)年初来安値更新 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

オンキョー(6628)12%高 そーせい(4565)は7%高 22日の夜間PTS

23日の株式市場で、サイカ屋(8254)やイメージINF(3803)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で23日の基準値を大きく上回る水準で約定した。サイカ屋の約定価格は基準値に比べ19.46%高、イメージINFは同16.91%高、オンキヨー(6628)が基準値を12.08%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月23日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8254 サイカ屋 +19.46% 38.3 (5/22)ストップ高 東証 2 7587 PALTEK +18.87% 14.3   3 3803 イメージINF +16.91% 9.1 (5/22)ストップ高 東証 4 3840 PATH +14.40% 17.2 (5/21)年初来安値更新 東証 5 6838 多摩川HD +13.34% 36.8 (5/22)ストップ高 東証 6 6628 オンキヨー +12.08% 893.8 (5/22)オンキヨーが反発 AV事業売却『財務負担の軽減はプラス』(NQN) 7 4585 UMNファーマ +9.46% 15.8 (5/22)適時開示:塩野義製薬株式会社との資本業務提携に係る第3回マイルストーン達成確認に関するお知らせ 8 2362 夢真HD +8.07% 0.1   9 4423 アルテリア +7.98% 0.1   10 4312 サイバネット +7.21% 0.1 (5/20)年初来高値更新 東証 11 4565 そーせい +7.11% 24.3 (5/22)そーせいが年初来高値 『黒字化期待で買い安心感』の声(NQN) 12 9466 アイドマMC +5.91% 106.6 (5/22)ストップ高 東証 13 8165 千趣会 +5.33% 0.2   14 3902 MDV +5.03% 0.4   15 6573 アジャイル +4.77% 5.8 (5/22)ストップ高 東証 16 6078 バリューHR +4.76% 0.2 (5/23)バリューHRとアドソル日進が提携 相互に株2%取得(日経) 17 2440 ぐるなび +4.63% 0.7 (5/22)適時開示:代表取締役の異動に関するお知らせ 18 1757 クレアHD +4.29% 0.2 (5/21)適時開示:特別利益の計上に関するお知らせ 19 7172 JIA +4.23% 0.1   20 7760 IMV +3.99% 0.1   シライ電子(6658)やアーバネット(3242) 、リミックスポイント(3825)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで23日の基準値を下回る水準で約定した。シライ電子の約定価格は基準値に比べ11.27%安、アーバネットは同7.67%安、リミックスポイントは同7.16%安だった。また、主要銘柄ではソフトバンクG(9984)が基準値を1.45%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月23日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9083 神姫バス -19.23% 0.1   2 6658 シライ電子 -11.27% 0.1 (5/20)適時開示:当社海外子会社のメキシコ現地法人開設に関するお知らせ 3 3242 アーバネット -7.67% 0.1 (5/22)年初来高値更新 東証 4 3825 REMIX -7.16% 239.0 (5/22)適時開示:第三者割当により発行される新株式及び新株予約権の募集に関するお知らせ 5 3923 ラクス -6.29% 0.1 (5/21)ラクスが5%高 4月の売上高29.9%増、『楽楽精算』好調(NQN) 6 9029 ヒガシ21 -4.78% 0.1 (5/15)通期決算 経常利益 13.8%増 7 8894 原弘産 -4.00% 22.1 (5/22)空売り規制対象 東証 8 8127 ヤマトインタ -3.74% 0.1 (5/21)年初来安値更新 東証 9 3528 プロスペクト -3.53% 57.8 (5/17)空売り規制対象 東証 10 1400 ルーデン -3.23% 0.1 (5/22)空売り規制対象 東証 11 1447 ITbookHD -3.23% 0.1 (5/15)通期決算 12 4331 T&Gニーズ -3.10% 0.1 (5/22)年初来安値更新 東証 13 4356 応用技術 -2.95% 0.3 (5/20)年初来高値更新 東証 14 6494 NFK-HD -2.94% 1.3 (5/20)年初来高値更新 東証 15 7855 カーディナル -2.87% 1.1 (5/22)空売り規制対象 東証 16 2164 地域新聞 -2.75% 7.7 (5/21)ストップ高 東証 17 8698 マネックスG -2.66% 2.4   18 2373 ケア21 -2.59% 0.2 (5/21)ケア21がストップ高買い気配 18年11月〜19年4月期の利益見通しを上方修正(NQN) 19 6640 第一精工 -2.58% 0.3 (5/22)年初来高値更新 東証 20 3010 価値開発 -2.51% 48.3 (5/21)ストップ高 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

オンキヨー(6628)は63%高 グレイス(6541)9%安 21日の夜間PTS

22日の株式市場で、オンキヨー(6628)やRISE(8836)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で22日の基準値を大きく上回る水準で約定した。オンキヨーの約定価格は基準値に比べ63.33%高、RISEは同59.05%高だった。また、主要銘柄では板硝子(5202)が基準値を2.72%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月22日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6628 オンキヨー +63.33% 1801.7 (5/22)AV事業売却合意 米同業に100億円(日経) 2 8836 RISE +59.05% 157.2 (5/21)業績上方修正 通期売上高1.38億円→2.82億円 3 3803 イメージINF +20.35% 4.4 (5/21)ストップ高 東証 4 6768 タムラ製 +18.58% 0.2   5 6838 多摩川HD +15.27% 3.6 (5/21)ストップ高 東証 6 7601 ポプラ +14.56% 4.8 (5/22)最終黒字11億円 今期、ローソン山陰の株売却(日経) 7 2373 ケア21 +14.02% 6.4 (5/21)ケア21がストップ高買い気配 18年11月〜19年4月期の利益見通しを上方修正(NQN) 8 3853 アステリア +13.48% 0.3 (5/21)適時開示:役員人事に関するお知らせ 9 4766 ピーエイ +11.45% 69.1 (5/21)ストップ高 東証 10 9878 セキド +11.11% 22.4 (5/21)ストップ高 東証 11 3121 マーチャント +8.11% 0.1   12 3010 価値開発 +6.77% 79.8 (5/21)ストップ高 東証 13 8894 原弘産 +5.56% 21.0 (5/21)空売り規制対象 東証 14 9466 アイドマMC +5.11% 1.1 (5/21)適時開示:会計監査人の異動に関するお知らせ 15 3182 オイラ大地 +4.43% 5.0 (5/21)適時開示:DEAN&DELUCA を運営する株式会社ウェルカムとの資本業務提携契約締結に関するお知らせ 16 3823 アクロディア +4.27% 175.0 (5/16)信用規制開始 開始日 東証 17 6072 地盤ネットH +4.26% 1.3 (5/21)年初来高値更新 東証 18 2164 地域新聞 +4.00% 35.0 (5/21)ストップ高 東証 19 8157 都築電 +3.23% 0.6 (5/21)年初来高値更新 東証 20 5724 アサカ理研 +3.22% 0.1   アライドHD(6835)やRSC(4664) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで22日の基準値を下回る水準で約定した。アライドHDの約定価格は基準値に比べ10.00%安、RSCは同9.89%安だった。また、主要銘柄ではスズキ(7269)が基準値を1.77%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月22日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6835 アライドHD -10.00% 0.6 (5/21)年初来安値更新 東証 2 4664 RSC -9.89% 0.1 (5/21)年初来安値更新 東証 3 6541 グレイス -9.74% 17.2 (5/21)適時開示:当社代表取締役による当社株式売却に関するお知らせ 4 4409 東邦化 -5.52% 0.1 (5/15)年初来高値更新 東証 5 3723 ファルコム -5.02% 0.1 (5/16)年初来高値更新 東証 6 6088 シグマクシス -4.64% 0.1 (5/20)年初来高値更新 東証 7 2901 石垣食 -4.55% 0.2 (5/20)日々公表解除 解除日 東証 8 4709 IDHD -4.28% 0.1 (5/21)年初来安値更新 東証 9 6182 ロゼッタ -3.00% 0.2   10 1400 ルーデン -2.68% 0.3 (5/21)空売り規制対象 東証 11 6343 フリージアマク -2.59% 0.9 (5/21)空売り規制対象 東証 12 4837 シダックス -2.57% 0.3 (5/22)その他落ち 権利落日 13 3350 RED -2.56% 24.5 (5/16)空売り規制対象 東証 14 6495 宮入バル -2.43% 0.2   15 6955 FDK -2.41% 0.1 (5/21)年初来安値更新 東証 16 8705 岡藤HD -2.25% 0.2 (5/15)通期決算 経常利益 2.2倍 17 3680 ホットリンク -2.21% 0.3 (5/16)年初来安値更新 東証 18 4080 田中化研 -2.19% 0.2   19 7030 スプリックス -2.14% 6.2   20 2144 やまねM -2.13% 0.1 (5/21)空売り規制対象 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

ソフトバンクG(9984)は3%高 日立造(7004)は3%安 20日の夜間PTS

21日の株式市場で、地域新聞(2164)やケア21(2373)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で21日の基準値を大きく上回る水準で約定した。地域新聞の約定価格は基準値に比べ28.54%高、ケア21は同22.39%高だった。また、主要銘柄ではソフトバンクG(9984)が基準値を3.77%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月21日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 2164 地域新聞 +28.54% 40.8 (5/20)日々公表解除 解除日 東証 2 2373 ケア21 +22.39% 0.3 (5/20)業績上方修正 半期経常利益8,000万円→3億円 3 2655 MV東北 +21.26% 0.1   4 6838 多摩川HD +18.03% 3.0 (5/20)通期決算 経常利益 25.4%減 5 4586 メドレックス +16.49% 0.3 (5/14)年初来安値更新 東証 6 3350 RED +13.93% 0.1 (5/16)空売り規制対象 東証 7 1720 東急建設 +11.26% 0.4   8 5216 倉 元 +10.64% 313.1 (5/20)ストップ高 東証 9 9932 杉本商 +7.71% 1.2 (5/20)自社株買い(枠設定) 発表日 10 4766 ピーエイ +7.14% 0.1 (5/20)適時開示:ジョイントベンチャー設立に関するお知らせ 11 4657 環境管理 +5.86% 50.1 (5/20)ストップ高 東証 12 1443 技研HD +4.84% 2.5 (5/20)通期決算 経常利益 78.7%増 13 6232 ACSL +4.82% 6.3 (5/20)ストップ高 東証 14 3803 イメージINF +4.40% 1.9 (5/20)通期決算 経常利益 -11.3倍 15 3681 ブイキューブ +3.97% 0.5 (5/20)自社株買い(枠設定) 発表日 16 2152 幼児活動 +3.83% 0.1 (5/20)業績上方修正 通期純利益7.9億円→8.3億円 17 9984 ソフトバンクG +3.77% 12.9 (5/15)ソフトバンクGが高い 最大6000億円の自社株買い終了(NQN) 18 4347 ブロメディア +3.63% 0.1 (5/16)国内私募CB 償還日 19 8515 アイフル +3.55% 6.6 (5/20)減資 発表日 20 6628 オンキヨー +3.23% 3.9 (5/20)年初来安値更新 東証 アンドール(4640)やオロ(3983) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで21日の基準値を下回る水準で約定した。アンドールの約定価格は基準値に比べ12.00%安、オロは同9.91%安だった。また、主要銘柄では日立造(7004)が基準値を3.23%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月21日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4640 アンドール -12.00% 15.0 (5/20)通期決算 経常利益 19.5%増 2 3983 オ ロ -9.91% 0.2 (5/15)空売り規制対象 東証 3 2778 パレモ・HD -9.65% 0.2 (5/20)適時開示:(訂正)『主要株主の異動に関するお知らせ』の一部訂正に関するお知らせ   4 6343 フリージアマク -6.06% 20.5 (5/20)通期決算 経常利益 10.8%減 5 1448 スペースVHD -4.97% 11.7 (5/20)通期決算 6 2673 夢 隊 -4.92% 20.2 (5/20)通期決算 経常利益 23.9%増 7 3807 フィスコ -4.52% 4.2 (5/14)1Q決算 経常利益 30.2%増 8 7061 日ホスピス -4.45% 0.1 (5/20)適時開示:組織変更及び人事異動に関するお知らせ 9 1724 シンクレイヤ -4.14% 59.8 (5/21)日々公表開始 開始日 東証 10 6383 ダイフク -3.64% 0.1 (5/19)目標株価下げ ゴールドマン・サックス証券 7,500円 → 7,000円 11 1400 ルーデン -3.52% 5.1 (5/20)年初来高値更新 東証 12 6046 リンクバル -3.47% 0.1 (5/14)年初来安値更新 東証 13 7004 日立造 -3.23% 0.8 (5/15)年初来高値更新 東証 14 4679 田 谷 -3.19% 0.1   15 7855 カーディナル -3.16% 7.5 (5/20)ストップ高 東証 16 3402 東 レ -3.14% 0.3 (5/17)目標株価上げ UBS証券 950円 → 1,000円 17 6184 鎌倉新書 -3.09% 0.3   18 4548 生化学 -3.07% 0.1   19 6963 ローム -3.04% 0.1   20 6890 フェローテック -2.79% 0.2 (5/16)フェローテクが反落 米中懸念などで朝高後に失速(NQN) ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

令和の30年、円の高値は「75~100円」の予想最多 QUICK月次調査

令和時代の外国為替市場はどんな相場展開になるのか――。QUICKと日経ヴェリタスが共同で実施した外為市場関係者へのアンケートによると、次の30年の円の高値は1ドル=75~100円、安値は100~125円になるとの見方が多かった。世界的な経済危機になるとリスクオフで円高が進むとみる一方、円安要因としては日本の財政赤字の拡大と経常赤字国への転落を想定している。 バブル崩壊で幕を開けた平成はデフレと円高に苦しんだ時代だった。1990(平成2)年4月に160円35銭(日銀公表値)をつけた円は、2011(平成23)年10月に75円32銭と史上最高値を記録した。ここ数年は異次元金融緩和の影響で円安傾向が続くが、長期でみるとドルに対する円の名目の価値は約2倍になる動きだったことが分かる。 調査は13~15日、令和が平成同様30年続くと仮定して円相場のレンジを聞いた。高値水準は「75~100円未満」が53%、「100~125円未満」が38%。安値水準は「100~125円未満」(44%)「125~150円未満」(38%)が目立つ。8~9割が平成並みの値動きを予想しているというのが全体の構図だ。 円高の要因としては「世界経済が危機に陥る」、円安の要因としては「世界経済の拡大が続く」を挙げる声が目立った。円は近年、安全通貨としての色彩を強めており、リスクオンで円安、リスクオフの局面なら円高シナリオをイメージしやすい。 「円は中長期的には購買力平価に近づく」(日本総合研究所の井上肇副主任研究員)ことが円高要因になるとの声もある。国際通貨基金(IMF)によると、円の購買力平価は1ドル=97円程度だ。75円未満のハイパー円高を予想する回答は合計8%で、「日本の低い物価上昇率」がその背景にあるという。 一方、円の安値が150円以上になるという回答は合計17%。「200円以上」との回答も6%あった。「150~175円未満」の外為どっとコム総合研究所の神田卓也調査部長は、「日本が抱える財政赤字がクローズアップされて、円売りの流れが加速する」と指摘している。 スーパー円安派が挙げる理由で多いのは、日本の財政赤字と経常赤字だ。人口減少と高齢化の下で貯蓄が減れば、経常黒字を維持できなくなるリスクが浮上する。総合的な国力の衰えや「双子の赤字」が円の信認を脅かすという最悪のリスクシナリオが懸念されている。 30年後の日経平均、「5万円より上」の回答が8割 令和の最初の2週間はやや円高・株安が進み、株式相場は2営業日しか上昇していない。QUICKでは7~9日の株式調査で、30年後の日経平均株価の見通しを聞いた。最も多かった回答は「5万円程度」。「10万円程度」「20万円以上」をあわせると、回答者の8割以上が1989(平成元)年につけた3万8915円の最高値を更新すると予想しているが、果たしてどうなるか。 (ナレッジ開発本部 大谷篤) ※QUICKでは株式や債券、外為部門などの市場関係者を対象に毎月、足元の景気や相場動向についてアンケートを実施。結果を「QUICK月次調査」として各部門ごとに公表しています。ヒストリカルデータも含めて、QUICKの情報端末からダウンロードできます。

グッドスピ(7676)が5%高 TYK(5363)14%安 17日の夜間PTS

20日の株式市場で、日亜鋼(5658)や地域新聞(2164)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で20日の基準値を大きく上回る水準で約定した。日亜鋼の約定価格は基準値に比べ18.42%高、地域新聞は同16.65%高だった。また、主要銘柄では双 日(2768)が基準値を1.66%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月20日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 5658 日亜鋼 +18.42% 1.0 (5/14)通期決算 経常利益 21.0%増 2 2164 地域新聞 +16.65% 26.1 (5/20)日々公表解除 解除日 東証 3 4304 Eストアー +12.39% 0.3 (5/10)通期決算 4 3865 北越コーポ +10.24% 3.5 (5/17)通期決算 経常利益 6.4%減 5 6944 アイレックス +9.36% 4.5 (5/17)ストップ高 東証 6 2479 ジェイテック +8.30% 0.4 (5/17)適時開示:監査等委員会設置会社への移行および定款の一部変更に関するお知らせ 7 1724 シンクレイヤ +7.41% 62.2 (5/17)ストップ高 東証 8 5387 チヨダウーテ +7.22% 0.1 (5/17)通期決算 経常利益 -2.4倍 9 7034 プロレド +6.90% 0.2 (5/17)株式分割 1:2 発表日 10 3658 イーブック +6.75% 3.8 (5/17)自社株買い(枠設定) 発表日 11 9318 アジア開発 +5.71% 13.3 (5/17)空売り規制対象 東証 12 6494 NFK-HD +5.69% 0.1 (5/14)通期決算 経常利益 67.0倍 13 7676 グッドスピ +5.38% 16.2 (5/17)グッドスピーが一時ストップ高、直近IPO銘柄に個人の買い再開(NQN) 14 3344 ワンダーCO. +4.57% 0.8 (5/17)年初来高値更新 東証 15 3907 シリコンスタシオ +3.77% 0.1 (5/17)シリコンスタが大幅続伸 ソニーとマイクロソフト提携で思惑買い(NQN) 16 9887 松屋フーズ +3.76% 0.1 (5/14)年初来安値更新 東証 17 1757 クレアHD +3.57% 6.9 (5/17)適時開示:第6回無担保転換社債型新株予約権付社債の償還期限及び行使期間の再延長に関するお知らせ 18 6182 ロゼッタ +3.26% 0.1   19 4393 バンクイノベ +3.17% 0.7 (5/17)適時開示:『幻獣契約クリプトラクト』の台湾・香港・マカオ配信にかかる独占ライセンス契約締結に関するお知らせ 20 2321 ソフトフロントH +2.68% 9.2 (5/17)通期決算 経常利益 62.1%増 TYK(5363)や日本一S(3851) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで20日の基準値を下回る水準で約定した。TYKの約定価格は基準値に比べ14.65%安、日本一Sは同11.66%安だった。また、主要銘柄ではヤフー(4689)が基準値を2.22%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月20日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 5363 TYK -14.65% 23.4 (5/17)通期決算 経常利益 24.7%増 2 3851 日本一S -11.66% 29.3 (5/17)適時開示:役員人事に関するお知らせ 3 1971 ビルト工 -7.29% 0.4 (5/17)通期決算 経常利益 3.8倍 4 7946 光陽社 -6.95% 0.6 (5/17)業績修正 新規予想 通期営業利益5,000万円 5 4837 シダックス -6.95% 52.7 (5/17)減資 発表日 6 6776 天昇電 -6.04% 0.6 (5/17)通期決算 経常利益 15.9%減 7 4237 フジプレアム -6.02% 2.8 (5/17)通期決算 経常利益 7.5%増 8 1491 中外鉱 -4.29% 0.3 (5/15)通期決算 経常利益 4.0倍 9 2686 ジーフット -4.02% 0.1 (5/14)年初来安値更新 東証 10 3528 プロスペクト -3.53% 80.2 (5/17)空売り規制対象 東証 11 6730 アクセル -3.32% 0.5   12 4586 メドレックス -3.20% 0.1 (5/14)年初来安値更新 東証 13 1853 森 組 -3.13% 0.3 (5/17)年初来安値更新 東証 14 1728 ミサワ中国 -3.06% 0.1 (5/14)空売り規制対象 東証 15 2338 ビットワンG -3.05% 1.0 (5/16)空売り規制対象 東証 16 8005 スクロール -3.02% 0.2 (5/14)年初来安値更新 東証 17 6629 テクノHR -3.02% 0.1 (5/15)通期決算 経常利益 横ばい 18 3464 プロパティA -2.26% 0.1 (5/14)年初来安値更新 東証 19 4689 ヤフー -2.22% 0.8 (5/16)適時開示:役員人事に関するお知らせ 20 3825 REMIX -2.19% 26.9 (5/15)通期決算 経常利益 -2.5倍 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

上場企業、新卒の通年採用「支持」が8割  5月のQUICK短観

止まらないグローバル化の流れが日本独自の雇用の仕組みを変えていきそうだ。QUICKが17日にまとめた5月のQUICK短観で、経団連と大学側が合意した新卒の通年採用の拡大への賛否を聞いたところ、8割の企業が「支持する」「すでに導入している」と回答した。 新卒の通年採用を巡っては、4月に経団連と大学が拡大の方針で一致した。「導入はしていないが支持する」とする回答が59%あり、「既に導入している」も20%あった。経団連の中西宏明会長は「経済界はいわゆる終身雇用なんて守れないと思っている」と述べており、現行の就活ルールは今後廃止されることが決まっている。 背景には企業がグローバル競争の波に洗われていることがある。通年採用が一般的になっている海外の企業と人材を取り合うことが増え、4月一括採用の方式がうまく機能しなくなってきた。賛成の企業からは「当然の流れ」との声が出ている。通年採用の仕組みがあると、時期を限定せず、外国人留学生や日本人の留学生の中からも優秀な人材を確保しやすくなる。 日本の就職活動の現状を「既に通年採用に近い」と評する企業もあった。就職活動は年々早期化、長期化しており、経団連の定めた「就活ルール」の形骸化に不満を持っていた企業は多いようだ。通年採用の実施を機に就活スタートの時期を自由に選べるようになれば、採用戦線はいっそう熾烈になる可能性もある。 通年採用の実施を歓迎しないのは採用コスト増を嫌う中小企業だ。「ずっと採用を続けられる通年採用は大企業に有利」と懸念する。ある企業は、今後の採用難を見越し「自社の魅力をいかに伝えるか、今まで以上に課題になる」と指摘していた。 5月のQUICK短観は4月25日~5月14日に調査を実施。上場企業320社が回答した。(ナレッジ開発本部 伊藤央峻)

シノケンG(8909)は10%高 すてきN(8089)は13%安 16日の夜間PTS

17日の株式市場で、シンクレイヤ(1724)やマーケットエンタ(3135)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で17日の基準値を大きく上回る水準で約定した。シンクレイヤの約定価格は基準値に比べ20.45%高、マーケットエンタは同14.26%高だった。また、主要銘柄では住友不(8830)が基準値を5.94%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月17日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 1724 シンクレイヤ +20.45% 49.3 (5/16)ストップ高 東証 2 3135 マーケットエンタ +14.26% 8.0 (5/16)ストップ高 東証 3 8938 LCHD +13.35% 0.1 (5/16)ストップ高 東証 4 5216 倉 元 +13.24% 180.1 (5/16)ストップ高 東証 5 7717 Vテクノロジー +12.04% 0.1 (5/16)年初来安値更新 東証 6 3344 ワンダーCO. +11.95% 7.1 (5/16)ストップ高 東証 7 8909 シノケンG +10.55% 35.6 (5/17)第三者処分(単独) 払込日 8 1491 中外鉱 +10.00% 3.2 (5/15)通期決算 経常利益 4.0倍 9 3987 エコモット +7.38% 2.0 (5/16)空売り規制対象 東証 10 9318 アジア開発 +7.14% 11.0 (5/16)空売り規制対象 東証 11 8897 タカラレーベン +6.82% 21.6 (5/17)13%減益 前期最終、人件費増が重荷(日経) 12 4576 DWTI +6.73% 46.4 (5/16)ストップ高 東証 13 9960 東テク +6.58% 0.6 (5/16)通期決算 経常利益 22.8%増 14 8830 住友不 +5.94% 0.9 (5/16)住友不の今期、純利益7%増 オフィスビル賃貸が引き続きけん引(NQN) 15 6096 レアジョブ +5.44% 3.4 (5/16)ストップ高 東証 16 3237 イントランス +5.41% 4.3 (5/14)年初来安値更新 東証 17 6944 アイレックス +5.39% 0.4 (5/16)通期決算 経常利益 85.9%増 18 2338 ビットワンG +5.08% 5.2 (5/16)空売り規制対象 東証 19 6569 日総工産 +5.05% 0.5 (5/13)株価レーティング設定 立花証券 やや強気 20 4837 シダックス +4.59% 2.6 (5/16)業績上方修正 通期経常損益-1.8億円→4.2億円 すてきN(8089)や東邦化(4409) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで17日の基準値を下回る水準で約定した。すてきNの約定価格は基準値に比べ13.51%安、東邦化は同12.96%安だった。また、主要銘柄ではヤフー(4689)が基準値を1.27%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月17日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8089 すてきN -13.51% 8.3 (5/16)適時開示:金融商品取引法違反の疑いによる証券取引等監視委員会および横浜地方検察庁の強制調査について 2 4409 東邦化 -12.96% 0.1 (5/15)年初来高値更新 東証 3 7041 CRGHD -11.80% 29.9 (5/16)ストップ安 東証 4 3962 チェンジ -9.37% 16.8 (5/16)ストップ安 東証 5 6998 日タングス -9.14% 0.9 (5/16)通期決算 経常利益 12.8%増 6 4960 ケミプロ -7.77% 0.5 (5/13)年初来高値更新 東証 7 3195 ジェネパ -5.72% 0.5 (5/15)適時開示:2019年4月度月次売上高前年同月比についてのお知らせ(連結) 8 7036 イーエムネットJ -5.51% 0.1 (5/15)1Q決算 9 7578 ニチリョク -4.80% 0.1 (5/16)空売り規制対象 東証 10 9508 九州電 -3.98% 0.1 (5/14)年初来安値更新 東証 11 6067 インパクト -3.77% 0.8 (5/16)第三者増資(単独) 発表日 12 8105 堀田丸正 -3.57% 1.3 (5/15)通期決算 経常利益 -9.5倍 13 6444 サンデンHD -3.51% 0.1 (5/16)年初来安値更新 東証 14 4080 田中化研 -3.28% 0.1 (5/14)年初来安値更新 東証 15 4316 ビーマップ -3.28% 0.5 (5/14)空売り規制対象 東証 16 3630 電算システム -3.12% 0.2 (5/13)年初来高値更新 東証 17 3793 ドリコム -3.01% 0.1 (5/15)空売り規制対象 東証 18 4593 ヘリオス -3.01% 0.2 (5/14)1Q決算 経常利益 80.6%減 19 7448 ジンズメイト -2.89% 0.1 (5/15)通期決算 経常利益 2.2倍 20 2773 ミューチュアル -2.75% 0.7 (5/16)通期決算 経常利益 2.2倍 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

KDDI(9433)は3%高 チェンジ(3962)18%安 15日の夜間PTS

16日の株式市場で、マーケットエンタ(3135)やテクノHR(6629)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で16日の基準値を大きく上回る水準で約定した。マーケットエンタの約定価格は基準値に比べ22.97%高、テクノHRは同17.82%高だった。また、主要銘柄ではKDDI(9433)が基準値を3.17%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月16日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3135 マーケットエンタ +22.97% 6.9 (5/15)業績上方修正 通期営業利益2.45億円→3.85億円 2 6629 テクノHR +17.82% 4.4 (5/15)通期決算 経常利益 横ばい 3 5704 JMC +16.66% 31.1 (5/15)ストップ高 東証 4 3344 ワンダーCO. +16.58% 4.8 (5/15)業績下方修正 通期最終損益-32.3億円→-51.59億円 5 1724 シンクレイヤ +15.96% 46.5 (5/15)ストップ高 東証 6 8938 LCHD +15.77% 12.3 (5/15)通期決算 経常利益 43.2%増 7 8909 シノケンG +14.56% 5.8 (5/15)業績上方修正 半期純利益22億円→35億円 8 3452 ビーロット +14.18% 1.3 (5/15)1Q決算 経常利益 3.8倍 9 6092 エンバイオHD +12.95% 7.9 (5/15)通期決算 経常利益 34.9%減 10 2176 イナリサーチ +12.77% 0.1 (5/14)通期決算 経常利益 63.9%減 11 4098 チタン工 +12.05% 1.8 (5/15)通期決算 経常利益 8.2倍 12 6867 リーダー電 +11.82% 3.5 (5/15)通期決算 経常利益 4.0倍 13 3692 FFRI +11.23% 1.0 (5/15)通期決算 経常利益 8.7%減 14 3300 AMBITION +11.00% 8.5 (5/15)3Q決算 経常利益 3.6倍 15 2498 オリコンHD +10.50% 0.1 (5/15)2Q決算 経常利益 42.6%増 16 9878 セキド +9.08% 18.4 (5/15)適時開示:役員人事の内定(2019年6月18日予定)に関するお知らせ 17 6096 レアジョブ +8.78% 0.6 (5/15)通期決算 経常利益 87.8%増 18 3674 オークファン +8.45% 15.4 (5/15)業績上方修正 通期純利益3.5億円→5億円 19 5290 ベルテクス +8.10% 0.4 (5/15)通期決算 20 4576 DWTI +7.88% 23.9 (5/15)1Q決算 経常利益 2.7倍 チェンジ(3962)やマツオカ(3611) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで16日の基準値を下回る水準で約定した。チェンジの約定価格は基準値に比べ18.45%安、マツオカは同17.89%安だった。また、主要銘柄では電通(4324)が基準値を7.34%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月16日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3962 チェンジ -18.45% 11.1 (5/15)2Q決算 2 3611 マツオカ -17.89% 3.3 (5/15)通期決算 経常利益 7.9%減 3 7041 CRGHD -16.76% 6.3 (5/15)2Q決算 4 6125 岡本工 -15.91% 4.5 (5/15)通期決算 経常利益 2.1倍 5 7063 エードット -15.48% 4.3 (5/15)3Q決算 6 6166 中村超硬 -14.90% 5.2 (5/15)通期決算 経常利益 -5.1倍 7 7046 TDSE -14.61% 6.3 (5/15)通期決算 経常利益 2.1倍 8 3979 うるる -13.11% 16.3 (5/15)ストップ安 東証 9 3825 REMIX -13.08% 176.2 (5/15)通期決算 経常利益 -2.5倍 10 2351 ASJ -12.53% 9.1 (5/15)通期決算 経常利益 -14.4倍 11 6144 西電機 -11.80% 0.3 (5/15)通期決算 経常利益 51.1%増 12 6246 テクノスマート -11.69% 5.5 (5/15)通期決算 経常利益 85.8%増 13 6554 エスユーエス -11.52% 5.3 (5/15)2Q決算 経常利益 30.0%増 14 4644 イマジニア -11.29% 0.9 (5/15)通期決算 経常利益 12.5%減 15 4235 UFHD -10.60% 1.1 (5/15)1Q決算 経常利益 4.6倍 16 7779 サイバダイン -10.02% 21.8 (5/15)通期決算 経常利益 15.3%増 17 8202 ラオックス -9.81% 1.5 (5/15)1Q決算 経常利益 16.2%減 18 9417 スマートバリュ -9.80% 0.6 (5/15)3Q決算 19 9268 オプティマス -9.53% 2.2 (5/15)通期決算 経常利益 9.1%増 20 3680 ホットリンク -8.84% 20.7 (5/15)1Q決算 経常利益 -9.2倍 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP