「ダイワUSリートB」が分配金減額 5年4カ月ぶり

大和証券投資信託委託が運用する「ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)」(04312047)が17日の決算で1万口あたりの分配金を前月より20円安い60円に引き下げた。分配金の減額は2012年7月以来、5年4カ月ぶり。 昨年11月から海外の不動産投資信託(REIT)で運用する大型ファンドで分配金の引き下げが相次ぐなか、同ファンドは分配金を据え置いていた。そのため、分配金を減額した他の海外REIT型から資金が流出しても同ファンドは今年に入って資金流入が続いていた。 しかし分配金の支払いなどによる基準価額の下落基調は止まらず、分配金の引き下げに踏み切った。大和投信は分配金を引き下げた理由を「現在の基準価額の水準や配当等収益の状況などを勘案した結果」としている。 ※大和投信の発表資料はこちら↓ ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)第160期分配.は60円(1万口当たり、税引前) 同ファンドの純資産総額(残高)は17日時点で7195億円程度。国内公募の追加型株式投信(ETFを除く)の海外REIT型では4番目に多い。15日には残高最大の「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」(3231203C)が1年ぶりに分配金を引き下げた。分配金を適正化する動きは今後も続く可能性がある。   (QUICK資産運用研究所 小松めぐみ)

大和投信の「日本株発掘」、11日から新規受付を停止

大和証券投資信託委託が運用する「日本株発掘ファンド」は、11日から新規申込みの受付を一時的に停止する。純資産総額(残高)が6日時点で642億円まで増え、信託金限度額の1000億円に近付いたためだ。 大和投信は7日の発表資料で「運用資産規模を適正な規模にすることで運用効率を維持するため」と説明している。受付停止の対象は「日本株発掘ファンド」と「日本株発掘ファンド 米ドル型」の2コース。 「日本株発掘ファンド」は今年4月以降、月間の設定から解約を差し引いた資金の流入超過が続いている。特に10月の資金流入額(推計値)は91億円と、2015年3月(108億円)以来の多さだった。投資対象は国内株式の中小型株が中心。  マザーファンドが同じ「ジャパン・エクセレント」は受付を継続する。同ファンドの残高は6日時点で166億円。 大和投信の発表資料はこちら⇓ 「日本株発掘ファンド」、「日本株発掘ファンド(米ドル型)」 新規買付けのお申し込みの受け付け停止のお知らせ   (QUICK資産運用研究所 望月瑞希)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP