ボラ、ボラ、ボラ 戻ってきたリスクオン 3枚のチャートが表す強気

株式市場のあちらこちらでリスクオンのサインが灯り始めた。 日本では、現物株の値動きが投資家のリスク許容度の高まりを示している。最初のグラフの青線は、TOPIX500の採用銘柄のうち、18日時点でベータ値が高い10社の時価総額をベータ値が低い10社で割った指数の推移だ。高ベータ(高ボラティリティー)の急激な巻き返しが読み取れる。 ■日経平均(グラフ赤)の戻り基調とともに高ボラ銘柄の優位も復活(グラフ青) グラフ青線は、TOPIX500採用銘柄のうち、ベータ値が高い10銘柄の合計時価総額をベータ値が低い10銘柄の時価総額で割った値(左軸、25日移動平均) VIXショックによる株価急落の余韻が残りつつも株価が大幅上昇した18年3月は、低ベータ(低ボラ)銘柄がけん引役だった。株式のウエートを高めつつ、守りも固める「半身の構え」の投資といえる。一方で足元の高ベータ銘柄への資金シフトは、久しぶりに訪れた本格的なリスクオン相場に賭ける「攻めの投資」と推測できる。 米国株でも同様の動きがみられる。JPモルガンのクオンツチームは15日付けのリポートで、18年12月をピークに低ボラティリティ銘柄のパフォーマンスが高ボラティリティー銘柄を大きく下回る状況が続いており「こうした状況は継続するだろう」との見方を示している。 ■米国でも低ボラ銘柄のパフォーマンス優位は終わった ※JPモルガンのリポートより リスクオンの訪れはグローバルでも見て取れる。HSBCの17日付けのリポートによると、同社が算出するグローバル株式のセンチメント指数は、1月を境に弱気から中立まで一気に上昇した。まだ本格的な強気とはいえないが、「市場予想が低すぎる」とみる企業業績の拡大や景気刺激策による中国の輸入増などに期待し、一段のセンチメントの改善を見込んでいる。 ■1月を境に弱気ムード解消(HSBCのグローバル株式センチメント指数) 気がかりな点があるとすれば、日本株の戻りの鈍さだろう。円建てのS&P500種株価指数とMSCIコクサイ指数(日本を除く)のチャートに日経平均株価を10分の1にして重ねてみると、1月以降の世界的な株高局面での日本株の上昇ペースが鈍い。 ■グラフ緑の日本株の上昇ペースが鈍い S&P500種株価指数(円建て、グラフ赤・左軸)と日経平均(10分の1、グラフ緑・同)、MSCIコクサイ指数(日本を除く、円建て、グラフ青・右軸) 野村証券は15日付のリポートで、18年10~12月期(3Q)決算発表後の株価の推移を分析。例年なら3Q決算はネガティブな内容でも「悪材料出尽くし」となりやすい季節性がある。ただ「今回はボトムアウトといえるほど反発力は強くない」という。むしろ、期待先行の買いが株価を支えた銘柄は、コンセンサスの切り下がりとともに売り直される可能性があると見ている。(松下隆介) ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

金は上昇、海運指数2年半ぶり低水準 リスクオン相場の中のリスクオフ

なんとももどかしい展開が続く。日経平均株価は2万1000円を手前にして足踏み状態だ。2018年4~12月期の決算発表が佳境を迎えつつあるなか、売買代金も活況とは程遠い。 これまでの相場のけん引役だった米国株にも勢いがなくなってきた。ある市場関係者は足元のマーケットを「リスク警戒をしながらのリスクオン」とみている。安全資産の代表である金の価格がじりじり上昇。2018年10月にダウ工業株30種平均がいったんつけた天井と金のボトムが重なる点が注目されるという。 ■ダウ平均と金先物 ニューヨーク金先物は1月31日には1325ドルまで上昇し、中心限月としては18年5月10日以来およそ8カ月半ぶりの高値を付けていた。ロンドンを拠点に個人向けの金オンライン取引を手掛けるブリオンボールトが個人投資家が金現物を売買したデータをもとに算出する金投資家インデックスが1月は前月比0.6ポイント高い52.6となった。6カ月ぶりの上昇となり、金価格も同時に上昇するのは2016年11月以来となる。ブリオンボールトによると、「黄色いベスト運動」の反政権デモが起きたフランスや政府機関の一部閉鎖された米国での新規顧客売買の増加が顕著だったという。 世界景気の先行指標とされるバルチック海運指数の下落を警戒する向きもある。同指数は5日までに12日続落し、前の日と比べ5ポイント低い629となった。2016年6月以来およそ2年8カ月ぶりの低水準に沈む。野村証券の大越龍文シニアエコノミストは「中国景気の先行き懸念があるなか、ヴァーレの鉱山事故の影響も重荷となっている」と指摘する。(中山桂一) ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP