【朝イチ便利帳】5日 ソフトバンクなど決算 米大統領が一般教書演説、ISM非製造業

5日は財務省による10年物国債の入札が行われるほか、ソフトバンクや三菱商、伊藤忠などの4~12月期決算が発表される。またIPO関連では識学(7049)の仮条件が決定する。 海外では1月の米ISM非製造業景況感指数や11月の米製造業受注などが発表される予定だ。   【5日の予定】 国内 時刻 予定 10:00 2月の当座預金増減要因(日銀) 10:30 10年物国債の入札(財務省) その他 閣議   12月期決算=SUMCO、協和キリン、日電硝   4〜12月期決算=双日、ニチレイ、日清食HD、三井化学、フジHD、神戸鋼、コンコルディ、スズキ、ヤマハ、伊藤忠、三菱商、丸井G、ソフトバンク、NTTデータ、スクエニHD 海外 時刻 予定 0:00 1月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数(6日) 9:30 メスター米クリーブランド連銀総裁が講演   12月の豪貿易収支   12月の豪小売売上高 12:30 豪中銀理事会の結果発表 19:00 12月のユーロ圏小売売上高 その他 トランプ米大統領が一般教書演説   10〜12月期決算=ウォルトディズニー、スナップ   中国など春節(旧正月)   中国、香港、韓国、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムが休場 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3612 ワールドが営業益1%減、4〜12月 日経 +6.38% 2/4 6305 鉱山機械、ロシアで拡販 日立建機、ダンプトラックなど 対米貿易摩擦、追い風に 日経 +3.24% 2/4 7994 オカムラが経常最高益、4〜12月1割増 日経 +3.22% 2/4 9619 イチネンHD、純利益55%増 日経 +3.07% 2/4 4004 昭電工、営業益2.3倍 前期1800億円強、黒鉛電極の利幅拡大 日経 +2.17% 2/4 4508 田辺三菱、20%減益 4〜12月最終、薬価引き下げ響く 日経 +2.12% 2/4 6965 ホトニクス、5%増益 10〜12月最終、X線光源伸びる 日経 +2.09% 2/4 4507 インフル薬、小さな巨人 塩野義、国内シェア47% メガは素通り、「看板」守る 日経 +1.75% 2/4 5802 住友電、純利益下振れ 今期1%増、車用電線伸び悩む 日経 +1.40% 2/4 8214 AOKIHD、営業益1割減 4〜12月 日経 +1.26% 2/4 4911 「日本製」アジア輸出加速 資生堂、九州に新工場 日用品や食品、相次ぎ増産投資 各紙 +1.17% 2/4 4631 DIC、1割減益 前期営業 インキ樹脂、原料高で 日経 +0.86% 2/4 6752 パナソニック、利益下振れ 今期営業3850億円、中国販売が低迷 各紙 +0.85% 2/4 2269 明治HD傘下の明治、乳製品値上げ 4月出荷分から、牛乳は最大3.5% 各紙 +0.83% 2/4 9887 松屋フーズ、純利益7%減 日経 +0.83% 2/4 2784 アルフレッサ、純利益39%増 日経 +0.82% 2/4 9142 JR九州、純利益1%減 4〜12月、減価償却費膨らむ 日経 +0.81% 2/4 3632 グリーが純利益43%減 7〜12月、開発外注費かさむ 日経 +0.81% 2/4 4062 イビデン、純利益91%減 今期、スマホ向け部品不振 日経 +0.31% 2/4 4208 宇部興の純利益、4〜12月14%減 合成ゴム採算悪化 日経 +0.28% 2/4 4452 花王、中計達成へ再加速 今期営業益8%増 5大新技術、相次ぎ製品化 日経 +0.12% 2/4 1333 マルハニチロ、サバ缶7%上げ 各紙 -0.13% 2/4 5803 フジクラ今期、純利益78%減 スマホ向け落ち込む 日経 -1.05% 2/4 6971 京セラ、欧州2社買収へ 米中摩擦に対応 拠点増、リスク分散 日経 -2.02% 2/4 8114 デサント、反対表明へ 伊藤忠の敵対的TOBに発展 日経 -5.99% 2/4 8001 +0.81% 2/4

ソフトバンク仮条件、超異例「一本勝負」の成算は

ソフトバンクG(9984)の通信子会社ソフトバンク(9434)は30日、新規株式公開(IPO)に伴う売り出しの仮条件が想定価格と同じ1500円に決まったと発表した。通常、仮条件は下限と上限のレンジで示すが、「レンジのない仮条件は極めて異例」(国内投信)だ。主幹事証券によると「仮条件がレンジを付けない一本値となるのは1997年にブックビルディング方式が導入されてから初めて」という。 ソフトバンクはQUICKデリバティブズコメントの取材に対し、「価格変動リスクやマーケットの状況等を勘案して仮条件は1500円が妥当だと総合的に判断した」と説明した。 訂正有価証券届出書によると、仮条件を決めるにあたり、機関投資家への聞き取りで主に3つの「評価」を得たとしている。①高い株主還元と成長投資の両立が可能なキャッシュ・フロー創出力、②ブランド戦略やソフトバンクGの投資先との協業による新規事業の展開というユニークな成長戦略、そして③業界の競争環境、法規制の改正等よって業績が変動する可能性--だ。③は、いうまでもなく、政治主導で携帯料金の引き下げが議論されていることを強く意識したものとみられる。 株式市場では「個人投資家向けの販売が大方めどがついているという証左」(国内投信)との指摘が出ていた。一方、「もともと機関投資家向けの売り出し株数が少なく、応募しても割り当てられない機関投資家が多いのではないか」(市場関係者)との声もある。 売り出し額は約2.6兆円になる計算で、日本企業のIPOでは1987年のNTT(2.3兆円)を上回り、過去最大になる。週明け12月3日からのブックビルディングを経て、10日に売出価格を正式に決め、19日に東証1部に上場する。(中山桂一) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

【朝イチ便利帳】30日 ソフトバンク仮条件、米中首脳会談、G20首脳会議

30日は10月の失業率、有効求人倍率、11月の都区部消費者物価指数、10月の鉱工業生産速報などが発表される予定。IPO関連ではソフトバンク(9434*J)の仮条件、アルー(7043*J)、ピアラ(7044*J)の公募・売り出し(公開)価格が決定する。 海外では日本時間4時00分に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が発表された。11月の中国製造業・非製造業購買担当者景気指数などが発表される予定だ。   【30日の予定】 国内 時刻 予定 8:30 10月の失業率(総務省)   10月の有効求人倍率(厚労省)   11月の都区部消費者物価指数(CPI、総務省) 8:50 10月の鉱工業生産速報(経産省) 10:20 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省) 13:00 10月の自動車輸出実績(自工会) 14:00 10月の住宅着工戸数(国交省)   11月の消費動向調査(内閣府)   日銀のFinTechフォーラム(日銀) 15:30 清田日本取引所CEOの記者会見 19:00 11月の為替介入実績(財務省) その他 閣議   ソフトバンク通信子会社の仮条件決定 海外 時刻 予定 10:00 11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)   11月の中国非製造業PMI 19:00 11月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値   10月のユーロ圏失業率 23:00 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が討議に参加 23:45 11月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI) その他 韓国中銀の金融通貨委員会の結果発表   7〜9月期のインド国内総生産(GDP)   20カ国地域(G20)首脳会議(アルゼンチンブエノスアイレス、12月1日まで)   米中首脳会談の予定   フィリピン市場が休場 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3031 ラクーン、5〜10月純利益30%増 日経 +1.42% 11/29 7201 日産ルノー三菱自、3社連合を合議制で 各紙 +1.35% 11/29 7211 +0.28% 11/29 6326 クボタ、社長ら役員報酬を減額 検査不正で 日経 +0.90% 11/29 6701 NEC、希望退職に2170人応募 日経 +0.86% 11/29 6753 シャープ、中国にパソコン新拠点 鴻海の技術活用 日経 +0.62% 11/29 8411 イデコの加入、農協で可能に みずほFGのみずほ銀と農林中金が連携 日経 +0.10% 11/29 4526 理ビタ、21年3月期の営業益5割増へ 食品改良剤を拡販 日経 0.00% 11/29 8057 内田洋、8〜10月純利益96%減 日経 -0.07% 11/29 6752 パナソニック、異分野と連携 住宅向け新サービスで 日刊工 -0.08% 11/29 8233 高島屋、日本橋の新店を21年2月期営業黒字に 日経 -0.78% 11/29 3116 トヨタ紡織、マツダ系と系列越え共同出資会社 日経 -1.34% 11/29 3382 セブン&アイのセブンが実験店、顔認証で「無人コンビニ」 日経 -1.78% 11/29 4502 武田、資産売却最大1.1兆円 CFO「負債削減を前倒し」 日経 -1.79% 11/29 8358 スルガ銀、4〜9月決算を訂正 赤字、実際は1000億円超 日経 -3.05% 11/29  

「親」か「子」か 「孫」が仕掛ける2兆6000億円のドラマ ソフトバンク12月上場

過去最大級のIPOとして注目が集まるソフトバンクグループ(SBG、9984)の通信子会社のソフトバンク(9434)。市場では早くも需給面を警戒する声がある。 「売り出し総額はおおむね想定通りの額だが、需給の観点からすると決して良い話ではない」――ある市場関係者はこうつぶやく。ソフトバンクの想定売り出し価格から試算される時価総額は7兆円を超える。市場からの資金吸収額は最大2兆6000億円にのぼる計算だ。 ※孫正義ソフトバンクG会長兼社長。写真は同社提供の過去の決算説明会動画から 当初売り出しの約89%が国内分の割り当てとなり、海外分はおよそ11%。国内分の多くが個人投資家向けとされる。ある投資信託の幹部は「国内機関投資家の割り当て分は2.5%程度で600億円ほどしかない」という。 2兆を超える資金を残り1カ月で市場から吸収する。魅力としては配当の高さだろう。ソフトバンクは上場に関する資料のなかで連結配当性向85%程度を目安と掲げる。今期は上場期間を考慮して1株当たり配当は37円50銭とするが、通期で倍と試算して想定売り出し価格(1500円)から計算すると配当利回りは5%となる。 先の市場関係者は「高配当利回りとして投信への組み入れ期待は強まるだろう」と指摘する。とはいえ「多くの資金を個人投資家から集めるとなると、新興市場や個人投資家の持ち株比率の高い銘柄には短期的に売り圧力が強まる可能性は否定できない」とみる。 12日の市場では個人投資家の持ち株比率が比較的高く、年初来大きく株価水準を切り上げていたリソー教育(4714)が大きく下落し、「ソフトバンク上場に伴う換金売りもあるのではないか」(国内証券)との声も出ていた。 国内投信幹部は上場資料目を通しながら「機関投資家への割り当て株数の少なさもあるがうちでは申し込まないだろう」とも話していた。高配当という観点でソフトバンクを組み入れる必要はないという。 バーンスタイン・リサーチは13日付のリポートで「むしろグループを保有したい」との見解を示した。ソフトバンクの時価総額や売り出し規模について「9月時点の純負債が3兆700億円だったことを踏まえれば企業価値(EV)は10兆2500億円で当社の予測より60%のプレミアムが付いている」と指摘。ソフトバンクのEVと税引前利益に特別損益、支払利息、減価償却費を加算したEBITDAとの倍率は8.2倍だとし、「NTTドコモ(9437)は5.5倍、KDDI(9433)は4.4倍だった」と、ソフトバンクのEV/EBITDA倍率の高さに懸念を指摘した。 そのうえで「金融技術に感心するが、最初のインプレッションは買い手でではなく、売り手を保有することだ」と締めくくり、ソフトバンクよりはソフトバンクGに妙味あるとした。ソフトバンクGの投資判断アウトパフォーム、目標株価1万3500円を維持していた。(中山桂一、片平正ニ) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP