【朝イチ便利帳】5日 三菱重など決算、米中の7月の非製造業景況感指数

5日はSUBARU(7270)や三菱重(7011)、スズキ(7269)、ソフトバンク(9434)などが2019年4~6月期決算を発表する。 海外では7月の財新中国非製造業購買担当者景気指数(PMI)が発表される。米サプライマネジメント協会(ISM)の7月の非製造業景況感指数の発表もある。   【5日の予定】 国内 時刻 予定 8:50 8月の日銀当座預金増減要因見込み(日銀) 11:00 8月のQUICK月次調査<株式> その他 臨時国会閉会   4〜6月期決算=大成建、日製鋼、日立造、三菱重、スズキ、SUBARU、JR九州、ソフトバンク、コンコルディ   1〜6月期決算=サントリBF 海外 時刻 予定 10:45 7月の財新中国非製造業購買担当者景気指数(PMI) 23:00 7月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数 その他 4〜6月期のインドネシア国内総生産(GDP) 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 9950 ハチバン「8番らーめん」ベトナムに1号店(日経、以上5日) 日経 +0.15% 8/2 6869 シスメックス(6869)、純利益29%減 4〜6月、原価率悪化円高響く 日経 -0.18% 8/2 6971 京セラ(6971)、米向け複合機をベトナム移管 日経 -0.31% 8/2 3774 格安スマホ、IoTに活路 IIJ「独自SIM」で法人開拓 日経 -0.34% 8/2 8801 三井不(8801)、4〜6月純利益13%減 分譲住宅が反動減 日経 -0.69% 8/2 3632 グリー(3632)、純利益26%減の34億円 前期、利用者減響く 日経 -0.78% 8/2 2801 キッコマン(2801)、純利益12%増 4〜6月、豆乳しょうゆ堅調 日経 -0.80% 8/2 2533 オエノンHD(2533)、純利益最高 1〜6月、焼酎販売けん引 日経 -1.04% 8/2 9143 SGHD(9143)、セイノーHD(9076)と提携へ トラックの共同運行や融通 日経 -1.09% 8/2 9076 -4.38% 8/2 8308 りそなHD、海外業務再開 読売 -1.23% 8/2 9042 阪急阪神(9042)、純利益11%増の213億円 4〜6月、旅行事業好調 日経 -1.42% 8/2 7936 アシックス(7936)が記念配当6円 今期純利益75億円に 日経 -1.65% 8/2 8411 みずほFG、法人手数料を一部無料 日経 -1.76% 8/2 3668 コロプラ決算発表、13日に延期 不正問題の影響で 日経 -1.81% 8/2 3544 サツドラHD(3544)、コープさっぽろと業務提携へ協議 日経 -2.10% 8/2 7181 かんぽ生命法令違反、4年で73件 朝日 -2.35% 8/2 4540 ツムラ、4〜6月純利益11%増 原価率が改善 日経 -2.39% 8/2 8214 AOKIHD(8214)、営業益5割減 4〜6月、スーツ販売苦戦 日経 -2.43% 8/2 7733 オリンパス(7733)、黒字転換 4〜6月、デジカメ赤字縮小 日経 -2.48% 8/2 9783 ベネッセHD(9783)、最終赤字15億円 4〜6月、前年から縮小 日経 -3.13% 8/2 7202 いすゞ(7202)、純利益28%減 4〜6月、海外トラック苦戦 日経 -3.17% 8/2 2296 伊藤米久HD(2296)、純利益10%増 4〜6月 日経 -3.31% 8/2 3034 クオールHDとビズリーチ、中小薬局の身売り公募 日経 -3.77% 8/2 4631 DIC(4631)、埼玉の工場で火災(各紙、以上4日) 各紙 -3.82% 8/2 7267 ホンダ(7267)純利益29%減 4〜6月、米販売減など痛手 日経 -4.02% 8/2 6902 韓国公取委、デンソーなど4社に課徴金 各紙 -4.28% 8/2 2678 アスクル(2678)社長再任否決 ヤフー(4689)の手法にソフトバンクG(9984)孫社長「反対の意見」 日経 -4.29% 8/2 4689 -1.53% 8/2 9984 -2.52% 8/2 5406 神戸鋼(5406)、純利益7割減 今期下方修正、車向け需要不振 日経 -5.31% 8/2

【朝イチ便利帳】7日 SUBARUやメルカリなど260社が決算、12月の景気動向指数

7日は1月上中旬の貿易統計などが発表されるほか、6カ月物国庫短期証券、30年物国債の入札が行われる。IPO関連では、リックソフト(4429)の仮条件が決定する。企業決算では、SUBARU(7270)や日本たばこ産業(2914)、メルカリ(4385)など、約260社が決算発表を予定している。 海外ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が集会で質疑応答を行う予定だ。また、中国、香港、台湾、ベトナム市場が休場となる。   【7日の予定】 国内 時刻 予定 8:50 対外対内証券売買契約(財務省)   1月上中旬の貿易統計(財務省) 10:20 6カ月物国庫短期証券の入札(財務省) 10:30 30年物国債の入札(財務省) 11:00 1月のオフィス空室率(国交省) 13:30 三村日商会頭の記者会見 14:00 12月の景気動向指数速報値(内閣府) その他 12月期決算=JT   4〜12月期決算=大成建、ミクシィ、明治HD、ディーエヌエ、東急不HD、旭化成、テルモ、富士フイルム、三井E&S、IHI、SUBARU、ニコン、リコー、丸紅、西武HD、NTT   7〜12月期決算=メルカリ 海外 時刻 予定 5:00 12月の米消費者信用残高(8日) 8:05 クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長が講演 9:00 パウエルFRB議長が集会で質疑応答 9:30 ブラード米セントルイス連銀総裁が講演(8日) 21:00 英中銀が金融政策委員会の結果と議事要旨を公表   英中銀の四半期インフレ報告書 22:30 米新規失業保険申請件数(週間) 23:15 カプラン米ダラス連銀総裁が質疑応答 23:30 クラリダFRB副議長が講義 その他 インド中銀が政策金利を発表   フィリピン中銀が政策金利を発表   10〜12月期決算=ツイッター   中国、香港、台湾、ベトナムが休場 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3028 アルペン、最終赤字16億円 今期 日経 +3.40% 2/6 6479 ミネベア、今期営業益前期比9%増の750億円に下方修正 日経 +2.42% 2/6 2503 キリンHD、事業益微増 前期2000億円弱、第三のビール好調 日経 +2.27% 2/6 3938 LINE、スマホ決済強化へ200億円 ペイペイなど競争激化 日経 +1.75% 2/6 6448 ブラザー、4〜12月純利益20%増 日経 +1.42% 2/6 5401 新日鉄住金も下振れ 高炉3社今期、操業トラブル相次ぐ 日経 +1.33% 2/6 9671 よみランド、550億円投資へ 日経 +1.27% 2/6 2607 不二製油G、今期純利益18%減 日経 +1.27% 2/6 7564 ワークマンの今期、PB好調21%増益 一般女性の来客増える 日経 +0.92% 2/6 6869 シスメックス、純利益5%減、4〜12月 日経 +0.81% 2/6 4551 鳥居薬品、希望退職者を募集 日経 +0.61% 2/6 7261 マツダ、今期減益幅縮小 純利益51%減、SUVの出荷増 日経 +0.57% 2/6 5201 AGC、純利益21%増 前期 日経 +0.13% 2/6 1812 鹿島、純利益2割減 4〜12月、「戻し入れ益」の反動 日経 +0.12% 2/6 6806 ヒロセ電、今期純利益4%減 日経 -0.08% 2/6 2533 オエノンHD、経常益6%増 今期、チューハイ好調 日経 -0.27% 2/6 5801 古河電、純利益36%減 4〜12月、光ファイバー競争激化 日経 -0.45% 2/6 6560 LTSの今期、営業益1割増 事務自動化ソフト伸長 日経 -0.88% 2/6 7832 バンナムHD、純利益上振れ 今期 日経 -1.40% 2/6

【QUICK Forecast 企業業績】11/20時点 今期の営業利益4.2%増、来期は6.2%増

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を算出するツール「QUICK Forecast企業業績」を利用して、東証業種分類による2019年3月期(今期)と20年3月期(来期)の予想を集計・分析した。対象日は第2四半期決算発表の集中期の終了後にあたる11月20日で、集中期直前の10月22日と比較した。 20日時点での今期の業績予想(金融を除く2232社ベース)は、売上高が前期比3.4%増、営業利益が4.2%増、純利益が1.6%増。10月22日と比べて、売上高で+0.5%、営業利益で▲1.5%、純利益は▲0.8%の変化となった。 営業利益の予想だけを取り出してみると、10月22日時点の5.7%増から、11月6日時点は4.8%増、13日時点では4.7%増、そして今回4.2%増で推移。決算発表を経るたびに減速感が強まってきたことが読み取れる。 営業利益で10月からの変化をみると、金融(銀行業、証券・商品先物取引業、保険業、その他金融業を含む)を除く29業種中、7業種が増額、21業種が減額となった。プラスの変化額が大きいのはJXTG(5020)などの石油・石炭製品や電気機器。一方、マイナスの変化額が大きい業種は輸送機器、鉄鋼などで、SUBARU(7270)、三井E&S(7003)や、JFEHD(5411)、日新製鋼(5413)などの影響を受けた。 10月時点から上方修正された銘柄数は326(全体の14.6%)、下方修正は477(同21.4%)だった。 ■2019年3月期の業績予想 ■今期営業利益予想の10月22日からの変化額ランキング また、来期の業績予想(金融を除く全産業2232社ベース)については、売上高が今期予想比4%増、営業利益6.2%増、純利益が5.1%増。10月22日との比較では、売上高が▲0.0%、営業利益が▲0.3%、純利益が0.0%と、やや下振れ気味。国際帝石(1605)などの鉱業、パルプ・紙などが営業利益でプラス方向に変化した一方、マイナス方向に変化したのは鉄鋼、電気機器などだった。 ■2020年3月期の業績予想 【QUICK Forecast企業業績】11/13時点の記事はこちら 【QUICK Forecast企業業績】11/6時点の記事はこちら   ※QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

【QUICK Forecast 企業業績】11/13時点 今期の営業利益4.7%増、来期は6.3%増

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を算出するツール「QUICK Forecast企業業績」を利用して、東証業種分類による2019年3月期(今期)と20年3月期(来期)の予想を集計・分析した。対象日は第2四半期決算発表の集中期の終盤にあたる11月13日で、集中期直前の10月22日と比較した。 13日時点での今期の業績予想(金融を除く2232社ベース)は、売上高が前期比3.4%増、営業利益が4.7%増、純利益が2.1%増。10月22日から売上高で+0.5%、営業利益で▲1.0%、純利益は▲0.3%変化した。参考までに、前回集計の11月6日時点では、今期の売上高は3.2%増、営業利益4.8%増、純利益1.6%増の予想だった。 営業利益で10月22日からの変化をみると、金融(銀行業、証券・商品先物取引業、保険業、その他金融業を含む)を除く29業種中、10業種が増額、18業種が減額となった。プラスの変化額が大きいのは石油・石炭製品、電気機器など。決算発表で会社予想を修正したJXTG(5020)やソニー(6758)の寄与が大きかった。一方、マイナスの変化額が大きい業種は輸送機器、建設業などで、会社予想を下方修正したSUBARU(7270)、三井E&S(7003)、千代田化工建設(6366)などの落ち込みの影響を受けた。 10月時点から上方修正された銘柄数は287(全体の12.9%)、下方修正は418(同18.7%)だった。 ■2019年3月期の業績予想 ■今期営業利益予想の10月22日からの変化額ランキング   来期の予想(金融を除く全産業2232社ベース)については、売上高が今期予想比4.0%増、営業利益6.3%増、純利益が5.0%増。10月22日との比較では、売上高が▲0.0%、営業利益が▲0.2%、純利益が▲0.1%となっている。国際帝石(1605)などの鉱業、パルプ・紙などが営業利益でプラス方向に変化した一方、マイナス方向に変化したのはJFEHD(5411)などの鉄鋼、医薬品などだった。 ■2020年3月期の業績予想   【QUICK Forecast企業業績】11/6時点の記事はこちら   ※QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

【QUICK Forecast 企業業績】11/6時点 今期の営業利益4.8%増に減速 自動車や建設が押し下げ

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を算出するツール「QUICK Forecast企業業績」を提供している。このツールを利用して東証業種分類による2019年3月期(今期)と20年3月期(来期)の予想を集計・分析した。対象日は第2四半期決算発表の集中期の中間点にあたる11月6日で、集中期直前の10月22日と比較した。 11月6日時点での今期の業績予想(金融を除く2231社ベース)は、売上高が前期比3.2%増、営業利益が4.8%増、純利益が1.6%増。10月22日との比較では、売上高が+0.3%、営業利益が▲0.9%、純利益が▲0.8%となり、この2週間で減速感が出てきた。 営業利益で10月からの変化をみると、金融(銀行業、証券・商品先物取引業、保険業、その他金融業を含む)を除く29業種中、10業種が増額、18業種が減額となった。プラスの変化額が大きいのは電気機器、医薬品など。決算発表で会社予想を修正したソニー(6758)や武田(4502)の寄与が大きかった。一方、マイナスの変化額が大きい業種は輸送機器、建設業などで、会社予想を下方修正したSUBARU(7270)や三井E&S(7003)の落ち込みの影響を受けた。 10月時点から上方修正された銘柄数は170(全体の7.6%)、下方修正は255(同11.4%)だった。 ■2019年3月期の業績予想 ■今期営業利益予想の10月22日からの変化額ランキング   来期の業績予想(金融を除く全産業2231社ベース)については、売上高が今期予想比3.9%増、営業利益が6.6%増、純利益が5.4%増。10月22日との比較では、売上高が▲0.1%、営業利益が▲0.0%、純利益が+0.3%と、こちらも下振れ気味。王子HD(3861)などのパルプ・紙、陸運などが営業利益でプラス方向に変化した一方、マイナス方向に変化したのは東京エレクトロン(8035)などの電気機器、輸送機器などだった。 ■2020年3月期の業績予想 ※QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

【朝イチ便利帳】24日 ベージュブック 、マイクロソフト、ビザなど決算

24日は内閣府が8月の景気動向指数改定値を発表する。その他、LINE、花王などが決算を発表する予定。海外では、10月のユーロ圏や米国などのPMI速報値が発表される。その他、米地区連銀経済報告(ベージュブック)などが発表される予定だ。   【24日の予定】 国内 時刻 予定 14:00 8月の景気動向指数改定値(内閣府) 15:30 中西経団連会長の記者会見 その他 臨時国会召集   1〜9月期決算=LINE、花王、中外薬   4〜9月期決算=カブコム 海外 時刻 予定 3:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック、25日)   ボスティック米アトランタ連銀総裁が討議に参加(25日) 9:00 ジョージ米カンザスシティー連銀総裁が講演(シドニーで) 16:15 10月の仏購買担当者景気指数(PMI)速報値 16:30 10月の独PMI速報値 17:00 10月のユーロ圏PMI速報値 22:15 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁が質疑応答に参加 22:45 10月の米PMI速報値(IHSマークイット調べ) 23:00 9月の米新築住宅販売件数   カナダ中銀が政策金利を発表 23:30 米エネルギー省の石油在庫統計(週間) その他 7〜9月期決算=マイクロソフト、ボーイング、ビザ、AT&T、UPS、アドバンストマイクロデバイス(AMD)、フォードモーター 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 7203 トヨタマツダ、金融統合 提携、車ローンにも拡大へ 日経 -0.07% 10/23 7261 -1.50% 10/23 4751 サイバー、アベマTVで電通などと資本提携 日経 -0.54% 10/23 4324 -0.88% 10/23 8411 みずほ、CITICなど中国2社と提携 第三国市場を開拓 日経 -1.49% 10/23 4924 ジョンソン&ジョンソン、シーズHDにTOB 「ドクターシーラボ」1500億円で 日経 -1.68% 10/23 7270 SUBARU、4〜9月期純利益42%減、品質関連費を計上 日経 -1.82% 10/23 7309 シマノ、1〜9月期純利益42%増 為替差益が押し上げ 日経 -1.85% 10/23 8616 東海東京、スマホ専業証券に10億円出資 若者に照準 日経 -1.92% 10/23 6703 OKI、4〜9月期最終赤字幅縮小 日経 -2.00% 10/23 3156 UKCHD、監視委が課徴金勧告 有報虚偽記載で 日経 -2.16% 10/23 4581 大正薬HD、4〜9月期純利益3.5倍 開発広告費後ずれ 日経 -2.35% 10/23 5706 三井金、亜鉛建値9000円引き上げ 日経 -2.61% 10/23 6594 日電産、4〜9月期純利益過去最高 車載モーターなど好調 日経 -2.66% 10/23 8697 日本取引所、東商取と総合取引所へ協議入り 上海証取とはETF相互上場へ 日経 -2.76% 10/23 8001 伊藤忠、カーシェア参入 英スタートアップに出資 車整備と相乗効果狙う 日経 -2.97% 10/23 5440 共英製鋼、異形棒鋼11月値上げ 日経 -3.00% 10/23 4005 サウジアラムコ、3.8兆円覚書 住友化などと   -3.53% 10/23 3103 ユニチカ、ポリエステルフィルム8%値上げ 日経 -3.61% 10/23 9532 大ガス、大津市のガス運営権取得へ 日経 -4.27% 10/23 5423 東京製鉄、今期単独税引き一転増益 鋼材市況が回復 日経 -4.41% 10/23  

【朝イチ便利帳】22日  5月のCPI、三菱マテやSUBARU株主総会

  22日は総務省が5月の全国消費者物価指数(CPI)、日本百貨店協会が5月の全国百貨店売上高を発表するほか、三菱マテリアル(5711)、SUBARU(7270)の株主総会が開催予定だ。  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP