新興国投資へ、ようこそ (新コラム:エマージング深層潮流)

エマージング深層潮流 Vol.1 by クラウドクレジット運用部 地球の裏側アルゼンチンで起きた選挙の結果と相場急落が、お盆休みの日本をはじめ、世界の金融市場を慌てさせた。経済とマネーのグローバル化で、先進国と新興国(エマージング)が互いに及ぼしあう影響の度合いはますます大きくなっている。海外向けのクラウドファンディング事業を手掛け、新興国の経済動向などに詳しいクラウドクレジット(東京・中央)の運用チームのスタッフが、独自の視点でエマージング市場を深掘りする新コラム。第1回は「新興国市場投資の心構え」をお届けする。 高利回りの魅力も、為替急変動の不確実性も 先進国の多くでは低成長の経済と大規模な金融緩和を受け超低金利が常態化している。日本では短期金利は実質マイナス、長期金利の上限は0.2%、先進国で金利が最も高い米国でも短期金利は2%台、10年国債利回りは2%を割っている。一方、新興国では短期金利も長期金利も5%を超えている国が多い。新興国は高い経済成長率、相対的に高いインフレ率および旺盛な資金需要があることから、中長期的に金利水準は高位で安定推移するものと考えられる。 (FTSE世界国債インデックスWGBI。グラフの利回りの数値は8月) 新興国市場へ投資する最大の魅力は高い利回りを享受できる期待が高いことだ。しかしながら海外資産に投資する場合には為替変動という厄介なリスク(不確実性)が避けられない。なかんずく新興国通貨は、ひとたび政情不安や経済基盤が棄損されるような事象が起こると、為替相場が大幅に下落する可能性が高い。過去5年間でトルコリラが対円で60%弱、アルゼンチンのペソが同じく80%強それぞれ下落したのはその典型例だろう。 リスクを回避するにはファンダメンタルズを知るべし  適切な通貨選択をすれば大幅なマイナスは避けることができる 適切な通貨選択には投資対象国のファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を知ることが大事 一般的な公開情報だけでもファンダメンタルズ分析は可能 ではどのように投資候補国のファンダメンタルズを見ていけばよいのだろうか。基本的には次の3点を把握することが肝要である。 まず経常収支の対GDP比率。経常収支が大幅な赤字の国は要注意だ。さらに消費者物価指数(前年同月比)の伸び率が急上昇している国はインフレ状態なので通貨が売られやすい。そして3つめは、外貨準備高の対GDP比率だ。外貨準備高が小さい国は対外債務の支払いに懸念がある。 (世界銀行、国際通貨基金、BISおよび各国統計からクラウドクレジット作成) 200超もある国の中から一つの国を選んで安定的に収益を狙えそうな国を探すのは運用のプロでも至難の業。だが、最下位争いランキングに入りそうなひどい状況になっている国を避けるために、①資本流出が激しく、②急激な物価上昇がみられ、③外貨準備が少ないという3点に着目してそれに当てはまる国を除外していく作業自体は、ちょっと手間をかければできる。 上の表の青いアミ掛け部分は、それぞれの項目について相対的に劣っている数値であることを示している。前述のアルゼンチン、トルコは2018年で3項目いずれも青く、インドネシアは2項目が青だ。逆にインド、タイ、マレーシアは青い部分がない。 こうして見ていけば、リスクの高い国を除外して分散投資を行い、収益を安定化できるはずだ。どの国がどの国よりも勝っている劣っている、という難しい分析をしなくても、中長期に安定した投資の成果を実現できるのではないだろうか。(月1回配信します) クラウドクレジット株式会社 :「日本の個人投資家と世界の信用市場をつなぐ」をコーポレートミッションとして掲げ、日本の個人投資家から集めた資金を海外の事業者に融資する貸付型クラウドファンディングを展開。新興国でのインフラ関連案件も多く、現地のマクロ・ミクロ経済動向などに詳しい。累計出資金額は約215億円、運用残高約124億円、ユーザー登録数38000人以上(2019年8月12日時点)

地政学リスク以上にリスクオフ 原油が売られ金に買い

18日の米国市場で原油相場は下落した。売買高の最も多い12月限は前日比0.99ドル安い1バレル68.71ドルで終えた。記者殺害疑惑のサウジアラビアを巡る地政学リスクが台頭しているが、前日に続いて米原油在庫の需給のゆるみを意識した売りが続いた。この日は中国株や米国株式相場など主要株式相場が軒並み下落し、リスク資産としての原油の売りを促した面もあった。 一方、金相場は上昇した。COMEXの金先物12月限は2.7ドル高の1トロイオンス1230.1ドルで終えた。全般的にリスクオフムードが強まるなか、質への逃避として金先物には買いが入った。(中山桂一)   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

レイセオンなど米防衛関連株が堅調 「米軍の準備できてる」でリスク警戒

24日の米国市場で、巡航ミサイルのトマホークや地対空ミサイルのパトリオットなどを手掛けるレイセオンが1.32%高の213.94ドルで続伸して逆行高となった。B2爆撃機を手掛けるノースロップ・グラマンが1.39%高、ステルス戦闘機F35を手掛けるロッキード・マーチンが0.31%高となり、防衛関連銘柄が軒並み堅調だった。 トランプ大統領がこの日に声明文を発表し、6月12日に予定していた米朝首脳会談の開催を見送る方針を示したことで幅広い銘柄が売られる一方、北朝鮮の地政学リスクが高まることを警戒して防衛関連銘柄が堅調だった。トランプ氏は首脳会談見送りの発表にあわせ「必要なら、米軍の準備はできている」と述べて軍事行動を示唆して北朝鮮をけん制した。この日はジム・マティス国防長官も航空学校の卒業生らのイベントで「戦争に備えよ」と述べていた。(片平正ニ) ※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

アップル安⇔円安 綱引きの日本株

アップル株の下落で悪化した投資家心理を、米長期金利の上昇を受けた円安でどこまで相殺できるのかーー。足元の日本株は強弱の材料が綱引きする相場展開となりそうだ。 まずは、売りが続いているアップル。先週末の20日は3日続落したうえ、下落率が4%を超え、ダウ工業株30種平均の押し下げに大きく寄与した。ここにきて意識されるのが先行きの業績に対する警戒感だ。   この日はモルガン・スタンレーのレポートが話題となった。他社に比べ販売台数を大幅に切り下げた。弱気に転じたのはモルガンだけではない。UBSは16日付で中国市場におけるアイフォーンの販売がピークを越えたと指摘していた。これにサプライヤー側の慎重な業績予想も加わるだけに現実味も増す。日本でも改めて関連銘柄の値動きに関心が向かいそうだ。 前週末の米株式の重荷として働いたのは米長期金利も同じだ。10年物国債利回りが2.96%まで上昇し、2014年1月以来、約4年3カ月ぶりの高水準になった。23日の時間外取引では一時2.970%まで上昇し、いよいよ節目の3%が見えてきた。背景には期待インフレ率の上振れがある。足元で原油高が加速しており、インフレ率の上昇を織り込む展開と言えそうだ。 さすがにドル円も反応し、週明け早朝の外国為替市場では1ドル=107円台後半で取引が進んでいた。こちらは日本株にとって追い風となる。これに地政学リスクの後退も加わる。北朝鮮は週末に21日から核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を中止すると表明した。 一大イベントである米朝の首脳会談を控える4~6月期。地政学リスクの変化を市場がどう織り込むかがカギを握るが、悪化はしていない。朝鮮半島の非核化につながるかどうか。疑い深い目線を送り続けざるを得ないのも事実だ。(岩切清司、池谷信久) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

VIXが5日続落で1か月ぶり低水準 シリア攻撃後、世界同時株高の流れ 【US Dashboard】

16日の米国市場で恐怖指数のVIXが大幅に5日続落し、4.88%安の16.56で終えた。一時は16.38まで下げ、3月21日以来、1カ月ぶりの低水準を付けた。 トランプ大統領が先週13日、シリアのアサド政権に対して米軍が攻撃したと発表。悪材料出尽くし感からアジアや欧州など主要国の株が買われ、世界同時株高となる中で相場の落ち着きを示す展開だった。 VIXの大幅安を受け、この日のNYSE Arcaの売買高ランキングではiPath S&P500VIX短期ETNが5位で、商いを伴い5.01%安となった。(片平正二) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP