米長短金利スプレッド、縮小傾向続く 景気拡大局面で最小に【US Dashboard】

米国市場で長短金利の差(スプレッド)の縮小傾向が続いている。28日は10年物と2年物の金利のスプレッドが50ベーシスポイント(1ベーシスポイント=0.01%)を割り込み、2009年7月に始まった米景気の拡大局面で最も小さくなった。 一般的にスプレッドがマイナスへ転じた場合、景気後退(リセッション)入りのシグナルといわれる。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、過去にそうした傾向があることを踏まえ、「多くは単に物価上昇が制御できない状況になってFRBが引き締めをせざる得なくなり、それが景気後退をもたらした。現在はそのような状況にない。景気後退の可能性が通常より特に高いとは考えていない」と述べている。 (注)QUICK FactSet Workstationより作成 ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。 ※QUICKデリバティブズコメントでは2月19日から、QUICK端末上のナレッジ特設サイトで「US Dashboard」のサービスを始めました。米国の長・短期金利スプレッド、期待インフレ率、VIXなど投資家・市場参加者が日々チェックするデータをチャート形式で一覧できます。米経済・市場の変化を見極めるツールとしてご利用いただけます。

米2年債利回り、10年ぶり高水準 長短金利差縮小

20日の米債券市場で2年物米国債利回りが上昇して2.20%を突破、2008年9月以来およそ10年ぶりの高水準に達した。この日は同年限で入札が実施された。中期ゾーンの入札も控え、需給への警戒がくすぶっている。 10年債利回りより2年債利回りの上昇幅が大きかったため、長短金利スプレッドは縮小。最近までの拡大基調に一服感が漂い始めた。短期金利が長期金利を上回る逆イールドへと向かうか関心を集めている。長短金利が逆転すると過去の経験則から景気後退が意識されやすい。 ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。 ※QUICKデリバティブズコメントでは2月19日から、QUICK端末上のナレッジ特設サイトで「US Dashboard」のサービスを始めました。米国の長・短期金利スプレッド、期待インフレ率、VIXなど投資家・市場参加者が日々チェックするデータをチャート形式で一覧できます。米経済・市場の変化を見極めるツールとしてご利用いただけます。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP