【朝イチ便利帳】24日 日電産・キヤノンなど決算、米・ユーロ圏PMI フェイスブックなど決算

24日は内閣府が5月の景気動向指数改定値を発表する予定。IPO関連ではビーアンドピー(7804)などが東証マザーズに新規上場する。企業決算では、信越化学工業(4063)や日本電産(6594)、三菱自動車工業(7211)などが2019年4~6月期を、キヤノン(7751)などが1~6月期の決算を発表する。 海外では7月のユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)や米製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表するほか、6月の米新築住宅販売件数を公表する予定だ。英与党党首ジョンソン氏が首相に就任する。米企業決算では、フェイスブックやボーイング、キャタピラーなどが2019年4~6月期決算を発表する。   【24日の予定】 国内 時刻 予定 14:00 5月の景気動向指数改定値(内閣府) その他 4〜6月期決算=信越化、日電産、アドテスト、三菱自、JAFCO   1〜6月期決算=キヤノン   東証マザーズ上場=ビーアンドピー 海外 時刻 予定 16:15 7月の仏購買担当者景気指数(PMI、速報値) 16:30 7月の独PMI速報値 17:00 7月のユーロ圏PMI速報値 22:45 7月の米製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値、IHSマークイット調べ) 23:00 6月の米新築住宅販売件数 23:30 米エネルギー省の石油在庫統計(週間) その他 英新首相が就任   EU財務相理事会(ブリュッセル)   4〜6月期決算=フェイスブック 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 2502 豪事業買収、「日欧豪3極を基盤に」 アサヒ社長 日経 +2.35% 7/23 3863 日本紙、工場の異常監視システムを海外販売 日経 +1.86% 7/23 5201 AGC、建築ガラス値上げ 10〜15% 日経 +1.75% 7/23 3258 ユニゾHD、HISTOBに意見留保 日経 +1.46% 7/23 9603 -0.15% 7/23 3407 旭化成、4〜6月営業益1割減 中国向け部材不振 日経 +1.11% 7/23 7201 日産自、世界で1万人超削減 業績回復へ生産体制見直し 共同通信 +0.97% 7/23 8056 ユニシス、海外送金手続き電子化 日経 +0.85% 7/23 4922 コーセー、銀座に体験型店舗 AI美容など無料で 日経 +0.83% 7/23 8060 キヤノンMJ、1〜6月純利益27%増 日経 +0.69% 7/23 5423 東京製鉄、減益幅縮む 今期単独、原料の鉄スクラップ下落 日経 +0.35% 7/23 6178 アフラックも実態調査、日本郵政グループの日本郵便に販売委託の保険契約 各紙 -0.09% 7/23 8801 三井不、箱根に外資高級ホテルを誘致 22年開業 日経 -0.63% 7/23 4539 高血圧薬でカルテル疑い 公取委、日本ケミファと鳥居薬品に立ち入り 日経 -1.15% 7/23 4551 +1.08% 7/23 9792 ニチイ学館、4〜6月営業益2倍 不採算の教育事業整理 日経 -2.24% 7/23

【朝イチ便利帳】24日 日銀決定会合 決算はファナック、キャタピラー、ボーイングなど

24日は日銀金融政策決定会合が開催される(25日まで)。その他、ファナック、日立建機などの決算発表が行われる。 海外でも、フェイスブック、テスラなどの決算発表が行われる予定だ。   【24日の予定】 国内 時刻 予定 14:00 2月の景気動向指数改定値(内閣府) その他 日銀金融政策決定会合(25日まで)   3月期決算=キッコマン、イビデン、日立建機、オムロン、キーエンス、ファナック、JAFCO、カブコム、大ガス   1〜3月期決算=LINE、花王、中外薬、キヤノン   東証マザーズ上場=ハウテレビジョン 海外 時刻 予定 10:30 1〜3月期の豪消費者物価指数(CPI) 17:00 4月の独Ifo企業景況感指数 その他 カナダ中銀が政策金利を発表   1〜3月期決算=バイオジェン、AT&T、ボーイング、キャタピラー、ビザ、フェイスブック、ペイパル、ラムリサーチ、テスラ、マイクロソフト 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 7309 シマノの今期、純利益4%減 予想を下方修正 日経 +1.88% 4/23 7516 コーナン、LIXILグ系建材卸を買収 240億円で 日経 +1.75% 4/23 5938 +1.39% 4/23 8303 新生銀グループの昭和リース、神鋼リース株の8割を取得へ 日経 +1.31% 4/23 5423 東京製鉄の前期、単独税引き益37%増 日経 +1.01% 4/23 8698 マネックスGのマネックス証券、投資でためたポイントを仮想通貨に交換 日経 +0.80% 4/23 7012 川重など油圧機器増産、北米アジアなど 建機需要増に対応 日経 +0.59% 4/23 8801 三井不などの選手村マンション、5千万〜1億円超に 低価格、市況に影響も 日経 +0.55% 4/23 6436 アマノ、営業益5%増 前期最高、働き方改革が追い風 日経 +0.30% 4/23 8133 エネクス、前期純利益4%増 ガソリンの利幅拡大 日経 +0.11% 4/23 8316 三井住友FG傘下の三井住友銀、ノルマ廃止 行員への目標割り振り禁止、顧客資産増加を重視 日経 -0.17% 4/23 7201 日産自、19年3月期決算 大幅な業績下方修正、24日発表 テレビ東京 -0.20% 4/23 6594 日電産、今期最高益に 2年ぶり EV用モーター伸びる 各紙 -0.44% 4/23 9658 ビジ太田昭、今期増配へ 9年連続 日経 -0.52% 4/23 6752 パナソニック、ロームに半導体事業の一部売却 日経 -0.77% 4/23 6963 -1.42% 4/23 9619 イチネンHD、営業益6%増 前期、最高更新 日経 -0.97% 4/23 4922 コーセー、前期営業益下振れ 北米で化粧品伸び悩む 日経 -1.24% 4/23

株価はエアバス買い・ボーイング売り 代替受注取り込みで思惑

18日の欧州式市場でエアバスが6日続伸。前週末比0.27%高の118ユーロで終えた。競合の米ボーイングが2度の墜落事故を引き起こしたことを受けて、エアバスの航空機の受注が増加するとの思惑的な買いが集まっている。両銘柄の株価は3月に入ってから明暗を分けている。 ■上向きがエアバス、下向きがボーイング(年初来の株価) バンクオブアメリカ・メリルリンチは18日付のリポートでエアバス製航空機「A320NEO」の受注が増加する可能性があると見ている。目標株価は148ユーロ、投資判断は「BUY(買い)」を維持した。ただ、大量の受注を持つボーイングの代替需要を取り込むには、生産能力の面から難しいとの見方もある。 一方、18日の米国株式市場でボーイングは反落し、1.77%安の372.28ドルで終えた。米運輸省が米連邦航空局(FAA)の手続きに関して調査していると報じられ、問題解決には時間を要すとの見方から売られた。(根岸てるみ) ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

ボーイング「9.11」以来の下げ エチオピア事故、最新機種に影響広がる

11日の米国市場でボーイングが急落。前週末比5.3%安の400.01ドルで取引を終え、NYダウを153ドル程度押し下げた。取引開始直後には13%超下落し、2001年9月11日の米同時多発テロ以降で最大の下落となった。 エチオピアの首都アディスアベバ郊外で10日、乗客乗員157人を乗せたエチオピア航空の旅客機が空港を離陸した直後に墜落した。墜落機はボーイングの新型小型旅客機「737MAX8」で、18年10月に墜落したインドネシアのライオン航空機と同型だった。エチオピア航空は今後通知するまで同型機の運航を停止すると発表し、中国当局は国内航空会社が保有する同型機全96機の運航を停止させると決定。インドネシア航空安全当局も12日からの全面運航停止を明らかにした。 「737MAX」シリーズはボーイング期待の最新小型機で、高い燃費性能により新興国の格安航空会社(LCC)などから人気が高く、18年に引き渡した806機の約6割が同シリーズだっただけに、半年で2度も起きた墜落事故の影響は大きいとみられている。 事故を受け、米連邦航空局(FAA)は11日夕、ボーイングに4月までにソフトウェアの設計変更を行うよう求めた。中国などでは737MAX8型機の運航を停止する措置がとられていたが、米当局としては事故調査が始まったばかりのため、運行停止の措置には踏み込まなかった。米国市場の時間外取引でボーイング株は11日終値(400.01ドル)を小幅に下回って推移していた。(本吉亮、片平正ニ) ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

【朝イチ便利帳】30日 中国副首相が訪米し貿易協議 決算はキヤノン、JR各社、テスラ、ボーイングなど

30日は中国の劉鶴副首相が訪米(~31日)してUSTR代表らと貿易協議に臨むほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表される。そのほか、キヤノン(7751)、東日本旅客鉄道(9020)や米フェイスブック、マイクロソフトなどの決算発表が予定されている。   【30日の予定】 国内 時刻 予定 8:50 12月の商業動態統計速報(経産省) 10:00 全国財務局長会議 14:00 1月の消費動向調査(内閣府) その他 統計委員会(総務省)   12月期決算=ヒューリック、キヤノン   4〜12月期決算=三越伊勢丹、積水化、OLC、日立建機、オムロン、NEC、シャープ、TDK、アドテスト、スクリン、新生銀、三井住友トラ、岡三、丸三、東洋、東海東京、水戸、いちよし、沢田HD、丸八証券、藍沢、JR東日本、JR西日本、JR東海、ヤマトHD、東電HD 海外 時刻 予定 0:00 12月の米仮契約住宅販売指数(31日) 4:00 米連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表(31日) 4:30 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が会見(31日) 9:30 10〜12月期の豪消費者物価指数(CPI) 22:15 1月のオートマチックデータプロセッシング(ADP)全米雇用リポート その他 1月の独CPI速報値   中国の劉鶴副首相が訪米(31日まで) 米通商代表部(USTR)ライトハイザー代表らと貿易協議   10〜12月期決算=フェイスブック、マイクロソフト、テスラ、ボーイング、マクドナルド、ビザ、ペイパル、AT&T、アリババ集団 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 4592 サンバイオ、夜間市場で急落 治験結果に失望売り 日経 +4.55% 1/29 4549 栄研化、4〜12月純利益27%増 検査薬販売伸びる 日経 +2.86% 1/29 9531 東ガス、九州電などと千葉に計画の火力発電所 石炭断念、LNGに 日経 +2.41% 1/29 9508 +0.81% 1/29 9658 ビジ太田昭、11年ぶり営業最高益 今期16億円に 日経 +1.97% 1/29 9984 ソフトバンクG、20年度本社移転 ウィーワークがデザイン 日経 +1.53% 1/29 3098 ココカラF、4〜12月営業益1割減 季節品不振 日経 +1.51% 1/29 9202 ANA4〜12月、営業益6%減 原油高響く 比航空大手に出資も発表 日経 +1.27% 1/29 1333 マルハニチロ、ベイスターズのスポンサー復活 日経 +1.23% 1/29 8316 三井住友FG傘下の三井住友銀行、インドネシアで銀行統合 来月、出資銀と現法 日経 +0.67% 1/29 4063 信越化、4〜12月長期契約テコに最高益 ウエハー塩ビ改善 日経 -0.36% 1/29 7238 ブレーキ、金融支援要請 事業再生ADR、トヨタには出資打診 日経 -0.46% 1/29 7203 -0.19% 1/29 7242 KYB、住友精と防衛品で過大請求 日経 -0.50% 1/29 6355 -1.11% 1/29 9962 ミスミG、今期純利益8%減 日経 -1.08% 1/29 6770 アルプスアル、今期49%減益 車向け不振 日経 -1.30% 1/29 8601 大和、4〜12月32%減益 日経 -2.89% 1/29 6383 ダイフク、4〜12月営業益3割増 物流自動化が好調 日経 -2.96% 1/29 5191 住友理工、今期最終43%減益 中国の車生産縮小で 日経 -7.37% 1/29

【朝イチ便利帳】25日 決算は日電産など、米EU首脳会談

25日は6月の外食売上高(日本フードサービス協会)が発表されるほか、日本電産、LINEなどが決算発表を行う。 海外では、米EU首脳会談がワントンで行われるほか、6月の米新築住宅販売件数などが発表される予定。また、株価が連日で上場来高値を更新し注目が集まるフェイスブックのほか、ボーイングやアドバンスト・マイクロ・デバイスなどが4~6月期決算を発表する。  

重荷になった「3%」と「3M」 米ダウ平均が大幅安

24日の米株式市場で主要株価指数のダウ工業株30種平均が大幅に5日続落し、前日比424ドル56セント(1.73%)安の2万4024ドル13セントで終えた。10年物の米国債利回りが3%の大台に乗せたことから、長期金利の急激な上昇を警戒し、幅広い銘柄に売りが出た。 1~3月期決算を発表した米建機大手キャタピラーが6.20%安、米工業製品大手スリーエム(3M)が6.83%安と急落したのも響いた。ダウの下げ幅は一時619ドルに達した。 ダウの値下がり寄与度のトップは3Mで、101ドルほどの押し下げ要因となった。1~3月期決算の発表とともに通期の1株利益(EPS)の予想を引き下げたため、失望売りが膨らんだ。一時は196.89ドルまで下げ、2017年5月22日以来11カ月ぶりの安値圏に沈んだ。決算説明会で「エネルギー価格の上昇が輸送や原材料コストを押し上げている」として先行きに慎重な見方が示された。 キャタピラーとともに原材料コストを収益圧迫要因に挙げたことで、ボーイングなど決算を控えた他の資本財株にも売りが波及。3M、ボーイング、キャタピラーだけでダウを234ドルほど押し下げる要因となった。 この日のダウ採用銘柄は値下がり24、値上がり6で軒並み安の展開だった。値上がり寄与度トップはベライゾンで6ドルほどの下支え要因となった。(片平正ニ、伊藤央峻) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

「習演説」で買われた中国関連銘柄 貿易摩擦懸念が後退

10日の米国市場で、航空機大手の米ボーイングが3.82%高、キャタピラーが3.50%と大幅高となり、2銘柄でNYダウを119.54ドル押し上げた。中国の習近平国家主席が、博鰲(ボアオ)アジアフォーラム2018の演説で、自動車などの輸入製品に対する関税引き下げや知的財産権の遵守などの方針を示したことを受けて貿易紛争懸念が和らぎ、中国関連銘柄に買い安心感が広がった。 中国の電子商取引(Eコマース)大手のアリババ・グループが4.25%高で大幅高。ポータルサイトの百度(バイドゥ)が3.19%高、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のレンレンも3.12%高となった。テンセントの米ピンクシート(TCEHY)は2.94%高だった。   また、上海総合指数に先行性があることで知られるiシェアーズ中国大型株ETFは3.15%高になった。   ※QUICKデリバティブズコメント・エクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

韓国株ETFが急伸 防衛関連銘柄は軒並み下落 南北首脳会談合意で

6日の米国市場でiシェアーズMSCI韓国ETFが3.53%高の74.49ドルと急反発した。韓国の大統領府が6日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が4月末に南北軍事境界線にある板門店で会談することで合意したと発表。平和の配当期待から韓国株が急伸する展開だった。 ◆iシェアーズMSCI韓国ETF   6日のロンドン市場では、サムスン電子のグローバル預託証券(GDR)も5.97%高と急伸した。  ◆サムスン電子GDR   一方、防衛関連銘柄を組み入れるiシェアーズ米国航空&防衛ETFは3営業日ぶりに反落し、0.28%安の200.61ドルで終えた。北朝鮮の非核化などが協議されるといい、朝鮮半島情勢の警戒感が薄らぎ、この日の米国市場で防衛関連銘柄は軒並み下げた。 ◆iシェアーズ米国航空&防衛ETF   B2爆撃機を手掛けるノースロップ・グラマン、ステルス戦闘機F-35や高高度防衛ミサイル(THAAD)システムを手掛けるロッキード・マーチン、ファランクス近接防御火器システムや地対空防衛ミサイルのパトリオットミサイルを手掛けるレイセオンなどが0.8%ほど下げて終えた一方、FA18スーパーホーネットを手掛けるボーイングは1%ほど下げた。  ◆ボーイング     ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

ダウ、全銘柄下落 ボーイングは137ドルの押し下げ要因

米雇用統計発表後の米金利上昇をきっかけにした株安の流れが加速し、5日の米国株式相場は前営業日をしのぐ急落ぶりを見せた。ダウ工業株30種平均は前週末比1175ドル21セント(4.6%)安の2万4345ドル75セントと過去最大の下げ幅を記録、2カ月ぶりの安値水準を付けた。 指数の全構成銘柄が2日続けて下落。なかでも下落寄与度トップはボーイングで、同銘柄だけでダウ平均を137ドル押し下げた。ほかにスリーエムが94ドル、ユナイテッド・ヘルスが81ドルの押し下げ要因になった。             ダウ平均の下落寄与度ランキング (QUICKデリバティブズコメント) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP