米指標が上振れ 緩和的姿勢でインフレ期待じわり上昇

2月28日発表の10~12月期の米実質国内総生産(GDP)は前期比年率2.6%増と、7~9月期の3.4%増から減速した。ただ、市場予想(2.5% QUICK FactSet Workstation)を上回ったため、米債券市場では売りが優勢となり、10年債利回りは発表前の2.66%から2.69%台に上昇した。その後発表された2月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)も予想を上回ったことで2.7%台に上昇。2月5以来およそ3週間ぶりに2.72%台に乗せる場面もあった。 米連邦準備理事会(FRB)が緩和的な姿勢を示しているため、短期金利はほぼ横ばい。10年債と2年債の金利差は20.8%と18年12月28日以来2カ月ぶりの高水準に拡大した。 米原油先物相場は3日続伸し、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)は2018年12月下旬に付けた安値から3割を超す上昇となっている。米BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、債券市場が織り込む期待インフレ率)は1.95%と2018年12月上旬以来およそ3カ月ぶりの水準まで上昇している。FRBの緩和的な姿勢は景気の再加速を促すとともに、インフレ期待を高める効果があるため、BEIの下がりにくい状況が続きそうだ。(池谷信久) ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

WTIが50ドル割れ、BEIも低水準に FOMCでハトは出るか

17日の米国市場でWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物が一時49.09ドルまで下落。2017年9月以来、約1年3カ月ぶりの安値を付けた。供給過剰懸念や中国や欧州の経済指標悪化を受けた前週からのリスクオフの流れの継続が背景。ダウ平均も500ドルを超す下落となって終えている。 原油相場の下落を受け、市場の期待インフレを現す米ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)も1.81%と17年9月以来の水準まで低下した。18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)におけるハト派化観測を後押しすることになりそうだ。 ■米BEIとWTIの比較チャート この日はブレント原油も安く、清算値は1.1%安の1バレル=59.61ドルだった。この結果、ブレント原油とWTIのスプレッドは9.73ドルとなっている。10月以降の下げ相場の過程で、ブレント原油とWTIのスプレッドは一時12ドルを超えたが、足元では9ドル台で縮小傾向にあった。しかし、米国内の原油生産量の増加が警戒されるほか、米株安を受けてリスク・オフの動きが強まるようだと、下げ相場の中でスプレッドの拡大を伴いながらWTIの下げがキツくなる恐れがありそう。(池谷信久、片平正ニ) ■ブレントとWTIのスプレッド(緑・左軸)の推移   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

上がるWTIと上がらぬBEI 米市場の強弱感、正しいのはどちらか 

1日の原油先物相場は、米国とカナダが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で妥結したことを受け、大幅に上昇した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物は一時75.77ドルと2014年11月下旬以来およそ3年10カ月ぶりの高値を付けた。 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉やイラン制裁による供給懸念から原油相場がラリーする一方、債券市場では貿易紛争懸念が後退したことを受けて株高・債券安の展開だった。米債相場は小幅に続落し、10年債利回りは3.09%まで上昇する場面があった。 この日発表された9月のISM製造業景況感指数は59.8と、約14年ぶりの高さだった前月から1.5ポイント低下したが、景気の拡大・縮小の境目である50を大きく上回り米景気の好調さを示している。今週末に発表される米雇用統計が強い結果になれば、米長期金利は再び上昇余地を試す展開になるかもしれない。 米10年債と米物価連動債(TIPS)が共に売られるなか、約4年ぶりの原油高水準にも関わらず、米10年債の利回りからTIPSの利回りを差し引いたブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が上昇しづらい環境となっている。QUICK FactSet Workstationによれば、1日の米国市場で市場の期待インフレ率を示すBEIは212.84bpsとなり、前日(214.41bps)から1.57bps低下した。(池谷信久、片平正ニ) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

米インフレ期待じわじわじわ 消費も原油も長期金利も↗↗↗

25日の米国市場で米10年物国債の利回りから米物価連動債(TIPS)の利回りを差し引いた、市場の期待インフレ期待の度合を示す「ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)」が上昇した。QUICK FactSet Workstationによると、216.05bpsとなり、5月21日(216.61bps)以来、4カ月ぶりの高水準に達した。 米10年債利回りは一時3.11%まで上昇し、25~26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を前に4カ月ぶりの高水準となった。米調査会社コンファレンス・ボードが25日発表した9月の消費者信頼感指数が8月の134.7から138.4に上昇し、2000年9月以来18年ぶりの高水準を記録したことで債券が売られた。TIPS利回りも0.94%と5月17日以来の高水準だ。 原油相場の高止まりを受けて市場のインフレ期待も高まる状況となっている。原油先物の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート、期近物)は前日比0.20ドル高の1バレル72.28ドルで取引を終えた。(片平正ニ、池谷信久) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

20日の米株式市場ではダウ工業株30種平均が3日続伸。前日比251ドル22セント(1.0%)高の2万6656ドル98セントで終え、1月下旬以来およそ8カ月ぶりに過去最高値を更新した。S&P500種株価指数も3日続伸。前日比22.80ポイント高の2930.75ポイントと、8月下旬に付けた最高値を更新した。トランプ大統領はツイッターで、「S&P500が史上最高値を付けた、アメリカおめでとう!」とつぶやいた。 米国市場では貿易紛争懸念が和らぐ中、中間選挙を前に株高が進んでいることから、トランプ氏としては経済政策の実績が出ていることを誇らしく思っているもようだ。 株高の根底にあるのは米国経済の好調さだ。この日発表された、週間の新規失業保険申請件数は20万1000件と、1969年11月以来ほぼ49年ぶりの低水準。9月のフィラデルフィア連銀の製造業景況指数も22.9と前月の11.9から大幅に上昇し市場予想を上回った。   一時マイナス20台まで低下していた、シティグループが算出するエコノミック・サプライズ指数は回復傾向にある。BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、債券市場が織り込む期待インフレ率)も5月以来の水準まで上昇している。(池谷信久、岩切清司) ■トランプ氏のツイッターはこちら■   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

インフレ期待度さらに低下、長期金利も上昇余地は限定的

市場のインフレ期待の度合いを示す「ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)」(グラフ青)は6日、48bp(0.48%)と2017年12月以来の水準まで低下した。これは入札を控えた物価連動債の需給要因という側面もありそうだが、日銀が7月31日公表の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で物価見通しを下方修正するなど、インフレ期待が高まる環境にないことも背景にある。 BEIと長期金利(グラフ赤)はおおむね連動する傾向にある。7月の日銀の金融政策決定会合以降は長期金利が上昇したままだが、長期金利が一段と上昇する余地は限られそうだ。(池谷信久)   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

米、消費者の期待インフレ率3%台に上昇 NY連銀調査

米ニューヨーク連銀が14日発表した4月の消費者調査によると、期待インフレ率は1年先が3%と前月の2.8%から0.2ポイント上昇。3年先も前月の2.9%から3.0%へ上昇した。 14日の米国市場では、BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、債券市場が織り込む期待インフレ率)が、2.1%台半ばで推移。10年金利は3%台に乗せる場面があった。 (QUICK FactSet Workstationより) (池谷信久) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

米金利3%乗せの先は VIXショックとの違い鮮明 【US Dashboard】

24日の米国市場で10年物の米国債利回りが3%台に乗せた。2014年1月以来およそ4年3カ月ぶりの高水準だ。米長期金利が小幅にせよ節目を突破し、市場はしっかり反応した。米ダウ工業株30種平均は400㌦を超える下げ幅、円相場は一時1ドル=109円台。日本株にとって米長期金利3%突破は売りなのか、買いなのか。2月に起きたVIXショックと同じ構図か、違うのか。デリバティブズコメントがQUICK端末のナレッジ特設サイトで展開している「US Dashboard」を使って再考してみる。 トランプ米政権は強面の通商政策を掲げる。これは暗にドル安志向も含まれるようにみえる。それでも日米金利差を素直に反映した円売り・ドル買いは出やすい。ドルインデックスも上向きつつある。 米長期金利の上昇は米景気の拡大とインフレ期待の上昇、これに米金融政策の正常化と国債発行増といった需給問題が絡む。景気については現時点で死角は見当たらない。ニューヨーク連銀が算出する国内総生産(GDP)予想「ナウキャスト」は1~3月期で2.91%、4~6月期については3.03%成長を想定している。 インフレ期待を示す「BEI(ブレーク・イーブン・インフレ)率」は米金利に先行する形で上振れ始めていた。これは原油高の影響を受けている。持続的にインフレ期待が上昇していくかどうかは不透明だ。原油高の要因の1つは地政学リスクだ。 米長短金利の逆イールドを警戒する声があるようだ。足元ではむしろスプレッドが拡大している。3%乗せが示す景色はこれまでと違うかもしれない。いずれにせよ、逆イールドへ突入し景気が後退するリスクを織り込むと判断するには時期尚早であるのは間違いない。 米金融政策はあくまで正常化の過程にあるだけで、景気への引き締めを狙ったものではない。米アトランタ連銀のボスティック総裁は4月上旬、米メディアの取材に対し「景気を後退も過熱もさせない金利水準の中立金利と考える水準は、2.25~2.75%の範囲」との認識を示した。これを考慮すれば現状の政策金利であるFF金利は1.50~1.75%はまだ緩和的な水準と言える。 確かに直近と比較すれば米連邦準備理事会(FRB)が「引き締めに動いている」との表現は可能だ。ただ、あまりにも緩和的すぎた状態からの正常化である。シカゴ連銀の全米金融環境指数は切り返しているが、依然として緩和的とされるマイナス圏で推移している。(岩切清司)   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

18日の米国市場で原油価格は大幅に上昇。WTIの期近物は一時68ドル台後半まで上昇し、2014年12月2日以来、3年4カ月ぶりの高値を付けた。 2月上旬以降、2.1%前後で推移していた米BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、債券市場が織り込む期待インフレ率)は、レンジを上抜けインフレ加速を織り込み始めている。 金融政策の影響を受けやすい2年金利は、2008年9月8日以来、9年7カ月ぶりの高水準に上昇した。 原油価格、BEI、2年金利とも、10年金利が一時2.9%台半ばまで上昇した2月の水準を上回っている。10年金利が再び3%を目指す展開になる可能性が出てきた。(池谷信久) (QUICK FactSet Workstationより) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

ベージュブック、物価判断上げ 雇用統計で波乱再び?

米連邦準備理事会(FRB)が7日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)は、米経済について「全地区で緩やかに拡大した」と総括した。市場が注目する物価については「全地区で上昇した」と前回から判断を引き上げた。また、賃金の伸びが加速しており、労働市場が引き締まっているとの認識も示した。 2月の株式相場急変を招いた米長期金利の上昇は、2月2日発表の1月の米雇用統計における平均賃金上昇率加速がきっかけだった。1月の1時間当たり平均賃金の前年同月比は2.9%増と、2009年6月以来の大幅な伸びとなった。 これが市場のインフレ期待を高め、FRBが利上げペースを加速するとの見方から長期金利が上昇した。 米BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、債券市場が織り込む期待インフレ率)は依然として高水準を維持している。3月9日発表の2月の米雇用統計で、再び平均賃金上昇率の加速が確認されれば、10年物米国債利回りでみた米長期金利は再び3%に接近し、相場の波乱要因となる可能性もありそうだ。   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

米経済、物価上昇加速か 期待インフレ率上向きに サプライズ指数は6年ぶり高水準

先週発表された米経済指標は住宅関連指標を中心に、市場予想を上回る強い結果が続いた。各種経済指標の市場予想と実績値との乖離を指数化したシティグループのエコノミクス・サプライズ指数は前週末22日に84.5と、2012年1月以来、約6年ぶりの高水準まで上昇した。 これまで強い経済指標にも反応が鈍かった米BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率)も1.9%台へ乗せており、将来の物価上昇加速を織り込み始めている。 エコノミクス・サプライズ指数、米BEIとも上昇基調   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP