「T+2」迫る 配当・優待は最終売買日が1日後ずれ

株式の決済期間が16日から1日短縮する。月末に配当や優待の権利が確定する場合が多いが、決済期間が1日短くなり権利付き最終売買日が1日後ずれする。8~9月は優待品などで人気の銘柄権利確定も多く、保有するタイミングには注意が必要。人気の銘柄には権利付き最終売買日の直前ではなく、早めに買いを入れた方がよいとの声もある。 東京証券取引所などは16日から、受け渡し日の設定を「約定日から3営業日後」から「2営業日後」(T+2)に改める。欧米など主要国の株式市場ではすでに2営業日後が主流となっており、日本も追随する格好。未決済残高が減少するため、投資家の資金が不足するリスクが減りそうだ。ただしSBI証券では決済期間の短縮化に対応したシステムに改める13日まで、16日以降を指定する繰越注文が利用できないなど、システム移行に伴う臨時措置を設ける証券会社もある。 権利の基準日は企業によって異なるが、鳥貴族(3193)のように7月末が基準日の銘柄ならば、権利付き最終売買日は2営業日前の29日となる。DyDoは基準日が20日で土曜日なので逆算すると最終売買日は17日。また、8月末なら28日、9月末なら26日が権利付き最終売買日だ。8~9月には人気の優待銘柄が多く、配当や優待の権利取りを狙う個人投資家は買いの時期に気を配る必要がある。 楽天証券経済研究所の窪田真之チーフ・ストラテジストは「人気の優待銘柄は権利付き最終売買日の1~2カ月以上前に投資するのがよいだろう」と指摘する。権利付き最終売買日に近づくと、配当や優待権利取り狙いの買いが入る。その買いが株価をつり上げ、高値づかみの恐れがあるためだ。特に優待利回りが高く、普段は流動性の低い銘柄ほど株価が上昇しやすい。 ■7~9月に権利付き最終売買日を迎える主な人気優待銘柄 ◎7月 DyDo  (2590) グループ商品の詰め合わせなど 鳥貴族   (3193) 食事券 ◎8月 ビックカメラ(3048) グループ店舗の買い物券 クリレスHD(3387) グループ店舗の食事券 イオン   (8267) 株主優待カード 吉野家HD (9861) グループ店舗の食事券 ◎9月 アトム   (7412) グループ店舗で利用できる優待ポイント カッパクリエ(7421) グループ店舗で利用できる優待ポイント オリックス (8591) グループサービスの割引券など ANAHD (9202) 割引航空券など ヤマダ電  (9831) 買い物券 【日経QUICKニュース(NQN) 北原佑樹】 ※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

株主優待、購入額10万円程度で魅力的な銘柄は? 権利確定日迫る

3月末に期末・中間期末を迎える上場企業の株主優待の権利付き最終売買日である3月27日が迫っている。魅力ある株主優待を得ようと内容のチェックに余念がない個人投資家もいるだろう。一方で個人の場合、投資金額が限られる投資家も少なくない。 QUICK端末のナレッジ特設サイト「株主優待ウオッチ」では、権利確定月を絞り込んだうえで、優待銘柄を最低購入額の低い順に並び替えられる。 安いものは1万円以内で替える銘柄もあるが、100株単位の場合、株価が2ケタ未満の超低位株になってしまう。 少し金額を引き上げて購入額10万円程度以内なら、個人投資家もあまり無理をせずに資金を振り向けられるだろう。 ゲームセンターなどを展開するSDエンターテイメント(4650)は、9万3100円(16日終値の株価で計算、以下同)で100株購入すれば、RIZAPグループ商品3000円分を年2回受け取れる。 同社はフィットネスジムで有名なRIZAPの傘下企業。商品の代わりに自社で手掛けるボウリングや映画などの無料利用券も選べる。業績が振るわず株価は低空飛行を続けているものの、配当と合わせた利回りは6.54%に達する。 最低購入額10万300円で専用の優待サイトで使える2000円相当分のポイントを年2回もらえるのは、業績も堅調な外食チェーンのアトム(7412)。サイトには日本酒や生チョコ、肉などが並ぶ。優待・配当合計の利回りは4.17%と、こちらも高めだ。 情報処理サービスを展開するAGS(3648)は、9万1800円で投資でき、3月は1000円分のギフトカード、9月は同額分のQUOカードがもらえる。ただ、こちらは優待の対象になるために継続して1年以上保有する必要がある。 長期保有を株主優待を受けるための条件とする企業は増加傾向にある。長く株式を保有する安定株主になってほしいと考える企業が増えているためで、企業統治指針の改定で物言う株主の存在感が強まりそうな中、これから一段と導入が進む可能性がある。   【QUICKナレッジコンテンツグループ・内山佑輔】 ※「株主優待ウオッチ」では以下の基準で優待品を金額換算しています。上限額が設定されていない割引券、カレンダーやオリジナルグッズなどの非売品などは対象から外しています。 ・QUOカード、商品券、図書券などの金券は額面金額 ・上限額が設定されている割引券は上限額 ・優待品の定価 ・「〇〇円相当」と明示された金額 ・企業への問い合わせで確認した金額 ・優待品が米の場合、重さに応じた「お米券」の金額 ・優待品が複数の場合、金額換算が可能なものの合計額 ・優待品が選択できる場合、もっとも低い金額 【金額換算データの取り扱いについて】  日本証券業協会は「広告等に関する指針」で「配当の表示等に関する事項」として株主優待制度の優待内容については①利回り及び配当と合算した利回り表示は行わない②配当金額と優待内容を金額換算した額を合算した表示を行わない――としています。QUICKは金融商品取引業者および日本証券業協会の会員ではありません。本コンテンツは、情報の提供を目的としたものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。本コンテンツに掲載している情報を印刷して配布したり、二次利用したりすることはできません。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP