「T+2」迫る 配当・優待は最終売買日が1日後ずれ

株式の決済期間が16日から1日短縮する。月末に配当や優待の権利が確定する場合が多いが、決済期間が1日短くなり権利付き最終売買日が1日後ずれする。8~9月は優待品などで人気の銘柄権利確定も多く、保有するタイミングには注意が必要。人気の銘柄には権利付き最終売買日の直前ではなく、早めに買いを入れた方がよいとの声もある。 東京証券取引所などは16日から、受け渡し日の設定を「約定日から3営業日後」から「2営業日後」(T+2)に改める。欧米など主要国の株式市場ではすでに2営業日後が主流となっており、日本も追随する格好。未決済残高が減少するため、投資家の資金が不足するリスクが減りそうだ。ただしSBI証券では決済期間の短縮化に対応したシステムに改める13日まで、16日以降を指定する繰越注文が利用できないなど、システム移行に伴う臨時措置を設ける証券会社もある。 権利の基準日は企業によって異なるが、鳥貴族(3193)のように7月末が基準日の銘柄ならば、権利付き最終売買日は2営業日前の29日となる。DyDoは基準日が20日で土曜日なので逆算すると最終売買日は17日。また、8月末なら28日、9月末なら26日が権利付き最終売買日だ。8~9月には人気の優待銘柄が多く、配当や優待の権利取りを狙う個人投資家は買いの時期に気を配る必要がある。 楽天証券経済研究所の窪田真之チーフ・ストラテジストは「人気の優待銘柄は権利付き最終売買日の1~2カ月以上前に投資するのがよいだろう」と指摘する。権利付き最終売買日に近づくと、配当や優待権利取り狙いの買いが入る。その買いが株価をつり上げ、高値づかみの恐れがあるためだ。特に優待利回りが高く、普段は流動性の低い銘柄ほど株価が上昇しやすい。 ■7~9月に権利付き最終売買日を迎える主な人気優待銘柄 ◎7月 DyDo  (2590) グループ商品の詰め合わせなど 鳥貴族   (3193) 食事券 ◎8月 ビックカメラ(3048) グループ店舗の買い物券 クリレスHD(3387) グループ店舗の食事券 イオン   (8267) 株主優待カード 吉野家HD (9861) グループ店舗の食事券 ◎9月 アトム   (7412) グループ店舗で利用できる優待ポイント カッパクリエ(7421) グループ店舗で利用できる優待ポイント オリックス (8591) グループサービスの割引券など ANAHD (9202) 割引航空券など ヤマダ電  (9831) 買い物券 【日経QUICKニュース(NQN) 北原佑樹】 ※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

【朝イチ便利帳】10日 7〜9月期のGDP改定値、12月QUICK月次調査<株式>

  10日は内閣府より7~9月期の国内総生産(GDP)改定値が発表されるほか、財務省が10月の国際収支を発表する。IPO関連では、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)、ソフトバンク(9434)の公募・売り出し(公開)価格が決定する。   海外ではタイの市場が休場となる予定だ。   【10日の予定】 国内 時刻 予定 8:50 7〜9月期の国内総生産(GDP)改定値(内閣府)   10月の国際収支(財務省)   対外対内証券売買契約(月間、財務省)   11月の貸出預金動向(日銀) 11:00 12月のQUICK月次調査<株式> 13:30 11月の企業倒産(民間調査会社) 14:00 11月の景気ウオッチャー調査(内閣府) その他 臨時国会会期末   海外 時刻 予定 その他 タイ市場が休場   【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3099 化粧品、ネット通販火花 三越伊勢丹、1万点規模 資生堂、若者強化 日経 +2.59% 12/7 4911 +2.42% 12/7 2206 液体ミルク参入温度差 グリコ、新市場で先手 少子化、他社は二の足 日経 +2.16% 12/7 9432 都市の課題、AIで解決 NTT、米で 収集データ、所有放棄 日経 +1.45% 12/7 6501 風をよむAI、発電量増やす 日立東大など風車の向き最適化 日経 +0.40% 12/7 6501 日立、間接費1000億円減 来期から3年で、グループ統合IoT活用 日経 +0.40% 12/7 7267 ホンダ、日本で型式証明取得 各紙 +0.22% 12/7 7201 日産自ゴーン元会長の設定報酬、年々増額か 午後起訴へ 日経電子版 -0.02% 12/7 7201 日産自、15万台リコールへ 4回目の検査不正、「品質よりコスト優先」 各紙 -0.02% 12/7 7203 自動運転ソフトで連携、トヨタ系など新団体 日経 -0.26% 12/7 6773 パイオニア、上場廃止へ 外資ファンド、1020億円で買収 各紙 -1.12% 12/7 6301 コマツ社長「貿易摩擦長期化なら対策」 調達先変更など 日経 -1.48% 12/7 6740 Jディスプレ、液晶パネル減産 新iPhone向け、前月比3割減(日経、以上9日) 日経 -1.49% 12/7 7242 KYB免震不正 新たに1件発表 日経 -1.60% 12/7 3193 鳥貴族、76%減益 8〜10月単独税引き、値上げで客数減 日経 -2.71% 12/7

くら・スシローGHが高値 下げ相場に強い「海外市場をがっちり握る外食」

ほぼ全面安の24日の東京株式市場で、外食チェーン株が逆行高となった。北朝鮮情勢や貿易摩擦を巡る不透明感が再び強まるなか、業績が国際情勢の影響を受けにくい消費関連株に買いが集まった。なかでも上昇が目立つのが、回転ずしのくらコーポレーション(2695)など海外展開に力を入れる銘柄だ。人件費の高騰や人口減で国内消費市場は頭打ちが見込まれており、消費関連株ならば何でも買われる地合いではない。投資家は戦略の違いを見極めながら資金を振り向けている。 ◆くらコーポレーション◆ 24日はくら株が1.1%高、同業のスシローグローバルホールディングス(3563)株が1.5%高となり、ともに年初来高値を更新した。昨年末比の上昇率はくらが2割超、スシローGHは4割超と右肩上がりが続く。米中貿易摩擦などへの懸念の裏返しでディフェンシブ銘柄が物色される流れに乗っているが、焼き鳥チェーンの鳥貴族(3193)が年初来で20%超下げるなど、外食株がすべて好調なわけではない。 ◆スシローグローバルホールディングス◆   ◆鳥貴族◆ 外食株のなかでのパフォーマンス格差について、いちよし経済研究所の鮫島誠一郎・主席研究員は「海外展開が順調な銘柄ほど市場の評価が高い」とみる。 外食各社を取り巻く国内の市場環境は厳しい。パーソルキャリアのまとめでは、全国のアルバイトの平均時給は4月に1037円と前年同月比で40円(4%)増えた。外食企業の人手不足は一段と深刻になっている。顧客となる家計の懐具合についても「2017年前半から進んだ非正規雇用者の正社員化が一巡しており、所得の伸びは今後ピークアウトする可能性がある」(大和総研の小林俊介エコノミスト)。コスト増と消費鈍化の懸念が国内事業の逆風だ。 そこで関心を集めるのが、「海外の内需」を取り込む企業だ。くらは米国と台湾に展開。18年10月期にそれぞれ5店の新規出店を計画し、市場が大きい米国では「将来的に年間出店ペースを10店に加速させていく」(IR事業部)方針を示している。スシローGHも18年4~9月期にすでに進出している韓国で3店舗、新たに展開する台湾で3店舗を開業する予定だ。来期には別の国への展開を検討する。 空前の日本食ブームを追い風に、海外では強気な価格設定も可能だ。くらのすしの1皿当たり価格は米国で約270円、台湾では約140円。日本(税別100円)より高い。台湾の売り上げが好調で、18年10月期の海外売上高は約100億円と前期比で47%の増加を見込む。会社は「国内の既存店売上高を維持しつつ、海外事業のアクセルを踏んで成長していく」と説明する。 もちろん海外進出が投資家に評価される前提として、国内事業の安定が不可欠になる。ステーキ店を展開するペッパーフードサービス(3053)の株価は4月に付けた年初来高値を3割近く下回る。同社もアジア地域を中心にフランチャイズ店を出すが、4月に「いきなり!ステーキ」の国内既存店売上高が13カ月ぶりに前年同月を下回り、失望売りが膨らんだ。対照的に、くらやスシローGHの既存店は足元でプラスを維持している。 ◆ペッパーフードサービス◆ 「人材を確保できない一部の外食企業では今後、生産性の低下が表面化する可能性がある」(リブラ・インベストメンツの佐久間康郎代表)。伸びしろをどこに求めるのかという企業の戦略に応じて投資する姿勢が必要になりそうだ。 【日経QUICKニュース(NQN ) 田中俊行】 ※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

株主優待、モロゾフ(2217)、鳥貴族(3193)も きょう権利付き最終売買日 利回りは?

26日は1月末に期末・中間期末を迎える企業の株主優待の権利付き最終売買日。2万4000円の大台を回復したところで日経平均株価には上昇一服感が漂っており、キャピタルゲイン以外で少しでもうまみを得ようと、株主優待に注目する個人投資家も多いだろう。 QUICK端末のナレッジ特設サイト「株主優待ウオッチ」では、優待品を金額換算した優待利回りをランキングで確認できる。1月が権利確定月の銘柄のうち、優待利回りが高いのは以下の通りだ。 優待品の金額換算基準は以下の通り。上限額が設定されていない割引券、カレンダーやオリジナルグッズなどの非売品などは対象外。 ・QUOカード、商品券、図書券などの金券は額面金額 ・上限額が設定されている割引券は上限額 ・優待品の定価 ・「〇〇円相当」と明示された金額 ・企業への問い合わせで確認した金額 ・優待品が米の場合、重さに応じた「お米券」の金額 ・優待品が複数の場合、金額換算が可能なものの合計額 ・優待品が選択できる場合、もっとも低い金額 トップのヘルスケア&メディカル投資法人(3455)は優待利回りが300%超えと破格だが、有料老人ホームの入居一時金割引など、内容はちょっと特殊。単純に利回りの高さだけにひかれて投資してしまうのも問題だ。続くミサワ(3169)は割引券や5000円相当の商品、ストリーム(3071)は自社サイトで使える割引券を贈呈する。 ほかに優待が人気を集めそうなところでは洋菓子大手のモロゾフ(2217)。10枚つづりの20%割引券などがもらえ、優待利回りは1.59%だ。1月に中間期末を迎える居酒屋チェーンの鳥貴族(3193)は優待利回りは0.57%にとどまるが、鳥貴族全店で使える食事優待券とあって汎用性は高い。 株主優待ウオッチでは配当分も含めた利回りのランキングも確認できる。例えば先のモロゾフは合計した利回りが2.51%、鳥貴族は0.79%だ。広義のインカムゲインを比べるときの参考にしたい。ただし利回りの高さは株価の低さと裏腹の関係でもある。好地合いのもとで株価が割安に放置されているなら、業績の悪化や減配、優待廃止のリスクがないかチェックすることも必要だ。

忘年会シーズン、今年大幅高の居酒屋株は U&C(3557)やDDHD(3073)など

2017年の忘年会シーズンがやってきた。居酒屋などを展開する上場企業のなかで、会社員が集まる東京・新橋や神田に店舗を構える主な企業の今年の株価を振り返った。大幅高となったのは、にんにくしょうゆダレの焼き鳥や博多水炊きを提供する「てけてけ」のU&C(3557、マザーズ)や、青森直送の馬肉料理をウリにする「馬並み家」のDDHD(3073)などだ。 グルメサイト「食べログ」でエリアを「新橋」や「神田」に絞り、店舗が載っている主な上場企業17社の株価を調べた。新橋、神田どちらにも「てけてけ」店舗があるU&Cの11日終値は7320円だった。2月に新規上場しており、11日終値は公募・売り出し価格(公開価格)の1620円から4.5倍で、上場初値の4500円からだと63%高となった。 U&Cは、かき入れ時の忘年会シーズンについて「例年並みだが、非常に好調」(リクルーティング・マーケティング部)という。新規出店の費用が先行し2018年2月期は最終減益の見通しだが、営業利益は18%増の3億円を見込む。 新橋に「馬並み家」を構えるDDHDの11日終値は4725円で、16年末から3.7倍だ。同社の広報担当者は「12月の予約状況は前年を小幅に上回っている」と話す。 新橋、神田いずれにも英国風パブ「HUB」があるハブ(3030)の11日終値は1430円で、今年5月の1株から3株への分割を考慮すると16年末の2.5倍だ。12月4日に東証1部指定となった。自社の株高について「1部指定の効果も大きいが、投資家が好業績を評価してくれているのだろう」(同社の広報IR課)と分析する。 株価の上昇は収益拡大への期待を映しており、こうした企業の店舗は勢いがある可能性が高い。忘年会の店選びの参考材料になるかもしれない。 ◎新橋や神田に居酒屋などを構える株高が目立った主な企業 社名(コード)   店舗名  株価上昇率 今期の最終利益予想 U&C(3557)   てけてけ  4.5倍   ▲18% DDHD(3073)  馬並み家  3.7倍    8% ハブ(3030)    HUB   2.5倍    3% トリドール(3397) 晩杯屋   56%    6% 鳥貴族(3193)   鳥貴族   41%    38% (注)上昇率は11日終値と16年末との比較。U&Cは公開価格比。今期予想は、会社側が見込む18年2月期の最終利益の増加率で、▲は減益見通し。トリドールは18年3月期、鳥貴族は18年7月期。 【日経QUICKニュース(NQN ) 石川隆彦】 ※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP