【朝イチ便利帳】10日 7〜9月期のGDP改定値、12月QUICK月次調査<株式>

  10日は内閣府より7~9月期の国内総生産(GDP)改定値が発表されるほか、財務省が10月の国際収支を発表する。IPO関連では、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(7046)、ソフトバンク(9434)の公募・売り出し(公開)価格が決定する。   海外ではタイの市場が休場となる予定だ。   【10日の予定】 国内 時刻 予定 8:50 7〜9月期の国内総生産(GDP)改定値(内閣府)   10月の国際収支(財務省)   対外対内証券売買契約(月間、財務省)   11月の貸出預金動向(日銀) 11:00 12月のQUICK月次調査<株式> 13:30 11月の企業倒産(民間調査会社) 14:00 11月の景気ウオッチャー調査(内閣府) その他 臨時国会会期末   海外 時刻 予定 その他 タイ市場が休場   【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3099 化粧品、ネット通販火花 三越伊勢丹、1万点規模 資生堂、若者強化 日経 +2.59% 12/7 4911 +2.42% 12/7 2206 液体ミルク参入温度差 グリコ、新市場で先手 少子化、他社は二の足 日経 +2.16% 12/7 9432 都市の課題、AIで解決 NTT、米で 収集データ、所有放棄 日経 +1.45% 12/7 6501 風をよむAI、発電量増やす 日立東大など風車の向き最適化 日経 +0.40% 12/7 6501 日立、間接費1000億円減 来期から3年で、グループ統合IoT活用 日経 +0.40% 12/7 7267 ホンダ、日本で型式証明取得 各紙 +0.22% 12/7 7201 日産自ゴーン元会長の設定報酬、年々増額か 午後起訴へ 日経電子版 -0.02% 12/7 7201 日産自、15万台リコールへ 4回目の検査不正、「品質よりコスト優先」 各紙 -0.02% 12/7 7203 自動運転ソフトで連携、トヨタ系など新団体 日経 -0.26% 12/7 6773 パイオニア、上場廃止へ 外資ファンド、1020億円で買収 各紙 -1.12% 12/7 6301 コマツ社長「貿易摩擦長期化なら対策」 調達先変更など 日経 -1.48% 12/7 6740 Jディスプレ、液晶パネル減産 新iPhone向け、前月比3割減(日経、以上9日) 日経 -1.49% 12/7 7242 KYB免震不正 新たに1件発表 日経 -1.60% 12/7 3193 鳥貴族、76%減益 8〜10月単独税引き、値上げで客数減 日経 -2.71% 12/7

【朝イチ便利帳】2日 10月の米雇用統計、10月の国内ユニクロ売上高

2日は10月のマネタリーベースなどが発表されるほか、3カ月物国庫短期証券の入札が行われる。企業決算では三菱商事(8058)や伊藤忠商事(8001)など約130社が決算発表を予定している。 海外では9月の米貿易収支や10月の米雇用統計などが発表される予定だ。また、フィリピン市場などが休場となる。   【2日の予定】 国内 時刻 予定 8:50 10月のマネタリーベース(日銀) 10:20 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省) 15:00 10月の財政資金対民間収支(財務省) 15:00過ぎ ファストリが10月の国内ユニクロ売上高を発表 その他 閣議   年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7〜9月期の運用実績を公表   1〜9月期決算=サッポロHD、アサヒ   4〜9月期決算=旭化成、新日鉄住金、いすゞ、伊藤忠、丸紅、三菱商、SGHD、ANAHD、NTTデータ 海外 時刻 予定 9:30 9月の豪小売売上高 21:30 9月の米貿易収支   10月の米雇用統計 23:00 9月の米製造業受注 その他 7〜9月期決算=アリババ集団(中国)、エクソンモービル、シェブロン   フィリピン市場が休場 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 4956 コニシ、業務用「ボンド」値上げ 日経 +4.99% 11/1 9503 関西電、宅配ロッカー電柱に 京都で 再配達削減へ実験 日経 +2.05% 11/1 3484 テンポイノベ、4〜9月期単独税引き益72%増 日経 +1.27% 11/1 3099 三越伊勢丹、4〜9月期営業益4割増の見通し 訪日客消費けん引 日経 +0.90% 11/1 9413 テレ東HD、純利益52%減 日経 +0.53% 11/1 7267 ホンダ、中国にEV生産新拠点 広州合弁が530億円投資 日経 +0.30% 11/1 9142 JR九州、4〜9月期決算発表延期 日経 +0.14% 11/1 7270 SUBARU、リコール69万台 水平対向型も不具合 日経 -0.09% 11/1 7102 日車両、車両に設計ミス 台湾脱線 安全装置切断伝わらず 各紙 -0.10% 11/1 7269 スズキ、今期一転最高益 市場予想には届かず、通貨安リスクが影 各紙 -0.12% 11/1 8601 大和、中国に合弁証券 北京市傘下企業と覚書 日経 -0.15% 11/1 2282 日ハム新球場、電通など出資 運営新会社に 日経 -0.38% 11/1 4324 +1.33% 11/1 7013 IHI、4〜9月期純利益4.1倍 日経 -0.48% 11/1 7203 トヨタ、定額乗り換えサービス レクサスなど、若年層取り込み 各紙 -0.58% 11/1 5105 洋ゴム、三菱商が筆頭株主に 洋ゴムは「救済」否定 日経 -0.74% 11/1 8058 -0.91% 11/1 8253 クレセゾン、タイで合弁設立 三井物などと 日経 -0.94% 11/1 8031 -1.61% 11/1 5802 住友電、4〜9月期純利益13%増 日経 -1.07% 11/1 9831 ヤマダ電、安売り行き詰まり 4〜9月期、純利益9割減 日経 -1.31% 11/1 9201 JAL、副操縦士が飲酒で拘束、英当局 各紙 -1.74% 11/1 6861 キーエンス、4〜9月期純利益13%増 センサー好調 日経 -2.42% 11/1 3861 王子HD傘下の王子製紙、印刷情報用紙値上げ 来年1月出荷から 日経 -2.98% 11/1 9433 KDDIと楽天が提携、スマホ決済や通信網、物流で 各紙 -16.14% 11/1 4755 +3.01% 11/1

【朝イチ便利帳】27日 極東産機、SBIインシュが新規上場 8月の米耐久財受注

27日は8月の建機出荷額などが発表される予定のほか、麻生金融相と黒田日銀総裁が全国証券大会であいさつをする。IPO関連では極東産機(6233)、SBIインシュアランスグループ(7326)、東京インフラ・エネルギー投資法人 投資証券(9285)が新規上場するほか、プリントネット(7805*J)の仮条件が決定する。 海外では米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が発表されたほか、8月の米耐久財受注額、4~6月期の米実質国内総生産確定値などが発表される予定だ。   【27日の予定】 国内 時刻 予定 12:00 8月の建機出荷額(建設機械工業会) その他 麻生金融相、黒田日銀総裁が全国証券大会であいさつ(15時台)   東証ジャスダック上場=極東産機   東証マザーズ上場=SBIインシュアランスグループ 海外 時刻 予定 3:00 カプラン米ダラス連銀総裁が質疑応答(28日) 5:30 パウエルFRB議長が講演(28日) 10:30 8月の中国の工業企業利益 21:30 米新規失業保険申請件数(週間)   8月の米耐久財受注額   4〜6月期の米実質国内総生産(GDP)確定値 23:00 8月の米仮契約住宅販売指数 その他 フィリピン中銀が政策金利を発表   インドネシア中銀が政策金利を発表   9月の独消費者物価指数(CPI)速報値 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 4689 ヤフー、自社株約5億株を消却 日経 +2.03% 9/26 3099 三越伊勢丹、都心3店集中 相模原府中新潟で閉店へ 各紙 +1.65% 9/26 8244 近鉄百、今期純利益2.6倍 訪日客効果など 日経 +1.18% 9/26 7611 ハイデ日高、営業減益 3〜8月単独、人件費膨らみ 日経 +0.83% 9/26 9843 ニトリHD、純利益最高 3〜8月8%増、寝具など伸びる 各紙 +0.57% 9/26 4901 ゼロックス買収正念場 富士フイルム提起の上訴審開始 各紙 +0.50% 9/26 6503 三菱電、裁量制の3人労災 14〜17年過労自殺も 朝日 +0.28% 9/26 7545 西松屋チェ、3〜8月単独税引き益13%減 日経 -0.26% 9/26 5803 フジクラ、今期純利益24%減 一転減益に 日経 -0.47% 9/26 8174 日ガス、ガス充填検査 100億円新工場 日経 -0.86% 9/26 7203 トヨタ、全店で全車販売 脱系列、車種も半減 日経 -1.29% 9/26 9001 東武、4〜9月純利益92%減 土地の減損損失 日経 -1.29% 9/26 8002 丸紅、地銀に社員派遣 海外進出やM&A支援 日経 -1.41% 9/26 7269 スズキ、新たな不正 燃費データ改ざん 日産自は最終報告 各紙 -4.45% 9/26 7201 -4.13% 9/26  

Jフロント株が高値、パルコ効果に脚光 上野の客数7割増

4日の東京市場でJフロント(3086)が続伸して前週末比4.7%高の1989円まで買われ、年初来高値を2営業日ぶりに更新した。11月の売り上げ増が手掛かりで、その中身をみると訪日外国人(インバウンド)需要の追い風だけではなかった。11月にパルコ(8251)との初の協業で増床開業した松坂屋上野店(東京)の貢献も大きい。上野店の来客数は前年同月比7割増となり、2012年に子会社化したパルコとの相乗効果がようやく顕在化してきた。   1日に発表した傘下の大丸松坂屋百貨店の11月の既存店売上高は、前年同月比7.2%増だった。まず目に付くのは免税売上高の92%増という高い伸びだ。三越伊勢丹(3099)の44%増、高島屋(8233)の48%増を引き離し、「インバウンド需要を同業他社以上に取り込んでいる」(野村証券の青木英彦マネージング・ディレクター)のが投資家の買いを誘っている。 パルコとの協業効果も増収に寄与した。松坂屋上野店の南館跡地に新業態「パルコヤ」を11月4日に開業した。東京23区内のパルコ出店は渋谷以来、44年ぶりとなる。上野店の顧客層は高齢者の比率が高かったが、「パルコヤ」が目指すのは団塊ジュニア世代を中心とする30~50代の消費者の取り込みだ。かつて文化の発信地として渋谷パルコなどに通った世代だ。 「パルコヤ」も入る上野フロンティアタワーの11月4日の開業後、本館も含む上野店全体は客数が大きく伸び、売上高も2割増となった。小売業にくわしいGマネジメント&リサーチの清水倫典代表は「初のパルコとの協業の成果が、早くも出た」と評価する。 Jフロントは22年2月期までに全国で4カ所のパルコ型店舗を開業する予定で、21年には2店目を大阪市内の旗艦店、大丸心斎橋店の北館にオープンする。「幅広い顧客ニーズを取り組む姿勢をいっそう明確にする」(野村証券の青木氏)ことで、収益拡大を狙う。上野店はまだオープンしたばかりながら、成功体験を重ねていけば投資家の評価は「インバウンド」だけにとどまらなくなるだろう。 【日経QUICKニュース(NQN) 張間正義】 ※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP