食品値上げの4月、空前のサバ缶ブームで注目は

きょうから4月。新しい制度や新会社の発足、社名変更などに加え、株式市場で注目されるのが食品・飲料を中心とした相次ぐ値上げだ。中でも、サバ缶は健康志向の高まりを背景に需要が高まっている。日本水産(1332)の株価も高値圏にある。   ■日水の日足チャート   サバ缶は青魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が健康に良いとして、ここ1~2年で需要が急増している。日水は「スルッとふたSABA さば水煮」などを4月1日から値上げに踏み切る。昨年8月以来からわずか8カ月での値上げは、それだけ需要が強い証左だろう。みずほ証券では、3月27日付のレポートで、日水は20年3月期に増益が見込まれるほか、EPA原薬と養殖のポテンシャルに注目と指摘。投資評価「買い」を継続し、目標株価を従来の1020円から1130円に引き上げている。   サバ缶関連銘柄では、マルハニチロ(1333)なども堅調だ。(本吉亮)   ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

【朝イチ便利帳】5日 ソフトバンクなど決算 米大統領が一般教書演説、ISM非製造業

5日は財務省による10年物国債の入札が行われるほか、ソフトバンクや三菱商、伊藤忠などの4~12月期決算が発表される。またIPO関連では識学(7049)の仮条件が決定する。 海外では1月の米ISM非製造業景況感指数や11月の米製造業受注などが発表される予定だ。   【5日の予定】 国内 時刻 予定 10:00 2月の当座預金増減要因(日銀) 10:30 10年物国債の入札(財務省) その他 閣議   12月期決算=SUMCO、協和キリン、日電硝   4〜12月期決算=双日、ニチレイ、日清食HD、三井化学、フジHD、神戸鋼、コンコルディ、スズキ、ヤマハ、伊藤忠、三菱商、丸井G、ソフトバンク、NTTデータ、スクエニHD 海外 時刻 予定 0:00 1月の米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数(6日) 9:30 メスター米クリーブランド連銀総裁が講演   12月の豪貿易収支   12月の豪小売売上高 12:30 豪中銀理事会の結果発表 19:00 12月のユーロ圏小売売上高 その他 トランプ米大統領が一般教書演説   10〜12月期決算=ウォルトディズニー、スナップ   中国など春節(旧正月)   中国、香港、韓国、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナムが休場 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3612 ワールドが営業益1%減、4〜12月 日経 +6.38% 2/4 6305 鉱山機械、ロシアで拡販 日立建機、ダンプトラックなど 対米貿易摩擦、追い風に 日経 +3.24% 2/4 7994 オカムラが経常最高益、4〜12月1割増 日経 +3.22% 2/4 9619 イチネンHD、純利益55%増 日経 +3.07% 2/4 4004 昭電工、営業益2.3倍 前期1800億円強、黒鉛電極の利幅拡大 日経 +2.17% 2/4 4508 田辺三菱、20%減益 4〜12月最終、薬価引き下げ響く 日経 +2.12% 2/4 6965 ホトニクス、5%増益 10〜12月最終、X線光源伸びる 日経 +2.09% 2/4 4507 インフル薬、小さな巨人 塩野義、国内シェア47% メガは素通り、「看板」守る 日経 +1.75% 2/4 5802 住友電、純利益下振れ 今期1%増、車用電線伸び悩む 日経 +1.40% 2/4 8214 AOKIHD、営業益1割減 4〜12月 日経 +1.26% 2/4 4911 「日本製」アジア輸出加速 資生堂、九州に新工場 日用品や食品、相次ぎ増産投資 各紙 +1.17% 2/4 4631 DIC、1割減益 前期営業 インキ樹脂、原料高で 日経 +0.86% 2/4 6752 パナソニック、利益下振れ 今期営業3850億円、中国販売が低迷 各紙 +0.85% 2/4 2269 明治HD傘下の明治、乳製品値上げ 4月出荷分から、牛乳は最大3.5% 各紙 +0.83% 2/4 9887 松屋フーズ、純利益7%減 日経 +0.83% 2/4 2784 アルフレッサ、純利益39%増 日経 +0.82% 2/4 9142 JR九州、純利益1%減 4〜12月、減価償却費膨らむ 日経 +0.81% 2/4 3632 グリーが純利益43%減 7〜12月、開発外注費かさむ 日経 +0.81% 2/4 4062 イビデン、純利益91%減 今期、スマホ向け部品不振 日経 +0.31% 2/4 4208 宇部興の純利益、4〜12月14%減 合成ゴム採算悪化 日経 +0.28% 2/4 4452 花王、中計達成へ再加速 今期営業益8%増 5大新技術、相次ぎ製品化 日経 +0.12% 2/4 1333 マルハニチロ、サバ缶7%上げ 各紙 -0.13% 2/4 5803 フジクラ今期、純利益78%減 スマホ向け落ち込む 日経 -1.05% 2/4 6971 京セラ、欧州2社買収へ 米中摩擦に対応 拠点増、リスク分散 日経 -2.02% 2/4 8114 デサント、反対表明へ 伊藤忠の敵対的TOBに発展 日経 -5.99% 2/4 8001 +0.81% 2/4

めでタイ11年ブリ高値の原動力はイワシ 日水、時価総額で業界首位に

27日の株式市場で日水(1332)が5日続伸している。株価は一時、726円を付け上昇率は4.6%に達した。年初来高値も更新し、2007年7月以来、約11年ぶりの高値を付けた。時価総額は水産最大手のマルハニチロ(1333)を約8カ月ぶり(終値ベース)に上回り、業界首位に躍り出た。9月以降の株価上昇率は前日までで14%と、マルハニチロ(8%)やTOPIX(5%)を上回る快走を続けている。 ※「水産・農林業」上位3社の時価総額。単位億円。赤が日水、青はマルハニチロ、緑はサカタのタネ、26日までは終値ベース SMBC日興証券のリポートによると、同社が大量生産体制を持つ「EPA」(イワシなどの青魚に含まれる必須脂肪酸)を使った薬をアイルランドの医薬品メーカーが手がけており、EPA供給によって日水が注力している「ファインケミカル事業」での利益拡大が見込まれるといい、評価が見直されているようだ。 参考までに、日水のサイトによると、EPAの含有量が多い魚は、まいわし、本まぐろ(トロ)、さば、まだい、ぶり、さんまなどとなっている。 (松下隆介) ※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

【朝イチ便利帳】25日 決算は日電産など、米EU首脳会談

25日は6月の外食売上高(日本フードサービス協会)が発表されるほか、日本電産、LINEなどが決算発表を行う。 海外では、米EU首脳会談がワントンで行われるほか、6月の米新築住宅販売件数などが発表される予定。また、株価が連日で上場来高値を更新し注目が集まるフェイスブックのほか、ボーイングやアドバンスト・マイクロ・デバイスなどが4~6月期決算を発表する。  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP