食品値上げの4月、空前のサバ缶ブームで注目は

きょうから4月。新しい制度や新会社の発足、社名変更などに加え、株式市場で注目されるのが食品・飲料を中心とした相次ぐ値上げだ。中でも、サバ缶は健康志向の高まりを背景に需要が高まっている。日本水産(1332)の株価も高値圏にある。   ■日水の日足チャート   サバ缶は青魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)が健康に良いとして、ここ1~2年で需要が急増している。日水は「スルッとふたSABA さば水煮」などを4月1日から値上げに踏み切る。昨年8月以来からわずか8カ月での値上げは、それだけ需要が強い証左だろう。みずほ証券では、3月27日付のレポートで、日水は20年3月期に増益が見込まれるほか、EPA原薬と養殖のポテンシャルに注目と指摘。投資評価「買い」を継続し、目標株価を従来の1020円から1130円に引き上げている。   サバ缶関連銘柄では、マルハニチロ(1333)なども堅調だ。(本吉亮)   ※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

めでタイ11年ブリ高値の原動力はイワシ 日水、時価総額で業界首位に

27日の株式市場で日水(1332)が5日続伸している。株価は一時、726円を付け上昇率は4.6%に達した。年初来高値も更新し、2007年7月以来、約11年ぶりの高値を付けた。時価総額は水産最大手のマルハニチロ(1333)を約8カ月ぶり(終値ベース)に上回り、業界首位に躍り出た。9月以降の株価上昇率は前日までで14%と、マルハニチロ(8%)やTOPIX(5%)を上回る快走を続けている。 ※「水産・農林業」上位3社の時価総額。単位億円。赤が日水、青はマルハニチロ、緑はサカタのタネ、26日までは終値ベース SMBC日興証券のリポートによると、同社が大量生産体制を持つ「EPA」(イワシなどの青魚に含まれる必須脂肪酸)を使った薬をアイルランドの医薬品メーカーが手がけており、EPA供給によって日水が注力している「ファインケミカル事業」での利益拡大が見込まれるといい、評価が見直されているようだ。 参考までに、日水のサイトによると、EPAの含有量が多い魚は、まいわし、本まぐろ(トロ)、さば、まだい、ぶり、さんまなどとなっている。 (松下隆介) ※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP