荏原(6361)は6%高 Jトラスト(8508)は18%安 13日の夜間PTS

14日の株式市場で、アマテイ(5952)やメドピア(6095)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で14日の基準値を大きく上回る水準で約定した。アマテイの約定価格は基準値に比べ32.26%高、メドピアは同24.62%高だった。また、主要銘柄では荏原(6361)が基準値を6.25%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <2月14日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 5952 アマテイ +32.26% 0.2 (2/7)3Q決算 経常利益 93.2%減 2 6095 メドピア +24.62% 8.1 (2/13)1Q決算 経常利益 97.8%増 3 6894 パルステック +24.43% 2.7 (2/13)業績上方修正 通期純利益3.22億円→4.19億円 4 9827 リリカラ +15.94% 62.4 (2/13)ストップ高 東証 5 3925 D S +14.10% 2.2 (2/13)3Q決算 経常利益 73.6%増 6 2321 ソフトフロントH +13.46% 23.5 (2/13)3Q決算 経常利益 54.6%増 7 9278 ブックオフGH +11.40% 1.3 (2/13)業績上方修正 通期営業利益11億円→15億円 8 2169 CDS +10.72% 0.5 (2/13)通期決算 経常利益 21.6%増 9 9816 ストライダース +10.22% 0.2 (2/13)自社株買い(枠設定) 発表日 10 7048 ベルトラ +10.20% 5.0 (2/13)業績上方修正 通期純利益1.41億円→3.11億円 11 3182 オイラ大地 +9.71% 22.8 (2/13)3Q決算 12 7729 東京精 +9.12% 0.1 (2/13)3Q決算 経常利益 22.7%増 13 3416 ピクスタ +8.33% 0.4 (2/13)通期決算 経常利益 4.6倍 14 3521 エコナックHD +8.26% 2.4 (2/13)3Q決算 経常利益 2.0倍 15 7036 イーエムネットJ +8.01% 1.1 (2/13)通期決算 経常利益 43.1%増 16 6840 AKIBA +7.58% 0.3 (2/13)業績上方修正 通期純利益5,000万円→1億円 17 3679 じげん +7.48% 2.8 (2/13)3Q決算 経常利益 19.6%増 18 3671 ソフトマックス +7.25% 3.1 (2/13)ストップ高 東証 19 9707 ユニマットRC +7.16% 0.8 (2/13)3Q決算 経常利益 42.3%増 20 8186 大塚家 +7.00% 0.9   Jトラスト(8508)やアルファクスFS(3814) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで14日の基準値を下回る水準で約定した。Jトラストの約定価格は基準値に比べ18.95%安、アルファクスFSは同17.29%安だった。また、主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を46.15%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <2月14日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3606 レナウン -50.00% 0.1   2 6773 パイオニア -46.15% 0.2   3 7992 セーラー -27.65% 0.3   4 8508 Jトラスト -18.95% 42.3 (2/13)業績下方修正 通期最終損益53.18億円→-363.5億円 5 3814 アルファクスFS -17.29% 3.3 (2/13)1Q決算 経常利益 -4.7倍 6 7314 小田原機 -15.90% 3.9 (2/13)通期決算 経常利益 83.7%減 7 3989 シェアリングT -15.64% 20.0 (2/13)1Q決算 経常利益 -8.7倍 8 7567 栄電子 -14.33% 0.6 (2/13)業績下方修正 通期営業利益2.38億円→1.14億円 9 6728 アルバック -13.48% 3.9 (2/14)今期、減益幅が拡大(日経) 10 7863 平 賀 -13.48% 0.1 (2/8)業績上方修正 通期純利益1.1億円→2.25億円 11 1435 TATERU -12.07% 93.2 (2/14)60%減益 前期最終、資料改ざん響く(日経) 12 7042 アクセスGHD -12.00% 0.1 (2/13)1Q決算 13 3623 ビリングシス -11.49% 2.7 (2/13)通期決算 経常利益 39.7%増 14 2762 三光MF -11.36% 0.2 (2/13)業績下方修正 通期最終損益5,000万円→-13億円 15 7936 アシックス -11.31% 0.3 (2/14)20年ぶり赤字 前期最終203億円、米不振で減損(各紙) 16 7190 マーキュリア -11.14% 1.9 (2/13)通期決算 経常利益 5.7%減 17 9468 カドカワ -10.62% 4.3 (2/14)川上氏が社長辞任 松原氏が昇格、業績不振で引責(各紙) 18 8802 菱地所 -10.40% 0.1 (2/8)菱地所の4〜12月期、純利益14%増 オフィスビル賃貸好調(NQN) 19 6616 トレックスセミ -9.43% 1.0 (2/13)業績下方修正 通期純利益14.2億円→10.5億円 20 6030 アドベンチャ -9.39% 1.6 (2/13)2Q決算 経常利益 70.8%増 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

JR東日本(9020)は8%高 パイオニア(6773)は24%安 7日の夜間PTS

10日の株式市場で、田淵電(6624)やダイヤHD(6699)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で10日の基準値を大きく上回る水準で約定した。田淵電の約定価格は基準値に比べ29.35%高、ダイヤHDは同19.05%高だった。また、主要銘柄ではJR東日本(9020)が基準値を8.80%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <12月10日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6624 田淵電 +29.35% 56.1 (12/7)上場廃止猶予 発表日 東証 2 6699 ダイヤHD +19.05% 3.1 (12/4)日々公表開始 開始日 東証 3 7033 MSOL +16.74% 1.6 (12/7)業績上方修正 通期純利益1.58億円→2.18億円 4 4242 タカギセイコー +16.39% 9.8 (12/7)ストップ高 東証 5 8783 GFA +16.02% 62.5   6 6535 アイモバイル +14.99% 2.7 (12/7)1Q決算 経常利益 96.0%増 7 6101 ツガミ +10.24% 0.1 (12/7)年初来安値更新 東証 8 9020 JR東日本 +8.80% 0.6 (12/7)目標株価上げ モルガン・スタンレーMUFG証券 12,900円 → 13,300円 9 4334 ユークス +8.40% 1.7 (12/7)3Q決算 経常利益 70.8%増 10 2163 アルトナー +8.12% 1.0 (12/7)3Q決算 経常利益 21.1%増 11 4824 メディアシーク +5.40% 1.0 (12/7)1Q決算 経常利益 2.3倍 12 6533 オーケストラHD +4.52% 4.2 (12/7)東証、マザーズ上場のオーケストラを1部に変更(NQN) 13 1380 秋川牧園 +4.38% 1.1 (12/10)日々公表開始 開始日 東証 14 2373 ケア21 +4.17% 0.1 (12/7)通期決算 経常利益 47.9%減 15 6192 HyAS&Co. +4.04% 50.7 (12/7)HyAS&Cがストップ高 販管費減で減益幅縮小(NQN) 16 6098 リクルートHD +3.50% 0.1 (11/30)株価レーティング設定 丸三証券 買い 17 4382 HEROZ +3.45% 0.2 (12/7)2Q決算 18 6787 メイコー +3.25% 2.4   19 4592 サンバイオ +3.18% 3.3 (12/7)適時開示:AI: サンバイオ(4592) コミットメントライン締結に関するお知らせ 20 3458 シーアールイー +3.17% 0.3 (12/10)第三者増資(単独) 払込日   コロプラ(3668)や丹青社(9743) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで10日の基準値を下回る水準で約定した。コロプラの約定価格は基準値に比べ11.80%安、丹青社は同7.43%安だった。主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を24.55%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <12月10日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6773 パイオニア -24.55% 786.2 (12/10)上場廃止へ 外資ファンド、1020億円で買収(各紙) 2 3668 コロプラ -11.80% 0.1 (12/4)目標株価上げ 大和証券 650円 → 850円 3 9743 丹青社 -7.43% 1.4 (12/7)業績上方修正 通期純利益32.3億円→35億円 4 3248 アールエイジ -7.14% 0.3 (12/7)通期決算 経常利益 19.2%増 5 3653 モルフォ -7.12% 0.1   6 5480 冶金工 -7.09% 0.1   7 6656 インスペック -6.48% 1.3 (12/7)業績上方修正 通期純利益1.2億円→1.6億円 8 3071 ストリーム -5.26% 3.1 (12/7)3Q決算 経常利益 -6.7倍 9 5699 イボキン -4.96% 0.4   10 3193 鳥貴族 -4.29% 0.4 (12/10)76%減益 8〜10月単独税引き、値上げで客数減(日経) 11 2338 ビットワンG -3.79% 0.2   12 3528 プロスペクト -3.64% 38.1   13 6307 サンセイ -3.55% 1.6 (12/7)年初来高値更新 東証 14 3632 グリー -3.18% 0.2 (12/5)目標株価下げ JPモルガン証券 560円 → 450円 15 6300 アピクヤマダ -3.15% 0.1   16 7042 アクセスGHD -3.00% 0.2 (12/5)第三者増資 払込日 17 3195 ジェネパ -2.88% 0.1   18 2330 フォーサイド -2.78% 0.5   19 6757 OSGコーポ -2.76% 0.1 (12/7)3Q決算 経常利益 4.5倍 20 3985 テモナ -2.64% 0.2   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

パイオニア(6773)は3%高 大塚HD(4578)は8%安 10日の夜間PTS

11日の株式市場で、フィスコ(3807)やカイカ(2315)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で11日の基準値を大きく上回る水準で約定した。フィスコの約定価格は基準値に比べ27.03%高、カイカは同23.11%高だった。また、主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を3.51%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <10月11日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3807 フィスコ +27.03% 94.1 (10/11)テックビューロ、仮想通貨交換事業をフィスコに譲渡(日経) 2 2315 カイカ +23.11% 722.0 (10/10)適時開示:株式会社フィスコデジタルアセットグループとの資本・業務提携および無担保転換社債型新株予約権付社債の引受に関するお知らせ 3 9909 愛光電 +21.54% 0.4 (10/10)ストップ高 東証 4 4025 多木化 +21.26% 5.3 (10/11)値幅制限上方拡大 適用日 東証 5 3550 スタジオアタオ +18.14% 6.3 (10/10)2Q決算 経常利益 40.3%増 6 6993 大黒屋 +15.00% 2.8   7 6136 OSG +9.88% 0.3 (10/10)3Q決算 経常利益 22.3%増 8 4735 京 進 +7.85% 13.2 (10/10)ストップ高 東証 9 6634 ネクスG +7.57% 8.5 (10/10)適時開示:当社子会社である株式会社イーフロンティアによる株式会社フィスコデジタルアセットグループ発行の第1回新株予約権付社債の引受に関するお知らせ 10 6289 技研製 +6.28% 1.0 (10/10)通期決算 経常利益 16.8%増 11 7610 テイツー +6.22% 1.3 (10/10)適時開示:平成31年2月期9月度の概況についてのお知らせ 12 2164 地域新聞 +5.36% 0.4 (10/10)通期決算 経常利益 2.1倍 13 8925 アルデプロ +4.55% 230.0 (10/10)ストップ高 東証 14 2925 ピックルス +4.36% 0.7   15 8894 原弘産 +4.12% 58.0 (10/3)その他落ち 権利落日 16 3773 AMI +3.51% 0.5 (10/5)AMIが大幅反発 医療向けAI音声認識サービスを開始(NQN) 17 6773 パイオニア +3.51% 0.1   18 5271 トーヨーアサノ +3.45% 0.2 (10/10)2Q決算 経常利益 2.4倍 19 6494 NFK-HD +3.33% 7.8   20 4814 ネクストウェア +3.32% 0.5 (10/9)年初来安値更新 東証 アイケイ(2722)やデザインワン(6048) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで11日の基準値を下回る水準で約定した。アイケイの約定価格は基準値に比べ24.96%安、デザインワンは同14.83%安だった。また、主要銘柄では大塚HD(4578)が基準値を8.71%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <10月11日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 2722 アイケイ -24.96% 8.6 (10/10)業績下方修正 通期営業利益10.53億円→8.31億円 2 4552 JCRファーマ -16.11% 0.2   3 2193 COOK -16.01% 0.5   4 6048 デザインワン -14.83% 2.4 (10/10)通期決算 経常利益 6.4%増 5 6264 マルマエ -14.79% 7.6 (10/10)通期決算 経常利益 64.3%増 6 9820 MTジェネック -12.10% 2.8 (10/10)ストップ安 東証 7 2338 ビットワンG -10.31% 11.3 (10/10)2Q決算 経常利益 -3.9倍 8 6029 アトラ -9.19% 13.2 (10/10)アトラがストップ安 『元加盟店が訴訟』の報道(NQN) 9 7888 三光合成 -8.91% 1.6 (10/10)1Q決算 経常利益 29.1%減 10 4578 大塚HD -8.71% 0.1 (10/3)目標株価上げ UBS証券 6,500円 → 6,700円 11 3189 ANAP -6.79% 4.4 (10/10)通期決算 12 6897 ツインバード -6.71% 0.3 (10/10)業績下方修正 通期経常利益4億円→1.6億円 13 6506 安川電 -6.53% 8.8 (10/11)今期純利益470億円に下振れ 半導体の設備投資減(日経) 14 3181 買取王国 -5.44% 0.3 (10/10)業績下方修正 半期営業損益1,000万円→-3,200万円 15 3356 テリロジー -4.79% 94.8 (10/10)ストップ安 東証 16 6556 ウェルビー -4.53% 0.1   17 3135 マーケットエンタ -4.26% 0.1 (10/4)年初来高値更新 東証 18 4398 BBSec -3.76% 3.4 (10/10)空売り規制対象 東証 19 7919 野崎印 -3.73% 0.8 (10/10)空売り規制対象 東証 20 7513 コジマ -3.60% 7.2 (10/10)通期決算 経常利益 39.2%増 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

パイオニア(6773)は1%高、アジアGTHD(1783)は19%安 14日の夜間PTS

18日の株式市場で、プロレド(7034)やジャストシステ(4686)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で18日の基準値を大きく上回る水準で約定した。プロレドの約定価格は基準値に比べ26.79%高、ジャストシステは同20.34%高だった。また、主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を1.59%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <9月18日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7034 プロレド +26.79% 6.7 (9/14)ストップ高 東証 2 4686 ジャストシステ +20.34% 5.2 (9/14)1Q決算 経常利益 47.5%増 3 4556 カイノス +14.46% 0.1   4 6573 アジャイル +13.92% 0.1   5 7719 東京衡機 +12.06% 40.3 (9/14)ストップ高 東証 6 3156 UKCHD +11.89% 0.7 (9/14)UKCHDとバイテックHが経営統合 バイテックは上場廃止に(NQN) 7 5218 オハラ +11.45% 5.6 (9/14)業績上方修正 通期純利益24億円→32億円 8 3359 タイセイ +11.34% 0.5   9 2497 UNITED +10.24% 0.1 (9/7)適時開示:(訂正)『エキサイト株式会社(証券コード3754)の公開買付けを行う、XTech HP株式会社に対する出資に関するお知らせ』の一部訂正について 10 9957 バイテックHD +9.28% 0.2 (9/14)合併(被合併会社) 発表日 11 3990 UUUM +8.26% 2.5 (9/14)株式分割 発表日 12 1435 TATERU +7.99% 97.1 (9/18)融資資料改ざんで再発防止策(日経) 13 2345 アイスタディ +7.99% 0.1 (9/14)配当修正 3.5円(2018/12) 14 2796 ファーマライズ +6.79% 0.5 (9/14)適時開示:組織変更及び子会社の代表取締役異動に関するお知らせ 15 2743 ピクセル +6.50% 0.2 (9/13)年初来安値更新 東証 16 8946 エイシアンスター +6.38% 0.1   17 9274 国際紙パ +5.32% 0.3 (9/14)適時開示:バイオマス発電所運転支援システムの開発決定に関するお知らせ 18 6927 ヘリオステクノH +5.14% 17.4 (9/18)日々公表開始 開始日 東証 19 3139 ラクトJPN +4.55% 1.1   20 7610 テイツー +4.55% 0.4 (9/13)空売り規制対象 東証 アジアGTHD(1783)や明豊エンター(8927) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで18日の基準値を下回る水準で約定した。アジアGTHDの約定価格は基準値に比べ19.18%安、明豊エンターは同18.08%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <9月18日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 1783 アジアGTHD -19.18% 0.2 (9/14)適時開示:当社連結子会社における債権放棄等に関するお知らせ 2 8927 明豊エンター -18.08% 20.4 (9/14)通期決算 経常利益 4.9倍 3 8105 堀田丸正 -14.81% 0.1   4 6069 トレンダーズ -13.94% 3.7 (9/14)適時開示:第三者割当による第7回新株予約権の発行に関するお知らせ(行使価額修正条項付新株予約権(行使指定・停止指定条項付)の発行) 5 3441 山 王 -13.47% 8.5 (9/14)通期決算 経常利益 3.7倍 6 6192 HyAS&Co. -13.46% 8.4 (9/14)1Q決算 経常利益 87.3%減 7 4287 ジャストプラ -12.10% 12.0 (9/14)業績下方修正 通期営業利益4.7億円→3.7億円 8 3168 黒 谷 -11.88% 3.1 (9/14)業績下方修正 通期経常利益15.13億円→6.2億円 9 2405 FUJIKOH -11.18% 0.1 (9/14)月次売上高 2018/08 連結売上高 285百万円 10 2678 アスクル -10.30% 0.7 (9/18)営業赤字転落 6〜8月1.1億円、配送費膨らむ(日経) 11 1844 大盛工業 -9.25% 10.2 (9/14)通期決算 経常利益 307.0倍 12 6721 ウインテスト -7.69% 1.3 (9/14)通期決算 13 7033 MSOL -7.39% 0.5 (9/14)3Q決算 14 7827 オービス -6.46% 0.4 (9/14)3Q決算 経常利益 -2.7倍 15 6858 小野測 -6.14% 0.1   16 4380 Mマート -5.30% 0.2 (9/14)2Q決算 17 1840 土屋HD -5.02% 5.3 (9/14)3Q決算 経常利益 29.9%減 18 4355 ロングライフ -4.76% 0.7 (9/14)3Q決算 経常利益 -2.1倍 19 7810 クロスフォー -4.40% 1.1 (9/14)通期決算 経常利益 72.3%減 20 3647 ジースリーHD -4.08% 15.6 (9/14)業績下方修正 通期売上高75.57億円→36.22億円 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

ヘリオステクノH(6927)は21%高 トレンド(4704)は3% 安 12日の夜間PTS

13日の株式市場で、ヘリオステクノH(6927)やミサワ(3169)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で13日の基準値を大きく上回る水準で約定した。ヘリオステクノHの約定価格は基準値に比べ21.57%高、ミサワは同17.09%高だった。 また、主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を1.71%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <9月13日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6927 ヘリオステクノH +21.57% 180.1 (9/12)ストップ高 東証 2 3169 ミサワ +17.09% 24.1 (9/12)2Q決算 経常利益 2.8倍 3 2164 地域新聞 +16.10% 10.7 (9/12)ストップ高 東証 4 9820 MTジェネック +8.94% 6.7 (9/12)ストップ高 東証 5 7812 クレステック +7.21% 0.1 (9/12)適時開示:イナゴ株式会社との業務提携に関するお知らせ 6 3475 グッドコムA +4.77% 2.8 (9/12)3Q決算 経常利益 2.1倍 7 4582 シンバイオ +4.00% 0.6   8 8919 カチタス +3.89% 3.1   9 6191 エボラブルA +3.45% 0.2 (9/12)適時開示:平成30年9月期(第12期)8月度月商(取扱高)に関するお知らせ 10 3903 gumi +3.44% 1.2 (9/12)年初来安値更新 東証 11 3661 エムアップ +3.22% 0.1 (9/12)年初来高値更新 東証 12 9692 シーイーシー +3.14% 0.2 (9/12)年初来高値更新 東証 13 5940 不二サッシ +3.03% 0.1   14 1757 クレアHD +2.86% 1.6 (9/12)適時開示:当社孫会社による合弁会社設立の基本合意書締結に関するお知らせ 15 2673 夢 隊 +2.86% 4.9 (9/12)年初来高値更新 東証 16 9603 エイチ・アイエス +2.68% 0.3   17 3539 JPNミート +2.66% 0.4 (9/12)通期決算 経常利益 11.3%増 18 7748 ホロン +2.55% 0.5 (9/13)委託保証金解除 解除日 東証 19 8927 明豊エンター +2.47% 0.3 (9/12)適時開示:収益用不動産の譲渡に関するお知らせ 20 9425 日本テレホン +2.46% 0.1 (9/13)信用規制解除 解除日 東証 トランザス(6696)やSKIYAKI(3995) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで13日の基準値を下回る水準で約定した。トランザスの約定価格は基準値に比べ18.76%安、SKIYAKIは同15.05%安だった。また、主要銘柄ではトレンド(4704)が基準値を3.12%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <9月13日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8709 インヴァスト -29.67% 0.5   2 6696 トランザス -18.76% 5.1 (9/12)2Q決算 経常利益 -2.8倍 3 3995 SKIYAKI -15.05% 2.3 (9/12)業績下方修正 通期純利益2.06億円→4,100万円 4 5381 Mipox -8.75% 0.1   5 3134 Hamee -6.88% 0.9 (9/12)1Q決算 経常利益 0.8%増 6 4579 ラクオリア -6.10% 0.4   7 2929 ファーマフーズ -4.41% 38.6 (9/12)通期決算 経常利益 2.5倍 8 6627 テラプロ -4.21% 0.1   9 4386 SIG -3.15% 0.3   10 4704 トレンド -3.12% 0.1 (9/12)年初来高値更新 東証 11 4593 ヘリオス -3.04% 0.2   12 2481 タウンニュース -3.03% 1.3 (9/12)ストップ高 東証 13 6630 ヤーマン -3.02% 0.1   14 4766 ピーエイ -2.94% 0.2   15 3662 エイチーム -2.94% 0.2 (9/11)年初来安値更新 東証 16 7638 NEW ART -2.86% 14.4   17 3436 SUMCO -2.80% 4.1 (9/12)SUMCOが大幅安 『個人投資家が損失覚悟の売り』(NQN) 18 5721 S・サイエンス -2.74% 0.2   19 8909 シノケンG -2.73% 17.1 (9/12)年初来安値更新 東証 20 3807 フィスコ -2.65% 0.2   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。  

パイオニア(6773)が8%高、テンポスHD(2751)が6%安 11日の夜間PTS

12日の株式市場で、ヘリオステクノH(6927)やパイオニアト(6773)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で12日の基準値を大きく上回る水準で約定した。ヘリオステクノHの約定価格は基準値に比べ17.24%高、パイオニアは同8.53%高だった。パイオニアは、11日夜の日経電子版で香港拠点のファンドから600億円規模の資金支援を受けると報じられたことが材料視されたようだ。同ファンドは筆頭株主となる見込み。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> テンポスHD(2751)やTBCSCAT(3974)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で12日の基準値を下回る水準で約定した。テンポスHDの約定価格は基準値に比べ6.32%安、TBCSCATは同6.25%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

パイオニア(6773)は15%高、シュッピン(3179)は18%安 7日の夜間PTS

10日の株式市場で、地域新聞(2164)やパイオニア(6773)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で10日の基準値を大きく上回る水準で約定した。地域新聞の約定価格は基準値に比べ16.52%高、パイオニアは同15.45%高だった。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> シュッピン(3179)や丹青社(9743)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で10日の基準値を下回る水準で約定した。シュッピンの約定価格は基準値に比べ18.88%安、丹青社は同9.92%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

パイオニア(6773)が3%高 テルモ(4543)は3%安 8日の夜間PTS

9日の株式市場で、宮地エンジ(3431)やエナリス(6079)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で9日の基準値を大きく上回る水準で約定した。宮地エンジの約定価格は基準値に比べ20.62%高、エナリスは同19.49%高だった。また、主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を3.47%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> 中村超硬(6166)やニチイ学館(9792)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で9日の基準値を大きく下回る水準で約定した。中村超硬の約定価格は基準値に比べ20.92%安、ニチイ学館は同16.73%安だった。また、主要銘柄ではテルモ(4543)が基準値を3.65%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

エーザイ(4523)の業績上方修正見通し広がる、パイオニア(6773)は下方修正か

アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示す「QUICKコンセンサスDI」(4月末時点)は、金融を含む全産業ベースで前月のプラス5から7ポイント悪化してマイナス2となった。マイナス圏に沈んだのは2016年11月以来1年5カ月ぶり。個別銘柄ではエーザイ(4523)や東芝(6502)の純利益の上方修正率が大きくなった一方、パイオニア(6773)は下方修正率が大きくなった。 ※QUICKコンセンサスDIとは アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。 製造業は10ポイント低下のプラス2 製造業DIは前月比10ポイント低下のプラス2だった。業種別では輸送用機器や機械に対する弱気見通しが増加。弱気見通しが全体的に増えるなか、化学は強気に傾いた。 非製造業DIは前月のマイナス3からマイナス幅が拡大し、マイナス6となった。情報通信などに対する弱気見通しが増えた。 DIがプラス(上方修正銘柄が下方修正銘柄を上回る)だった業種は算出対象の16業種のうち、5業種。マイナス(下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回る)は10業種、変わらずは1業種だった。 エーザイの2019年3月期の純利益、市場予想は568億円 個別銘柄を対象に3カ月前と比較して、純利益の上方修正率が最も大きかった銘柄は2カ月連続でエーザイ(4523)だった。市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(4月26日時点、9社)によると、2019年3月期の連結純利益(国際会計基準)は568億円の見通し。3月にエーザイが発表した18年3月期の予想の550億円を3%程度上回るもよう。同社は5月15日に18年3月期の決算を発表する予定だ。 半面、下方修正率が最も大きかったのはパイオニア(6773)。同社は4月26日、18年3月期の業績予想を下方修正し、連結最終損益を30億円の赤字から71億円の赤字に引き下げた。高収益のカーエレクトロニクス市販事業の低迷などが響いた。QUICKコンセンサス(4月23日時点、7社)では、2019年3月期の連結最終損益は14億円の黒字と黒字転換が見込まれている。    

原田工業(6904)は28%高 ラクオリア(4579)は23%安 9日の夜間PTS

13日の株式市場で、原田工業(6904)や洋刃物(5964)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で13日の基準値を大きく上回る水準で約定した。原田工業の約定価格は基準値に比べ28.93%高、洋刃物は同28.57%高だった。また、主要銘柄では塩野義(4507)が基準値を3.46%上回る水準で約定した。   一方でラクオリア(4579)やクロスプラス(3320)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で13日の基準値を大きく下回る水準で約定した。ラクオリアの約定価格は基準値に比べ23.03%安、クロスプラスは同21.64%安だった。また、主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を4.55%下回る水準で約定した。 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

パイオニア(6773)、今期一転赤字 決算スコアは大幅なマイナスに

パイオニア(6773)は9日の取引時間終了後、2018年3月期の連結最終損益が30億円の赤字(前期は50億円の赤字)になりそうだと発表した。為替差損などが重荷になり、従来予想の35億円の黒字から一転して赤字に沈む。主力のカーエレクトロニクス製品の販売が伸び悩み、営業利益は従来予想の半分の50億円(前期比20%増)に引き下げた。売上高は3700億円(前期比4%減)と従来予想から100億円の下方修正となった。 併せて発表した2017年4~12月期決算は、連結最終損益が55億円の赤字(前年同期は30億円の赤字)、売上高が前年同期比6%減の2708億円だった。 決算や業績予想修正による株価インパクトを統計的に数値化したQUICKの「決算スコア」は、17年4~12月期決算についてマイナス4.72、業績予想の引き下げについてもマイナス2.12とネガティブに評価した。   QUICK端末のナレッジ特設サイトで利用できる「決算スコア」は、決算や業績予想修正の発表が株価に与える影響を過去データから統計的に解析・評価し、株価の変化率を推測する参考指標だ。例えば、ある決算発表に対してスコアがプラス1.00であれば、過去データに基づいて「この決算内容であれば、平均的に株価は1%上昇する」と評価したことを意味する。 パイオニア株は9日夕の私設取引で急落している。SBIジャパンネクスト証券が運営する私設取引システム(PTS)で、15時半前には同日の東証終値を37円(17%)下回る183円を付けた。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP