業績見通し「弱気」さらに増加 コンセンサスDI▲24で2年3ヵ月ぶり低水準

アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDI(12月末)は、金融を含む全産業ベースでマイナス24と、前月(マイナス17)から7ポイント悪化した。2016年9月(マイナス27)以来、2年3カ月ぶりの低水準となった。内訳は「強気」が51銘柄(全体の12%)、「変化なし」が225銘柄、「弱気」が152銘柄(全体の36%)だった。 QUICKコンセンサスDIは、アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。 業種別でみると算出対象の16業種のうち、DIがマイナスだったのは13業種。「化学」が前月のプラス4からマイナス29と、33ポイント低下しているほか、「電機」が14ポイント、「情報・通信」が12ポイントと悪化した。一方、プラスは2業種、変わらずは1業種だった。 個別銘柄では、3カ月前の予想純利益と比較して下方修正率が最も大きいのはLINE(3938)の94%だった。2018年1~9月期の連結決算(国際会計基準)で最終損益が60億円の赤字(前年同期は120億円の黒字)だったことを発表して以降、18年12月期通期の業績に対する不透明感が強まった。 一方、ふくおかフィナンシャルグループ(ふくおか、8354)は予想純利益が9月末の528億6200万円から848億4300万円へ引き上げられ、上方修正率のトップにランクインした。18年11月12日に発表した18年4~9月期決算で経常利益を従来予想の745億円から755億円に上方修正していた。(ナレッジ開発本部)

幸和製作(7807)は26%高、花王(4452)は3%安 24日の夜間PTS

25日の株式市場で、幸和製作(7807)やシーズHD(4924)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で25日の基準値を大きく上回る水準で約定した。幸和製作の約定価格は基準値に比べ26.71%高、シーズHDは同15.56%高だった。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <10月25日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7807 幸和製作 +26.71% 3.0 (10/24)ストップ高 東証 2 6882 三社電機 +23.58% 0.1   3 9445 フォーバルTL +18.05% 1.1   4 4924 シーズHD +15.56% 0.1 (10/24)シーズHDが買い気配 J&Jが1株5900円でTOB(NQN) 5 6663 太洋工業 +11.09% 31.0 (10/24)3Q決算 経常利益 10.7倍 6 4025 多木化 +7.92% 2.0 (10/25)日々公表開始 開始日 東証 7 3907 シリコンスタシオ +7.91% 14.2 (10/24)シリコンスタが急伸 アマゾンのクラウド事業でパートナー認定(NQN) 8 8897 タカラレーベン +6.58% 0.1 (10/24)年初来安値更新 東証 9 5938 LIXIL G +5.09% 0.5 (10/24)空売り規制対象 東証 10 6993 大黒屋 +5.00% 1.5   11 3815 メディ工房 +4.97% 0.9 (10/24)適時開示:AI: メディ工房(3815) 香港合弁会社設立に関する基本合意書締結のお知らせ 12 3390 INEST +4.49% 5.6 (10/25)日々公表解除 解除日 東証 13 7818 トランザクショ +4.45% 0.9 (10/24)自社株買い(枠設定) 発表日 14 5480 冶金工 +3.46% 0.1   15 3662 エイチーム +3.43% 0.5   16 3230 スター・マイカ +3.18% 0.1   17 1976 明星工 +3.14% 3.8 (10/24)業績上方修正 半期純利益15億円→23.5億円 18 3719 ジェクシード +3.10% 4.1   19 7638 NEW ART +3.08% 2.5   20 2372 アイロムG +2.97% 1.1   LINE(3938)やMTジェネック(9820) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで25日の基準値を下回る水準で約定した。LINEの約定価格は基準値に比べ13.64%安、MTジェネックは同12.42%安だった。また、主要銘柄では花王(4452)が基準値を3.54%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <10月25日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3938 LINE -13.64% 10.7 (10/25)1〜9月最終赤字60億円 先行投資膨らむ(日経) 2 9820 MTジェネック -12.42% 7.5 (10/24)日々公表解除 解除日 東証 3 7191 イントラスト -12.27% 8.1 (10/24)業績下方修正 通期純利益6.3億円→5.45億円 4 6222 島精機 -11.98% 1.0 (10/24)業績下方修正 通期営業利益160億円→80億円 5 7838 共立印刷 -11.91% 4.4 (10/24)業績下方修正 通期純利益15億円→8.6億円 6 6653 正興電機 -7.17% 0.3 (10/24)業績下方修正 通期営業利益10億円→9億円 7 3161 アゼアス -5.13% 0.1   8 7776 セルシード -4.34% 0.1 (10/19)適時開示:AI: セルシード(7776) 自己細胞シートによる軟骨再生治療の『先進医療技術審査部会』審議通過のお知らせ 9 6858 小野測 -3.81% 0.4 (10/24)小野測器が上昇 午後に決算発表、1〜9月期が最終黒字転換(NQN) 10 4452 花 王 -3.54% 1.2 (10/25)1〜9月純利益3%増 アジアで化粧品販売好調(日経) 11 3356 テリロジー -3.50% 28.2 (10/24)空売り規制対象 東証 12 3914 JIG-SAW -3.44% 0.1   13 6093 エスクローAJ -3.14% 0.1   14 1724 シンクレイヤ -3.05% 0.2   15 2673 夢 隊 -2.85% 0.5 (10/23)日々公表解除 解除日 東証 16 4585 UMNファーマ -2.78% 0.1   17 4582 シンバイオ -2.66% 142.6 (10/24)シンバイオが下落 信用取引規制を嫌気(NQN) 18 7527 システムソフト -2.61% 1.2 (10/24)業績下方修正 通期最終損益7,000万円→-2.7億円 19 2134 サンキャピタル -2.55% 152.3 (10/22)適時開示:AI: サンキャピタル(2134) 第三者割当による第10回新株予約権の権利行使の完了に関するお知らせ 20 4395 アクリート -2.53% 0.1   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

黒鉛電極の需要増加、昭電工(4004)の業績上方修正率大きく

昭和電工(4004)の業績上方修正期待が広がっている。QUICKが算出するコンセンサスDIの対象銘柄うち、昭電工の純利益の上方修正率が最も大きくなった。 5社以上のアナリストが業績を予想する381銘柄を対象に、3カ月前と比べた純利益の上方修正率が大きい銘柄をランキングした。トップは昭電工で、2018年12月期の連結純利益は3月末時点で688億円の予想だったが、6月末に1030億円に拡大した。上方修正の背景には、同社が手掛ける「黒鉛電極」の需要増加がある。この部材は鉄くずを溶かして粗鋼を生産する電炉の電極として使用されている。 黒鉛電極の市況高騰とマージン拡大を見込み、SMBC日興証券では6月21日付のリポートで昭電工の投資判断を3段階中の真ん中から最上位に引き上げた。これを受けて足元の株価は上昇に転じている。 なお、会社側の純利益予想は前期比2.5倍の850億円だ。 一方、純利益の下方修正率が最も大きいのは川崎汽船(9107)。19年3月期の連結純利益の予想は3月末時点で124億円だったが、6月末は42億円に縮小した。コンテナ事業を手掛ける新会社のコストが利益を圧迫するとみるアナリストが多いようだ。会社は70億円の予想を公表している。 川崎船の株価は1月に付けた年初来高値3040円から下落基調になっている。 アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDI(6月末)は、金融を含む全産業ベースで前月と変わらずマイナス8だった。製造業の低下を金融の上昇で補った。製造業の中では特に食料品セクターの弱気見通しが増えた。物流コストや原材料価格の上昇などが懸念材料としてあるようだ。 ただ、サッカーワールドカップ(W杯)で日本が決勝トーナメントに進出すると、ビールなどの消費量が増えると言われる。日本代表の「勝負飯」とされる、うなぎの消費も増えそうだ。W杯特需がアナリストの弱気見通しの修正につながる可能性もある。日本は3日午前3時(日本時間)に初の8強入りを目指しベルギーと対戦する。(根岸てるみ) ※QUICKコンセンサスDIとは アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。

日揮など業績下振れ予想広がる 5月のコンセンサスDI、マイナス8に悪化

アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示す「QUICKコンセンサスDI」(5月末時点)は、金融を含む全産業ベースでマイナス8だった。前月のマイナス2から6ポイント悪化。製造業、非製造業ともにマイナスとなった。個別銘柄では日揮(1963)の純利益の下方修正率が最も大きくなった半面、エーザイ(4523)やアドバンテスト(6857)の上方修正率が大きくなった。     ※QUICKコンセンサスDIとは アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。 製造業DIはマイナス圏へ 製造業DIは前月比10ポイント低下のマイナス8だった。輸送用機器や非鉄金属をはじめ弱気見通しが全体的に増えるなか、医薬品セクターはプラスに転じた。 サービス業などに対する弱気見通しが増えた結果、非製造業DIは前月から2ポイント悪化のマイナス8となった。算出対象の16業種中でDIがプラス(上方修正銘柄が下方修正銘柄を上回る)なのは8業種。一方、マイナス(下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回る)の業種は6業種、変化なしは2業種だった。 エーザイやアドバンテストには強気 個別銘柄を対象に3カ月前と比較して、純利益の下方修正率が最も大きかった銘柄はプラント建設大手の日揮だった。市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(5社、5月29日時点)によると、日揮の19年3月期の連結純利益は119億4000万円だ。会社側が見込む(5月10日時点)前期比39.7%減の100億円にアナリスト予想も近づきつつある。 QUICKは国内上場企業の2期先の業績予想を算出するツール「QUICK Forecast 企業業績」を提供している。3月期決算企業の多くは2019年3月期の業績予想を開示しているが、同ツールなら20年3月期の予想値もはじき出せる。企業収益の方向性を探るのに便利だ。日揮の20年3月期の連結純利益は今期会社計画比2.6倍の260億円と急回復するもようだ。     そのほか、下方修正率が大きい銘柄のランキング上位にはLINE(3938)やDeNA(2432)などネット関連が目立った。  一方、製薬大手エーザイ(4523)や半導体テスター大手アドバンテスト(6857)は業績拡大期待が高まる。上方修正率が大きい銘柄のランキング上位に顔を見せたアドバンテストは、「IoT」(モノのインターネット化)の浸透などから半導体需要の拡大が続くとの見方が背景にあるようだ。 銘柄数の内訳は「強気」が78銘柄、「変化なし」は141銘柄、「弱気」銘柄は101銘柄だった。(根岸てるみ)        

エーザイの業績拡大期待高まる、LINEは下振れ予想増える QUICKコンセンサスDI 

アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示す「QUICKコンセンサスDI」(3月末時点)は、金融を含む全産業ベースでプラス5と、前月から11ポイント低下した。足元の円高・ドル安を背景に「輸送用機器」のほか、「建設」などに対する業績の弱気見通しが増加し、DIのプラス幅を縮小させた。   ※QUICKコンセンサスDIとは アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。 製造業は9ポイント悪化のプラス12 製造業DIは前月比9ポイント低下のプラス12だった。業種別では輸送用機器や電機に加えて鉄鋼、非鉄金属に対する弱気見通しが増加した。一方、医薬品は業績の上方修正期待が高まった。 非製造業DIは前月比12ポイント悪化し、マイナス3だった。建設や銀行に対する弱気見通しが増えた。 DIがプラス(上方修正銘柄が下方修正銘柄を上回る)だった業種は算出対象の16業種のうち、8業種。マイナス(下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回る)は7業種、変わらずは1業種だった。 エーザイ(4523)が上方修正率トップ 個別銘柄を対象に3カ月前と比較して、予想純利益の修正率が大きかった銘柄を調べた。上方修正率が最も大きかった銘柄はエーザイ(4523)だった。同社は3月8日、2018年3月期の連結純利益(国際会計基準)を前期比40%増の550億円と、従来予想の398億円から大幅に引き上げた。米製薬大手メルク社と抗がん剤の開発で提携、これに伴う契約一時金が利益を押し上げるようだ。 半面、下方修正率が最も大きかったのは、LINE(3938)だった。同社はフィンテックや人工知能(AI)などの新規事業に積極投資する見込みだが、足元では収益の押し下げ要因とみられている。2018年はIT(情報技術)と金融を融合させるフィンテック分野に計150億円を投資する計画だ。3月28日には野村ホールディングス(8604)と、証券事業を手掛ける共同出資会社を設立すると発表した。  

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP