SBIアセットの「雪だるま(全世界株式)」、信託報酬を26日に引き下げ

QUICK資産運用研究所 SBIアセットマネジメントは5日、「SBI・全世界株式インデックス・ファンド<愛称:雪だるま(全世界株式)>」(8931217C)の実質信託報酬を税込みで年0.1500%から0.1090%に引き下げると発表した。26日に変更する。10月の消費税増税後は0.1102%となる。 同ファンドの投資対象は日本を含む世界の株式。変更後の実質信託報酬は、グローバル株式型の投資信託で業界最低水準となる。これまでの最低は、アセットマネジメントOneの「たわらノーロード 全世界株式」(47312197)や、三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」(0331418A)などの0.1296%だった(図参照)。 ※SBIアセットの公表資料はこちら 注)QUICK資産運用研究所調べ。実質信託報酬は年率・消費税8%の税込み。2019年9月5日時点、SBIアセットマネジメントの「雪だるま」のグローバル株式型は同26日に予定している引き下げ後の数値を記載。対象は各社がシリーズ展開してるインデックス型の国内公募追加型株式投資信託。実質信託報酬は原則として当該ファンドの信託報酬に投資先ファンドの信託報酬を加えた費用で、目論見書の最大値を採用。同じマザーファンドで為替ヘッジありとなしがある場合は、為替ヘッジなしのファンドを採用。運用成果の連動を目指す対象指数ごとに、実質信託報酬が最安のファンドは水色、最高のファンドはオレンジ色の背景。三菱UFJ国際「eMAXIS Slim」シリーズのグローバル株式型は「全世界株式(オール・カントリー)」を採用、大和投信「iFree」シリーズの国内債券型は新発10年国債利回りが1%未満の場合の数値。ブラックロックの「iシェアーズ」は投資する上場投資信託証券に係る報酬を含まない(目論見書で明示していないため)。 ※1~5は記載した指数以外にも対象指数がある投信分類で、それぞれ対象指数は下記の通り。 (※1)FTSE RAFIエマージング・インデックス、FTSEエマージング・インデックス、FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス (※2)FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス (※3)DBI(ダイワ・ボンド・インデックス) (※4)S&P J-REIT (※5)S&PグローバルREIT

円建て初の「元本確保型」投信、初決算の分配金240円 アセマネOne

QUICK資産運用研究所 アセットマネジメントOneが昨年7月末に設定した「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018―07」(47212187)が13日に初めての決算を迎え、1万口あたり240円の分配金を出した。同ファンドは円建てで国内初となる「元本確保型」の投資信託。約10年後の満期時に円建てでの元本確保を目指す。決算回数は年1回で、分配金は運用成績に連動する「実績連動クーポン」から成功報酬などを差し引いて支払われる。 同ファンドは購入期間が限られる単位型のため、分配金はすべて普通分配金で課税対象となる。大和証券が1社で販売し、約300億円の資金を集めた。昨年9月に設定した第2弾以降は「プライムOne」シリーズとして月1回ペースで設定し、取り扱う販売会社も増えた。今年7月までに全部で12本設定しており、それぞれの申込期間中に集まった資金は合計で2882億円にのぼる。9月27日には第13弾が設定される予定だ。

アセマネOne「日経225ノーロード」、3日間で110億円の資金流入

QUICK資産運用研究所 アセットマネジメントOneが運用する「日経225ノーロードオープン」(47311988)に8月6日までの3営業日で110億円の資金が流入した。同期間に日経平均株価は955円下落しており、投資家が押し目買いに動いた影響とみられる。同ファンドはこれまでも株価が下がると資金が流入し、上がると資金が流出する傾向が強かった。 同期間で資金流入額が多かったファンドをランキングしたところ、上位10本のうち半分は日経平均株価に連動するファンドが占めた。

アセマネOne「未来の世界(先進国)」の残高が1000億円突破 設定から半年

QUICK資産運用研究所 アセットマネジメントOneが運用する「先進国ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)<愛称:未来の世界(先進国)>」(47315191)の純資産総額(残高)が初めて1000億円を突破した。23日の残高は1007億円。今年1月末の設定からおよそ半年で残高を積み上げた。みずほ証券1社で販売している。   同ファンドの投資対象は、日本を含む先進国の株式。競争力や成長力の評価に基づいて質が高いと考えられる企業(ハイクオリティ成長企業)の中から、割安と判断される銘柄を厳選して投資する。   1月31日に当初設定額が262億円で運用を始め、2~5月は4カ月連続で資金流入超過額が150億円を上回った。6月は37億円で資金流入のスピードは落ちたが、成績が堅調なこともあって残高の増加傾向が続いている。   これまでに基準価額が1万円を下回ったのは設定日翌日(2月1日)の1回のみで、7月23日の基準価額は1万863円だった。    

ピクテの「グロイン」、残高の伸び最大 2019年上期

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)のうち、2019年上期(1~6月)に最も純資産総額(残高)を伸ばしたのは、「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(42311052)だった。同時期の資金流入額でも最大だった。 伸びが大きかった上位10本中9本は、残高1000億円超の大型ファンド。4位の「グローバル3倍3分法ファンド(1年決算型)」(0231118A、18年10月設定)は残高が唯一1000億円を下回るファンドだが、6月末までの直近3カ月あまりで45倍に成長した。堅調な運用成績と取り扱い金融機関の増加が追い風となった。 上位10本のうち6カ月リターンが最も高かったのは「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)<愛称:未来の世界>」(47316169)。この半年は資金流出超だったが、好成績を背景に残高が伸び8位にランクインした。5位と9位には国内の不動産投信(J-REIT)に投資するファンドが入った。 (QUICK資産運用研究所)

2019年上期、ピクテの「グロイン」が資金流入トップ

2019年上期(1~6月)の国内公募追加型株式投資信託(ETFを除く)は、海外株式型への資金流入が目立った。資金流入上位10本のうち5本は海外株式型のファンドだった。 設定から解約を差し引いた資金流入超過額(推計値)が最も大きかったのは、ピクテ投信投資顧問が運用する「ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配型)」(42311052)。6月末までの半年間で1384億円が流入した。グロインは国内最大規模のファンドで、主に世界の高配当利回りの公益株に投資する。4月に1万口あたりの分配金を50円から40円に引き下げたが、資金の流入傾向は続いた。 2位は日興アセットマネジメントが6月28日に設定した「グローバル・プロスペクティブ・ファンド(愛称:イノベーティブ・フューチャー)」(02312196)。当初設定額で1135億円の資金を集め、約6年2カ月ぶりの大型設定となった。「破壊的イノベーション」を起こしうる世界の企業の株式に投資する。販売会社はみずほ証券1社のみ。 一方、資金流出ランキングでは、16年から17年ごろを中心に人気を集めた人工知能(AI)やロボット関連などのテーマ型が上位に目立った。流出トップだったのは、アセットマネジメントOneが運用する「新興国ハイクオリティ成長株式ファンド<愛称:未来の世界(新興国)>」(4731117C)。みずほ証券が取り扱っている。 (QUICK資産運用研究所 竹川睦)

投信から資金流出 10連休前に手じまい売り

改元に伴う4月27日~5月6日の10連休を控え、投資信託市場からの資金流出が加速している。4月の国内公募追加型株式投信(ETFを除く)の資金動向は、3週目まで(19日時点)のQUICK推計ベースで5000億円を超す資金流出超となった。このまま月末を迎えると3カ月連続の資金流出超で、「トランプ相場」後の利益確定売りなどで資金が流出した2016年12月(6347億円)以来の多さとなる(図表1)。 連休前の駆け込みで、手じまい売りや利益確定目的の解約が膨らんだ。特に株式で運用するタイプの投信から資金流出が目立ち、流出額上位10本はすべて株式関連だった(図表2)。 最も多く資金が流出したのは、日経平均株価に連動するインデックス型の「日経225ノーロードオープン」(47311988)。19日時点で約265億円の資金が流出した。2位は「ロボット・テクノロジー関連株ファンド -ロボテック-」(0431115C)。ほかにも上位10本にはロボットやAI(人工知能)、モビリティなどのテーマ型が目立った。 (QUICK資産運用研究所)  

投信、資金流入トップは「THE 5G」 2018年度

2018年度(18年4月~19年3月)の国内公募追加型株式投資信託(ETFを除く)は、設定額から解約額を差し引いた資金流入額ランキングの上位に海外株式で運用するタイプが目立った。首位は三井住友トラスト・アセットマネジメントの「次世代通信関連 世界株式戦略ファンド<愛称:THE 5G>」(6431117C)で、2189億円の資金流入超。世界の株式のうち、通信技術の発展により業績が伸びることが期待される銘柄で運用する。 2位は三井住友DSアセットマネジメント(旧三井住友アセットマネジメント、4月1日付で大和住銀投信投資顧問と合併)の「フューチャー・バイオテック」(79312186)。18年6月に設定されたファンドで、世界のバイオテクノロジーや医療機器関連企業の株式に投資する。上位10ファンドのうち6本が「海外株式型」だった。 「国内株式型」で10位以内に入ったのは、レオス・キャピタルワークスの「ひふみプラス」(9C311125)だけだった。同ファンドの投資対象は国内株式が中心だが、2月末時点で全体の11.8%に海外株式を組み入れている。3月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は10.2%のマイナスで、上位10本の中で最も低い。 一方、資金流出額ランキングの上位には、純資産総額(残高)の大きいファンドが目立った。首位はアセットマネジメントOneの「新光US−REITオープン<愛称:ゼウス>」(47311049)。米国の不動産投信(REIT)に投資するファンドで、3月末時点の残高は追加型株式投信の中で4番目に大きい。  17年度の資金流入超から流出超に転じたファンドで、18年度の資金流出額が最大だったのは、日興アセットマネジメントの「グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)」(02311158)。17年度は950億円の資金流入超だったが、18年度は893億円の流出超になった。 (QUICK資産運用研究所) 

アセマネOne「未来の世界」、新たに2本追加 シリーズ7本に

アセットマネジメントOneが運用する「未来の世界」シリーズは、新ファンドが2本加わって計7本になった。1月31日に運用を始めた2本の「先進国ハイクオリティ成長株式ファンド<愛称:未来の世界(先進国)>」のうち、為替ヘッジなしのコース(47315191)には、当初設定額で262億円が集まった。国内公募の追加型株式投資信託ではおよそ3カ月ぶりの大型設定となった。 同シリーズは、成長力の評価に基づいて質の高い企業(ハイクオリティ成長企業)の中から割安と判断される銘柄を厳選して投資する。今回追加されたのは、投資対象が先進国の株式。これまでに全世界の株式が対象の「グローバル」や、新興国の株式を対象としたファンドを運用している。 シリーズの純資産総額(残高)合計は18年9月に8500億円を超えた。その後は8000億円を下回る場面があったが、新ファンドが追加されたこともあって19年1月末時点では8340億円と残高が回復傾向にある。 (QUICK資産運用研究所)

第2回QUICKが選ぶ「中長期投資にふさわしい投信」 ~運用成績を定量評価~

QUICK資産運用研究所は、中長期の資産形成を目指す個人投資家が投資信託を選ぶ際の参考になるように、2018年に活躍した投信の中から「中長期投資にふさわしい投信」5本を選定した。第1回は18年3月に発表しており、今年から年初に選定結果を公表する。 ■リスク階級ごとに5本を選定 運用方針、投資対象、コスト、運用体制……。数ある投信の中から、個人が自分に合った商品を見定めるのは簡単ではない。「中長期投資にふさわしい投信」では、過去の運用成績に的を絞って分析し、恣意性を排除した。具体的には、運用でとったリスクに見合うリターンを上げたかどうかを測る指標「シャープレシオ」を用いて、個々の投信を評価した。 個人が中長期の投資を続けていくうえでは、自分がどの程度のリスク(リスク許容度)をとれるかを想定した投信選びが重要になる。そのため、リスクを示す指標「QUICKファンドリスク(QFR)」の5つの階級ごとに1本ずつ、計5本を選んだ。 結果はリスク階級の小さい順に「明治安田日本債券ファンド(愛称:ホワイトウィング)」(12312001)、「J-REITオープン(年4回決算型)」(01313052)、「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Aコース(為替ヘッジあり)」(39311065)、「SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト(愛称:jnext)」(89311052)、「マネックス・日本成長株ファンド(愛称:ザ・ファンド@マネックス)」(47311007)の5本(図A)。 5本ともアクティブ(積極)運用型で、主な投資対象はリスク階級別に1が国内債券、2が国内REIT(不動産投信)、3は米国株式、4と5が国内株式だった。 ■QUICKファンドスコアでも高評価 「明治安田日本債券ファンド」の18年のリターン(分配金再投資ベース)は、約1%の小幅なプラス。過去5年間では緩やかな値動きが続いている(図B)。 「J-REITオープン(年4回決算型)」は11.26%上昇。国内REIT市場平均の「東証REIT指数(配当込み」(11.11%)をわずかながら上回り健闘した。 18年は日本株式市場を代表する「TOPIX(東証株価指数)配当込み」が約16%下げるなど、世界的に株式相場が低迷した。リスク階級が3以上で選定したファンドはどれも年間のリターンがマイナスだったが、それぞれのリスク階級の中では高い評価を収めた。 「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Aコース(為替ヘッジあり)」は、成長性が高いと判断される米国株式へ投資すると同時に、為替ヘッジでドル円相場の変動リスクを回避するのが特徴だ。「SBI中小型成長株ファンド ジェイネクスト」と「マネックス・日本成長株ファンド」は、どちらも主に中小型の国内成長株に投資する。 選定した5本は、QUICKが毎月算出している「QUICKファンドスコア」でもおおむね高評価を得ている。QUICKファンドスコアは長期投資にふさわしいかどうかの視点で、リスクやリターンといった運用成績に加え、下値抵抗力、運用コスト、分配金健全度の5項目で投信を多角的に分析評価し、最も低い「1」から最高の「10」まで10段階にランク付けしている。5本中4本の最高スコア(18年末時点)が9または10だった。「明治安田日本債券ファンド」は、同じリスク階級のファンドの中で比べた下値抵抗力や分配金健全度の項目で相対評価点が低く、スコアは4にとどまった。 【選定対象・方法】 1.対象は国内公募の追加型株式投資信託で、決算回数が年6回以上のものを除く。2018年末時点で(1)運用実績が6年以上(2)償還予定日までの期間が1年以上(3)残高が10億円以上――の条件を満たす。原則としてETF(上場投資信託)、確定拠出年金(DC)専用、販売停止中、販売停止予定、限定追加型、マネープール相当、ブルベア型、ラップ口座専用、ミリオン型、一般財形型は除外した。 2.リスク階級は価格変動リスク(過去の価格変動の度合い)をTOPIX(東証株価指数)との相対評価で表した「QUICKファンドリスク(QFR)」を用いる。QFRはリスクが最も小さい「1」から最大の「5*」まで6段階を付与しているが、ブルベア型などが含まれる「5*」は除外した。 3.18年1月から12月までの1年間の各月末時点における5期間(5年間、3年間、1年間、6カ月間、3カ月間)の運用実績データ(シャープレシオ)を使った定量評価。過去12カ月間における上記5期間のシャープレシオ(年率換算)の平均値を合計し、この合計値が最大となる投信をリスク階級別(1~5)に1本ずつ選定。 (QUICK資産運用研究所 中田裕子)

アセマネOne「通貨選択型Jリート」、全4コースで分配金減額

アセットマネジメントOneが運用する「通貨選択型Jリート・ファンド(毎月分配型)」が18日の決算で分配金を減額した。国内に上場している不動産投資信託(Jリート)で運用し、円コースと米ドル、豪ドル、ブラジルレアルの4コースがある通貨選択型。今年4月に続き、すべてのコースで分配金を引き下げた。 18日時点の純資産総額(残高)が582億円で、4コースのうち最も規模が大きい「レアルコース」は、1万口あたりの分配金を前月(110円)の半分となる55円に減額。2011年1月の設定以降で最低水準を更新した。 <4コースの詳細> 通貨 残高 分配金(前月) 1年騰落率 円(47312111) 110 65(130) 9.51 米ドル(47313111) 251 100(200) 12.89 豪ドル(47314111) 127 65(130) 8.94 ブラジルレアル(47315111) 582 55(110) ▲1.18 ※残高の単位は億円。分配金は1万口あたりの金額で単位は円。1年騰落率は11月末時点の分配金再投資ベース、単位は%、▲はマイナス。 アセットマネジメントOneは、分配金を引き下げた理由を「安定した収益分配の継続を目指すため」とした。 ◇アセットマネジメントOneの発表資料 分配金に関するお知らせ (QUICK資産運用研究所)

アセマネOne「新光J-REIT」が分配金を40円に減額 13年ぶりの低さ

アセットマネジメントOneが運用する「新光J-REITオープン」(47314044)が15日の決算で、1万口あたりの分配金を前月より30円安い40円に減額した。2005年7月の決算(27円)以来、およそ13年ぶりの低水準となった。 同ファンドは、国内の不動産投資信託(REIT)を投資対象とし、東証REIT指数(配当込み)に連動する投資成果を目指す。純資産総額(残高)は15日時点で1537億円で、国内の公募追加型投信(ETFを除く)のうち、国内REITで運用するファンドとしては5番目に大きい。 10月末時点の1年リターン(分配金再投資ベース)は10.66%と堅調に推移したものの、基準価額は1年前の10月末と比べて7.73%下落した。 アセットマネジメントOneは分配金を引き下げた理由として「長期的に安定した収益の確保と投資信託財産の成長を目指すため」としている。 ◇アセットマネジメントOneの発表資料はこちら↓ 分配金に関するお知らせ   (QUICK資産運用研究所)

アセマネOneが資金流入額トップ 10月の運用会社別投信

国内公募の追加型株式投資信託(ETFを除く)について、運用会社別の10月の月末純資産総額(残高)や残高増加額、資金流入額をそれぞれ集計した。資金流入額トップはアセットマネジメントOneだった。「日経225ノーロードオープン」(47311988)や10月設定の「フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド<愛称:ライジング・フューチャー>」(4731118A)に資金が流入した。 純資産総額上位20、残高増加額下位20(=残高減少額上位20)、資金流入額上位20は以下の通り。集計対象は追加型株式投信(ETFを除く)で、 データは2018年10月末時点。 (注)QUICK資産運用研究所調べ。対象はETFを除く国内設定の公募追加型株式投信(単位型は含まない)。資金流入額はファンドの設定額から解約額を差し引いた値で概算推計値、償還ファンドは集計対象外。▲はマイナスで減少または流出。運用増加額は純資産増加額から資金流入額を引いた値で、運用のみによる増加額を意味する(概算値)。残高増加額=資金流入額+運用増加額。分配金支払総額(概算値)は資金流出額には含まれず、分配しなかった場合に比べ、運用増加額が分配金支払総額分だけ減る。億円未満は切り捨て。 (QUICK資産運用研究所)

アセマネOneの元本確保型「プライムOne」、第3弾は151億円

アセットマネジメントOneが31日に設定した単位型の「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-10(愛称:プライムOne2018-10)」(4721118A)は、申込期間に151億円の資金が集まった。 投資した資金が目減りしない円建てでの「元本確保」を目指すファンドで、投資家が満期まで約10年間このファンドを保有し続けると原則、投資金額が戻る。7月に募集した第1弾は大和証券1社で300億円超を販売。9月に募集した第2弾は販売会社が増え、今年設定された国内公募投資信託の中で最大の840億円となった。第4弾も11月30日に設定する。 T&Dアセットマネジメントも12月17日に円建てで元本確保を目指す類似の「モルガン・スタンレー社債/マルチアセット運用戦略ファンド2018-12(愛称:攻守の果実2018-12)」を設定する予定。10月31日に有価証券届出書を提出した。 (QUICK資産運用研究所)

アセマネOne「未来の世界」残高4000億円に  設定から2年

アセットマネジメントOneが運用する「グローバル・ハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)<愛称:未来の世界>」(47316169)の純資産総額(残高)が初めて4000億円に到達した。2日時点の残高は4006億円。 2016年9月末に当初設定額69億円で運用を始め、設定から2年で残高を積み上げた。月次ベースでは設定以来ずっと資金流入超が続いている。運用成績も好調で、2日時点の設定来リターンは72.1%。 主な投資対象は、日本を含む世界の株式。成長力の評価に基づいて質の高い企業(ハイクオリティ成長企業)の中から割安と判断される企業を厳選する。8月末時点の組み入れ銘柄数は36。国・地域別では米国が52.1%を占める。 同じマザーファンドに投資する「未来の世界」シリーズには、部分的に為替ヘッジをするタイプや決算回数が年2回のタイプもあり、残高合計は2日時点で6000億円を上回る。 (QUICK 資産運用研究所)

9月の投信、日経平均連動型から資金流出 利益確定で

9月の国内公募追加型株式投資信託(ETFを除く)は、日本の株高を受けて日経平均株価に連動するインデックス型(指数連動型)のファンドに利益確定の動きが出た。資金流出額上位10本のうち、2本が日経平均連動型だった。 アセットマネジメントOneの「日経225ノーロードオープン」(47311988)は141億円、日興アセットマネジメントの「インデックスファンド225」(02311886)は86億円 の資金流出超だった。 9月に流出超過額が最も多かったのは「新光US-REITオープン(愛称:ゼウス)」(47311049)の149億円。 一方、資金流入額の上位は、海外の株式で運用するファンドが大半を占めた。上位10本のうち7本が海外株式型だった。 資金流入超過額が最も多かったのは、ラップ専用の「日興FW・日本債券ファンド」(7931417A)だったが、2位以下は海外株式型が目立った。2位は主に米国のIT(情報技術)関連株に投資する「netWIN ゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし) 」(3531299B)、3位は世界のバイオテクノロジーと医療機器の関連株に投資する「フューチャー・バイオテック」(79312186)だった。 (QUICK資産運用研究所)

アセマネOne「ライジング・フューチャー」、当初設定額が374億円に

アセットマネジメントOneが1日に設定した「フィッシャー・グローバル・スモールキャップ・エクイティ・ファンド(愛称:ライジング・フューチャー)」(4731118A)は、当初設定額が374億円だった。今年に入って設定された国内公募投資信託(追加型と単位型を含む)の中で5番目の大きさで、今のところ上位10本のうち4本がアセマネOneとなった。 投資対象は日本を含む世界の小型株式で、経済動向といったマクロ要因から国・地域、業種、投資テーマを絞り込み、ファンダメンタルズ分析などで銘柄を選別する。トップダウン・アプローチを用いた小型株式運用のパイオニア的存在である米独立系運用会社のフィッシャー・アセットマネジメンに運用指図に関する権限の一部を委託する。 年1回決算型で、為替ヘッジはしない。販売会社は、みずほ証券1社。 (QUICK資産運用研究所)

アセマネOne「プライムOne」、当初設定額840億円で今年最大に

アセットマネジメントOneが28日に設定した単位型の「ゴールドマン・サックス社債/国際分散投資戦略ファンド2018-09(愛称:プライムOne2018-09)」(47211189)は、当初設定額が840億円だった。今年設定された国内公募の株式投資信託(追加型と単位型を含む)の中で最大。 投資した資金が目減りしない円建てでの「元本確保」を目指すファンドで、投資家が満期まで約10年間このファンドを保有し続けると原則、投資金額が戻る。7月に募集した第1弾は大和証券1社で300億円超を販売。今回は販売会社が35社に増え、当初設定額も伸びた。 同日にりそなアセットマネジメントが設定した「りそな日本中小型株式ファンド(愛称:ニホンノミライ)」(47211189)は、当初設定額が100億円だった。投資対象は国内の中小型株式で、社会的な課題の解決にビジネスの観点から取り組み、安定的な成長が期待できる企業を厳選する。 (QUICK資産運用研究所)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP