オリエンタルランド(4661) 来春の「TDL」エリア刷新、23/3期の「TDS」拡張などをテコに利益成長を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/08/13) ・35周年の反動を跳ね除け今期1Qは好調持続  今期1Qは10連休やイベント効果に加え、前期35周年により顧客基盤底上げが進み、周年反動を跳ね除け、入園者数、営業利益ともに増加。これを受け、企業価値研究所は今期予想を入園者数前期比2%減、連結営業利益同9%減へ引き上げたが、残る9カ月は保守的に予想。7月稼働の大型アトラクション「ソアリン」やアプリでの「ファストパス」取得が集客を後押しする期待がある一方、様々なリスクを考慮した。利益面では、記念グッズの反動による商品単価下落やシステム関連費、人件費の増加が足枷に。 ・長期的に入園者数4000万人への引き上げは可能  来期以降は(1)「美女と野獣」関連大型アトラクション新設を含む来春の「TDL」エリア刷新、(2)「アナ雪」エリア等を新設する23/3期の「TDS」拡張などによる入園者数拡大に加え、体験価値向上を反映した価格改定、関連グッズ人気化などによるチケット・商品単価の上昇、新ホテルの貢献により大規模開発の償却負担を吸収し、40周年の24/3期に入園者数3750万人(前期比で年率3%成長)、連結営業利益1775億円(同7%成長)を予想。事務棟や「TDS」拡張用地の開発、「TDL」の更なるエリア刷新の可能性などを考慮すると、長期的に入園者数4000万人レベルへの引き上げは可能だろう。 ・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など ・アナリストの投資判断 ~株価は入園者数4000万人への長期成長を織り込んだ水準とみる  長期保有する個人投資家が多いため、長期的成長シナリオに基づき判断。入園者数4000万人への成長を仮定した当研究所試算に基づくPERが過去10年の平均PER31倍と同水準なため、株価は妥当とみる。更なる株価上昇には変動価格制採用や強気の価格改定、アプリ効果による商品単価の大幅上昇などが必要だろう。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

オリエンタルランド(4661) 大規模開発をテコに来期以降、入園者数・営業利益の成長が続く見込み

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/05/22) ・「TDL」は来春エリア刷新、「TDS」は23/3期拡張予定  企業価値研究所は入園者数、連結営業利益について、今期は35周年の反動で減少見込むが、来期以降、成長が続くと予想。(1)「TDS」の大型アトラクション「ソアリン」(7月)、(2)同「美女と野獣“魔法のものがたり”」等の「TDL」大規模開発(来春)、(3)「アナ雪」エリアを含む「TDS」大規模拡張(23/3期)、(4)環境整備などをテコに、(3)が通年寄与する24/3期(「TDR」40周年)の入園者数は3750万人(前期比年率3%成長)へ。体験価値向上を反映した価格改定やアプリのオンラインショッピング活用などによる客単価上昇も加わり、24/3期連結営業利益を1765億円(同6%成長)と見込む。システム費・償却負担の増大を主因に前回利益予想からは引き下げた。変動価格制採用、強気の価格改定などが利益上振れ要因に。 ・長期では入園者数4000万人への引き上げ可能に  事務棟エリアや「TDS」拡張用地などでの開発余地に加え、「TDL」エリア刷新の可能性も鑑み、当研究所は長期的に入園者数4000万人レベルへの引き上げが可能との見方を継続。その場合の連結営業利益を2225億円と試算する。会社側は今期、4期連続の増配を計画。潤沢なキャッシュを活用した株主還元強化に引き続き期待したい。 ・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など ・アナリストの投資判断 ~長期的成長シナリオに基づき、尚も株価上昇余地ありとみる  株主優待目的で長期保有する個人投資家が多いため、長期的成長シナリオに基づき判断。入園者数4000万人と仮定した場合の当研究所試算PERは28倍(過去10年平均31倍)と、尚も株価上昇余地はあると考える。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

オリエンタルランド(4661) TDLエリア刷新、TDS拡張等をテコに24/3期にかけ営業利益年率9%成長見込む

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/02/21) ・今期5期ぶりの営業最高益へ、前回予想からも増額  3Qの好調を受け、企業価値研究所の今期予想を入園者数前期比7%増、連結営業利益同16%増に上方修正。35周年イベント効果による入園者数増に加え、記念グッズなどによる商品単価上昇もあり、人件費やイベント関連費の増加を吸収、2桁増益かつ5期ぶりの最高益更新へ。 ・更なる開発で長期的に入園者数4000万人レベルへ  「TDS」の大型アトラクション「ソアリン」(今夏)、同「美女と野獣“魔法のものがたり”」等から成る「TDL」エリア刷新(来春)、「TDS」大規模拡張(23/3期)などにより24/3期(「TDR」40周年)は入園者数3750万人を予想。減価償却拡大を入園者数増、チケット価格改定、商品単価上昇、新ホテルの貢献で吸収し、連結営業利益は24/3期にかけ年率9%成長へ。前回予想との比較では新雇用区分導入に伴う人件費増や商品単価想定引き下げを今期の顧客基盤底上げによる入園者数積み増しでカバーできる見通し。長期的には更なる大規模開発により入園者数4000万人レベルへの引き上げが可能とみて、その場合の連結営業利益を約2300億円と試算している。 ・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など ・アナリストの投資判断 ~長期的成長シナリオに基づけば株価上昇余地は依然大きい  長期的に更なる開発で入園者数4000万人への成長を仮定した当研究所試算に基づくPERは25倍。過去10年の平均PER30倍や優待目的で長期保有する個人投資家が多い点を考慮すると、株価上昇余地は依然大きい。価格改定の可能性や「アナ雪2」など本年公開映画による押し上げ効果への期待も株価上昇を後押ししよう。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張が通年寄与する24/3期にかけ年率9%の営業利益成長を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/11/15) ・35周年の今期は5期ぶりの営業最高益更新見込む  企業価値研究所は「TDR」35周年に当たる今期の入園者数を前期比5%増の3175万人と予想。イベント開催や大型アトラクション刷新などにより4期ぶりに過去最高を更新する見込み。商品単価も記念グッズやアプリのオンラインショッピング機能による押し上げから上昇が見込まれ、5期ぶりの連結営業最高益更新を予想。 ・長期的には入園者数4000万人も可能と試算  来期以降は来夏稼働「ソアリン」、20年春開業「TDL」大規模投資(「美女と野獣エリア(仮)」等)、22年度開業「TDS」大規模拡張(「アナ雪」エリア等)による収容能力拡大を見込み、24/3期(40周年)入園者数3700万人と予想。減価償却が膨らむが、価格改定やアプリ効果による客単価上昇で吸収し、連結営業利益は24/3期にかけ年率9%成長へ。アプリ新機能、変動価格制、強気の価格改定などが利益上振れ要因に。さらに、事務棟エリアや「TDS」拡張用地の開発、「TDL」のエリア刷新などの可能性を考慮し、長期的に入園者数4000万人への引き上げが可能とみる。潤沢なキャッシュを活用した株主還元強化に引き続き期待。 ・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など ・アナリストの投資判断 ~長期的成長を鑑み株価上昇余地大とみる、価格改定の可能性も上昇を後押しへ  長期的に更なる開発で入園者数4000万人への成長を仮定した当研究所試算に基づくPERは22倍。過去10年の平均PER30倍や株主優待目的で長期保有する個人投資家が多い点を考慮すると、株価上昇余地は大きい。来年は価格改定の可能性や「美女と野獣エリア(仮)」(20年春開業予定)などへの関心も株価上昇を後押ししよう。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

オリエンタルランド(4661) 「TDS」拡張を織り込み24/3期にかけて年率9%の営業利益成長を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/08/06) ・24/3期入園者数は3700万人へ、更なる開発余地を考えれば長期的には4000万人も可能と試算  来期稼働の「ソアリン(仮)」、20年春開業の「TDL」大規模投資(「美女と野獣エリア(仮)」等)、22年度開業の「TDS」大規模拡張(「アナ雪」エリア等)などにより収容能力が高まるため、企業価値研究所は24/3期入園者数を3700万人と予想。減価償却が膨らむが、体験価値向上を反映した価格改定やアプリ導入による客単価上昇で吸収し営業利益1860億円(前期比年率9%成長)へ。さらに、事務棟エリアや「TDS」拡張用地など開発余地が大きいうえ、「TDL」でのエリア刷新の可能性などを考慮。長期的に入園者数4000万人への引き上げは可能とみる。潤沢なキャッシュを活用した株主還元強化に期待したい。 ・35周年イベント好調で今期営業15%増益予想へ増額  今期は35周年イベントの好調を受け入園者数を前期比5%増の3175万人へ上方修正。2Q以降はアプリ導入効果も加わるため、営業利益予想を1265億円(同15%増)へ引き上げた。21/3期も「美女と野獣エリア(仮)」等による集客効果を見直し営業利益予想を1495億円へ増額。アプリ導入による潜在成長力などから更なる上振れ余地も。 ・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など ・アナリストの投資判断 ~更なる開発による長期的成長を考慮すれば株価上昇余地は依然大きいとみる  PER(当研究所予想)は24/3期30倍と過去10年平均並みだが、更なる開発で入園者数4000万人達成を仮定した当研究所試算に基づくPERは24倍。長期保有する個人投資家が多いため、株価上昇余地は大きいだろう。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

オリエンタルランド(4661) アプリ導入による商品単価上昇期待を織り込み21/3期営業利益予想を増額

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2018/05/15) ・21/3期は「ソアリン」「美女と野獣エリア」が通年寄与  企業価値研究所は「ソアリン(仮)」(来期稼働予定)、「美女と野獣エリア(仮)」(20年春開業予定)等が通年で寄与する21/3期の連結営業利益を1375億円と予想。入園者数の想定(3275万人)は変えていないが、今夏のアプリ導入による商品単価上昇期待を織り込み前回予想から増額した。入園者は当日に限りアプリから商品が購入できるようになり、販売機会ロスが大幅縮小する見通し。チケット価格改定を想定し、大規模プロジェクト稼働に伴う減価償却増大を吸収するとみる。日本人入園者数を保守的に見込んだうえ、アプリ導入による商品単価の潜在成長力を勘案すれば、利益上振れ余地は大きいだろう。なお、「TDR」35周年の今期は入園者数増や記念グッズ、アプリ効果による商品単価上昇で5期ぶりの営業最高益更新を見込む。 ・22/3期以降のパーク拡張で入園者数4000万人も可能と試算、営業利益は2300億円超へ  会社側は22/3期以降、既存パークいずれかの拡張を検討中。当研究所は拡張が実現すれば入園者数4000万人への引き上げは可能と試算。体験価値向上(「アナ雪」エリア構想復活の公算も)に伴うチケット価格改定やIT投資効果に加え、アプリ導入の恩恵も勘案し、連結営業利益を2325億円と試算した(ホテル新設は織り込まず)。 ・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など ・アナリストの投資判断 ~パーク拡張後の当研究所試算PERは23倍、株価上昇余地は大きいとみる  パーク拡張による入園者数4000万人の達成を仮定した当研究所試算予想EPS499円に基づくPERは23倍。過去10年の平均29倍を下回る。優待目的で長期保有する個人投資家が多いことを考慮すると、株価上昇余地は大きいとみる。会社側が検討を進めている22/3期以降の開発内容への期待が株価上昇を後押ししよう。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP