鹿島建設(1812) 中期的には売上高は横ばい見込むも、緩やかな営業減益基調を予想

QUICK企業価値研究所アナリスト 細貝広孝(2019/06/12) ・20/3期は連結営業利益の横ばい推移を見込む  20/3期の連結業績に関して企業価値研究所では、売上高2兆500億円(前期比4%増)、営業利益1420億円(同横ばい)を予想。前期実績や今期の会社計画などを踏まえ、前回予想(19年2月)から引き上げたが、連結営業利益は前期並みにとどまるとみている。 ・中期的に完工粗利益率の緩やかな低下を予想  続く21/3期の連結業績に関して当研究所では、売上高2兆500億円(前期比横ばい)、営業利益1390億円(同2%減)、22/3期は売上高2兆500億円(同横ばい)、営業利益1370億円(同1%減)を予想。完工高は高水準で横ばい推移を見込むが、完工粗利益率の緩やかな低下により、営業利益は減少傾向になるとみている。 ・19/3期は完工増も、利益率低下で1割の営業減益  19/3期の連結業績は売上高が前期比8%増の1兆9743億円、営業利益が同10%減の1426億円に。建築工事の伸びで完工高は増加したが、完工粗利益率が18/3期に高水準だった反動で低下し、連結営業利益は1割減少した。 ・リスクファクター ~労務費、建設資材価格上昇など ・アナリストの投資判断 ~会社利益計画からの上ぶれで株価に上値余地  株価は好調な決算などを背景に17年8月には2000円台を捉え、11月には1992年以来の水準となる2598円の高値をつけた。その後は保守的な利益計画などを背景に伸び悩み、足元の株価は1500円近辺で推移している。当研究所では、20/3期の会社側の営業利益計画は保守的とみている。今後、当研究所の想定のように利益実績が上ぶれるようであれば、株価に上値余地はあると考える。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

鹿島建設(1812) 中期的に連結営業利益1300億円の水準での推移を見込んだ予想を据え置き

QUICK企業価値研究所アナリスト 細貝広孝(2018/12/14) ・修正後の会社計画を上回る営業利益予想を維持  19/3期通期の連結業績に関して企業価値研究所では、売上高2兆円(前期比9%増)、営業利益1330億円(同16%減)の前回予想(18年8月)を据え置く。会社側は上期実績などを踏まえて連結営業利益計画を増額修正したが、当研究所では修正後の会社計画をさらに上回る利益予想を維持する。 ・中期的には完工粗利益率の低下傾向を見込む  続く20/3期の連結業績に関しても当研究所では、売上高2兆400億円(前期比2%増)、営業利益1300億円(同2%減)、21/3期は売上高2兆600億円(同1%増)、営業利益1280億円(同2%減)を据え置く。完工粗利益率の低下による緩やかな営業減益傾向を見込む。 ・19/3期上期は完工粗利益率が低下して営業減益  19/3期上期の連結業績は売上高が前年同期比9%増の8978億円、営業利益が同21%減の606億円だった。前年同期に特殊要因が押し上げた反動で完工粗利益率が低下した。 ・リスクファクター ~労務費、建設資材価格上昇など ・アナリストの投資判断 ~会社利益計画からの上ぶれで株価に上値余地  株価は好調な決算などを背景に17年8月には2000円台を捉え、11月には1992年以来の水準となる2598円の高値をつけた。その後はリニア中央新幹線工事の不正入札に係る報道や19/3期の保守的な利益計画などを背景に足元の株価は1500円近辺で推移している。当研究所では、会社側の19/3期営業利益の修正計画は保守的とみており、今後、利益実績が上ぶれるようであれば、株価に上値余地があると考える。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

鹿島建設(1812) 中期的な完工粗利益率を見直し 営業利益予想を増額修正

QUICK企業価値研究所アナリスト 細貝広孝(2017/12/14) ・18/3期通期の業績予想を増額修正も、営業減益予想  18/3期通期の連結業績に関して企業価値研究所では、売上高は前回予想(17年8月)から200億円増額の1兆8500億円(前期比2%増)、営業利益は同200億円増額の1500億円(同3%減)に見直した。完成工事(完工)粗利益率の予想を上方修正したが、前期比較では連結営業利益は前期実績を下回る見込み。 ・中期的には連結営業利益1400億円台の維持を予想  続く19/3期および20/3期の連結業績に関しても当研究所では、前回予想を増額修正した。完工粗利益率を引き上げたが、緩やかな低下基調を予想しており、連結営業利益は18/3期予想を下回る見通し。ただ、同社としては高水準な1400億円台は維持できるとみている。 ・上期は土木工事の完工粗利益率上昇で営業増益  18/3期上期の連結業績は、前年同期比1%の増収、同4%の営業増益だった。単体の土木工事の完工粗利益率が特殊要因もあって大幅に改善。連結全体でも営業増益を確保した。 ・リスクファクター ~労務費、建設資材価格上昇など ・アナリストの投資判断 ~株価に上値余地も、さらなる上値切り上げは見込みにくい  株価は好調な決算などを背景に17年8月には1000円台を捉え、11月には1992年以来の水準となる1299円の高値をつけた。当研究所では中期的に17/3期実績は下回るものの、高水準な利益推移が継続するとみている。ただ、株価はこうした利益推移を織り込んで上昇しており、現時点においてはさらなる利益成長シナリオも描き難い。足元の株価水準からは上値余地はあるとみているが、さらなる上値切り上げも見込みにくい。   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ なお、本サイト掲載記事の内容に関する個別のご質問にはお答えできかねます。ご了承ください。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP