アフラック株にも火の粉 日本郵便「二重払い・無保険10万件問題」

QUICKコメントチーム=大野弘貴

21日の米株式市場で米保険大手のアフラックが大幅続落し、前日比5.55%安の48.98ドルで終えた。終値では4月29日以来、約4カ月ぶりに50ドルを下回った。
日本経済新聞の電子版は21日、「日本郵便がアフラック生命保険の委託で販売するがん保険で、保険料を二重で徴収したり、契約者が一時的に無保険の状態になったりする事例が2018年5月~19年5月で少なくとも約10万件あったことがわかった」と報じた。「アフラックのがん保険はがん患者の加入を防ぐため、契約後から3カ月は「免責期間」として保障を適用しない。乗り換え時に切れ目のない保障を受けたければ、新旧契約に二重払いするしかなく、避けたい人は一時的な無保険を強いられた」という。

アフラックの19年4~6月期の売上高55億1100万ドルのうち、日本での売上高は約70%の38億ドルを占めている。また、アフラックの日本でのがん保険、医療保険、所得補償保険の販売は全体の約25%に及ぶ。

アフラックはこの日、「日本郵便への販売委託について、厳格かつ自主的な見直しを行う」とし、「当社のコンプライアンス基準に反する行為を発見した場合には、速やかに対応するための必要な措置を講じる」と表明したことが伝わっている。
アフラックは7月28日、日本郵便を通じて販売した保険商品については、「コンプライアンス問題としては認識しておらず、販売の停止はしない」と発表していた。

エバコアISIの21日付のリポートによると、日本郵便を通じて販売されたアフラックの保険契約の最大20%が調査の対象になる可能性があると指摘している。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

関連記事

  1. ESGとESGとESG そして哀しき日本郵政株〒 

  2. 【朝イチ便利帳】13日 工作機械受注、ドンキなど決算、米CPI、独景気指数

  3. 【朝イチ便利帳】9日 GDP速報値、日本郵政など決算630社、中国CPI

  4. 4日で230億円の損 売り出しのトラウマ招くかんぽ株

  5. 【朝イチ便利帳】5日 2月の景気動向指数や家計調査、3月の米雇用統計

  6. 【朝イチ便利帳】20日 日銀決定会合の結果公表、黒田総裁が会見 12月月例経済報告

  7. 【朝イチ便利帳】14日 日銀短観、メジャーSQ 中国小売売上高、米製造業PMI

  8. 【朝イチ便利帳】14日 7〜9月期GDP速報値、日本郵政など決算

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP