米株市場「寡占」の主力テック銘柄 MSにGAFA、取引も業績も集中

QUICKコメントチーム=片平正二
写真=Kena Betancur/VIEWpress/Corbis via Getty Images

米国株式市場で「大型テック寡占」の色彩が強まっている。

RBCキャピタル・マーケッツの19日付のリポートによると、2019年4~6月期(2Q)末時点でヘッジファンド(HF)が投資するS&P500採用銘柄で金額ベースで最も多かったのはマイクロソフトの181億ドルだった。上場来の高値圏にあるマイクロソフトなど、RBCが集計したHFの保有が多い20銘柄をバスケット化したところ、年初来で25.78%高となってベンチマークのS&P500指数(16.63%高)を大きく上回った。マイクロソフトやいわゆるFANG銘柄でリターンが出ているなら、主力ハイテク株が大きく崩れないうちは安心感が出そうである。

一方でこれは、多くの市場参加者が特定の銘柄に取引を集中させる、いわゆるクラウディッド・トレード(crowded trade)状態にあることを示唆しているかも知れない。日本経済新聞によると、4~6月期決算でGAFAの純利益は米国企業全体の1割近くを占めた。世界の主要地域の中で米国企業の業績は堅調だが、主力テック銘柄を除くと伸びはほんのわずか。ここでも「強者寡占」の構図が鮮明だ。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. HFが買い持ちする「VIPバスケット」 主力テック株の上昇めだつ

  2. ヘッジファンドの米株ロング、昨年12月以来の低水準に

  3. 「何も上手くいかなかった」とアインホーン氏 強者ヘッジファンド最悪の2018年

  4. 戻ってくるのか▲10兆円 海外勢の日本株売り越し、今後は需給下支え要因に

  5. 原油安でHFも大やけど 損失20%、ロング戦略裏目に

  6. 「XTX」とは何者? 大量の日本株を売買、知られざる巨大ファンドの影響力

  7. 森友スキャンダル、海外ヘッジファンドは日本株をどうする?

  8. 「ひるまず迷わず」機械ならでは モデル運用、定石なき相場で成果

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP