不正会計疑惑GEさらなる窮地 CEOは直前「自社株買い」25万株

QUICKコメントチーム=片平正二

電力事業の損失で巨額赤字になるなどして経営再建中のゼネラル・エレクトリック(GE)に、今度は不正会計疑惑が浮上した。

15日の米国市場でGE株は大幅続落し、11.29%安の8.01ドルで終えた。「マドフ事件」を告発したことで知られるハリー・マルコポロス氏がGEに関して不正会計の恐れがあるとする175ページに及ぶ報告書を発表。一時は8ドル割れとなり、1月3日以来の安値圏に沈んだ。

しかし時間外では通常取引終値比で3%ほど上昇し、8ドル台前半でやや下げ渋る動きとなった。この日に米証券取引委員会(SEC)に提出された報告書で、ラリー・カルプ最高経営責任者(CEO)が13日にGE株25万2200株を7.93ドルで買っていたことが明らかになった。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 新しいCEOで株上げ、昔からの課題で格下げ GEの期待と不安

  2. GEが時間外で2%安、ダウ平均の構成銘柄から除外 WBAが新たに採用

  3. 【朝イチ便利帳】20日 6月の全国CPI、決算は東京製鉄や米GEなど

  4. 8月優待は107銘柄 逆風に強い外食系、その中でも注目は 

  5. アフラック株にも火の粉 日本郵便「二重払い・無保険10万件問題」

  6. カネ余りと高金利は政治混乱より強し イタリア首相辞任でも国債に買い

  7. 東洋エンジから日揮、ローム、楽天まで がん治療関連銘柄「増殖中」 

  8. 米株市場「寡占」の主力テック銘柄 MSにGAFA、取引も業績も集中

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP