ドイツ景況感🌧☂欧州債務危機以来の低水準、長期金利は▲0.6%台に

QUICKコメントチーム=丹下智博

13日に欧州経済研究センター(ZEW)が発表した8月のドイツ景気予測指数は▲44.1と市場予想(▲28.0)を下回り、7月の▲24.5から大幅に悪化した。欧州債務危機のさなかだった11年12月以来の最低レベルに落ち込んだ。独10年債利回りは▲0.6%台へと低下、ユーロ売りの材料ともなった。

14日に発表される2019年4~6月期の国内総生産(GDP、速報値)は3四半期ぶりに前の期比でマイナスになったとの見方がある。「欧州のエンジン」の低迷はユーロ圏全体の景気の先行きにも深刻な影を落としかねない。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

関連記事

  1. 目が離せない米中、目配りしたい米中以外 株式市場を覆う「本当の不安」

  2. 米成長2.5%、金利3.5%で利上げ4回 GSは来年もインフレ持続の見立て、ドル円は108円

  3. 米、非連続な高成長 貿易摩擦への「備蓄」と「需要先食い」

  4. 【朝イチ便利帳】9日 GDP速報値、日本郵政など決算630社、中国CPI

  5. 目指せデータの達人⑧GDPと株価 低成長で日本市場の魅力薄れる

  6. 【朝イチ便利帳】20日 1~3月GDP SOMPOや東京海上が決算

  7. 証券営業の凄腕たち【Episode4】連絡の頻度から話し方まで、こだわり人一倍

  8. 【朝イチ便利帳】14日 10〜12月期GDP速報値、1月の中国貿易統計

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP