けん引役ドイツも危険水域 ECB利下げ秒読み、量的緩和再開も

QUICKコメントチーム=丹下智博

25日に発表された7月の独Ifo企業景況感指数は95.7と6月の97.5(改定値)から1.8ポイント低下した(棒グラフ緑)。市場予想(97.1)を下回り、2018年9月以降の低下基調から一向に回復の兆しが見られない。

独製造業部門のマインド悪化はより深刻だ(折れ線グラフ黒)。これまで下支えとなっていたサービス部門も低下幅を拡大しており(折れ線グラフ黄)、ドイツ経済の失速は避けがたいようだ。

© European Central Bank 2019  7月末の米国の利下げ観測がドラギ総裁の背中を押す

独連銀は23日に発表した7月の月次報告書でもドイツの第2四半期のGDPがマイナス成長になる可能性があると従前よりの悲観的な見通しを繰り返した。このためマーケットの一部では「25日の理事会で利下げも」との観測が強まり、独10年債利回りは一時過去最低水準を更新していた。

結局、ECB理事会では政策金利据え置きを決定。同時にフォワードガイダンスを修正し9月の追加利下げを示唆するとともに、量的緩和政策の再開を検討していく方針を決めた。ただ、ドラギ総裁は会見で今回は利下げを議論しなかったことを明らかにした。前のめりになっていた市場には失望感が生じた面もある。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 世界の中銀ハトだらけ 強まる緩和期待、御指名ラガルド氏どう出る

  2. ECB理事会、追加緩和の地ならしへ 先行き指針修正の公算大

  3. 日独、マイナス長期金利つばぜり合い ドラギ総裁「利上げ先送りも」

  4. ドラギもヒヨった 年内利上げ断念で金利急低下、独は2年半ぶり低水準

  5. 【朝イチ便利帳】25日 日産自やアマゾン決算 ECB理事会、トルコ中銀会合

  6. ついに30年もマイナス ドイツ国債すべての年限で金利「水没」

  7. 欧州、沈む金利 ベルギーもマイナス、ドイツは中銀預金金利を下回る

  8. 日銀の国債買い入れオペ「転機」 増額と減額の合わせ技に市場は……

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP