外債投資うまみ薄れ、行き場失う生損保マネーは超長期債へ

QUICKコメントチーム=池谷信久

日本証券業協会が22日に公表した6月の公社債店頭売買高で、生損保の超長期債投資が継続していることが明らかになった。30年債利回りは5月末の0.460%から6月末には0.355%へ約0.1%低下したが、買い越し額が3203億円と5月の3170億円と同レベルだった。背景には外債投資の利回りの低さがある。

米10年国債の利回り(①)は2%を超えているが、為替ヘッジ後の利回りはマイナスになっている。一方、仏10年国債の利回り(②)はマイナスだが、ヘッジを付けることで若干のプラスになっている。ただ、その利回りはJGBの20年債(③)よりも低く投資妙味は乏しい。

海外の中央銀行は緩和姿勢を強めており、外債の利回り上昇はますます期待しにくくなっている。行き場の無い生損保マネーが超長期債に向かう動きは当面続きそうだ。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 沈む金利 イタリア国債「魅惑」の1%割れ、米に超長期債の「誘惑」

  2. 欧州、沈む金利 ベルギーもマイナス、ドイツは中銀預金金利を下回る

  3. ドラギもヒヨった 年内利上げ断念で金利急低下、独は2年半ぶり低水準

  4. 視界に入った米利下げ、どうなる国内勢の米債投資 焦点はヘッジコスト

  5. 日本国債は相対的に高利回り、海外勢の買いは続く アクサIMの木村氏

  6. ゴールどこ?金相場みな強気⤴ 証券「3ヵ月で9%」個人「年末まで2割」

  7. 「ザ・セイホ」 円売りで存在感 フランス債の貯金で余力十分

  8. 「期初の益出し」、主役はフランス債に 4月の売越額が過去最高

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP