速度鈍った 1000ドルに372日 それでも節目抜いた米株、日本は伏目がち

QUICKコメントチーム=片平正二、NQNニューヨーク=滝口朋史

11日の米国市場でダウ工業株30種平均は続伸し、227ドル88セント(0.85%)高の2万7088ドル8セントで終えた。前日に米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が下院で議会証言を行った後の株高の流れが続いた。

ダウ平均が初めて2万6000ドル台で終えた2018年1月4日から372営業日と、1万9000ドル突破に要した483営業日以来の長さとなる大台突破だった。トランプ氏が米大統領選で勝利してから税制改革などへの期待から上げ足を速める場面があったが、中国との貿易摩擦の激化などを受け上昇の勢いは大幅に鈍った。

  • 【ダウ平均の節目突破の歴史】
     節目    節目突破日  終値     要した日数(営業日)
    2万7000 2019年7月11日  2万7088ドル   372日
    2万6000  18年1月17日  2万6115ドル   8日
    2万5000  18年1月4日  2万5075ドル   23日
    2万4000  17年11月30日  2万4272ドル   30日
    2万3000  17年10月18日  2万3157ドル   54日
    2万2000  17年8月2日  2万2016ドル   108日
    2万1000  17年3月1日  2万1115ドル   24日
    2万    17年1月25日  2万0068ドル   42日
    1万9000  16年11月22日  1万9023ドル   483日
    1万8000  14年12月23日  1万8024ドル   120日
    1万7000  14年7月3日  1万7068ドル   153日
    1万6000  13年11月21日  1万6009ドル   139日
    1万5000  13年5月7日  1万5056ドル  1460日
    1万4000  07年7月19日  1万4000ドル   59日
    1万3000  07年4月25日  1万3089ドル   127日
    1万2000  06年10月19日  1万2011ドル  1879日
    1万1000  99年5月3日  1万1014ドル   24日
    1万    99年3月29日  1万0006ドル   245日
    (注)所要日数は節目突破の翌営業日から突破当日までの営業日数

パウエル議長は11日に上院銀行委員会で議会証言を行い、「2%の物価上昇率を大きく下回りたくない。後手に回らないようにするのが日本から得た教訓だ」と述べ、雇用とインフレ率の関係が崩れる中で早期利下げの可能性を改めて示唆した。CMEグループが提供するFedウォッチツールで7月FOMCでの50bp利下げ織り込み度は18.3%となり、前日(29.2%)から低下して1割台にとどまった。25bpの利上げ織り込み度は81.7%に上昇し、FF金利先物市場は7月FOMCでの25bp以上の利下げを100%織り込んだ状況が続いた。

残念ながら、貴重な「教訓」を与えたはずの日本株のほうは米株高の流れに乗れず、相変わらずパッとしない展開だ。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. 9月の利下げ織り込み再び急上昇 ダウ急落、企業の景況感みるみる悪化

  2. 今度は「マイナス金利」でFRBに圧力 利下げ確率⤵で88.8%

  3. 「始まりでなく一度きりでもない」米利下げ 市場の逆イールド懸念は晴れず

  4. 緩和モードの中銀、債券関係者も「有望なのは株」 QUICK月次調査

  5. 100%の利下げ期待、パウエル議長は何を語る あす注目の議会証言

  6. 迫る105円突破、ミセスワタナベ耐えられるか 円売り持ちの含み損拡大

  7. そこまで来た米利下げ ここからの問題は「で、いつやるの」

  8. 懸念、入念、観念のパウエルプット 利下げは7月?それとも9月?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP