見えてきた10年半ぶり米利下げ そして、さあどうする?黒田さん

市場が注目していた10日の米連邦準備理事会(FRB)パウエル議長の議会証言で、10年半ぶりの利下げがいよいよ視界に入ってきた。

CMEグループが提供するFedウォッチツールで7月FOMCでの50bp利下げ織り込み度は26.6%となり、前日(3.3%)から急拡大。25bpの利上げ織り込み度は73.4%で、FF金利先物市場は7月FOMCでの25bp以上の利下げを100%織り込んだ状況が続いた。ナスダック指数はザラ場・終値ベースの史上最高値を更新し、S&P500も一時3000の大台に乗せた。

◆米国の各指数のチャート(NYダウ:青、ナスダック総合:赤、S&P500:緑)


各社の10日付リポートは下記の通りだ。

  • ■ゴールドマン・サックス……7月の25bp利下げ確率を60%から75%に引き上げ
  • ■バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ……7月に25bpの利下げ後、累積で75bpの利下げへ
  • ■ナットウエスト……貿易戦争の一時休戦後も7月に25bpの利下げが軌道に乗っている
  • ■JPモルガン……7月に25bpの利下げ予想を据え置き

7月の据え置きを見込んでいたバンク・オブ・アメリカ・メリルリンチが25bpの利下げ見通しに変更したのが目を引くが、50bpの利下げの可能性もあるとしてハト派サプライズも一部で期待されているもようだ。

利下げがほぼ確実の情勢ということになると、次はFOMC(30~31日)の直前29~30日に決定会合を開く日銀に注目が集まる。打つ手が限られる中で動けるのか、動かないのか。さあ、どうする?黒田さん。(片平正二、イラスト=たださやか)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 7月の50bp利下げに否定的 FRBのMr.ハト派の発言、思惑呼ぶ

  2. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  3. どう読むFOMC、「四半期ごとのペースで利上げか」 各社の見解 

  4. 2年10年より深刻、誤ったシグナル……米の逆イールドに慌て始めた市場

  5. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  6. 米株ジェットコースター、背景にもう一つの金利差

  7. 米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

  8. 米10~30年債スプレッドが1ケタに縮小 11年ぶり低水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP