アップル強気派が減ってきた 「中立」4割、「売り」も1割 

8日の米国市場でアップルが続落し、2.06%安の200.02ドルで終えた。一時は200ドルを割り込み、この日のダウ工業株30種平均の下落寄与度2位で指数を28ドル押し下げた。

ローゼンブラット・セキュリティーズが8日付のリポートで投資判断をニュートラル(中立)からセル(売り)に引き下げ、目標株価を150ドルで据え置いたことが嫌気された。リポートでは「アップルは今後6~12カ月のうちにファンダメンタルの崩壊に直面するだろう」とし、足元で自社株買いや落ち着いた業績見通しを受けてリバウンド基調が続いているものの、株高の持続性に疑問を呈していた。

iPhoneの販売に昔ほどの勢いがなく、デザイン部門トップの退社などネガティブなニュースもあって、足元でアップルに対して強気の見方は減っている。QUICK FactSet Workstationによればアップルをカバーする42社のうちオーバーウエイトを含む買いの判断を下しているのは50%に過ぎず、かつては9割以上が買いの判断を下していた時と比べて強気派は少ない。現在は中立が40.5%、売りが9.5%で、売りのシェアは2001年(14.3%)以来、18年ぶりの高水準にある。

■赤の「弱気派」がじわり増加
(片平正二)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 見えてきた10年半ぶり米利下げ そして、さあどうする?黒田さん

  2. アップルを辞めていく人たち 今度はデザイン部門トップのJ・アイブ

  3. 反トラスト疑惑の代償=14兆円なり GAFA株に売り広がる

  4. HUAWEI取引規制、米ハイテク株に冷水 米中問題の着地はFarway

  5. 何が起きる?米中貿易摩擦の最悪シナリオ 業績は、株式相場は、FEDは

  6. 5G和解の連鎖高 クアルコム↔インテル↔SOX↔アップル部品供給企業

  7. 折り畳み派? カード派? 成熟スマホの次の競争軸は「?」

  8. あの時だれが米テック株を売ったのか 大口投資家の動向、SEC開示でじき判明

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP