甦るあの夏の記憶 傘下ファンドの社債懸念で仏銀株が急落

20日のパリ市場でフランスの銀行ナティクシスの株価が大幅に下落した(11%以上)。傘下のH2Oアセットマネジメントが運用するファンドが保有する社債の一部に対して評価会社が「流動性と適切性」の懸念を表明したとFTが伝えている。

FRBによる緩和期待でバンクローンのETFなどが盛況となっているなかでの同銀行株の下落は際立ってしまう。2007年8月のパリバショックを連想する向きもあるのかもしれない。

ただ、仏系金融機関でも「気にしている人は社内にもいるが少数だ。先行きについてはウォッチしておいたほうが良いとは思うが」(ストラテジスト)ということのようだ。直ちにグローバルな金融市場へと警戒感が波及するということはなさそうとの見方だ。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 貿易戦争に一喜一憂 誘惑の成長株か妙味の割安株か

  2. REIT指数高値、4年半ぶり2000台 支えているのは、あの買い手

  3. 指数は高水準でも楽観ムード出にくい米消費 高まる米中貿易問題への警戒

  4. 米国株は高ボラ×長ボラ相場に 需給面で忍び寄る2つの恐怖 

  5. 弱気相場も「底」がある 個人と日銀、あの下げをならすのはあなた

  6. こちらの土台中の土台は 2万4000円台の値固めを支える「積極的な売り手」不在

  7. 本石砲、8月は今年最低の2発 ステルス・テーパリング状態に

  8. 月末の「日銀トレード」、債券先物とTOPIX先物を大量に売った海外勢

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP