ロス長官、昨年末の利上げにダメ出し 「利下げ催促相場」加速も

11日に米国のロス商務長官が米通信社とのインタビューで「FRBの直近の利上げは時期尚早だった公算が大きい。再考する必要があると考えている」と述べた。

この発言について、みずほ証券チーフマーケットエコノミストの上野泰也氏は「事実上の12月利上げ撤回要請発言である」と指摘する。

12日発表された5月の米消費者物価は伸びが鈍化した。米国の債券市場における長期金利およびインフレ期待(BEI)の動きにハードデータがついてきているという印象だ。FRBの状況判断よりも債券市場の方が正しかったとなれば、債券市場は一段と利下げ催促を加速することとなりそうだ。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. そこまで来た米利下げ ここからの問題は「で、いつやるの」

  2. 懸念、入念、観念のパウエルプット 利下げは7月?それとも9月?

  3. 米国で英国で中国で、製造業の景況感悪化 米利下げ催促モード強まる

  4. リスクオフ加速、米金利も原油も⤵ 「利下げ2回以上」織り込む動き

  5. じわじわ狭まるFRB利下げ包囲網 つぶやき大統領&おねだり市場 

  6. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  7. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  8. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP