Dr.カッパーの警告 米中問題、追加関税で銅が5ヵ月ぶり安値

5月31日のロンドン金属取引所(LME)で銅の3カ月先物は、一時1トン5816.0ドルと1月上旬以来、約5カ月ぶりの安値をつけた。足元の銅価格下落は5日にトランプ米大統領が中国製品の全てに追加関税を課す姿勢を示したことが起点になっている。

銅は加工性や導電性などの優れた特性を持ち、送電線から自動車まで幅広く使われている。景気に先行して価格が変動すると言われており、世界最大の銅の消費国である中国経済の影響を受けやすい。こうしたことから銅相場は「Dr.カッパー」とも呼ばれる。

米中摩擦の先行き不透明感は強い。銅価格の下落は中国景気のさらなる減速を示唆している可能性がある。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 米中貿易問題が重い銅と大豆、銅と大豆で重たい米長期金利

  2. コモディティ相場で閉じ始めたワニの口

  3. WTI原油とCRB指数の乖離が縮小傾向に 【US Dashboard】

  4. 軟調な銅相場 VS 底堅い海運市況 米中摩擦みる物差し、正しいのは

  5. 中国の資本市場、グローバル指数が切り開く新時代 HSBCリポート

  6. ヘッジファンドの帝王レイ様も推奨、NY金先物が6年ぶり高値

  7. 肌感覚ではアベノミクス前 閑散日本株、海外勢離れが止まらない

  8. 読み筋いろいろ思惑いろいろ 中国の米国債保有が2年ぶり低水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP