ヘッジファンドの米株ロング、昨年12月以来の低水準に

米リサーチ会社のエバーコアISIは29日、毎週実施しているヘッジファンド調査の結果をリポートにまとめた。29日時点のヘッジファンドの米国株エクスポージャー(100がすべて買い、50は通常のポジション、0がすべて売り)は49.1と、前週から0.3ポイント低下した。

これは、2017年以降でみて最も低かった2018年12月26日時点(49.0)に次ぐ低水準。昨年12月後半といえば、米国の金融引き締めへの懸念などから米株が急落した局面だ。

一方で、運用資産に対する売りと買いの合計の割合(グロス)は0.3ポイント上昇し54.4となった。(松下隆介)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. HFが買い持ちする「VIPバスケット」 主力テック株の上昇めだつ

  2. 「何も上手くいかなかった」とアインホーン氏 強者ヘッジファンド最悪の2018年

  3. 戻ってくるのか▲10兆円 海外勢の日本株売り越し、今後は需給下支え要因に

  4. 原油安でHFも大やけど 損失20%、ロング戦略裏目に

  5. 「XTX」とは何者? 大量の日本株を売買、知られざる巨大ファンドの影響力

  6. 森友スキャンダル、海外ヘッジファンドは日本株をどうする?

  7. 円安継続、低ボラ下でカギ握る生保マネー

  8. 「Y+Z」は「J」にあらず「C」より優勢 人口推計からみる米株の底力

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP