じわじわ狭まるFRB利下げ包囲網 つぶやき大統領&おねだり市場 

トランプ米大統領がツイッターで「適切な時が来れば、中国と取引ができるだろう」と投稿した。同時に「中国はマネーを供給し利下げをする」と述べた上で、「米連邦準備理事会(FRB)も同じことをすれば我々の勝ちだ」とFRBの利下げに言及した。

パウエル議長をはじめとしたFRB高官からは、利下げに否定的な発言が相次いでいる。しかし、市場の利下げ期待は高く、CMEの「Fedウオッチ」によると2019年中の利下げ確率は70%を超えている。

■市場が織り込む2019年の利下げ確率は70%

世界の投資家も、FRBに利下げを催促しているかのようだ。

バンクオブアメリカ・メリルリンチが14日に公表した5月のグローバルの機関投資家調査によると、S&P500種株価指数がどの水準まで下落すればFRBが利下げに踏み切るか質問したところ、「2500」との回答比率が前月の10%をやや上回る水準から一気に20%前後にまで上昇した。

■S&P500で2500が分水嶺か(バンカメメリルのグローバル機関投資家調査より)

もっとも比率が高いのは「2350」で25%を上回った。ただ、「2200」も25%をやや下回る水準にあり、2200~2500のレンジに収れんしている。14日の終値は2834だった。まだ距離はあるものの、2500が視野に入ると、市場では次第にFRBの利下げが意識される展開になりそうだ。(池谷信久、岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 大統領はおもてなし、議長はおもねりなし? トランプ・パウエル夕食会談の後味

  2. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  3. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  4. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  5. 米指標が上振れ 緩和的姿勢でインフレ期待じわり上昇

  6. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  7. マイナス金利の日本国債に海外勢が群がる理由 1月も買い越し高水準

  8. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP