時価総額9兆円、ウーバーお目見え ソフトバンクGの含み益は3300億円

10日に株式上場する米ライドシェアサービス最大手のウーバー・テクノロジーズの公募・売り出し価格(公開価格)が45ドルに決まった。公開価格は仮条件(44~50ドル)の下限で決まった。時価総額は約820億ドル(約9兆円)にのぼる見通しだ。

新規上場を受けてソフトバンクグループの投資収益も注目される。ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)によると、ソフトバンクGは2018年に運用する「ビジョン・ファンド」を通じて、ウーバー株を77億ドルで約15%取得したが、上場に伴い投資含み益は30億ドル(約3300億円)に膨らむという。

一方、ウーバーに先駆けて3月末に上場したリフトは足元の株価が55ドルと、公開価格の72ドルを大きく下回っている。成長性への期待は大きいが、赤字続きの業績などが嫌気されている。リフトには楽天が出資しており、両社の株価は似通った値動きをしている。ソフトバンク株も目先はウーバー株の動向に左右される可能性がある。(根岸てるみ)

 

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ソフトバンクGが保有株売却の観測 エヌビディア下げる

  2. 上場間際ソフトバンクの強みと課題 香港の投資ファンドこうみる 

  3. 孫氏の兵法「25-4=9?」 戦果は「G=10015」「SB=1270」

  4. 本石砲の弾道「微修正」に思惑 ETF購入方針見直しで買われる銘柄、売られる銘柄

  5. ソフトバンク、機関投資家の需要「国内2倍、海外3倍」 上場秒読み段階に

  6. 「親」か「子」か 「孫」が仕掛ける2兆6000億円のドラマ ソフトバンク12月上場

  7. 不明さ増した「2つのS」 テスラ、但し書き付の信用力回復 

  8. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP