目が離せない米中、目配りしたい米中以外 株式市場を覆う「本当の不安」

世界の株式市場は米中貿易問題の展開に一喜一憂しているが、ベテランエコノミストの一人は熱っぽくこう語る。「市場が不安視しているのは、米中貿易問題よりも米国以外の先進国景気の弱さではないか」ーー。

SMBC日興証券によると、関税引き上げなどによる米国民総生産(GDP)へのマイナス寄与度は0.1%にすぎない。中国GDPの下押し度合いも微々たるものだ。

さまざまな地域のPMI(購買担当者景況指数)を鳥瞰すると、浮かび上がるのはユーロ圏や北欧、オーストラリア、カナダといった”米国以外の”先進国の苦境だ。サービス業や製造業をあわせた総合で4月はイタリアが好不況の分かれ目の50を割り込み、フランスも50をわずかに上回る程度。製造業では北米でカナダが唯一の50割れで、北欧のスウェーデンは6年ぶりの低水準だ。サービス業はオーストラリアが60台前半を付けていた2018年中頃から急低下し、19年1月以降は40台半ばで推移している。

PMIだけではない。主な住宅価格指数をみると、リーマン・ショック級の落ち込みを記録している国もある。「個人消費が鈍っており、住宅価格の下落につながっている。バブルの様相を呈していた住宅価格が下がったことで住宅ローンの負債が重くのしかかり、さらに消費意欲を減退させている」(エコノミスト)。QUICK FactSet Workstationの推計では日本企業の海外売上高でカナダが6位に入るなど、企業業績への影響も決して小さくない。

※スウェーデン、オーストラリア、カナダの主な住宅価格指数の推移(前年同期比・単位%、QUICK FactSet Workstationのデータを利用)

世界のGDPで米国、中国のシェアは4割にのぼる。米中貿易問題の負の影響が微々たるものとはいえ、もちろん無視はできず、投資家心理が大きく揺さぶられるのも事実。ただ、米中が火花を散らし投資家が右往左往する中、じわじわ浮き彫りになってきた「その他先進国の苦境」にも、目配りは必要だろう。(松下隆介)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 米成長2.5%、金利3.5%で利上げ4回 GSは来年もインフレ持続の見立て、ドル円は108円

  2. 米、非連続な高成長 貿易摩擦への「備蓄」と「需要先食い」

  3. 目指せデータの達人⑧GDPと株価 低成長で日本市場の魅力薄れる

  4. 【朝イチ便利帳】20日 1~3月GDP SOMPOや東京海上が決算

  5. 証券営業の凄腕たち【Episode4】連絡の頻度から話し方まで、こだわり人一倍

  6. 【朝イチ便利帳】14日 10〜12月期GDP速報値、1月の中国貿易統計

  7. ゆがんだ毎勤、消費増税に影響も ゆらいだ基幹統計への信頼、市場関係者に聞く

  8. 【朝イチ便利帳】10日 7〜9月期のGDP改定値、12月QUICK月次調査<株式>

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP