ご意見番フィンク氏の予言「米株にメルトアップリスク」 経済成長に強気

ウォール街のご意見番として知られる、ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)が16日に米経済専門チャンネルのCNBCに出演し、「我々は株式市場にメルトダウン(崩壊)ではなく、メルトアップ(急騰)するリスクがあると思っている」との見解を示した。その上で「多くの人が、私たちは利上げの時代に入ると思っていたが、実際はそうではなかった。人々は債券の投資に駆け込んだが、まだ株式市場ではそれを見ていない」とも発言。米連邦準備理事会(FRB)が利上げを一時休止する中で債券高が進む一方、株式市場では投資家が買い遅れた状態にあるとみて米株に強気の見方を示した格好だ。

ブラックロックがこの日に発表した2019年1~3月期(1Q)決算では、売上高にあたる営業収益や1株当たり利益(EPS)は前年同期から減って減収減益となったが、運用資産は6兆ドルを超えて株価は3%高で堅調に終えた。

先週12日のJPモルガン・チェースの決算発表では、ジェイミー・ダイモンCEOが資料の中で「いくつかの世界的な地政学の不確実性があるにも関わらず、米国経済は成長を続けている」との見解を示した。米金融大手のトップが相次いで口にする「イケイケ発言」だが、市場はどこまで乗っかっていくのだろうか。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ブラックロックCEO「現在のマーケットに挑戦すべきでない」

  2. 好調な市場、難しい相場 さえない米金融株、トレーディング収益振るわず

  3. 米企業決算キックオフ 2割増益の見方、貿易摩擦どこまで影響

  4. 米金融株ETFが12日続落 長期金利低下で金融株に逆風

  5. 米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

  6. 【朝イチ便利帳】12日 SQ算出 高島屋など決算 中国貿易統計 JPモルガン決算

  7. 米金利低下・金融株売りに透ける薄気味悪さ 強まる貿易紛争の横風

  8. ドローン熱気うなるうなる 用途も関連銘柄もフライト範囲拡大中

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP