米リフト上場 公開価格アップ、初値はジャンプ 成長期待どこまで

3月29日の米国市場で配車大手のリフトが新規株式公開(IPO)を果たした。初値は公開価格(72ドル)と比べて21.16%高の87.24ドルと堅調に決まり、一時は88.60ドルまで上昇して公開価格比で23%超の大幅高となった。その後は引けにかけて伸び悩み、公開価格比8.73%高の78.29ドルでIPO初日の取引を終えて時価総額は223億ドルとなった。

■リフトのIPO当日の株価の推移(QUICK FactSet Workstationより)

リフトは米国の配車サービスで昨年末時点で39%のシェアを持つとされ、シェア首位で今後IPOを控えているウーバーテクノロジーと比べてその成長性が評価されている。IPOに先立ち、ZEPHIRINグループは28日付のリポートで投機的リスクがあるとしながら投資判断を買い、目標株価97ドルと強気の見方を示していた。QUICK FactSet Workstationによれば30日時点でアナリストの目標株価の平均値は77.50ドルとなっており、29日終値を1%ほど下回っている。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. サウジ攻撃で原油版恐怖指数が急騰 影響はアラムコのIPOにも

  2. 大型IPO、熱狂と成功体験は別物 悲嘆メルカリ&落胆ソフトバンク

  3. ソフトバンク仮条件、超異例「一本勝負」の成算は

  4. メルカリさあ上場 初値に注目、LINEのIPOが参考に

  5. メルカリあす上場 応募35倍の前人気

  6. ワンタップバイ、CFDを個別株でも 内山社長「50万口座に拡大めざす」

  7. 銀行営業の凄腕たち【Episode2】「ご指名」も相次ぐIPOの助っ人

  8. 【朝イチ便利帳】21日 11月の百貨店・スーパー売上高、米の耐久財受注額

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP