離脱混乱にも慌てない?英の投資家 金への投資細る、焦るEU勢は急増

英ロンドンを拠点に個人向けの金オンライン取引を手掛けるブリオンボールトのエイドリアン・アッシュリサーチ主任は28日、同社内の金投資動向として「英国の投資家からの金の資金流入が滞っている」とのコメントを寄せた。

エイドリアン氏は「3月の英国の新規顧客数は過去12カ月平均を11%下回る一方、ドイツは62.6%増、イタリアが34.5%増となりユーロ圏全体で18.6%増と大きく伸びた」と説明した。金への投資金額ベースでみると「英ポンドで11.7%減となる一方ユーロは6.2%増」と顧客動向に連動する。投資家動向の顕著な例としては大規模な資金流入頻度を挙げ、「10万ポンド以上の入金が過去3年平均から46.3%下回る一方、10万ユーロ以上の資金流入頻度が63.4%増となっている」という。

英国の欧州連合(EU)離脱に伴う先行き不透明感は根強い。とはいえ、金投資動向からは震源地の投資家が先行きを懸念する向きが乏しい一方で、景気減速懸念から欧州圏の個人投資家が先行き警戒感を強めている様子が浮かび上がる。(中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 年末の日経平均予想、下方修正じわり増加 米英の政治や業績は……

  2. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  3. 英PMIが映すBrexit混迷 2年半ぶり低水準、暗雲たちこめる企業マインド

  4. アルゴ勢とっくに「Brexit」 2年前からポンドの優先度引き下げ、備えはむしろ日銀緩和への思惑

  5. ヘッジファンドの帝王レイ様も推奨、NY金先物が6年ぶり高値

  6. 肌感覚ではアベノミクス前 閑散日本株、海外勢離れが止まらない

  7. 読み筋いろいろ思惑いろいろ 中国の米国債保有が2年ぶり低水準

  8. PER17倍台なら大丈夫? 米企業決算は下向き方向、株価まだ上向き方向 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP