日独、マイナス長期金利つばぜり合い ドラギ総裁「利上げ先送りも」

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は27日の講演で、物価が上がらない状況が続くなら、利上げ時期を再び先送りする考えを示した。これにより独10年債利回りが低下し、マイナス0.82%となった。27日の日本の10年債利回りマイナス0.70%を下回り、2016年10月以来、およそ2年半ぶりに日独の長期金利が逆転した。

相対的に魅力が高まったことで日本の長期金利にはさらに低下圧力がかかりそう。28日の東京市場で日本の10年金利はマイナス0.90%をつけた。(池谷信久)

■日独の10年国債利回りのチャート

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ドラギもヒヨった 年内利上げ断念で金利急低下、独は2年半ぶり低水準

  2. ECB理事会、焦点は緩和拡大の文言削除 米保護主義が様子見促す?

  3. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  4. ユーロ圏の鉱工業生産指数マイナス続く 3月ECB理事会へ思惑広がる

  5. イタリアに続きドイツも景気後退か 中国や英EU離脱で沈むユーロ圏の景況

  6. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

  7. 一抜け、二抜け、そして迷路に取り残される日銀 

  8. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP