「優待の悲劇」福留ハムやショクブンなど 信用売り費用かさむ

投資家の間で「優待の悲劇」と呼ばれる現象が今年も起きた。権利取り最終日の26日に株主優待を狙って現物株を買った投資家のうち、株価変動リスクを回避するため同時に株式を借りて信用取引で売った投資家は少なくない。この信用売りに想定外の費用である「逆日歩」が発生し、そのコストが優待の価値を上回ってしまうのが「優待の悲劇」。福留ハム(2291)や食材宅配のショクブン(9969)などで発生した。

■「優待の悲劇」が起きた主な銘柄

26日に現物株を買うと同時に同じ株数を信用売りして「両建て」にすれば、株価変動リスクを避けて株主優待の権利だけを得ることができる。だが、信用売りのために借りる株が不足していると借り入れコストである「逆日歩」が発生する。実際に発生するかどうかは取引の翌営業日にならなければ分からない。

福留ハムは200株保有する株主に優待として5000円分の自社製品詰め合わせを贈る。ところが27日になって、福留ハム株を26日に200株借りた場合は2万2080円の「逆日歩」が発生することが明らかになった。1000株を保有する株主に6000円相当のパックご飯を贈るショクブンには、同じ株数の信用売りをした場合の「逆日歩」が2万4000円となった。いずれも優待価値を大幅に上回るコストが発生した。

【日経QUICKニュース(NQN ) 矢内純一】

※日経QUICKニュース(NQN)が配信した注目記事を一部再編集しました。QUICKの情報端末ではすべてのNQN記事をリアルタイムでご覧いただけます。

関連記事

  1. 【朝イチ便利帳】26日 3月権利付き売買最終日 2月の米住宅着工、3月消費者信頼感指数

  2. 年末大バーゲンで何を買うか 守りの個別物色を考える

  3. 凄腕ファンドマネージャー「優待くん」 荒れる市場で大活躍

  4. 株主優待、QUOカードが増える理由 恩恵受ける銘柄は?

  5. 株主優待、購入額10万円程度で魅力的な銘柄は? 権利確定日迫る

  6. すかいらーく(3197)、コスパ高いのは1000株保有 リスクは……【株主優待投資】

  7. 3月期末迫る お得感の強い株主優待は? 金額換算利回りで確認

  8. 株主優待狙いは23日まで イオン(8267)など割引サービス

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP