米・トルコきな臭さ再び リラ急落、ETFは10%安 ゴラン高原問題で

22日の米市場でトルコ株に連動する「iシェアーズMSCIトルコ」が急落した。前の日に比べ10.35%安の24.24ドルとなった。売買高は約3倍に膨らむなど売りが殺到した。背景には中東の地政学リスクがある。トランプ米大統領が21日にイスラエルによるゴラン高原における主権を認めると表明。これに対しトルコのエルドアン大統領が「地域を新たな危機の瀬戸際に追いやる」との見解を示した。米-トルコ間の緊張感の高まりが意識された。

外国為替市場ではトルコリラも急落し、対円で20円を割りこんだ。トルコ中銀は対応に追われ、22日に緊急で金融引き締め策を公表。市場全体に動揺が広まった。 (岩切清司)

■トルコリラの対円チャート

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 底なしトルコリラ安、利上げ示唆の中銀声明にも冷淡 金融リスクの警戒感広がる

  2. 1リラ=20円の分水嶺が間近 トルコ売りを止める手立てはあるのか

  3. 市場の非常事態は回避されても止まぬFRB攻撃 次期理事選び、新たな火種に

  4. メアリー、ドナルドに叱られる 補助金削減「脅し」でGM反落

  5. 米中間選挙後ラリー 意識するアノマリー

  6. 虫の息トルコ、大幅利上げで一息 鼻息荒い大統領なお不安材料

  7. VIXが5日続落で1か月ぶり低水準 シリア攻撃後、世界同時株高の流れ 【US Dashboard】

  8. 中東諸国の株価指数、軒並み堅調 シリア攻撃の影響は限定的

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP