ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

19日に発表された3月の独ZEW景気期待指数は▲3.6と市場予想(▲11.0)を上回る大幅な改善となった(グラフ黒)。依然として長期平均の「22.2」を下回った水準ではあるものの、中期的な独経済への発展期待は1~2カ月前ほどには悲観的ではなくなっている。ZEW所長は「主要な経済的リスクが以前よりも劇的ではないことを示している」と述べた。また、米中貿易交渉の進展などが金融市場関係者を楽観的にさせた可能性にも言及した。

(QUICK FactSet Workstationより)

一方、景気の現況を示す指数は11.1と市場予想(13.0)を下回り、悪化傾向に歯止めがかからない(グラフ黄緑)。金融市場では独経済への底入れ期待が世界経済に対する過度の悲観的な見方を後退させる一方、今後発表されるハードデータ次第では失望感を招きかねない不安定な状況が続くこととなりそうだ。目下の世界経済における主な不透明要因である中国景気減速懸念、欧州景気減速懸念、英EU離脱問題の行方は米連邦準備理事会(FRB)の金融政策にも影響を及ぼすこととなろう。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  2. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  3. 米指標が上振れ 緩和的姿勢でインフレ期待じわり上昇

  4. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  5. マイナス金利の日本国債に海外勢が群がる理由 1月も買い越し高水準

  6. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

  7. 大統領はおもてなし、議長はおもねりなし? トランプ・パウエル夕食会談の後味

  8. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP