株価はエアバス買い・ボーイング売り 代替受注取り込みで思惑

18日の欧州式市場でエアバスが6日続伸。前週末比0.27%高の118ユーロで終えた。競合の米ボーイングが2度の墜落事故を引き起こしたことを受けて、エアバスの航空機の受注が増加するとの思惑的な買いが集まっている。両銘柄の株価は3月に入ってから明暗を分けている。

■上向きがエアバス、下向きがボーイング(年初来の株価)


バンクオブアメリカ・メリルリンチは18日付のリポートでエアバス製航空機「A320NEO」の受注が増加する可能性があると見ている。目標株価は148ユーロ、投資判断は「BUY(買い)」を維持した。ただ、大量の受注を持つボーイングの代替需要を取り込むには、生産能力の面から難しいとの見方もある。

一方、18日の米国株式市場でボーイングは反落し、1.77%安の372.28ドルで終えた。米運輸省が米連邦航空局(FAA)の手続きに関して調査していると報じられ、問題解決には時間を要すとの見方から売られた。(根岸てるみ)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. ボーイング「9.11」以来の下げ エチオピア事故、最新機種に影響広がる

  2. 重荷になった「3%」と「3M」 米ダウ平均が大幅安

  3. 「習演説」で買われた中国関連銘柄 貿易摩擦懸念が後退

  4. 韓国株ETFが急伸 防衛関連銘柄は軒並み下落 南北首脳会談合意で

  5. ダウ、全銘柄下落 ボーイングは137ドルの押し下げ要因

  6. 【朝イチ便利帳】24日 日電産・キヤノンなど決算、米・ユーロ圏PMI フェイスブックなど決算

  7. 【朝イチ便利帳】24日 日銀決定会合 決算はファナック、キャタピラー、ボーイングなど

  8. 【朝イチ便利帳】30日 中国副首相が訪米し貿易協議 決算はキヤノン、JR各社、テスラ、ボーイングなど

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP