ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

18日の外為市場では英ポンドが一時急落した。英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる3回目の議会採決について、ジョン・バーコウ下院議長が、12日に否決された離脱案と同じ内容であれば採決することはできないと述べたことが背景。対円では一時1ポンド=146円前後に下落。対ドルでは1ポンド=1.31ドル台後半まで売られる場面があった。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. アルゴ勢とっくに「Brexit」 2年前からポンドの優先度引き下げ、備えはむしろ日銀緩和への思惑

  2. 年末の日経平均予想、下方修正じわり増加 米英の政治や業績は……

  3. 離脱混乱にも慌てない?英の投資家 金への投資細る、焦るEU勢は急増

  4. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

  5. 英PMIが映すBrexit混迷 2年半ぶり低水準、暗雲たちこめる企業マインド

  6. 英利上げでポンド乱高下 会合後に買い、会見で売り EU離脱の行方懸念

  7. ドローン熱気うなるうなる 用途も関連銘柄もフライト範囲拡大中

  8. きてるきてる債務バブル IMFも警鐘、リスクオンは軽傷で済まない?

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP